2019年05月19日

オステリア・スプレンディド(広尾)結婚記念日に選ぶ理由

OS2019-19

先月迎えた平成最後の結婚記念日。今年は広尾のイタリアン『オステリア・スプレンディド』でお祝いを。

毎年、その年の気分で選んでいるんだけど、結婚=日常の積み重ねという認識なので、あまりにも日常からかけ離れた日にするつもりはないんです。

日常の延長なんだけど、クオリティは妥協せずに、艶っぽさがあるところで。
OS2019-14



そう考えた時に今年は『オステリア・スプレンディド』一択でした。今の時代を感じる料理もさることながら、やっぱワインの感動が異次元なんすよね。前回の訪問があまりに印象的で

もちろんブルゴーニュのワインは大好きなんだけど、感動と値段があまりにも比例するので、日常をベースに考えるとイタリアという選択肢は俄然力を増すんです。
OS2019-8


あ、そうそう。念のために書いておくとここは、エノテカ&バール「インプリチト」の地下にあるレストラン。あの螺旋階段を降りていくと、個室と階段下のスペースで食事ができるようになっているんです。

仰々しくないけど、高い美意識で作られた感性に心地いい空間。まりえの着物姿にもしっくりと馴染みます。
OS2019-2



エレガントでいながら軸のブレない料理が続き、後半にかけての盛り上がりが、あからさまに凄くてね。
OS2019-11



中盤に出たまぐろのブレザオラのパスタは、ちょい枯れ風のワインと衝撃のアッビナメント。
OS2019-21



マルゲリータが口の中で完成するラヴィオリ(TOPの写真)にも昂ぶりを隠せなかったし。


宮崎牛の熟成香も色気あって、これまたワインとヤバい合い方。
OS2019-26




結婚記念日で自分にプレゼントしたリンドバーグ。たまたまこの日にメンテが終わっただけだけど、そういう縁にも理由はつけて。
OS2019-28




夫婦生活も15周年らしく、だいぶベテランの域っすね。まりえのドレッシーな着物姿は、外から見たら優雅な奥様に見えるのかもしれません。
OS2019-30

オステリア・スプレンディド (Osteria Splendido)
03-3406-0900
東京都渋谷区東4-6-3 Bell Air B1


ただ、旦那にとっては、いつまでもかわいい奥さんで、ほんと支えられておりますよ、ハイ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。







*******************


スプレンディドの夜は2009年のフランチャコルタから。
OS2019-1




OS2019-3


アミューズは4種類の盛り合わせ。

海藻のパフ
アボカドとライム
ハーブ感がいい
OS2019-4




カリフラワーのババロアにトリュフがフワッと香る。アミューズを2つくらい食べれば、泡とのアッビナメントも含め、このお店の真価がわかるはず。
OS2019-5




蕎麦の実のクロッカンテに鯵をあわせて。
鯖の肉厚っぷりと火入れ感が蕎麦とのアッビナメントを創り出す
OS2019-6



トマトとオレガノ、アンチョビの効かせ方が感性に響く
OS2019-7







次の前菜に合わせた白ワインは、シャルドネとかリースリングが脇役というのがオシャレ。子供達がワイワイしてるような賑やかさを舌で感じるもの。
OS2019-9





そんなワインに合わせてのが新玉葱のタルト。

マッシュルームのサラダ、パルミジャーノ、新玉ねぎのエスプーマ。ここに サドルバックの豚をあわせてカプリーノチーズを。郷土料理のパンチ力だけじゃなく、イタリア人の繊細な艶っぽさ感じたいときにピッタリのお皿。
OS2019-10




パンもスキ無いね。心を律しないと食べ過ぎる。
OS2019-12



こういう大事な日の写真データのみ何故か紛失してて、赤海老のカルパチョの写真が見つからず。真空調理の桜えびに、桜えびとオリーブのマヨネーゼ

筍と赤海老のバランスをとりながら

シチリアのシャルドネ。ビオ中のビオと合わせてました。



続いてはトレッビアーノとカタラットのロゼ
OS2019-16



これがね、様々な表情の野菜たちに合うんですわ。
OS2019-17




能登島の赤土から
トマトコンソメのジュレに合わせて
グリーントマトのタネ、ブロッコリフィオラーロ、レッドバターレタス、加賀れんこん、オゼイユなどなど30種類近くの野菜が一皿に。
OS2019-13






ラヴィオリ マルゲリータ。

下にパン生地を引いて、チーズのソースにバジルのオイル。
ショートパスタの中にトマトを詰めたラビオリ
OS2019-18


赤ワインを合わせると、バジルとトマトがより立ってマルゲリータに近づく。これは新鮮かつ説得力のある料理。


次のパスタに合わせる赤ワイン、既に抜栓して5日もなんだとか。
OS2019-20






スパゲティ、アーモンドミルクと鮪のブレザオラ

な、なんなのこの根っこの合い方!
ワインの枯れた感とのアッビナメントが尋常じゃない!!
OS2019-22





2日前から抜栓が必要だったというバルバレスコ
OS2019-24



色はみずみずしいけど、薫りは風格がある。
OS2019-23



宮崎牛のランプ、熟成香が心地よく色気が半端なし 
メークイン、香川県産のホワイトアスパラ、マッシュルーム、玉ねぎとエシャロットが主張ある脇役を見事に演じきっていた。
OS2019-25




結婚15周年、思えば遠くへきたもんです。
OS2019-29





ルバーブ、パンナコッタ、苺チップスとアイス。ドルチェも軽やかだけど、仕事っぷりは伝わってくる。
OS2019-31






一番小さいDRC
OS2019-33




OS2019-34




なんと、さっきのワインが合うことよ。
愛媛チーズケーキ、柑橘感がすっきりと鮮やかに


カシスとアーモンドのケーキは香ばしく、かぐわしい
エスプレッソとアッビナメント


桜のガナッシュとルビーチョコレートの洗練具合。
OS2019-35





できるだけ、美味しい時間を過ごしたいです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




kyah2004 at 23:00│Comments(0)イタリアン | ¥20000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔