2019年06月12日

AYANA KOMODO RESORT (コモド諸島)楽園の定義

AYANAKOMODO2019-219


ゴールデンウィークに訪れたコモド諸島。インスタやFBでアップした写真が余程インパクトあったらしく、友人に会うとこの島のことをよく聞かれます。
IMG_1982



・世界最強の生物 コモドドラゴンが棲息
・3つの湾を見下ろすフォトジェニックなパダール島
・ピンクのビーチ
・シュノーケリングでマンタに逢える

なんと強力でわかりやすいコンテンツ。
AYANAKOMODO2019-71



コモド諸島の拠点となるのが飛行場のあるフローレス島は、バリ島から国内線でわずか1時間。ウブドからジンバランまで渋滞にハマると2時間半かかることを考えれば、意外に近いと思いませんか?
AYANAKOMODO2019-271


まだまだ開発がすすんでいないので、30年前のバリ島といった風情が残っているのも魅力。
AYANAKOMODO2019-152



ただ、これまではラグジュアリーリゾートがなくてバックパッカースタイルでのステイが主流だったのね。そんなフローレス島に初のファイブスターホテルとしてオープンしたのが『AYANA KOMODO RESORT』。
AYANAKOMODO2019-243




好奇心の塊のオレを、ジンバランの敷地から一歩も出さなかったマーケティング力を有するAYANAの展開するニューフェイスだけあって、コモドでの滞在もかなり愉快なものになりました。
AYANAKOMODO2019-259



惜しむらくは、天気が良くなったのが最終日ということで、ポテンシャルの3割くらいしか体感することができなかったということ。もし天気が良かったとしたら、とんでもない写真たちが並ぶことになったと思います。
AYANAKOMODO2019-113



そんな自然豊かなコモド諸島を知ったのは、友人のパダール島の写真を見て。崖好き、海好きのオレには衝撃を通り越して欲情していたわけなんだけど、拠点にしたいホテルが見つからなくて、ついついその欲望を抑え込んでいたんです。
AYANAKOMODO2019-274


そんな時に、AYANAが去年の9月にホテルをオープンさせていたんだけど、最初はピンときてなかったのね。「フローレス島ってどこ?」って感じで。
AYANAKOMODO2019-22

でも、調べてるうちに「アレ!?、フローレス島って、あのパダール島があるとこじゃん!!」「コモドってあそこね!」と繋がり、俄然行く気が高まって。

実際、自分たちで訪れてみて良かったなーと感じたのがココ
1.ノンストレスのボートトリップ
2.洗練された食と酒体験
3.愉悦のリゾートライフを過ごすための仕掛けの数々
4.古き良きビーチリゾートの風情


とにかくね、自然の豊かさが半端ない。1日でコモドドラゴン、マンタ、ウミガメ、イルカに接近戦と、ちょっと他ではない豪華ラインナップ。
AYANAKOMODO2019-90



パダール島は、人生で訪れた島の中でも3本指に入る美しさ。
AYANAKOMODO2019-69



これが晴れてたら、トキメキは2倍以上だったと思います。
AYANAKOMODO2019-95




滞在の満足度を底上げしてくれたのが食の美味しさ。期待以上の洗練度で、ジンバランのAYANA並のクオリティを再現できているのが素晴らしい。
AYANAKOMODO2019-34




サービスは、まだオープンしたてで頑張ってる最中だけど、その頑張り具合が素直で好感度大。AYANAフォロソフィーは、さすがだなと。

てなわけで結局ここには3泊したけど、周囲の町の開拓はあんまできなかったし、したいと思う余裕もなかったくらい。それくらいリゾートを満喫してたのよね。
AYANAKOMODO2019-201


バックパッカースタイルの旅を求めるなら「AYANA」を選ぶ必要はないけど、大自然を心地よく堪能したいし、食事は妥協したくない、ホテルの中と外ではメリハリつけて遊びたい、子供も一緒に質の高いバカンスを過ごしたい、そういう人には『AYANA KOMODO RESORT 』は、抜群の選択肢。
AYANAKOMODO2019-217



AYANA Komodo Resort, Waecicu Beach
Labuan Bajo, Flores, Nusa Tenggara Timur, Indonesia 86554
(+62) 361 702222
info@ayanakomodo.com
https://www.ayana.com/ja/labuan-bajo/ayana-komodo



そろそろ夏休みの行き先を決める頃だと思うので、検討の際のお役に立てれば。詳しいことは続きの方で。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




***********************



コモド島へは、ジンバランのングライ空港 国内線で。フローレス島のコモド空港までバリ島から約1時間。
AYANAKOMODO2019-275






行きは曇でテンションガタ落ちの景色だったけど、帰りは晴れたのでヤバいビューの強さ。
AYANAKOMODO2019-279



そうそう、ガルーダ・インドネシア航空(1日2本)のほかに、LCCのWINGS AIRなどが飛んでいて、Wings Airは1日5本くらい飛んでたと思う。
AYANAKOMODO2019-3




当家は最初ガルーダで往復手配してたんだけど、直前にガルーダが1本欠便になって勝手に早朝移動に変えられてて...。もちろん全額払い戻してもらったけど、こういうことあるから気をつけて。
AYANAKOMODO2019-273



コモド空港から『AYANA KOMODO』までは車で15分くらいかな。途中、港のある町を通って、繁華街からは少し離れたWaecicu Beachまで向かいます。
AYANAKOMODO2019-2




急斜面に沿って建てられたホテルは、最上階のルーフトップがレセプションエリアに。
AYANAKOMODO2019-272


客室はグランドフロアから11Fまでですべてオーシャンビュー。ジンバランのバリっぽさとラグジュアリー感押し出したトーン&マナーと異なり、カジュアル・リラックスさが強めのインテリア。
AYANAKOMODO2019-268





レセプションからは、シグネチャーでもある桟橋が見下ろせて、バリ島とは異なる静かな海が広がっています。
AYANAKOMODO2019-270




ただし、この絶景は最終日の晴れた時のもので、曇ってるときにはここまでの威力はないのでご注意を。自然がウリのリゾートでは、ある意味賭けな部分あるからね。いちお、当家も乾季を狙ったんだけど。
AYANAKOMODO2019-177





ビーチに降りていったら、やけに楽しそうなキッズルームがあって、
AYANAKOMODO2019-205


プールもエリアによって子供ゾーンと大人ゾーンが別れている。
AYANAKOMODO2019-255


こういう配慮は、ほんと大事。両方が愉しめないとリゾートならではのトラブルおこるリスク高まっちゃうからね。
AYANAKOMODO2019-250



初日はビーチサイドの『KISIK』でBBQディナー。
AYANAKOMODO2019-36



波の音に包まれながらのディナー
AYANAKOMODO2019-203



ガルーパの火入れ、味付けも満足だったけど、キングプラウンは素直に「うんま!」と、まりえと2人で声が漏れた。
AYANAKOMODO2019-47






AYANAKOMODO2019-38






ジンバラン同様にカクテル頼んだけど、こちらでもお店ごとにシグネチャーカクテルが用意してあって、だいたいソレを頼んでおけば間違いなしという安定感。
AYANAKOMODO2019-46





翌日は朝からボートトリップ。AYANAのボートで行ったんだけど、さすがのホスピタリティ。リゾート内の桟橋からツアーに出られるというのは、限られたリゾート時間をの有効に使えるのでなにげに大事。こういうのの移動時間ってバカにならない。
AYANAKOMODO2019-61



当然クーラーボックスは完備で食事も飲み物もインクルード。後部デッキでビンタンビール飲みながらのクルージング。
AYANAKOMODO2019-86




コモドドラゴンのいるリンチャ島では、AYANAマークのレンジャーが2人がかりで島内ツアー。
AYANAKOMODO2019-56



気温が低くて動きが悪かったけど、2m以上はある最凶生物ゆえ油断はできない。
AYANAKOMODO2019-54


驚いたのは、コモドドラゴンを見た後、船に戻った時。足元はぬかるんでたので、当然サンダルは泥だらけ。船に乗る前に、靴は洗ってくれるし、足も水をかけてきれいにしてくれるのよ。こういうところのストレスフリーさって、かなり効く。
AYANAKOMODO2019-65



このあとにパダール島に行ったんだけど、天候見ながら柔軟に順番を入れ替えていたりと、見えないことまで気を使ってくれている。
AYANAKOMODO2019-75




ピンクサンドビーチでは海亀と一緒に泳げたりと、天気の悪さを忘れてはしゃぎまくり。
AYANAKOMODO2019-94


AYANAKOMODO2019-92




極めつけはマンタポイント。ボートスタッフの1人がガイドとなってマンタの通りそうなポイントまでエスコートしてくれるのね。おかげで4匹くらいのマンタにシュノーケリングで遭遇しちゃったりと、スキルの高さも半端ない。
AYANAKOMODO2019-100



最初は天候の悪さに凹んだボートトリップだったけど、最終的には令和最後の日にすんげーレア体験満載だったと大満足の冒険でした。
AYANAKOMODO2019-99




潮風とビールの反動で、少し甘いものが欲しくなりルーフトップバーの『UNIQUE』でサンセットカクテルを。
AYANAKOMODO2019-120


アフタヌーンティスタイルのおつまみをいただきつつ、昼間の疲れを癒やします。
AYANAKOMODO2019-111




ここでも驚いたのがスイーツやフィンガーフードの美味しさ。ジンバランの『リンバ』のカフェ『オーキッド』でアフタヌーンティのクオリティの高さに驚いたけど、KOMODOまでちゃんと美味とは、正直驚きで。
AYANAKOMODO2019-115



こんな怠惰なスタイルでアフタヌーンティならぬアペリティフいただけるのは、リゾートならではの特権です。
AYANAKOMODO2019-112




ディナーは和食の『本膳』へ。海外のWAGYU事情を体感しておこうと、鉄板焼コーナーに陣を張ったら、日本人3組が占拠とゴールデンウィークらしい組み合わせに。
AYANAKOMODO2019-124




まー、そりゃね、日本にあるトップレベルの鉄板焼と比べたら差はあるけど、海外の方に体験してもらうものとすれば、充分じゃない?
AYANAKOMODO2019-132



ジャグリングは海外の方向けコンテンツだと思うけど、ノリの良さやお客さんを巻き込む演出は、逆に日本では体感できないもの。

鉄板からヘラで卵を空中に投げて、それをコック帽でキャッチするという技を挑戦することになったんだけど、テーブルで一体感でるし、なんだかんだ面白い。ま...、オレは何度やってもうまくいかず、力入れ過ぎたら天井の柱に卵がぶつかり、垂れてきた白味が自分にかかる...なんてオチだったけどさ。いいの、こうして記憶に残る体験になったから。
AYANAKOMODO2019-123





3日目は、朝トレーニング&ヨガしてから、スパでトリートメント。
AYANAKOMODO2019-136




シーフロントでトレーニングってテンション上がるし
AYANAKOMODO2019-138




眼の前のピアで海に囲まれてヨガするって気持ちよすぎだから。
AYANAKOMODO2019-139





フローレス島はコーヒーの産地なので、コーヒー使ったボディパックをしてからマッサージ。
AYANAKOMODO2019-12


前回、マサージが痛くて情けない声を出しまくってたのに凝りて、今回はソフトにお願いしてたので問題なし。
AYANAKOMODO2019-16




午後は近くのCAVEにロードトリップ。『Rangko Cave』ってとこで、地図で見たらわりと近かったんだけど、陸路だけでは行けず、途中の村からボートで渡るのね。
AYANAKOMODO2019-157




このボートの拠点になってる村が、まだ全然すれてなくて、子供たちの笑顔が無垢だし、カメラを向けたら一生懸命ポーズ取るのさ。
BALI_KOMODO_2019-58



だんだん、押し売りとかするようになると萎えるので、このまんまのスタンスでいて欲しい。
BALI_KOMODO_2019-56



30年くらい前にタイムスリップしたような雰囲気で、ヘタしたら洞窟よりもこっちの方がコンテンツ力高いかもってくらい印象的な体験でした。
BALI_KOMODO_2019-55



CAVEは急斜面を降りて下に降りなきゃならなかったんだけど、雨の後で石に泥がついて滑りまくり。人生でここまでスリッピーな場所を歩いたことはないね、スリル指数が相当高めの天然アトラクション。
AYANAKOMODO2019-169



洞窟の中のプールは冷たすぎずぬるすぎず。ありがちなこもった異臭もなくて、水に浮いてリラックスしてました。
AYANAKOMODO2019-168





帰りはボートで浮洲によったんだけど、こここそ晴れた日に来て、ドローンで空中から撮ってみたかった!!
AYANAKOMODO2019-171

AYANAKOMODO2019-172



帰りに急に雲が切れてきて、やっとこさコモドのサンセットを堪能できたよ。
AYANAKOMODO2019-177






ホテルに戻っても、まだサンセットの余韻は残ってて
AYANAKOMODO2019-183



やっと本気のコモド諸島がチラ見できましたわ。
AYANAKOMODO2019-186




朝ごはんと最後のディナーは、オールデイダイニングの『RINCA』へ。
AYANAKOMODO2019-209



洒落たカフェのような内装で、食事はインドネシア料理とインターナショナルのミックス。
AYANAKOMODO2019-188




タルタルステーキ食べたり、春雨のような透明の麺を食べたり
AYANAKOMODO2019-190


AYANAKOMODO2019-193




日本のリゾートで、テラスの地位が低いと感じるのはなぜだろう?世界の常識と逆転現象。
AYANAKOMODO2019-200




最終日になって見事な晴天。
AYANAKOMODO2019-256




暴力的な太陽に、やっとこさ会えましたわ。
AYANAKOMODO2019-249





こんな日は、桟橋の先のBARが最高だね。
AYANAKOMODO2019-252



結構な長さだけど、気持ちよくて距離は感じない
AYANAKOMODO2019-222




ボートトリップとかプライベートビーチに渡る船が出るエリア。
AYANAKOMODO2019-224



やっとこさ、BARにたどり着きました。
AYANAKOMODO2019-229



ピアの先端シートの気持ちよさ。
AYANAKOMODO2019-226



ここも『AYANA KOMODO』のプレミアムシートのひとつ。ここから普通に飛び込めます。
AYANAKOMODO2019-227




エスプレッソマティーニもきちんと美味。
AYANAKOMODO2019-145





サップも気持ちよさそうだった。
AYANAKOMODO2019-244




最後にやり残していたホテルのプライベートビーチへ。
AYANAKOMODO2019-231


桟橋から小さなボートで5分くらいなんだけど、めっちゃ透明度の高い島の真裏で、
AYANAKOMODO2019-220



小さなビーチにベッドが並んでるだけなんだけど、逆にそれがラグジュアリー。
AYANAKOMODO2019-241



AYANAKOMODO2019-232



ちゃんとスタッフも常駐してるので、ドリンクも困らない。
AYANAKOMODO2019-236



小島の丘に登れば、ホテル前とは一段階レベルの違う海の綺麗さを堪能できるし、ここはR18で大人だけのエリアなので、そういう配慮もありがたい。
AYANAKOMODO2019-235







残った写真でもうちょい補足。
AYANAKOMODO2019-208





夜のピアからホテルを望む。
AYANAKOMODO2019-204





ライトがついてるから、ピアの先の方まで難なく歩ける。
AYANAKOMODO2019-33





そうそう、夜のラウンジも大人っぽくていい雰囲気。
AYANAKOMODO2019-121



最後に部屋についてだけど、オーシャンビューしかないというのは不公平感がなくていい。
AYANAKOMODO2019-214




ここからのビールはめっちゃ旨いに決まってるじゃん。
AYANAKOMODO2019-216





はぁ…、帰りたくなかった。
AYANAKOMODO2019-213



コモドドラゴンの何かけて。
AYANAKOMODO2019-32





部屋に帰ったらフツーにスイーツ置いてあって驚いたわ。しかも決して甘すぎない。
AYANAKOMODO2019-107




あらゆる意味で洗練されたリゾート
AYANAKOMODO2019-25


気軽にかつ欲張りにリゾートでバカンスしたいなら間違いのない選択肢
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




kyah2004 at 23:30│Comments(0)BALI_201905 | HOTEL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔