2019年01月25日

藤井絞 (京都) 板締め絞りの浴衣 誂えました

0124浴衣2019-2


去年の10月、弟も一緒に京都に行った時の話。


ヤツが住むシンガポールで和装したいからということで「洒落た浴衣がいいんじゃね」なんて話をしてたら、ステイ先の”おはりばこ”かおりちゃんが「藤井絞さん、連絡してみましょうか?」と。

時期的に浴衣はないだろうし、そもそも休日だし、ダメ元で聞いてもらったら、藤井さんから「大丈夫だよ」とのお返事が。

ランチ後のほろ酔い気分で、新町通りの「藤井絞」さんに向かった一行。オレは完全に付き添いモードで、全く買う予定はなかったです。夏にも買ったばかりだったもので。
1230屏風祭2018-62




というより、時期的に生地はそんなにないだろうけど、イイモノを見ることが大事なので、少しでも触れることができればいいなくらいの感覚だったんですね。


したら、ちょうど前日に”浴衣が見たい”というお得意さまがいらしていたそうで、浴衣の生地が結構お店に出ていたんです。
1230屏風祭2018-36


これは顔にあててみるチャンスじゃん!と、いくつか気になる生地を試していたんですね。

客観的に見るとよりイメージ膨らむからということで、弟の試着してる写真撮ってたら、やけオレっぽい写真が撮れて「めっちゃ、似てんなこの写真」とウケてたんです。
京都10月2018-42

Facebookに「弟だよ」ってアップしたら、「え、ウソ!? kyahさんでしょ、コレ」って皆さん驚いていたようで。

元々、こういう色の春夏着物欲しいなと思ってたこともあり、弟が別生地を選んだこともあって(下の写真の絞りね)、ついつい「ボクもこれください」と挙手してしまったんです。自分で合わせるより、むしろ弟の試着が見れてイメージ固まっていたので(笑)
京都10月2018-41



メンズの着物でこういうデザインないしね。浴衣だけど襦袢着て使えば夏着物としても使えるし。





最近は、5月のゴールデンウィークあたりから夏日になる時あるし、9月までは半袖短パンで過ごせる陽気なので、実質5ヶ月くらい夏物って使えちゃうんです。

これに加えて、海外に持っていく時も、洗濯機で洗える藤井絞の浴衣は便利なので、浴衣としても、夏着物としても使える藤井絞は、つい買ってしまうんすよね。
京都10月2018-44





ちなみに こちらも藤井絞の浴衣。祇園祭の藤井絞さんの宴席に呼んでいただいたので、記念にアップしておこうと思ってたんだけど、気づいたら年を越してました。
1230屏風祭2018-23




寒い時期に浴衣の写真って思うかもだけど、仕立てるのにはある程度時間がかかる。夏に着たいと思ったら、そろそろ心の準備をはじめてもいいかもよ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。







*****************************

祇園祭というと山鉾巡行をイメージする人が多いと思います。
1230屏風祭2018-1



山鉾は、タペストリーをはじめ、豪華絢爛な装飾から「動く美術館」にたとえられることも多いんですが、「静の美術館」として祇園祭の風物詩になっているのがこの『屏風祭』。
1230屏風祭2018-3



老舗のお店などが、表の格子を外して秘蔵の屏風や美術品を飾り、祭り見物に来た人々に通りから鑑賞してもらえるようにするもので、宵山の期間限定の催しなんです。
1230屏風祭2018-2



友人のおかげで、この宴会に参加することができたので、そりゃ夫婦で藤井絞さん着て伺いますよ。



「最近、顎に肉ついたんじゃね?」「え、なーに?」とでも会話してたんすかね。愉快なショットを撮ってもらいました。
1230屏風祭2018-27






いやー、こういう席に呼ばれるなんて、大人になったもんですな。
1230屏風祭2018-4



仕出しは木乃婦さん。
1230屏風祭2018-5





1230屏風祭2018-6




次世代が和装を遊ばないとね。今の時代にあったスタイルで。
1230屏風祭2018-8



こういう愉しい時間のために生きてます。
1230屏風祭2018-11



宵山の夜は長いので、まだまだ外には人が。
1230屏風祭2018-38




こんな舞台で遊べるのはたまらんわい。
1230屏風祭2018-12





お酒は持ち寄りで。
1230屏風祭2018-15




もちろん、京都の酒蔵も。
1230屏風祭2018-16








結婚前の貴重な2ショット。
1230屏風祭2018-21







ここは絵になる。

1230屏風祭2018-24





浴衣のいいところは、着物よりも大胆なデザインで”遊べる”こと。国内で着る時もそのアドバンテージは活かせるけど、最近特に便利だと思ってるのが海外での和装。

侘び寂びの機微ってのは海外の人にはわかりづらいけど、大胆なデザインは素直に「WOW!!」へと繋がっていく。
1230屏風祭2018-37




しっかし、細部まで凄い仕事ですな…
1230屏風祭2018-39







1230屏風祭2018-42




夜もふけるに連れ友人らが増えてきました。
1230屏風祭2018-43




かっけーわ。
1230屏風祭2018-45




和食に合うワインも。
1230屏風祭2018-44




これだから京都通いはやめられない。
1230屏風祭2018-47



折角なので、2Fで反物を見せていただくことに。
1230屏風祭2018-49



和装のデビュー戦に、デザイン性の高い浴衣ってホントいいと思う。
1230屏風祭2018-50




あ…、このめっちゃカッコいい絞りで、まりえがお誂えになるそうです。この日着てた自分の絞りも相当手がかかったものだったので、妻のリクエストに応えないわけにはいかず(笑)
1230屏風祭2018-52




大胆な柄に目が釘付け。
1230屏風祭2018-53




嗚呼、これとかめっちゃ美しい。
1230屏風祭2018-54




炭が織り込んである生地は消臭効果もあるので、焼肉の匂いも一日で消えたとか。そういうのも日常使いでは大事だし、旅先でも重宝するんすよ。
1230屏風祭2018-56


このあたりで陣羽織見つけちゃいました。
1230屏風祭2018-55




羽織ったらいい感じだったので、つい購入してしまいました。
1230屏風祭2018-59




中庭越しに宴席を。
1230屏風祭2018-58





ボクは”美”を産み出す才能はないけど、せめて自分が使うことで日本の”美”を継承していきたい。
1230屏風祭2018-57



こういう和装が似合う場所だけじゃなく、「あ、こういうとこで和装っていいね」っていうシーンでこそ着たいですな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




kyah2004 at 23:29│Comments(0)着物 | 祇園祭_201807

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔