2019年07月06日

葉っぱがシェフ (三重)オープンテラスのローフードレストラン

三重06_2016-52

熊野古道で最も有名な馬越峠からもほど近い三重の尾鷲市。その市街地に『葉っぱがシェフ』という土日ランチ営業(あとは要予約)のローフードレストランがあります。



石の熱で葉っぱを温め、香りや成分を食材に吸収させるアプローチ。その葉っぱというのは、この家の裏山に自生しているもの。

三重06_2016-46





やー、ほんとこういうロケーション堪らない。

三重06_2016-54





そりゃビールも旨いでしょう。

三重06_2016-48




三重06_2016-53






ある意味、時代を先取ったサスティナブルレストラン。
三重06_2016-50




生ハムも美味
三重06_2016-51




紀州特産岩清水豚を。葉っぱのアシストで爽やかなひととき。
三重06_2016-55


葉っぱがシェフ
三重県 尾鷲市中村町4−51
0597-23-0016
www.happa-chef.com




ランチの前に寄ったのは馬越峠。
三重06_2016-32



熊野古道といえば、ここが浮かぶ。
三重06_2016-30



いつか、このコースから行ける山頂まで登ってみたいんだけどさ。
三重06_2016-35




こちらは、尾鷲市からすぐのとこにある魚飛渓
三重06_2016-45




このまま水の中に飛び込みたいくらいのイノセントさ。
三重06_2016-44



降雨量が日本トップクラスという町なので、晴れてるときに行けてよかった。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




******************


あんましパワースポットとかわからないオレだけど、ここは自然の力が漲っているのが肌から伝わってくる。

三重06_2016-34




ガッツリ歩きたかったけど、軽装で来てしまったので早々に諦めて。
三重06_2016-29






木立の中をドライブしていると
三重06_2016-36




白い岩にエメラルドの水が印象的な魚飛渓が現れる。
三重06_2016-37




ほっそい道で車停められるとこあんまないんだけど、なんとか広いスペースにたどり着いた。
三重06_2016-38





そっからちょっと歩いてみると
三重06_2016-43






アートフィルターのような渓流のマジック
三重06_2016-39




水着さえあれば飛び込んでいた。
三重06_2016-40




こんな遊歩道もあって。
三重06_2016-41





ちょっとしたアドベンチャー気分を味わえる。
三重06_2016-42





そんな尾鷲の午後でした。こっからすぐ尾鷲市なので、「葉っぱがシェフ」にもすぐ行けた・
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。







この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔