2019年03月10日

鮨由う(六本木)We will rock you!!!

鮨ゆう2019-30

オープン以来通っている六本木の『鮨 由う』。

この日は3つのWe will rock you があったんです。

ひとつめはお酒のペアリング
鮨ゆう2019-7


ワインだったり清酒だったり、下手したら握り一貫ごとに違うお酒を注いでもらえたり。そうなると、更にお鮨の奥深さが見えてくる。
鮨ゆう2019-40



そしてもうひとつは、〆に追加オーダーした鮪づくし巻。どんだけRock you なんすか。
鮨ゆう2019-55



3つめは、この赤貝。前日に大将の尾崎さんから「なにか食べたいものあります?」と聞かれたので、そういえば昔、札幌で食べた赤貝のヒモが美味しくて、アレをまた食べてみたいなんて言っていたんです。

そしたら、用意してくれていたのがこちらのビグザム級の赤貝
鮨ゆう2019-15



存分に、赤貝も赤貝のヒモもいただけましたわ
鮨ゆう2019-23



2年連続でミシュランスターを獲得している『鮨由う』だけど、大将のキャラは変わりません。
鮨ゆう2019-17



あんなキャラですが、つまみも丁寧で繊細な仕事。
鮨ゆう2019-3




煎り酒で縞鯵をいただけたりと、つまみも和の仕事を徹底している。
鮨ゆう2019-5



鰆に使った福井の地がらしが大好評。
鮨ゆう2019-12



あからさまではないけど、前半のつまみの中に、ちょいちょいシャリを挟んでくるアクセントの作り方もタイプだったり。
鮨ゆう2019-9


鮨ゆう2019-20



握りは国産の鮪にこだわっていないところも真摯だと思う。2万円のおまかせの中で、最大限までパフォーマンスを高めようとしている。
鮨ゆう2019-33


握りの最初は必ず春子鯛。これからの握りに対する期待値が高まる。
鮨ゆう2019-25


イカはほんとに仕事で化けるよね。家庭のイカでは、中々この領域にはたどり着けない。
鮨ゆう2019-28



この日はノースカロライナの鮪。ボストンの鮪は割とよく食べるけど、もうちょい南下したエリア。大トロはちょっと脂が強めだったので、中トロがピタっときましたね。
鮨ゆう2019-36


倒れそうな雲丹の軍艦。口の中に磯が広がる。
鮨ゆう2019-46

つまみも握りも好きだなぁ…
鮨ゆう2019-48



初オーダー”鮪づくし巻”を記念して、作るプロセスも記録中。やばぃ、想定の3倍以上ある…
鮨ゆう2019-52



これでも巻モノを2人で分けた後なんだけど…(笑)。4人で1本くらいがちょうどいい。
鮨ゆう2019-57

鮨 由う
03-3404-1134
東京都港区六本木4-5-11 ランド六本木ビル B1

味はもちろん、エンタメ要素も充実の江戸前鮨
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



*********************************


今は17:30と20:15からの2回転制に。2回転目は時間通りに行くとだいたい待たされる(笑)。冬と雨以外なら気にならないけど、冬で雨だとかなりツラい。

階段のとこでしばし待たされてからの入店。

まずは、豆腐で癒やされます。この日は何の豆腐だったかな? とうもろこしの記憶もあるけど、季節じゃないしなぁ。
鮨ゆう2019-1



続いて、北海道産の白魚。生姜とネギで場を締めて。こりゃ、お酒無しではいられない。
鮨ゆう2019-2




津本式の神経締めの高知 縞鯵、こちらを煎り酒で。ヒカリモノ、大好き♡
鮨ゆう2019-4



この牡蠣もシルキーで美味だったなぁ。
鮨ゆう2019-6




噴火湾の毛ガニとウニの握り。トップには鮨由うの名のついたオリジナルのキャビアをあしらって。

静岡の山の中で生産される、塩味の抑えられたキャビア。あまりに綺麗な水で生産されるので、このチョウザメは生食も許可されているらしい。
鮨ゆう2019-8





のどぐろのネギマ。紅瞳は、やはり旨い。ふかふかの火入れもいいね。
鮨ゆう2019-10



藁でスモークした鰆。福井の地がらしが脇役として優れすぎ。
鮨ゆう2019-11

 



写真じゃ追いきれないくらいたくさんの種類の日本酒を。
鮨ゆう2019-13 子持ち



北海道のワカサギ。寒いとこ苦手なんで無理だけど、ワカサギ釣りも興味はある。
鮨ゆう2019-19




鮟鱇の肝を裏ごししてペーストにしてからシャリと混ぜ、きゅうりと奈良漬で表情をつけた”プリン巻き”。『鮨 由う』のオリジナルメニューのひとつ。これは悪魔のささやきが聞こえる巻物
鮨ゆう2019-18



おーーー、新政No6
鮨ゆう2019-16


鮨ゆう2019-21




さっき話してた赤貝ね、何度見てもデカイ。これ、ひとりひとついただいちゃいました。
鮨ゆう2019-14




紐は海苔ときゅうりで巻いて。
食感たまらんわい。

そして、赤貝の身がやばい。
海が見えるし、余韻がすげえ。
鮨ゆう2019-24


 




さて、赤貝でつまみのクライマックスを作ったので、握りのはじまりはじまり。
鮨ゆう2019-22




いつもの通り春子鯛の握りから。

2月にいただくと、ちょっと早めの春を感じられる。
鮨ゆう2019-26




スミイカいいね、ほんと化ける。
鮨ゆう2019-27





京都の釣り鰺。 浅葱をすりつぶし行者にんにくみたいな使い方で。大将が苦手なヒカリモノ、ゆえに苦手な人ならではの視点で丁寧に洗練された味わいに仕上がっている。苦手≒マイナスではないのよね、人生って。
鮨ゆう2019-29




鮪が登場しそうな予感。
鮨ゆう2019-31



ネッリ感もいい。ノースカロライナの鮪漬け。
鮨ゆう2019-32




からの、中トロの流れがメッチャ好き。脂もスッキリでコレは旨い。
鮨ゆう2019-34




ジェットストリームアタックの〆には、ちょいTooMuchな大トロの脂具合。焼肉も強い刺しは苦手なんス。
鮨ゆう2019-35


鮨ゆう2019-37




焼いた とらふぐの白子を蟹の上にのせてシャリを敷き、最後に餡でトロンとまとめた冬らしい小丼。これはイイね。
鮨ゆう2019-38




芝海老のオボロを挟んだコハダ
鮨ゆう2019-39




鮨ゆう2019-41

鮨ゆう2019-42




オマージュを感じる、というかパクリ元を明快に宣言した車海老。でも、実際端っこに置かないと絵面的に間抜け感出るというのは納得。
鮨ゆう2019-43




そうそう、今年は6月か7月に利尻島行かないと!!
鮨ゆう2019-45




トロフワの穴子で握りは終わり。
鮨ゆう2019-47





最後の鮪たちに合わせたオーストラリア。これ、センスいいお店でよく見るよね。
鮨ゆう2019-49




ほんとは、このトロタク巻で終わりなんだけど
鮨ゆう2019-50




鮨ゆう2019-51




初訪問の友人もいたので、鮪全部巻きを。
鮨ゆう2019-53




もうね…、戦ですよイクサ(笑)
鮨ゆう2019-56



空腹時に、コレだけいただきたいんだけどね。
鮨ゆう2019-58




さて、気づいたらもうすぐ桜の季節。残りわずかになった平成をしっかり堪能しましょうかね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




kyah2004 at 20:02│Comments(0)日本料理 | ¥20000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔