2019年02月27日

セラフェ(目黒)ステークアッシェのランチが半端ない

セラフェ2019-10

以前はランチ営業が日曜だけだったんだけど、久しぶりに行ったら火曜から日曜まで手軽なランチを始めてた『セラフェ』。肉の仕事が本当に素晴らしく、ディナーとランチ合わせたら3,4回は来てるかな。なんだかんだ忙しくしてて、今回は半年ぶりくらいの訪問です。
セラフェ2019-2




ランチでもしっかりしたコースは事前予約が必要で、当日のオーダーは軽めのセットオンリーという回転系に変わってました。まずは『セラフェ』の魅力を多くの人に知ってもらおうということでしょう。
セラフェ2019-20



とはいえ1500円ということで侮ることなかれ。「このプライスでこの内容が出てくるのかスゲーな!」と撃たれたのがステークアッシェ。


食感をしっかり残したひき肉を、シンプルに外カリ、中レアで仕上げてくるセラフェ”らしい”仕事。上にのった半熟たまごを崩せば黄身トロリと肉に絡む、エロさとマッチョさを纏った仕上がりに。
セラフェ2019-8





まりえは内腿のステーキ。独特な食感の仕上がりになっていて、噛みごたえがあり、かつ長時間味がヘタレないという肉職人のプライドを感じる一皿に。そして、つけあわせのポテトが超絶うまい。トロッと甘いこれまた官能のテクスチャ。これも雪の下での2年間熟成というから、富良野の「540」と近いっすね。
セラフェ2019-12




こちらは2500円だけどサラダにパテも付いてくるので、お得感の高さは変わらない。
セラフェ2019-4




ランチタイムは、500円でビールやワイン出してるけど、ソレじゃなくていいから合うのもってきてと出してきてもらったのがトスカーナ。さすが肉に合うワインセレクト。
セラフェ2019-15





実は、ステークアッシェを食べて余裕があったら、梅山豚のカツサンドもTRYしようと思っていたんです。
セラフェ2019-21





休日は、ほぼほぼランチ一食なスタイルなので、ディナー並の量が食べられるワタクシ。こちらもぺろっといただきました。食べきれなかったら包んで貰おうかと思ってたけど、残ってた赤ワインとちょうどいい具合で完食。やっぱ肉使い、上手いね『セラフェ』は。
セラフェ2019-16




この軽いデザートとカフェまでついて1500円ですからね。マジで驚きです。
セラフェ2019-23

セラフェ
03-6420-0270
東京都目黒区下目黒1-3-4 ベルグリーン目黒 B1F
http://severo.jp/Cellar_Fete/



来月はディナーに行こーっと。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




***************************



この日は飛び入り。運良くカウンターが空いてたので滑り込み。
セラフェ2019-1




リーズナブルなランチがはじまったせいか、店内はほぼ満席。周囲を見ていてもステークアッシェのオーダーが多い。
セラフェ2019-3





ブロック肉を掃除して、ある程度の大きさにカットしたらこのマシーンでミンチ状に。
セラフェ2019-22




まだ、ゴロゴロした肉の食感が残る状態で焼き上げて出てくるシンプルな料理。
セラフェ2019-7






もうね、この外の焼き具合と、中のレア度のコントラストがたまらんわけですよ。これ、トレーニングのあとの定番になりそう。めっちゃヘルシー。
セラフェ2019-11






1500円のコースは、もっとシンプルなサラダ。これは2500円のコースなのでゆとりある感じ(笑)。
セラフェ2019-6





色々なとこでステーキ食べてるけど、こんな弾けるような歯ごたえある食感で、でも決して筋が残ってるわけでもなく不思議な印象を残すステーキは初めて。

まりえのを一、二切れもらっただけなんだけど、改めて対峙してみたい
セラフェ2019-13







からの、カツサンドって大人でしょ。場所によっては、結構脂の固まり的な部分もあるんだけど、脂がイヤなベタっとさがなく、カラッと甘くて後に引かないのよ。なので、難なく完食できちゃったんだと思う。

セラフェ2019-18






デザートのムースも手を抜いてないし。フィナンシェもギモーブもお値段以上。
セラフェ2019-24




改めて思ったけど、ランチだけでは勿体無いね。シェフの本気を夜に浴びたい。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




kyah2004 at 23:30│Comments(0) | フレンチ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔