2019年07月16日

割烹きさら(米子)山陰食材を洗練された仕事で

割烹きさら2019-44

旅先で出逢う土地の旬。

素材の魅力をストレートに味わったり、家庭の味に落とし込んだものをいただくというのは、旅の醍醐味。海辺の漁師料理とか、小料理屋のお惣菜で”ならでは”の味に逢うと嬉しくなるよね。

ネット社会というのは凄いもんで、昔は見つけるのが大変だった”その土地の素材を、更に洗練された仕事で食べられるお店”というのが、いつでも手元で調べられるようになった。
割烹きさら2019-37



いつくかのツールで検証すれば、自分の狙いとおおきくハズレるというリスクも下げられるし、友人が訪れたりしていたら信頼度があがる。迷ったら直接話を聞けばいいし

『割烹 きさら』は、そんな風に出逢った米子のお店。米子は地方都市あるあるで、JRの駅よりも市役所あたりにいいお店が集まってる印象。
割烹きさら2019-29



ちなみに、ふらっと迷い込んだ朝日町の裏通りはディープなお店が並んでて、ちょっとしたタイムスリップ気分を味わえる。やはり自分の足で歩くって大事。



話を『割烹きさら』に戻しましょうか。訪れたのは6月の頭、隠岐の島に行った帰り。
割烹きさら2019-3



翌朝の便で東京に帰るので、これがこの旅の最後の晩餐。8000円のコースをお願いしたら直筆のおしながきが。
割烹きさら2019-19




日野川というのは鳥取の清流で、鮎の産地としても有名。
割烹きさら2019-15


鮎は炭焼きのほかに、背越しでもいただけたりと旅人には嬉しい限り。やっぱり離島では、島らしい食事になるので、最後に高い技術の食を味わって帰れるっていうのは、旅の満足度が変わるのよ。
割烹きさら2019-35



食事も最初の何品かで手応えを感じてたけど、お酒のセレクトもセンスがいい。全国でも19箇所にしか下ろさないこちらの無濾過。ヤバい、アタックのイノセントな感じとかめっちゃ好み。
割烹きさら2019-11




大山鶏の軍鶏の肉質の漢らしさといったら…たまりませぬ。こういう出逢いを待ってました。
割烹きさら2019-14



これも、地元のラム肉。余分な臭みもなく、いいとこ取り。
割烹きさら2019-21




繰り出されるお酒のクオリティに安心感。
割烹きさら2019-23




いと、うつくしき器かな
割烹きさら2019-26




解禁直後の鮎のみずみずしさ。
割烹きさら2019-39




牛肉もやっといらっしゃいました、銀山和牛のカツレツに粒マスタードというセンス。部位はマルシン
割烹きさら2019-32





からのガスエビの炊き込みご飯…って、いったいどうすればいいんだろうという美味しさのスクランブル
割烹きさら2019-43





素材のセレクトも素晴らしいけど、仕事の洗練さに惚れた『割烹 きさら』。このビルにいられるかどうか微妙らしいので、次なるステージも追いかけます。
割烹きさら2019-2

割烹 きさら
0859-30-4806
鳥取県米子市四日市町38-3


旅先でタイプ過ぎるお店に出逢えると心の底から昂ぶるのよ。「この店に来るために、また違う季節に訪れたい」、そんなディスティネーションレストランが増えることでボクの旅欲は尽きてくれない。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




********************



夕暮れの米子の街を歩いてお店へと向かいます。
割烹きさら2019-1




内装の感じで、ベクトルは掴めたね。
割烹きさら2019-9




まずは甘酸っぱいドリンクで心を癒やす。
割烹きさら2019-7






自家製からすみ様とタタミイワシ揚げ、酒しかすすまないw
割烹きさら2019-8



にながい茶碗蒸し、黒バイ貝を従えたヤングコーンは、空豆とアンチョビを添えて。
割烹きさら2019-10



嗚呼、しみじみ旨かろう
割烹きさら2019-12





まさかの大山鶏をサービスで。しかも軍鶏。腿と胸なんだけど、ジビエか?!という濃厚さ。
割烹きさら2019-13






椀モノです。
割烹きさら2019-16





しじみと蓮根のお椀。蓮根の中にも蜆、さすが宍道湖
割烹きさら2019-17



お造りはキスがサービス。鱧も鯵もおいそれとは譲れません。
割烹きさら2019-18





大山の豚。え?何これ?!ジビエなの? 肉は力強く、脂のキレがいい。放牧で育ててて、ほとんどジビエ。

割烹きさら2019-20




フレッシュなラム、これも大山。どんだけ、大山って懐深いのよ。
割烹きさら2019-22






続いては「鷹勇」、従妹吟醸のなかだれ
割烹きさら2019-24



なかだれとは?? 裏に説明あり・
割烹きさら2019-25



これは、肉にもアッビナメント。
割烹きさら2019-27






銀山和牛 雌牛。
割烹きさら2019-33




レア気味にローストビーフのような火入れのコントラスト
割烹きさら2019-28



銀山和牛のまるしんはカツのスタイル
割烹きさら2019-31




で、そろそろ〆かと思いきや鮎の背越し
割烹きさら2019-34





里芋マッシュして甘鯛 冬瓜で巻き
割烹きさら2019-36




苦味がイノセントな日野川の鮎、火入れも気持ちいい。
割烹きさら2019-38





松笠焼きのテクスチャもレア感も絶妙。鱗ントラストに萌ゆ。
割烹きさら2019-41






猛烈に満足しつつもガス海老の口撃には抗うことが出来ず。
割烹きさら2019-42




自分、そりゃお代わりを所望いたしました。
割烹きさら2019-45





しあわせ。
割烹きさら2019-46




この土鍋ごと一緒に帰りたい。
割烹きさら2019-47





フルーツの美味しさも一切妥協なし。
割烹きさら2019-48




カントリーサイドも実に奥が深い。
割烹きさら2019-49



まだまだ勉強させていただきます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




kyah2004 at 22:05│Comments(0)隠岐の島_201906 | 日本料理

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔