2019年05月06日

高知の鰹とあか牛、徳島 大歩危の渓谷美

高知1_2019-92




GWのちょっと前に、高知と徳島へ。年始に立てた誓い「今年行きたい場所【国内編】」に忠実に。1Qで行けなかったのは静岡だけと、かなり実行できています。
高知1_2019-22






やはり、高知といえば鰹のたたきでしょと。実際、塩たたきとかテクスチャも味わいも素晴らしく。
高知2_2019-18




しかも、地酒だけじゃなく自然派ワインで合わせてくれるなんて洒落た選択肢もあったりしたし。
高知1_2019-18




高知では大好きなウツボもメジャー食材なので、あちこちで食べられるのも嬉しい誤算。
高知1_2019-27





現存十二天守の高知城も残っているし。
高知1_2019-59






ここは坂本龍馬というより山内容堂公の気分を味わいつつ。
高知1_2019-81




まだ、桜が少しだけ残っていた時期だったのでフォトジェニックな絵も撮れました。
高知1_2019-104






高知といえば、あか牛も食べたいところ。
高知2_2019-4




どこか、いいお店ないかなと探していたら、友人らから耳寄りな情報が。
高知2_2019-14





日本の市場って、安くて手軽にボリューミーなものが食べられるってイメージで、まさかこんな場所にあか牛のこだわりのお店があるなんて。
高知2_2019-15






昼から、10種類以上あるグラスワインとともに
高知2_2019-3




火入れにこだわったあか牛がいただけちゃうのよ。フレッシュな肉のかほりは、熟成香とはまた違った魅力でもも肉の弾力が心地よく、ブルゴーニュの赤がソース代わりに味を引き立てる。
高知2_2019-8






自然にも癒やされたかったので、高知から足を伸ばして徳島の大歩危へ。
徳島2019-8





ここは、見ての通りの渓谷美を愉しみながら、
徳島2019-13



なんと、温泉もあるというオレ好みのスポット。
徳島2019-48




ここでは、川魚の「あめご」昆をいただきに。これは布締め。
徳島2019-50




2億年以上かけて削られた天然の彫刻
徳島2019-28





海崖好きだけじゃなく、もちろん川崖も大好物。
徳島2019-32





遊覧船のポイントが、素直に一番美しい。
徳島2019-42





お願いだから、もうちょい渓谷美を愉しめるカフェなり道の整備をして欲しい。


高知市内は美味しいものが多く、まだまだ掘り足りない。また行ってみたいと思える、とてもいい町でした。レストランの名前は続きの方でまとめて。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




***************************

金曜の夕方に羽田を発てば、夕ごはんには充分間に合う。
高知1_2019-1




とはいえ、ホテルに着く頃には夕闇が。空港からは高速バスが出ていて菜園場前で降りたらこの街で一番の高層建築かと思われる日航ホテルは目と鼻の先。JRの駅からは離れてるけど、こっちのほうがはるかに便利。
高知1_2019-5





近所のアーケード街には、こんな渋いテラス席も。
高知1_2019-7




まず、ディナーで寄ったのは高知の名物を洗練された仕事で食べられる「高知座屋(いざりや)」
高知1_2019-35




病院の横で、JRの駅からも近くここなら食予算とかあんまし気にしない人集まるよね。
高知1_2019-12





地元の食材でいかに愉しませてくれるかが重要な時代。
高知1_2019-14




はまぐりのお椀とかも澄みきった味わいで。
高知1_2019-17







自然派ワインが好きだと話したら、見事なペアリングで一人でもめちゃ愉しめる。
高知1_2019-38






翌朝は気持ちいいくらいの晴れ。
高知1_2019-56





チェックアウト前に高知の町を観光します。
高知1_2019-57





この、こじんまりさがいい具合の現存十二天守。
高知1_2019-60




四国には松山城をはじめ、丸亀城、宇和島城、そして高知城と現存十二天守が集まっているのも魅力。
高知1_2019-65




鉄筋コンクリの城とは一線を画す色気と優美さ。
高知1_2019-66



欄間ひとつとってもモダン。
高知1_2019-67




天守閣に本丸御殿も併設で。
高知1_2019-69




小さな庭でも桜が美しく。
高知1_2019-74




ボランティアの方も熱心で、とても楽しく過ごせました。
高知1_2019-80






オールドレンズが活躍しますは、こういう場所は。
高知1_2019-85




こう見えて、結構天守閣を登るの大変なのよ。特に術後だっただけに自分。
高知1_2019-87




ほんと、ピンポイントで晴れてくれてありがとう。
高知1_2019-96




移動は市電を使うと便利。あえて苦言を呈するのならば、めんどくさいから全部SUICAが使えるようにして。日本のムダがこういうところにも出ている。iPhoneで全部決済できるようにしてくださな。キャッシュ特に小銭なんてもんは大嫌いなので持ちたくないのよ。
高知1_2019-101




日本最大がっかりの一つというはりまやばし。確かに見る価値はない(断言)
高知1_2019-105




なんで、ここに行ったかというとレンタカー前にランチを済ませたくて。土佐料理の「司」でウツボのたたきと
高知1_2019-106



焼き鯖棒鮨が思った以上に美味。
高知1_2019-107





はりまや橋以上にガッカリだったのが…まさかのあそこ。


龍馬伝は久々にみた大河ドラマ。ゆえに思い入れもあり、高知城は文句なしに素晴らしかった。ここで調子に乗ったらまずいと、桂浜には過剰な期待は持たぬよう抑えつつ向かったんですが...。




車で行ったんだけど、まずは厳重な柵で覆われた巨大な桂浜の駐車場ゲートでやな予感して、車を降りたら案の定、なんの浪漫も魅力もないコンクリのダサいみやげ屋が並び、浜を見下ろすエリアにはデカ過ぎる龍馬像が。過剰演出でしょ、コレ

高知1_2019-109




極め付けは奥の一番”らしい”ポイントが、工事で赤い柵なの。景観台無しだから!!

高知1_2019-111




更に辺り一面封鎖してるくせに、変なビルも浜のすぐ横に立ってるし(敢えて写真のフレームからは外してます)、観光客の期待をここまで裏切られるのかと驚きました。水族館もビーチサイドになんて求めてないし、ほんとムード壊しまくり。



環境を維持するために入場を有料にするのは構わないけど、お金の使う方向性が真逆すぎて、日本トップクラスのオススメしたくない観光地にオンリスト。





あまりにガッカリで10分もしないで退散した桂浜。そのまま車で向かったのが大歩危小歩危。

徳島2019-3





ひさびさの一人旅だったので、きままにドライブ。天気悪かったのに予想以上の渓谷の美しさに昂ぶりがとまらず。
徳島2019-11




いやー…、癒やされる。
徳島2019-12




宿にチェックインして早々に舟下りを。確か宿の割引あって600円ちょい。
徳島2019-15





舟乗り場のちょっと上流からは道の駅がチラ見え。
徳島2019-20




このクラシカルな建物が舟乗り場。外国人観光客が半分くらいで驚いた。良く知ってるね…と。
徳島2019-21




きれいに斜めに入った断層はドレアな景勝
徳島2019-23




相当な難所だったことを伺える
徳島2019-24




このあたり、山の上にも普通に住居があって、昔ながらの景色なんだろうねと。
徳島2019-31




とはいえ、現代に合わせた進化が必要。まずもって、こういう景観を愉しめるカフェなり美味しいレストランがなければ、この先若年層は増えない。
徳島2019-33





自然を護るのは大事だけど、せっかくの美しい渓流なので脇の道からもうちょい渓谷美を愉しめるような工夫がほしい。
徳島2019-36




このあたりとか、めっちゃ景色いいけど車停められる場所すら無いし。
徳島2019-37




舟下りで説明を受けた後に、上から見下ろすと3Dで楽しめるのに。
徳島2019-38




こんな絶景なんだからカフェスタンドとか欲しいのになぁ。
徳島2019-40



この日泊まった宿「まんなか」は頑張ってたけど、せっかくならもう少し本気モードで!!
徳島2019-44




こんな景色のラウンジあるなら、外部のお客さん入れてもっとカフェで稼げるし。
徳島2019-45



料理も、せっかくのアメゴが冷めてて硬いし、塩は強いし、なんだか勿体無い
。ポテンシャルの何%が発揮されているのかな? 食が微妙だと、次から訪れにくいから。
徳島2019-51





てな感じで雨の大歩危を後にして、あか牛を求め「ひろめ市場」に。
高知1_2019-97





レンタカーを返却してから遅めのランチで向かいました。


得てして日本の市場ってこういう感じで、安さを売りにしてるとこばかりでいい加減辟易としています。安いばかりが価値じゃない、いいもの、現地ならではのものを食べたいの。適正な価格で、適正なものを愉しませてくれたら幾らだって払います。だって、中々来れない場所だから。
高知1_2019-98





そんな中、ここ「プティ・ヴェール」は孤軍奮闘してました、あかうしの内もも塊肉は3000円くらいだったかな。
高知2_2019-6





ワインも種類あるし、クラフトビール、クレマンもあってお酒の選択肢が豊富なのもありがたい。
高知2_2019-9




シェフのこだわりを少しでも支えたいので、土佐のあか牛 食べたくなったらぜひコチラに。
高知2_2019-12



ちなみに、ひろめ市場前のこのコーヒースタンドも中々よ。開け方わかんなかったけどね、最初は(笑)
高知1_2019-100




探せば、商店街の中にこんな洒落たお店も。
高知2_2019-17



高知最後の食事は、人気の居酒屋「どんこ」へ。
高知2_2019-24




喫煙がOKなのが難点だし、1人で行くにはボリュームコントロールが難しい。最低でも2人以上で行くほうがいいと思う。
高知2_2019-22



ここのあか牛のたたきも悪くはなかったけど、はるかに「プティ・ヴェール」の方が食べごたえあったし、お酒とのマリアージュも楽しめた。
高知2_2019-23




翌朝のフライトで、そのまま仕事に突入。3泊あれば、高知、徳島もそれなりに楽しめまっせ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔