2019年04月07日

目黒川の花見と情緒

花見2019-1



今日は、絶好の花見日和。中目黒の駅近辺は阿鼻叫喚かもしれないけど、少し川下に行けばだいぶゆったりと桜をめでることができる。

ここ数年、これだけ開花してから長く桜が持ったのを見たことがなかった。
花見2019-1-2




ブレないのDJI POCKETで桜の下を歩いてみた。




桜のピークが週末にあたって、かつ田道の桜まつりにあたったなんてのは記憶にある限りないのよね。こんなタイミングは相当レアなので、今日ばかりは室内のレストランでランチの予約を入れていなくてよかったと思う。
花見2019-3






桜の下でお薄をいただく気持ちよさ。
花見2019-8





目が覚めて、気が向いたらお花見しながら散歩して、喉が渇いたらお花見会場でビール呑んで(会場内にクラフトビールも3種類ほど)、ついでの350円のフランクフルトをつまみつつ、食後は近くのコーヒースタンドまで足を運び(Switch Coffeeは美味しいのに空いている)、最後はお抹茶で〆てみる。
花見2019-11






できれば、自分の茶器で着物でお点前してみたい。
花見2019-10




さて、またちょっと歩いてみますか。ぽわんぽわんと毬みたいになったら、ここから一気に散っちゃうのよね。
花見2019-15





川面にもだいぶ花びらが。
花見2019-20




ここんとこ、体調に関しては万全と言えない状況に次々と陥ってたけど(笑)
花見2019-6



たまには、ゆっくりせよ。というメッセージかと。
花見2019-4




おかげで、春を迎えられました。
花見2019-23



このあたりの週末旅は、前後ちょっとズラすだけでタイミング外すからね。紅葉よりも桜の方が旅プランするの難しいのよ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。





*****************************


今シーズンは桜を長く愉しめたといったけど、大崎の桜トンネルなんてこの状態で水曜くらい。
花見目黒川2019-1



曇りよりも、晴れをバックに桜が撮れるとやっぱし嬉しい
花見目黒川2019-2





これはいつだったっけなぁ。
花見目黒川2019-3




目黒川の水曜の夜。
花見目黒川2019-5





この密集度は屈指ゆえに人気になるのもわかるけど、ちょっと混みすぎで情緒はない。
花見目黒川2019-4




情緒ってほどのものはないけど、それでもビール片手にのんびりこの景色を眺められる”ゆとり”って大事
花見2019-2






でないと、こういう写真は中々撮れないし。
花見2019-2-2





京都の桜のピークには、過去一度しか行けてない(しかも、たまたま寄れただけなので半日程度)。ゆえにピーク時期の京都連泊は、残りの人生における最重要課題のひとつ。
花見2019-5




にしても、今日は半袖でも歩けるくらい気候が良かったのが嬉しかった。無駄にブルゾン着込んでたけど、単なるお荷物になっちまったし。
花見2019-7



週半ばに満開だったポイントは、葉桜になりつつあり。
花見2019-12




その分、お抹茶と桜吹雪という情緒あふれる時間を過ごせた。
花見2019-9







花見2019-13




これが500円ってパフォーマンス高いと思いません?
花見2019-14



ほろ酔い散歩という贅沢
花見2019-16




花見2019-17





花見2019-18





花見2019-19



花見2019-21




この写真、自分好み。
花見2019-22



花見2019-24



花見2019-25



風が吹くと花びらがはらはらと散ってくるので油断してると髪の毛の中に花びらが。
花見2019-27




そんな春の休日。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




kyah2004 at 17:45│Comments(0)Diary | Pic.

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔