2019年06月22日

イリアルテ ハウレギア(バスク)邸宅ホテルで山バスクな休日を

イトゥレヒ2018-21


サン・セバスティアンから山の方に南下して、車で40分。山バスクってもんを体感してみたくて邸宅ホテル『Iriarte Jauregia(イリアルテ ハウレギア)』に1泊することに。
イトゥレヒ2018-50


ミシュランプレートをとってるレストラン『Bailara』が併設されているガストロノミーホテルで、カントリーサイドだけどかなりセンスよさげ。
イトゥレヒ2018-36




ここを最後にスペイン側のバスクからフレンチバスクのビアリッツに移動することになっており、バカンス後半を迎える前にひたすら自然に囲まれたところでゆっくりな休日を挟みたくてね。
イトゥレヒ2018-5





トロサという町が近場ではわりと大きな町だけど、そっから5kmくらい山に入っていくので、ほんっと周囲には丘と森しかないハイダウェイ。
イトゥレヒ2018-59



ホテルから10分くらい歩くと小さな村に出るんだけど、ここにはバルが一軒あるくらいで、あとは民家という観光地的な要素はゼロ。
イトゥレヒ2018-62


イトゥレヒ2018-38


ホテルからこの村に出る際に遭遇したのは馬、羊、やぎ、豚、犬、猫で、人間はゼロ。そんな場所に、都会的なセンスのガストロノミーホテルがあるっていうから、なんか豊かでイイじゃない。
イトゥレヒ2018-35






港町ゲタリアから山の中を30分くらいドライブしたらホテルに到着。
イトゥレヒ2018-1




思ったより近かった。まりえは、前日の夜からこの日が胃腸炎のピークで、部屋に入るなりベッドに倒れ込んで不動状態に。
イトゥレヒ2018-7




1785年に建てられたマナーハウスだけあって、窓は石をくり抜いた小さな明かり取りといった感じで雰囲気がある。
イトゥレヒ2018-6



ホテル内の石の圧や、木の重厚感も歴史を感じるもの。2009年に全面リノベーションされていて、アンティーク家具だけでなく、モダンなインテリアが配置され、水回りも一新されたため、滞在は快適そのもの。
イトゥレヒ2018-9



ここは1泊だけだったので、荷物はあまり散らかさず、必要なものだけ出してひとりで周囲を散策することに。
イトゥレヒ2018-10



レストランでランチという選択肢も魅力的だったんだけど、ディナーが食べられなくなるからそれは諦めて。

ホテル内を散策してたらバーでスナックとカジュアルミールを出すことがわかり、メニューをもらったらタコスやパスタ、ハンバーガーといったちょうど良さげな感じ。
イトゥレヒ2018-15



イベリコ豚のハンバーガーなるものがあったので、ガストロのハンバーガーは試してみたいとオーダー。折角なのでテラスで食べようとビールを待って外に出た。このロケーションなら外で食べたいでしょ。
イトゥレヒ2018-61




塀の向こうは村が見下ろせる。小さな点は動物たち。
イトゥレヒ2018-22






バスク、しかも山の天気は変わりやすい! 陽射しがあたると汗ばむくらいだったので薄着だったんだけど、ビールを飲んでたら薄っすら寒くなってきた。部屋から羽織るものもってこようとも考えたけど、ひとりなので動きにくく。まー、耐えられる程度なので、このままでいいやとビールを続行。
イトゥレヒ2018-24




お待ちかねのハンバーガーがやってきました。正直、日本の洗練度と比べると正直ハンバーガは旧世代といった印象が拭えない。肉とバンズのバランスが悪く、なんだかちぐはぐ。一方、つけあわせのポテトはやけに火入れがよく、これでビールがぐっと進む。
イトゥレヒ2018-26



ま、ここではハンバーガーを頼んだオレが悪い(笑)。食べ終わる頃にはだいぶ気温が落ちていた。
イトゥレヒ2018-27





少し冷えたので、部屋に戻ってお風呂に入り、しばしベッドの上で読書タイム。予定通り、ディナーまでのんびりとした時間を愉しんでました。
イトゥレヒ2018-3



イトゥレヒ2018-31



ディナーは改めて書くとして、夜は食後に外に出てみたら笑えるくらいに暗闇で、ホテルの敷地外には出ずにすぐに中へと戻ってきた。
イトゥレヒ2018-48



海側のリゾート地は、なんだかんだ賑やかだったけど、山バスクは数倍静かな休日を過ごせます。
イトゥレヒ2018-40



イトゥレヒ2018-41



夜は早々に寝て、めっちゃ気持ちよかったのが翌朝の朝ごはん。朝から雲ひとつ無い晴天で。
イトゥレヒ2018-54



もちろんテラスに出たけど空気は海と違ってキュッと締まっていて夏とは思えない涼しさ。ちょっと気温を読み違えてて、ボクラのテーブルに一刻も早く直射日光が届くようにと祈るくらい。
イトゥレヒ2018-53


朝ごはんは地元の素材を中心に出していて、サラダやハムも美味だったけど、なかでも牛乳がめちゃくちゃ美味で驚いた。


朝食後は、少しは回復したまりえと周囲を散歩して、山バスクの休日というものを満喫。動物好きのまりえにピッタリの場所で、すれ違う人の数より遥かに動物の方が多い。
イトゥレヒ2018-56



Iriarte Jauregia(イリアルテ ハウレギア)
Eliz Bailara, 8, 20496 Bidania-Goiatz, Gipuzkoa, Pais Vasco
Phone: +34 943 68 12 34
email: info@iriartejauregia.com
https://www.iriartejauregia.com/en/inicio




いい宿は、いい人生を創る
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




***************************


マナーハウスならではの重厚感
イトゥレヒ2018-37




日本の木造建築とは、時間軸が全く異なる
イトゥレヒ2018-20



かつて日本も各地に屋敷と文化と美食があったろうに…それを今 宿泊施設として使えていたら。
イトゥレヒ2018-29



入口からしてオシャレさここに極まる。
イトゥレヒ2018-16



こんにちわ
イトゥレヒ2018-12





200年以上前の空間との交錯
イトゥレヒ2018-11




アメニティも抜かりなく
イトゥレヒ2018-4






なにもないけど豊かさがある。
イトゥレヒ2018-8








ライブラリーも貸切
イトゥレヒ2018-13





陽射しが当たる部分と、そうでない部分がクッキリ見える。
イトゥレヒ2018-19




この掃除機みたいのは、芝刈り機らしい。全く刈ってるようには見えないけど。
イトゥレヒ2018-28




家がいちいちデカイ。
イトゥレヒ2018-33





歴史の文化と美意識と
イトゥレヒ2018-42




美意識のない人生などつまらなすぎて無理
イトゥレヒ2018-43





意識低い人生などまったくもって送りたくない
イトゥレヒ2018-44




美しいもの、愉しいもの、充実感は求めて動くからこそ得られるもの
イトゥレヒ2018-46





そんな努力もできない輩は、死ぬまで燻っていればいい。
イトゥレヒ2018-49




オレは、そんな人生がイヤだから
イトゥレヒ2018-30




美しいものを探しに旅に出る。
イトゥレヒ2018-55




旅の中に美しいものがあるのは事実だけど、日常の中の美しいものに気づくのも旅。
イトゥレヒ2018-57




こんな人生もあるんだなという選択肢
イトゥレヒ2018-58




日本の”正解はひとつ”みたいなくだらない価値観に縛られてたらもったいない。
イトゥレヒ2018-60




ひとりひとりの人生に価値があり、そして勝ちがある。
イトゥレヒ2018-63





このホテルは、ボクらにとってとても価値(勝ち)があるホテルでした。
イトゥレヒ2018-64




夫婦、ともに健康なのが大事だと改めて気づかせてくれたからね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




kyah2004 at 23:30│Comments(0)バスク_201809 | HOTEL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔