2019年02月07日

エルムガーデン (札幌)雪国エクスペリエンスを貴方に

elmgarden2019-13



すすきのを歩いてると相変わらず海外からの旅行者が多いので、もっとインバウンドのお客さんを呼び込めそうな気がするんですけどね。藻岩山の麓に1000坪の庭を持つ和食会席の『エルムガーデン』。

戦後、各界の著名人が訪れていた「エルム山荘」が前進で、雪の庭を眺めながらの食事というのは、他のレストランとは明確な差異化を図れる圧倒的なコンテンツ。

シンガポールから来ていた弟の反応がまさにソレ。雪のない国からのゲストに、このパンチ力は半端ない。中心部からは少し距離があるけど、札幌でここほどインバウンドの可能性を感じるレストランって、まだ見たことがないです。

2月末までやっている”雪あかりのレストラン”は、雪国ならではのアート企画で、外国人だけじゃなく、東京から訪れたボクでも昂ぶるもの。
http://www.elm.cc/lp_yukiakari/

レセプションは室内だけど、その後、お庭を通って部屋まで案内されるというのは、非日常感あっていいっすね。特に雪の庭を抜けていくというのは、旅先ならではの特別体験。
elmgarden2019-3


灯りのアートに目を取られていたら、案内されたのが氷のプレミアムラウンジ。いわゆるICE BARってヤツで、アペリティフをいただきながら、七輪でアミューズをいただきます。すすきのから車でわずか10分で、この雪国エクスペリエンスは堪らない。
elmgarden2019-5



食事も雪庭を眺めながら楽しめるので、これは忘れがたい体験になる。
elmgarden2019-28



イベント中ということで、お皿の下に和紙アートも加わって、一層外国人が喜びそうな演出になっている。この和紙アート、お料理ごとに毎回変えるのよ。
elmgarden2019-16



魚料理の演出も派手で、コレはコレで新鮮。鰆を桜チップで燻しているんだけど、この大がかりな演出どうして?と突っ込みたくなる(笑)。
elmgarden2019-22



ただ、それこそインバウンドの方とか、デートでも「わっ!」と声があがるシーンだと思うので、素直に楽しんでおけばいいと思う。

そうそう、オンリストされてた「ニセコ酒造」の日本酒が、めっちゃタイプだったのも忘れちゃいけませんな。
elmgarden2019-10


エルムガーデン(ELM GARDEN)
札幌市中央区南13条西23丁目5-10
011-551-0707
http://www.elm.cc/



庭が気持ちいいので四季を楽しめるけど、北海道ならではの景色を楽しむなら冬のうちに訪れるのが、やはりいい。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。





************************



『エルムガーデン』の周囲はフツーの住宅地。タカちゃんのエスコートがあったから気にしてなかったけど、自分で来たら”え、こんなとこにホントにあるの?」と不安になるかも。
elmgarden2019-1


外の寒さが東京の比じゃないので、レセプションの暖かさが際立つ。予約名をつげると、一組づつ個室へと案内されることになる。
elmgarden2019-2


何回か連れてきてもらったことはあるんだが、記憶のある限りでは毎回お庭を通って、お部屋まで案内してもらっていた。

この日も雪景色の日本庭園を抜けながら「これは雪のないとこからきたら、たかまるよね〜」と、自然に声のトーンがあがる。弟は、子どもたちに見せてあげたいな、って。

そう、わかる。散々、ニセコ、札幌市内で雪は見てきたはずなのに、ココは誰かに感動を伝えたくなるのよ。そういう力があるんです。


で、そろそろお部屋に着くのかなと思った頃に、さっきも書いた氷のラウンジへと案内されるんです。これはね、ミシュランスターのレストランとは、違う種類の愉しさだから!

elmgarden2019-4






フォアグラのキャラメリゼといちごをはさんだモナカ。お餅も入っていて食感が面白い。ここでは、ジントニックをアペリティフに。さすがに寒さ耐性は強くないので、一品でちょうどいい。
elmgarden2019-6




頃合いを見て灯りのアートと雪庭を眺められるお部屋へ。
elmgarden2019-12




COOL JAPANタッチの和紙アート
elmgarden2019-7



お皿と料理が並ぶと、しっくりハマる。
elmgarden2019-8



ネギと生姜で、冷えたカラダが温まる
elmgarden2019-9



elmgarden2019-11




甘エビのシンジョウ。出汁も甘エビで白味噌というベタな展開が逆に新鮮。
elmgarden2019-14



1皿ごとに、お皿と料理にあわせた和紙が敷かれる。
elmgarden2019-15




鳥取の寒ブリ、ポン酢のジュレとともに。あたたまるわー
elmgarden2019-17




つづいては、賑やかな和紙が。
elmgarden2019-18




elmgarden2019-19





蝦夷アワビと原木椎茸、ゆいのしめじ。発酵バターを溶かしながら。
elmgarden2019-20




さっきの鰆ね、

elmgarden2019-21



elmgarden2019-23





ミニ大根は、昆布と塩のお水で漬物に。からすみをまぶして。
車海老が鰆の魅力を引き立てます。
elmgarden2019-25




伊勢海老と蕪の擦り流し
elmgarden2019-26




おやおや、またしてもテーブルのそばで何かはじめました。
elmgarden2019-29



出てきたものは、下関のとらふぐ雑炊。基本梅肉と合わせつつ、お代わりはポン酢で
elmgarden2019-30




elmgarden2019-31



〆は柚子のセミフレッド
elmgarden2019-32






スノウ エクスペリエンスのエッセンスを、極限まで詰めて濾した『エルムガーデン』。百聞は一見にしかずなので、まずは体験して面白いかどうかをジャッジしてほしい。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。





kyah2004 at 23:00│Comments(0)和食 | ニセコ&札幌_201901

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔