2019年04月05日

SakeLabo暢ぺ(島根)益田の味を愉しもう

益田2017-13

島根県の西端、萩石見空港からほど近くに「益田」という場所があってね。

この町には、グラントワというセンスのいい芸術文化センターがあって、そこの館長さんらに益田エリアを案内してもらっていたんです。そんな視察旅の夜に寄ったのが『SakeLabo暢ぺ(サケラボノンペ)』
益田2017-6



駅前はホテル以外なんもなくて、これが地方都市の現状なのか...という第一印象だったんだけど、道を一本入ったら妖しげなネオンとともに、夜の時間がはじまりました。
益田2017-32




久しく見てなかった昭和っぽいネオンがインパクト強かったけど、ここはそっち系のストリートってわけではなく、色んな飲食店が集まっていて、いい感じの小料理屋とか、バルとか、ボルシチレストランまでありました。
益田2017-33




『SakeLabo暢ぺ』は、地元のクラフトビールの揃い方から見て分かる通り、今っぽい要素も挿し込みながら益田の味を愉しめるバーというか、酒ビストロというか。
益田2017-27




Facebookを見たら”日本酒と日本ワインの酒場”だそうです。
益田2017-28



まずは、ご当地クラフトビールを楽しみつつ。うん、旨い!!!
益田2017-14





料理は、さすがにお造りがレベル高い。
益田2017-15



この日は、ランチ食べて、その後もフルーツを農園でシャインマスカットいただき、その後パフェなんかも食べてたんだけど、


そっからローストビーフや、
益田2017-17



牛すじ&温玉
益田2017-20




チーズなどダラダラ呑ってましたわ。
益田2017-23




からのカツレツに戻ったりと自由自在。
益田2017-24





肩の力入れずに地元の食材を愉しめたりして、オレは好きっすよ、こういうの。
益田2017-29





お酒のセレクトがセンスいいし、こういうお店は中々 自分では発掘できないので、また益田に来たら、寄らせてもらおうと思ってます。
益田2017-30

SakeLabo暢ぺ
0856-32-3470
島根県益田市駅前町21-15



今週末は桜が満開の模様。外呑みしなきゃね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




*****************************



いやぁ、忘れてましたわ。こういう色使い。
益田2017-2




キャバレーって人生で一回も行ったことないんだけど、何をする場所なんだろうか?
益田2017-3



お、ファサードからしていいね。
益田2017-4



肩の力抜けてるじゃない。
益田2017-5



益田2017-7




そうそう、旅人は地元のものが食べたいし、呑みたいんです。
益田2017-8





結構、種類あるんすねーーーー
益田2017-9




益田2017-10



素材にもこだわりまくりな姿勢が最高。
益田2017-11


益田2017-12






そして、安いわ〜
益田2017-16




適度にジューシーなローストビーフ
益田2017-18



揚げ出しとか久々に食べられたわ。
益田2017-19




ほうほう、お酒も地元のラインナップが豊富だねぇ、さすが水の綺麗さが日本屈指なだけはある。
益田2017-21



扶桑鶴という名の地元のプライド。
益田2017-22




ポテトの出し方もいいじゃない。
益田2017-25




イカがうます
益田2017-26








帰り道にも記念撮影。
益田2017-31




おおおぉぉぉ、渋い。そしてコワくて入れないw
益田2017-34




駅前のカフェバーがほっとする。
益田2017-35





扁桃腺がやっと小康状態に。ほっ…
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。





kyah2004 at 23:30│Comments(0)島根_201708 | 和食

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔