2019年07月25日

とり口(五反田)洗練の焼鳥と自然派ワイン

とり口2019-27

焼鳥単体としての美味しさもさることながら、つまみや、お酒の合わせ方という点でも、かなり高い洗練度の五反田『とり口』

母体が「酒場 それがし」だけに、日本酒の揃え方がセンス良く豊富なのは自然だけど、最近は自然派ワインのラインナップが増えて俄然オレ好みに。
とり口2019-21


スタッフのレコメンドを聞きながら自分のペースでグラスを空けていくと、コースが終わる頃には気づいたら4,5杯呑んでることが多い。焼き鳥屋なのに、スタッフの3人がソムリエだったりと、そういうエッジーなところもタイプです。
とり口2019-22




肝心の焼鳥も「鳥よし」出身の西口さんの焼きは素晴らしい。ちなみに目黒の「鳥しき」も「鳥よし」の出身。
とり口2019-9




冒頭で出てくる信玄鶏の柔らかくも弾力感ある歯ごたえや、タレの具合も秀逸。
とり口2019-7




その日の状況にもよるけど、天草大王や淡海地鶏も使っていて、この日は腿肉が衝撃。

つーのも、国内最大級の大きさの地鶏だけあって、ジビエの鴨みたいなロゼカラーっぷりで、
歯ごたえや味わいも力強い。敢えて串打ちせずに網焼きしたとのことだけど、そういうアドリブ力もキマってます。
とり口2019-20




レア部位として出してもらった胃袋は、内臓っぽい個性はありつつも、臭みはなく、ほどよい弾力を噛み締めながらじっくり向かい合えるオススメ串。もし、胃袋があったら、ハツモトとともに試して欲しい部位っすね。
とり口2019-25




つくねは、信玄鶏と天草大王のミックス。天草の肉感をアクセントに。
とり口2019-11




あくまで焼鳥が主役だけど、適材適所で小鉢が出てくる。
とり口2019-6



どれもしっかりと手がかかっていて、色々食べたい欲張りには嬉しい。
とり口2019-17




これはさえずりだったかな?
とり口2019-18




しっかりと皮目を焼いており、ゼラチン質を感じながら噛み切る天草大王の手羽先。食べやすいように骨は外してあるので、手羽先の美味しさだけに向かい合うことができる。
とり口2019-29


締めは、あっさりした にゅう麺のほかに、アメリケーヌのカレーも人気なんだけど、最近加わったのが担々麺。一口もらったけど質のいいハーブやナッツが、担々麺の汁をうまく制御して、ビジュアルよりも爽やかな食後感へと導いてくれるのが魅力。

この日はシンプルな にゅう麺でリセット。
とり口2019-32




デザートはティラミスもなか。季節で変わるかき氷が定番だけど、こやつも美味でカフェが欲しくなる。
とり口2019-33


とり口
03-6421-7254
東京都品川区西五反田2-28-10
http://www.toriguchi.jp/


お酒のペアリングのセンスや、つまみの挟み方などコース全体の満足度が高い。普段、フレンチとか日本料理とか、コースに慣れてる人には、かなりハマるスタイルじゃないかな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




********************


五反田駅から歩いて5分くらい。目黒川から少し山手通り沿いに行ったところ。
とり口2019-10



シャープさを感じる和のデザインの店内。テーブルセットも一貫した世界観。
とり口2019-1




最初の一杯は、オリジナルの日本酒「英雄」のソーダ割。白濁の日本酒なんだけど、ソーダで割ると凛としたカルピスソーダみたいになのよ。一口あげると、だいたい皆さん 気に入ります。これを少し小さめのグラスで。
とり口2019-3




4種の薬味で小鉢に味変を。
とり口2019-2






こちらはハツ。青唐辛子のアクセント。
とり口2019-5






パワフルに淡海地鶏からスタートすることもあったけど、信玄鶏の方がソフトな序章だね。
とり口2019-8






このアツアツを冷ましたらもったいない。
とり口2019-12




レバーも天草大王、気持ちいい火入れとテクスチャ。
とり口2019-14




このあたりから、ワインに切り替え。
とり口2019-13



ゼラチン質のネットリさと、軟骨の食感を同時に味わえる串。このあたりオレンジワインにハマりますわ。
とり口2019-15




何種類の野菜なんだろ? 生だったり、焼いたり、蒸されてたりと、調理方法も様々なサラダ。
とり口2019-16




このしつこくない皮の食感がたまらない。
とり口2019-19





ポーチドエッグのからすみがけは、かなり癖になる逸品。
とり口2019-23





天草大王の腿のあとに、信玄どりの胃袋。既に一味はふっているので、そのままで。
とり口2019-24




天草大王の手羽先
とり口2019-26




この断面の美しさよ。
とり口2019-28





最後に食べたこれはなんだろう?
とり口2019-30




チーズでワインの残りを楽しみつつ。
とり口2019-31




エアリーなティラミスもなかで、この日は終了。
とり口2019-34




エスプレッソが欲しくなる終わり方。家帰って、速攻でエスプレッソ淹れました。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




kyah2004 at 23:00│Comments(0)和食 | ¥10000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔