2019年05月28日

メディナの奥へ(マラケシュ)バブーシュを探して

バブーシュ2017-2

マラケシュと行ったらバブーシュが有名で、フナ広場あたりでも、同じようなデザインのものがたくさん売られています。でもね、なかなかデザインでピンとくるものなくて、メディナ(旧市街)の奥の方に、バブーシュ スーク(バブーシュ市場)を探しに行ってみました。


Google Mapでなんとなく見当はつけてたものの、実際は迷路過ぎて、なかなかたどり着きません。
バブーシュ2017-5



でも、やっとこさバブーシュ スークの看板見つけたら、やはりその近辺は、デザインの凝ったバブーシュが発見できる、いいお店を発掘できました。諦めないって大事。
バブーシュ2017-1




ただね、デザインでいうとバブーシュ スークより、新市街のブティックとか、バヒア宮殿近くの靴屋さんの方が、日本人好みのものありました。価格も交渉しなくていいし、実際思ったよりも価格差少なくて、買うなら新市街の方が正直おすすめ。ただ、あの迷路の中をバブーシュ求めて彷徨うというエンタメ指数は、Priceless
バブーシュ新市街2017-1


新市街は、イブ・サンローランミュージアムの入口周辺にセンスいいブティックがまとまっていて、上の写真のお店に、メンズのいいバブーシュは揃っていた。
バブーシュ新市街2017-3



こういう質感、色、デザインのものは、やはりメディナ(旧市街)の中には無くてね。洗練を求めるなら新市街。
バブーシュ新市街2017-1-2




バブーシュではないけど、編み込みのサンダル屋さんがバヒア宮殿の方にあって
バブーシュ2017-1-2



ここはデザインも良く、職人が作れた分だけ売ってます。最初行ったらこのサイズ無かったので、完成予定の2日後に再訪したら、めでたく欲しいものがGETできました。
バブーシュ2017-4-2





98%は使えないものが並ぶ旧市街だけど、至極の2%を掘り出した時の感動がたまらないマラケシュのショッピング。次回はマラケシュから足を伸ばして、サハラ砂漠に行ってみたい。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




*********************


Google Mapがあるからなんとか歩けるけど、スマホがない時代は来れなかったと思います。マラケシュのメディナ(旧市街)。昼間は治安の悪さとか感じたことないけど、夜に人通りがなくなると、やはりちょっとコワイしね。
バブーシュ2017-4






このあたりはメディアのバブーシュ スークで掘り出したメンズのバブーシュ。
バブーシュ2017-2-2



少しトガッたデザインやカラーで、フナ広場の観光客が溢れたゾーンでは見つからない。
バブーシュ2017-3-2



こうした買い物ができるのは、5泊くらいのんびりマラケシュで過ごしていたから。
バブーシュ2017-3





1泊や2泊じゃ、この町の面白さには辿り着けません。
バブーシュ2017-6



とにかく初日は疲れたし、物売りに騙されたりするのも苛ついたし、タクシーの交渉も負けっぱなし。
バブーシュ2017-8





でも3日目あたりから、空気に慣れてむしろその環境が楽しくなってくる。
バブーシュ新市街2017-2



価格がはっきりしてる新市街で買い物すれば、センスいいモノ買えるし、相場観もつかめてくる。
バブーシュ新市街2017-4



そうなると、心の余裕が生まれてきて、混沌としたメディナが愛おしくなってきたり。
バブーシュ新市街2017-1-3




だって、そんな混沌とした場所って、世界からどんどん消えていってるからね。透明化、可視化は便利だけど、その分ワクワク感は削ぎ落とされていく。それが便利さだったり、洗練ということなんだけど、少しはグレーな領域が残ってないと面白くなくなっちゃのよね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔