2019年06月23日

前橋カツカミ(前橋)温泉とトンカツのマリアージュ

前橋2019-25


旅に出てカントリーサイドの自然を満喫し、美味しいものに出逢うというのが最近の悦び。

前橋で用事があったので、色々調べていたら渋川温泉や赤城温泉が市内から車で1時間くらいということを発見。車での移動が便利そうということで、酒を飲みだす前に動きたいなと朝温泉×ランチな休日の流れを作ることに。ここは赤城山の展望台、夜景がヤバそう。
前橋2019-9



そんな温泉→ランチの情報を探していたら、銀座のとんかつ「かつかみ」が前橋で新店舗を出したというじゃない。豚の部位食べ比べは、高田の馬場の「ひなた」が最後。



ダイエットをはじめてからというもの、とんかつはできるだけ封印していたんだけど、欲望が暴走しだしたら止まらない。「旅先だからいいじゃん」という言い訳の切り札まで用意して、『前橋カツカミ』をディスティネーションレストランに設定。

前橋2019-16





予定通り晴天の朝温泉を愉しんでから、前橋市内に戻ってお店に向かいます。
前橋2019-11


お店のロケーションはというと、JRの前橋駅からは少し離れていて、前橋中央通りという商店街の一角。

駅から離れたアーケード商店街というと、シャビーなとこを想像するかもしれないけど、再開発中というだけあって周囲にも小洒落たお店があって、なにより明るい。
前橋2019-15




前橋カツカミもガラス張りの店内で、大きなカウンターが厨房を囲む開放的な雰囲気。2Fにテーブル席がオープンするらしいけど、今はカウンターだけの営業のよう。

折角ここまできたので4500円のフルコースを。
前橋2019-18



ヒレカツ、赤身肉2種類、メンチカツ、ロース、食事モノに加え、エビフライやたらば蟹のコロッケなど
2種類の選択肢から選べるというもの。

ちなみに2種類の選択肢では、こちらをセレクト
・天然大海老フライ
・肩ロースかつのトリュフバター



野菜ファーストを徹底していて、まずはトマトの出汁サラダから。お出汁がおいしく、トマトの酸味も
抑えられていてやさしいスタート。
前橋2019-19



刻みキャベツはニンジンのドレッシングが、ほのかにあまくてイイ。
前橋2019-20



そうこうしてるうちに、ヒレが揚がる。肉の断面を舌にあてるようにという食べ方のコツに従いいただきます。

何もつけずにまずはそのまま。品のある肉の旨みが口に広がる。しっとりしたテクスチャでかほりもいい。これだけでも充分に美味しいが、途中で塩を一振りして味変を愉しむ。より肉の輪郭が強くなったね。ヒレはソースはつけたい気分にならなかったので未体験。
前橋2019-21


前橋2019-23





続いての赤身はナカニク。力強くヒレとは対照的。コントラストを楽しむ2枚目。
前橋2019-24




3枚目の赤身はシンシン、かおりがいいわー。柔らかさと肉らしさのバランスが秀逸
前橋2019-27







続いてはメンチカツ。ネタバレだけどバンズに挟んだミニバーガーのスタイルで。そんなにギュッと肉が詰まった感じではないのに、味わいが力強く、ソースを従えての完成形。
前橋2019-28


前橋2019-29



水なすで箸休め。
前橋2019-31




これまた美しく揚がったロースには、わさびが山盛りに。これを断面に広げていただきます。わさびだとロースの品のあるかほりがより際立つんですね。途中で塩を少し加えたりして味変を楽しむ。
前橋2019-33





ここからはセレクトした食材。まずはおおぶりのエビフライ。衣も身もギュッと固めに詰まったような仕上がりで、歯ごたえをしっかり堪能できるタイプ。大きいので途中ソースも試してみたり。
前橋2019-35





肩ロースのトリュフバターは、肉のかほりがトリュフバターに負けず個性同士のぶつかりあい。なんとも男らしい印象。
前橋2019-36



お食事が選択制なのもいとをかし。カツカレー、生姜焼きなど5種類くらいから選ぶことが出来る。

2年くらい食べるのを我慢していたカツカレーを選択。カツカレーに最適なカレーを選んだというだけあって、懐かしさと、現代らしいバランス感を備えていた。2年間の封印を破る価値のある逸品。
前橋2019-41




う…、まりえのオーダーした生姜焼きも相当うまい。甘さが程よくいい感じ。
前橋2019-39







前橋2019-43







食後はカフェラテのかき氷。ちょうど、食後にどっかでカフェしたいなと思っていたので、ピッタリのものがあってよかった。
前橋2019-44



苺も濃厚で良いね。コンフィチュールっぽい。
前橋2019-45




さすが銀座の人気店という知名度で、東京や高崎あたりから足を伸ばしてるゲストも多く、便がいいとはいい難い場所ながらご近所さんだけではない客層を取り込んでいる。
前橋2019-42

前橋カツカミ
027-289-5673
群馬県前橋市千代田町2-7-20
https://www.maebashi-katsukami.com/




自然×美味しいものが、昨今の悦びポイントだけど、ほんと気持ちよくてね。案外都内からも近いので、温泉→とんかつの流れを愉しんでみてはいかがでしょ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。





*********************:


とんかつ前後の、前橋の過ごし方を。高崎まで新幹線で行って在来線でもいいし、特急で行ってもさほど時間は変わらない。
前橋2019-1




カーシェアリングというのは本当に便利で、3時間くらいのドライブならレンタカーより遥かに手軽。
前橋2019-2




赤城山の展望台。駐車場からはなんも見えないけど、ここに登ると
前橋2019-6




180℃広がるビューが。
前橋2019-7



背後には山も迫ってて気持ちいい。
前橋2019-8




からの温泉へ。
前橋2019-4




だいたい10:30頃から日帰り湯もやっているので、ランチ前にはちょうどいいでしょ。
前橋2019-5




渓流沿いの秘湯は貸切状態で、途中でもうひとりのゲストが入ってくるまで貸切状態。
前橋2019-13




『前橋カツカミ』の商店街は、どこにでもある感じだけど清潔で明るい。
前橋2019-47



歩いてみると、なかなか良い感じのカフェやバーが。
前橋2019-49



前橋2019-51


ここは食事もできるコーヒースタンド的な。
前橋2019-50




愛知の鮎を焼いてます。近くの鮎じゃないのね??
前橋2019-48




さらに、商店街を歩いていくと広瀬川という趣のある川があって、川沿いを散歩できる。
前橋2019-58




あじさいが咲き誇ってました。
前橋2019-54



ちょっとした森の小径体験も。
前橋2019-56




なかなか雰囲気あるトルコ雑貨店。
前橋2019-57




中央前橋駅というローカル線の始発駅が。自転車で電車に乗れるらしい。
前橋2019-59




前橋駅までは、こんなかわいらしいシャトルバスが。
前橋2019-60




電子マネーが使えないのだけが残念。
前橋2019-61



さ、令和になってもまだまだ旅を続けますよ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


前橋カツカミとんかつ / 中央前橋駅前橋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.9



kyah2004 at 22:03│Comments(0) | ¥5000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔