2019年02月16日

輝雲荘(島根)石見銀山の温泉宿と石見神楽に魅せられて

温泉津2018-43

世界遺産に登録されている石見銀山の温泉地「温泉津」。昔ながらの風情ある温泉街は、日本人の根っこの方にあるD.N.Aをざわっとさせてくれる。島根ならではだなーとと感じるのは、露天風呂から見える赤い屋根瓦”石州瓦”。

『輝雲荘』に泊まって、是非やって欲しいのが日の出ちょい前に入る朝風呂。日の出とともにモノクロから彩度をあげていくこの景色を眺めるのが贅沢の極み。

温泉津2018-42


そして温泉津に泊まるなら、見逃しちゃいけないのが「石見神楽」。
温泉津2018-25


島根県では神楽が盛んで「出雲神楽」「隠岐神楽」「石見神楽」に分かれている。

石見神楽は、煌びやかな衣装と迫力ある形相のお面が特徴的で、速いテンポの囃子に乗った華麗な舞が特長。びっくりするのは、子供から大人まで神楽に夢中で、舞い方、囃し方が地域によって異なっていること。益田エリアは力強く重厚感のある舞で、浜田/江津エリアはもっと軽やかなものらしい。
温泉津2018-24





輝雲荘は、温泉津の中心部にあって、元湯温泉・薬師湯温泉といった外湯も至近。和の佇まいに心が癒やされ、良質な温泉に体を癒やされる。
温泉津2018-6


料理は海と山の地のものを。
温泉津2018-9




焼き魚は鯛が出てきたりと頑張っています。
温泉津2018-13

輝雲荘
0855-65-2008
島根県大田市温泉津町温泉津ロ202−1
http://www.kiunsoh.com/





食後は、風情ある温泉街を歩いて
温泉津2018-18




龍御前神社へと向かいます。ちょっとスタートに遅れちゃったら、すでに石見神楽がはじまっていて、外にまで音が漏れているのがたまらなくいい。
温泉津2018-20



ほっとんど前知識なしに「石見神楽」見に行ったんだけど、動きは大胆だし、お囃子の演奏はDNAに響くし、あっという間に虜になってしまった。
温泉津2018-33




日本人だけじゃなく、海外からのゲストも夢中に。
温泉津2018-26




映像の方が「石見神楽」の魅力は伝わると思う。




終わったあとに神楽の衣装を着させてもらったり。
温泉津2018-38



日常生活が大事なのは当然だけど、旅先の刺激も人生には欠かしたくない
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。





*************************


輝雲荘の奥の方。
温泉津2018-7




夕食は別部屋で。
温泉津2018-8




地の魚をお造りで。
温泉津2018-11



地酒の利き酒セットをいただきつつ。
温泉津2018-12



ほっこりしたお味の会席を。
温泉津2018-14




東京の食レベルは世界トップクラスではあるんだけど、旅先の食って、また違った良さがあるのよね。あとは都会並みに洗練された味と雰囲気が楽しめるところが増えてほしい。ニセコとか軽井沢みたいにね。
温泉津2018-15



地方の温泉街の雰囲気っていいよなぁ。
温泉津2018-17



旅館じゃなさそうなんだけど、お洒落な宿泊施設と思しきものがいくつか。
温泉津2018-19



猫さんが外を覗いていたり。
温泉津2018-40




クラシックな雰囲気のカフェも
温泉津2018-41



食後の「石見神楽」。
温泉津2018-21




温泉津2018-22




バリ島のレゴンダンスを彷彿とさせる
温泉津2018-23





途中スモークの演出もあり。
温泉津2018-27




温泉津2018-28




観てる時は軽快に動いてたから、衣装が重いなんて思いもよらなかった。
温泉津2018-29




子どもたちも夢中。
温泉津2018-30




温泉津2018-31




こういうの、強制参加ではなく、自らやりたがるんだって。実際、神楽の人気者はモテるらしい。
温泉津2018-34





夢中になりすぎて、家庭を顧みなくなる踊り手もいるんだとか。なんだろう、この熱量。スゲーよ。
温泉津2018-35




おつかれさまでした。
温泉津2018-36





マジで相当重い。20kgあるらしく。
温泉津2018-37



温泉津2018-39







石見神楽の余韻をまとった翌朝。この露天風呂、男女が入替制なのでわずかなチャンスを逃すわけにはいきません。日の出とともになら、誰も他に人は居なかろうと、カメラを持って宿の温泉へ。体の芯までポカポカになる。
温泉津2018-44




旅館らしい、朝ごはん。
温泉津_朝2018-2


このあたりはイカが旨いのよ。
温泉津_朝2018-4


こういうとこじゃないと、中々温泉卵も食べないし。
温泉津_朝2018-3




食後は温泉津の街中を散策しに行きました。
温泉津_朝2018-1





日本は、地方の観光資産をもっと活かせたらなぁ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




kyah2004 at 23:00│Comments(0)島根_201803 | HOTEL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔