2019年06月04日

バレンシアガ ミュージアム(スペイン)バスクの港町 ゲタリアの誇り

バレンシアガM2018-28

2011年にオープンした『バレンシアガ・ミュージアム』は、小さな港町ゲタリアの丘の上にあり、モダンでシャープな建物が心地いいコントラストとなっていて、町の魅力にアクセントを添えている。
バレンシアガM2018-1-2



伝説のクチュリエ「クリストバル・バレンシアガ」の功績を讃える美術館で、ベルギーのファビオラ女王のウェディングドレスや、グレース・ケリーが愛用していたドレス、ユベール・ド・ジバンシィのパーソナルコレクションなどを公開。

常設展では「ビギニング」「デイ」「カクテル」「ナイト」「ブライダル」「エッセンシャル・バレンシアガ」というテーマに沿って展示されていて、周囲とは全くの別世界なのが面白い。
バレンシアガM2018-1



旧市街のいかにもな石畳を抜けて、国道を渡ると美術館へと続くエスカレーターがあるのね。日本だとビルでもない場所に、エスカレーターがあるのって違和感あると思うけど、この町では、屋外エレベータもあって丘の上への日常動線になっている。
バレンシアガM2018-49



もともとキャパの大きな町ではないので、ミュージアムは混雑と無縁。無粋なシャッター音は空間にはそぐわないので、他のお客さんの居ない時にサッと撮ってました。
バレンシアガM2018-8


テーマごとの展示があって
バレンシアガM2018-13



1テーマ、10分くらいあれば見られるかな。
バレンシアガM2018-14



展示室を出ると、ゲタリアの町が見下ろせてハイコントラストさが際立ちます。
バレンシアガM2018-26



バレンシアガM2018-25





グランドフロアの空間は解放感があり、美しく切り取られた空間に居るだけで感性が刺激されるので、ソファーでぼーっとしているのも悪くない。
バレンシアガM2018-43


ギフトショップもさすがにセンスよく、おみやげと言うか帰国したら使えそうなステーショナリーとか、まりえはTシャツ買ってました。
バレンシアガM2018-41


意外と手頃なプライシング
バレンシアガM2018-42



美術館の上からは、旧市街とのハイコントラストな景色が楽しめる。
GETARIA2018-38

Cristobal Balenciaga Museoa
Aldamar Parkea, 6 20808 Getaria - Gipuzkoa  
Tel.+34 943 0088 40
月曜休
http://cristobalbalenciagamuseoa.com/





バレンシアガM2018-51


ミュージアムから、徒歩3分で田舎町の旧市街。こういうとこがゲタリアの面白さのひとつ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




*****************************

「バレンシアガ」というブランドは知ってはいましたが、クリストバル・バレンシアガについては全然知らないので、ちょいと検索を回してみました。

バレンシアガM2018-50



こちらにまとまってる情報がわかりやすい
http://high-brands.com/highbrand-brand.php?id=16&stid=101


ポイントを抜粋すると
バレンシアガM2018-3-2



実はファッションの歴史において、とても重要でココ・シャネルやディオールからも一目置かれるような人物だったそうです。
バレンシアガM2018-10

ただ、コレクションでも舞台裏で見守るだけで、挨拶などもほとんどしないなど、表舞台に出ることが極端に少なかったようです。
バレンシアガM2018-15



バレンシアガの功績は、女性の体のラインが出るピッタリとした服から、体型を気にせずに着られるようなゆったりとした服を作ったこと。
バレンシアガM2018-18

これを成し遂げたのはバレンシアガの圧倒的な技術力で、精密な裁断と素材の質を見極める眼が凄くて、体のラインが完璧でなくても裁断ひとつで直してしまう力を持っていたんだと。
バレンシアガM2018-21



一方で、完璧にこだわるが性格ゆえにビジネスの拡大という点では後手を踏んでいて、アメリカの最先端の技術に興味を持ちプレタポルテの工場を見学したものの、逆に機械では自分の服は作れないと確信し、機械化によるビジネスの拡大を断念したというのです。
バレンシアガM2018-37



とはいえ超一流の服を作り続けたバレンシアガは、最高の顧客と高価格に支えられて他のファッションブランドと並ぶほどの売上をあげていたというから...。なんかむちゃくちゃかっけーし。
バレンシアガM2018-38





以下、行こうと検討してるヒトのために写真を並べておきます。
バレンシアガM2018-2


バレンシアガM2018-44




バレンシアガM2018-45



バレンシアガM2018-46





バレンシアガM2018-2-2





ミュージアムは生家の脇に建てられています。
バレンシアガM2018-7









バレンシアガM2018-16


バレンシアガM2018-23


バレンシアガM2018-17



バレンシアガM2018-19

バレンシアガM2018-20



バレンシアガM2018-22













バレンシアガM2018-29

バレンシアガM2018-30

バレンシアガM2018-31

バレンシアガM2018-33

バレンシアガM2018-34

バレンシアガM2018-35

バレンシアガM2018-36





バレンシアガM2018-39














エントランスのメッシュなデザインも美しい。バレンシアガM2018-48












こちら、夜のミュージアムのエントランス。
GETARIA2018-14




たびに出ると、パソコンが開けませんわ。特に自然遺産系の場所だとね。

 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔