2019年03月14日

Violet Oon(Singapore)高級住宅エリアの洗練されたプラナカン料理

Violet2018-8


ひとりあたりGDPは、とっくに日本など抜いてしまったシンガポール。

いくつか高級住宅地というのはあるんだけど、中でも「Bukit Timah(ブキテマ)」は数億円以上の豪邸が並ぶエリアで、一軒家に住むのが困難なシンガポールの中でも、ちょっと異色なエリアなんです。

オーチャードからでもタクシーで10分くらいは走るかな。そんなエリアに店を構える『Violet Oon』は、エレガントなプラナカン料理を愉しめるファインダイニング。
Violet2018-13


プラナカン料理というと、日本に住んでるボクあたりでは”ラクサ”あたりが浮かぶんだけど、そもそもがマレー半島にやってきた中国人が、マレー料理やタイ、インド、ヨーロッパの調味料やハーブを組みあせて作り出されたもので、パステルカラーの陶器など本来は、とても華やかなものらしいんです。
Violet2018-5


そういったプラナカンの底力を魅せてくれるのが、ここ『Violet Oon』いくつか支店があって、どこもセンスはいいんだけど、特に「Bukit Timah(ブキテマ)」店は、インテリアも美しく、スタッフも雰囲気あり、料理が美味しかったのよ。
Violet2018-14



きんぴらごぼうみたいな味付けのものを海老と合わせたりとか、日本人には懐かしい味わいも。
Violet2018-6



TOPの写真の魚料理はふわとろのレア感がきまったタラで、ラクサっぽいソースとあいまって、シンガポールならではの味わいに仕上がっていた。こういうの食べたいのよ、シンガポールでは!!

こちらの牛肉もナイフがいらないくらいの煮込まれ方で、フォークを入れただけでも繊維がほぐれていく。味付けも強すぎず、ぼやけすぎず、それでいてプラナカンらしさがしっかり感じられて、これまたヒット。
Violet2018-11



富裕層の飲食に対するお金の使い方が、日本とは桁違いのシンガポール。

でも、ここはビジネスではなく、ファミリーや大事な人とプライベートで使ってるような雰囲気でした。
Violet2018-1



シンガポールで、いま一番好きなお店です。
Violet2018-16


Violet Oon Singapore
881 Bukit Timah Road
Singapore 279893
Email: eat@violetoon.com
+65 9834 9935
https://violetoon.com/violet-oon-singapore-at-bukit-timah/



2019年もあっという間に3月半ばですか。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。






**************************


ブキテマの『Violet Oon』は、道路沿いにあって真横はこんな日常感あふれる食堂。
Violet2018-18



なんだか陽気ですな(笑)、ギスギスしてない。
Violet2018-19



そんなお店の真横に、こんなシックなファサードが。
Violet2018-17



店内は現代風にアレンジされたプラナカンのインテリア。プラナカンのタイルって、こんなにもキレイなのね。
Violet2018-2



お皿に刻印されたお店のシンボルも美しい。
Violet2018-3



メニューもシンプルでバランスのいいデザイン。お値段も案外リーズナブル。
Violet2018-4




バスクからの帰りだったので、久々に食べたアジアの味付けがやけに懐かしく。
Violet2018-7



この肉の煮込みは、是非日本でも再現して欲しい。スープの適度なハーブ&スパイス感が絶妙。
Violet2018-9




バスクで、さんざん美味しい魚を食べてきた直後だったけど、負けないくらいの美味しさのインパクト。
Violet2018-10



デザートの色鮮やかなこと。味はビジュアルほどキツくない。
Violet2018-12




サービスのムッシュの雰囲気も、かなり素敵でね。
Violet2018-15




さすがは、シンガポールきっての高級エリアで支持されているレストラン。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔