2019年04月21日

YAKINIQUEST(Singapore)牛タンづくしの夜

YAKINIQUEST2018-38

シンガポールを代表する焼肉店『YAKINIQUEST


インターネット上で個人が情報発信を始めたなんて、ほんの15年かそこらの話。当時からプロの視点で焼肉店の紹介から焼きの方の奥義までを掲載していたそのサイトは、単なる個人の情報発信とは明らかに別格でね。ボクはここで焼肉の多くの学ばせてもらいました。

その伝説の焼肉サイト『YAKINIQUEST』が、そのまま店名となっている理由は、サイト主催者の石田さんがシンガポールのこの店のオーナーだから。


外国人観光客も多いリバーサイド、賑やかなボートキーの一角にお店が。
YAKINIQUEST2018-3





もちろん、石田さん本人が焼いてくれています。焼き方はもちろん、立ち方にも奥義の片鱗が。
YAKINIQUEST2018-20





この日は特別メニューで牛タンづくしのコースをやっていて、シンガポール在住の弟家族と一緒にやってきました。
YAKINIQUEST2018-42




まずは薬味やタレと共に牛タンの食感を味わいつつ
YAKINIQUEST2018-17





タン先からタン元まで薄く長くカットした、焼肉ラバー向けの上級メニューが登場。
YAKINIQUEST2018-26



噛む場所でタン先だったり、タン元の特長が前に出てくるひと焼きで二度美味しいロング巻焼。こういうのが、日本とほとんど時差なく海外で食べられる時代になったんですね…。
YAKINIQUEST2018-28




とはいうものの、シンガポールの和食事情が改善されたのなんてほんの数年の話で、居酒屋とかでしょーもないもの食べても1人7000円とかいう時代がつい最近のこと。
YAKINIQUEST2018-30





タンのローストビーフサラダを挟んだりしつつ、
YAKINIQUEST2018-34





いよいよタンブロックの儀式がはじまります。
YAKINIQUEST2018-31




完璧な火入れで仕上がった牛タン。こんだけ食べてても、自分で焼けと言われたら、自信がありません。
YAKINIQUEST2018-36




いやいや、なんとも気品あるエロティークさを纏ったロゼカラーじゃないっすか。歯ごたえも官能的で2Wぶりに日本に帰る前に、帰国した気分になりましたわ。
YAKINIQUEST2018-41





ミート矢澤や牛角など、いくつか日本の有名焼肉店もシンガポール進出してますが、オーナーのこだわりや日本のトレンドのキャッチアップといった探究心からしても『YAKINIQUEST』は間違いない。。
YAKINIQUEST2018-47






美味しく肉をいただきながらも、のほほーんと日本で生きてる自分にとっては、刺激受けまくりなディナータイム。リスクをとってでも夢にチャレンジする姿勢、これを貫いてるってスゲーっす。
YAKINIQUEST2018-49

Beef Yakiniku Dining YAKINIQUEST
(+65) 62234129
48 Boat Quay Singapore, 049837
http://www.yakiniquest.sg/


シンガポール行ったら、また寄りまっせ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。





***************************



リバーサイドに「焼肉」の看板。ロケーションに関しては、日本よりもいいなぁと。周囲は観光客向けのテラス席が多いですが、水沿いで飲めるのは気持ちいい。こちらのお店は水際対応してないけどね。
YAKINIQUEST2018-2







驚かそうかなと、ボクが一緒なことは伏せていたのですが、Facebookとかで弟とシンガポールいるのはバレてたらしく、サプライズは失敗に(笑)
YAKINIQUEST2018-4




いやいや、やっと来れましたよ。最近はアジアだとバンコク中心になっちゃっていたので、シンガポール自体ご無沙汰だったんです。
YAKINIQUEST2018-5




まずはIPAで乾杯。
YAKINIQUEST2018-6




いわゆる日本のラガー系ビールより、エール系が肉には合う。ボクはそう感じてる派なので、このビールの揃えはありがたい。
YAKINIQUEST2018-16




こちらは、大人の”牛タン尽くしコース”にバリアをはるべく、親たちがオーダーした端切れ肉の盛り合わせ。いい部位も入ってるし、いろんな味を楽しめるからおひとりさまなら逆に狙いどころかも。
YAKINIQUEST2018-7




まずは3種盛。
YAKINIQUEST2018-18




奥義を挟み込みながら火を入れて、
YAKINIQUEST2018-19




タレものはネギでいただいたり、
YAKINIQUEST2018-21





こちらは柚子胡椒かな? あー、バスクでは忘れていた和の味わい。 
YAKINIQUEST2018-22




これは、タンでも下顎のほうだったかしら?
YAKINIQUEST2018-23




ネギでたっぷりのせていただきます。
YAKINIQUEST2018-24





タン先からタン元までの1枚焼き。焼き手のスキルが求められるところ。
YAKINIQUEST2018-25




薄いからって、早めに返しすぎるとレア感残っちゃうからね。この部位は、しっかりと外に焼き目つかないと、美味しさが半減しちゃうから気をつけないと。
YAKINIQUEST2018-27




牛タンの魅力をしみじみと。
YAKINIQUEST2018-29







こういうサラダ、毎日ランチで食べたいんだけどね。
YAKINIQUEST2018-35





神々しい黒毛和牛のタンブロック。
YAKINIQUEST2018-32





付きっきりではないけど、それなりの頻度で焼き具合をチェック。
YAKINIQUEST2018-33




見るからに旨いタンの表情。こういう表情出せるのは、さすが。チェーンと異なる圧倒的なアドバンテージ。
YAKINIQUEST2018-37






とにかく、この歯にあたる心地よさと、脂の旨味を堪能せよ。
YAKINIQUEST2018-40





なんつーか、もうイノセントワールド。
YAKINIQUEST2018-44





そして締めにはタンシチューが。
YAKINIQUEST2018-45




これは、お店からのサービス。たまたまいただきもがあって、お裾分けを。
YAKINIQUEST2018-46



正規のデザートはアイスモナカ。
YAKINIQUEST2018-48




日本クオリティが、食の世界でもきちんと世界で再現されるって、これから先 日本のブランディングにとって とても重要なことだと思う。できるものはハラル対応もしていきたいしね。
YAKINIQUEST2018-51





食後に、たまたまシンガポールに来てたマー君とちょい呑み。
YAKINIQUEST2018-52



飛行機ギリギリまで飲んでたんだけど、こういう時に限ってGrab使わずタクシー乗っちゃったのよ。

そしたら「カードが使えない」とか言いやがり(操作方法わかってないようなダメおやじ)。ブチギレながら、このためだけに追加でシンガポールドル下ろしに空港でATMまで走ったりとか、散々でした。

ほとんどキャッシュレスで過ごしていたシンガポールだったのに、流儀と違うことやるとダメですな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




kyah2004 at 16:37│Comments(0)Singapore_201809 | 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔