2019年08月20日

CODA(メルボルン)アジアの距離感

CODA2018-17


年末年始に訪れたメルボルン。クリスマスイブに到着したので、数日間はレストラン難民で凹みそうになったけど、26日頃からレストランもポツポツ空いてきて、27日頃からは「あ、メルボルンって美味しいもの色々あるんじゃん!」とエンジンがかかってきたと記憶しています。

メルボルンのシティ、グランドハイアットの脇あたりのFlinders Lnには、今っぽいレストランが集中していて、中でも「CODA」は人気店。急坂の途中に入り口があり、お店の天井も奥に行くにしたがって高くなっている。
CODA2018-28



インテリアはコンクリとメタルで構成されていて、カフェともバーともいえそうな雰囲気。日本で数週間前には予約していたので問題なく入れたけど、飛び込みランチは難しいかも。
CODA2018-25




CODA2018-1


そんなCODAの料理は、モダンアジア料理とでも言えばいいのかな? TOPの写真のイエローダックカレーが有名だけど、Hervey Bayのホタテとイクラの前菜や、タルタルステーキなどはフレンチっぽい。
CODA2018-9

CODA2018-5




茄子と豆腐とえのきのあんかけソースのレタス包みは、和と中華の要素が組み合わさった印象。
CODA2018-6


中国、日本、タイあたりのエッセンスが、ちょっと距離感ある感じで混じり合ってるのが面白い。距離感あるせいか、どこかの国の主張が強いというより、客観性を感じるフュージョン具合。
CODA2018-2


あと共通して言えるのは、ワインに合うのよね、料理が。自然派も多く揃えてあって、ちょっと癖のある料理にピタッとはまるのよ。
CODA2018-15

CODA2018-19





たいして量は飲めないし少ないチャンスなので、信頼できそうなお店なら、グラスワインのリストから高いものからセレクトするのが正解。
CODA2018-4



この日、抜きん出て高かったのがオーストラリアのバノックバーンのピノ・ノワール。聞いてみたら、ブルゴーニュのグランクリュに負けない造りを目指してるワイナリーとのことで、実際飲んでみたら、かんなり美味。
CODA2018-10




後日、ワインショップで買おうとしたけど、どこも入手できないとか、どんどん高くなってるという話で、頼んでおいてほんと良かった。

日本ワインも美味しくなったとはいえ、ピノ・ノワールで真っ向から「ブルゴーニュに負けない」というワインって知らないんすよね。オーストラリアワインって、訪れる前はカルフォルニアみたいにマッチョなイメージだったので、こういう感動に出逢えたのが本当に嬉しかった(カルフォルニアも知らないだけで、訪れたら好みのワインあると思うけど、あくまで印象論)。
CODA2018-11





そうそう、デザートで頼んだ抹茶風味のワッフルのアイスクリームサンドは極めて平凡。抹茶風味だよりで、ワッフルもアイスも全然美味しくない(笑)
CODA2018-24





フュージョン系は、アタリハズレあるので、目くじら立てずにハズレたら笑えばいい。というか、これはオーダーの段階でハズレを悟るべき一品だったとも思う。オレのミスだな。
CODA2018-12



CODA
+61 3 9650 3155
141 Flinders Ln, Melbourne VIC 3000 オーストラリア
https://www.codarestaurant.com.au/eat/



訪れて半年以上経つけど、メルボルンで思い出すのはサービスの陽気さ。イタリア人的な「オレんちの最高だろ、なっ?なっ?」っぽさとは違う、もっとカジュアルで後を引かないフレンドリーなもの。

移民が多く、世界で最も住みやすい都市といわれるだけあって、コミュニケーションの垣根が低くフラットな印象なのよ、オレみたいな旅人にはね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




***********************



最初に泊まってたホテル「QTメルボルン」からは徒歩3分くらいの立地だったFlinders Lnのグルメゾーンはシティの東端。この後、ウォーターフロント寄り(西エリア)のサービスアパートメントに移動したら、レストランに行くための移動が結構大変に。

シティ内はトラムが無料とはいえ、場所によってはトラム乗り場が遠く、最初のラクちんさと比べると、ちと面倒で。

ステイの後半は、パークハイアット(東端)だったので、またまたグルメゾーンに近づいて便利さを実感。当家のステイスタイル的には、シティ東エリアへのステイが合ってました。次回訪れるときは、間違いなくこのエリアでホテルを探します。

以前も書いたけど、年末年始のホテルがめっちゃ安いメルボルン。真夏だけど暑すぎもせず、とても快適な滞在でした。治安もいいし、食も選べば美味しいし、今年の年越しもメルボルンは有力候補。

この『CODA』も、リピートしたいレストランのひとつ。
CODA2018-13


折角の訪問なので、メルボルン屈指のガストロノミーも行ってみたけど、パフォーマンスは華やかだったものの、味は”ならでは感”が薄くてね。
CODA2018-18


ボクは『CODA』のような、アジアと少し距離感ある独特の解釈のフュージョンの方が面白く、コストも1/3以下だったので、こういうお店をもっと開拓してみたい。
CODA2018-7




酔っ払いの記憶だけど、7000円〜10000円がメルボルンらしいガストロ体験をさせてくれるゾーンだったという印象。
CODA2018-21


前回、タイミングがなくて全く手を出せなかったのがイタリアン。イタリア人街もあるくらいだから、人気店でどんな味に逢えるのか試してみたいんすよね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




kyah2004 at 22:30│Comments(0)メルボルン_201812 | Fusion

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔