2019年01月26日

プティ サレ(札幌)同庁前の テラス席で 朝シャンを

201812北海道2018-160


聞き飽きていると思いますがレストランのテラス席が大好きです。室内とテラスがあれば、基本外を選びます。ストーブのない冬はさすがに無理ですが。

そして、お酒は昼から(いや、むしろ朝から)飲むのが大好きです。深夜のお酒には弱いんで(寝ちまうんで)、その分スタートの早さには自信アリ。
201812北海道2018-155



かつては、全くテラス席を発見できずテラス難民になったこともあった札幌。事前に情報をチェックして、夏には道庁の赤レンガビューのテラス席が並ぶ『プティ・サレ』というシャルキュトリーがあることを発見。
201812北海道2018-150


しかも泊まっていたホテルからすぐ近くということで偵察に向かいました。
201812北海道2018-149




なるほど、道庁に続く銀杏並木の脇にかなり広いスペースがあり、確かに夏のテラスは気持ちよさそう。この時期はテラスこそないものの、採光の大きな窓は気持ちよく、SNOWビューのシャンパーニュが攻められそうです。
201812北海道2018-148


11:00からオープンしているので、ボク的にはランチというより遅めの朝シャンパン。前日の夜に食べすぎていたので、特に食べるつもりもなかったんですが、グラスのワインセレクトもよく、ちょっとシャルキュトリーもつまんでみることに。
201812北海道2018-163




つーのも、お店の入口で見たら、シャルキュトリーが北海道産なんですよ。ヘタなお土産買うくらいなら、ここで美味しい道産のシャルキュトリーを買ってった方が喜ばれるんじゃない?
201812北海道2018-164





実際、運ばれてきたシャルキュトリーは、軽くつまみたい時にピッタリのポーションで、ワインにマリアージュ。201812北海道2018-159



どうやら友人らもここで集合することになるらしく、サラダや肉も追加でオーダー。色々味見できました。
201812北海道2018-156




北海道産の素材を使ったシャルキュトリーだけあって、赤平産のサフォークの羊、トムラウシ産のジャージー牛、北海道産の蝦夷鹿、滝川産の鴨などが使われている。

シャルキュトリーでワイン飲むなんて、北海道じゃなくたって出来るでしょ。と思われるかもだけど、こうして道産素材に拘ってると、なんだか訪れた甲斐があるなーって感じません?
201812北海道2018-152



プティ サレ (Ptit sale)
011-206-0281
北海道札幌市中央区北2条西4-1 赤れんがテラス 1F


ランチのコースもあっておトクなせいか、女性客が多かったけど、メンズの1人使いにも相当アリだと思います。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。






***********************


12月の中旬に訪問したばっかだけど、こないだ1月の連休でもニセコ&札幌に遊びきてたのね。
201812北海道2018-166



札幌ついて、あまりの寒さにスープカレーでカラダを温めた後、待ち合わせまで時間があってので、じゃ昼飲みしよう!と最初に浮かんだのが『プティ・サレ』。

AWAYのオレでも、Google Mapと格闘しながらなんとか地下で辿り着けたし、やはりSNOWビューで呑めるのは、旅人にはPriceless
201812北海道2018-158




この日もゲストは殆ど女性でしたね。お店の入口近くにカウンター席もあるので、常連と思しきオサレな紳士は、そこでサクッと1人呑みしてたくらい。

あ、当家兄弟は、当然のごとくSNOWビューの最前列確保してました。たとえ最初からそこが空いてなかったとしても、気持ちいい席が空いた瞬間に移ります。201812北海道2018-151


大坂なおみ、優勝おめでとう!!  世界ランクNo.1おめでとう!!
まだまだ、未完成でこの強さって何??
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔