2019年07月02日

カンテサンス(品川)やっぱり初夏のコースはタイプ

カンテサンス2019-20


久しぶりのカンテサンス。


ディナーが二部制になり20:30スタートと余裕ある開幕。去年もそうだったけど初夏のカンテサンスってハマるのよ。


焼きとうもろこしのスープに合わせた苦味を感じるシャーベットは日本の気候にピタッと合う。

カンテサンス2019-7




肉の味をちゃんと感じるセンマイというのも新鮮体験。

カンテサンス2019-15





バスク豚を使ったスペアリブは鳩の肝を纏ってエレガント。

カンテサンス2019-18





シャサーニュが、いとうまし。

カンテサンス2019-17




マナガツオの火入れとソースで言葉を失う、あからさまに旨い。

カンテサンス2019-25





シャラン鴨とグランマルニエのオールドビンテージを使ったソースは官能の極み。

カンテサンス2019-34




オペラリキッドも超絶タイプ、下から上の層まで一気に食べると味が完成。
カンテサンス2019-37





この日の主役は、実はコレかな。テーブルの同席メンバーも大好きな初夏の前後に出てくるクレープ。今年は対馬の穴子、こんな贅沢な手づかみクレープは人生で何度もやれる体験じゃない。

カンテサンス2019-21





常に高いクオリティを維持していて、毎回驚きのあるカンテサンスだけど、よりタイプだったり心が踊るディナーというのはあって、初夏にその会が訪れることが多いです。

カンテサンス2019-44


カンテサンス (Quintessence)
03-6277-0485
03-6277-0090 (予約専用)
東京都品川区北品川6-7-29 ガーデンシティ品川 御殿山 1F



日本のガストロノミーの頂点は、やはり期待を裏切らないね

 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。





*******************


5月の中旬だけど、初夏の陽気の訪問でした。
カンテサンス2019-1



カンテサンス2019-2



石鯛のビスコッティ。どうしていつも、こんなにシャンパーニュと合うんでしょうか?

カンテサンス2019-3







沖縄産の焼きとうもろこし冷製スープ、シャーベットも香ばしいとうもろこしだし、ひげも使っている。
カンテサンス2019-8



パンは食べ過ぎ注意ね。ボクは1枚でちょうどいいけど。
カンテサンス2019-9






山羊のババロア、季節のせいかミルクもオリーブオイルも濃厚
カンテサンス2019-13




センマイは歯ごたえだけじゃなく、ちゃんと肉らしさを感じるのよ。日向夏やディルと合わせて。
カンテサンス2019-14




個室とはいえ、できるだけ墜ちるのは避けたいのでワインは3杯か4杯でおさえるようにしている。この”らしい”シャサーニュ・モンラッシェは我慢できなくて。
カンテサンス2019-16
 


バスク豚のスペアリブ 、鳩のレバーペースト絡めたソースが艶気。そら豆のアクセント具合が程よいね。
カンテサンス2019-19




対馬のあなごのフリットにオリーブの種の中身やストラウトを合わせて。ソースの酸味がよいね。それらを包み込むもっちりしたクレープの包容力に惚れそう。
カンテサンス2019-22



カンテサンス2019-23




徳島から届いたマナガツオ、余熱で火いれ。ソースは刻んだ水菜にセミドライトマト、揚げた生姜も使っている。このマナガツオのテクスチャと、酸味や食感を適度に効かせたソースが、驚くほどに合うんです。
カンテサンス2019-26





突き合わせはフキ。なんとフキの中にパスタが。リセット具合がたまらん
カンテサンス2019-27



メインに合わせたワインはこちら。
カンテサンス2019-29




シャラン鴨。鴨は相当食べてるけど、自然と唸ってしまうのがカンテサンスの凄味。
カンテサンス2019-31




左がモモで右が胸肉。ちょっぴりささみも添えてある。Grand Marnierのオールドビンテージそソースに使い、島らっきょとからし菜、アーティチョークのフリットをガルニに添えて。
カンテサンス2019-32






赤ワインがシルキーなソースのようなマリアージュ
カンテサンス2019-28




春菊のソルベ。春菊とイチゴなんて合うの?と思いながら食べたけど、あれま、全然ナチュラルに合う。ただ、全部混ざると抹茶みたいな味になる(笑)
カンテサンス2019-35




オペラリキッド。苦味のあるスイーツは元々好きだけど、カンテサンスでやられたらひとたまりもありませんって。
カンテサンス2019-36




や、マジで悦楽園。
カンテサンス2019-38





ヘーゼルナッツとアマレットのガトーノワゼット、こういう出来たての温かいスイーツは強烈に好きで好きでたまらなく、心にガツンと撃ち込まれる。デセールの流れも、この日は全く隙がない。
カンテサンス2019-39







いつものメレンゲのアイスでやっとこさ冷静さを取り戻す。そんくらいこの日は心が乱れた。
カンテサンス2019-41





誕生日のメンバーに、飴細工の薔薇でお祝い。
カンテサンス2019-42




次は秋頃の訪問になりそう…って、2019年も折り返し地点を超えたのね。毎年言うけど、早いよね
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




kyah2004 at 21:07│Comments(0)フレンチ | ¥20000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔