2019年05月05日

割烹の宿 美鈴の朝(三重)朝ごはんと朝散歩

三重06_2016-13


ここんとこ、単に美味しいものよりも、美味しいものをどういった環境で食べるかという方に価値観がシフトしていて、自然 ✕ 美食を探求するのがライフワークになっている。

海外、国内問わずその傾向が強くなっていて、ここ熊野古道の『割烹の宿 美鈴』も近い内に再訪したいと考えている。
三重06_2016-10




美味しい朝ごはんいただいたあとに、海を見下ろせるって最高じゃない?
三重06_2016-14





寝起きに地ビールをいただきつつ
三重06_2016-17




とても質がよく丁寧に作られた朝ごはんをいただくという贅
三重06_2016-21




しかも、こんな環境でさ。
三重06_2016-26






食と自然環境と高い美意識が揃ってるとこに足を運びたい。
三重06_2016-19


都会で美味しいものが食べられのは良くわかったので、あとはいかに自然と美味しいものをいかに融合できるか。
三重06_2016-16


美鈴
三重県北牟婁郡紀北町三浦297−4
0597-49-3031
http://www.nande.com/misuzu/



そういう場所を令和では発掘していきたい。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



*************************


雲ひとつない空。宿から朝散歩に。

三重06_2016-1





三重の海岸線は美しく爽やか。

三重06_2016-2





小さな漁港を超えていくと
三重06_2016-3



高塚山展望台へと続く道が。
三重06_2016-4





鳥や虫の音に癒やされつつ
三重06_2016-5





展望台には個性的な建物が
三重06_2016-6




あ、やはり上からの方が気持ちいいね。
三重06_2016-7




逆光だけど、湖面のような静かな海。
三重06_2016-8




泊まっていた町や、高速の道の駅まで見渡せる。この道の駅から外に出れればすぐなんだけどな‥
三重06_2016-9






こんな景色を独り占めの朝。
三重06_2016-12








そんなカントリーサイドにある数寄屋造りの美しい宿。
三重06_2016-18







にしても、熊野古道って東京からだと沖縄行くよりハードル高い(笑)

名古屋まで出て、そっから車借りても行けるけど鈴鹿あたりで渋滞になるのがストレスだから、松阪まで電車で行って、レンタカーする方が楽かな。松阪からは賢島も行けるし、熊野古道へも高速でアプローチできるから、三重の拠点にするには最適。なんてったって松阪牛の産地だし。
三重06_2016-20






で、松阪で肉を堪能してから『美鈴』で地の魚三昧ってのが最高の選択肢。
三重06_2016-22







三重06_2016-24




日本で、こういう宿やレストランをたくさん探したいので、ぜひ皆さん教えてください。
三重06_2016-25





こういう時間を、大好きな人々と共有したいです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




kyah2004 at 19:35│Comments(0)三重_201606 | 和食

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔