2019年07月30日

セララバアド(代々木上原)七夕ディナー

セララバアド2019-7


代々木上原の『セララバアド』。シーズンごとに何年も通っているので、懐かしいメニューの邂逅と進化を喜び、新しい料理とは出逢いの驚きを愉しんでいる。
セララバアド2019-14




定番の冷たいポップコーンは、地味に去年よりも美味しく感じた。冷たさととうもろこしの甘さのコントラストが立ってたような。
セララバアド2019-6


セモリナ粉をまとった稚鮎のフリットは、期待以上にガスパチョと合うね。
セララバアド2019-11




穴子フリットの雑穀リゾットは、食感が大好きすぎ。
セララバアド2019-30


三陸のホタテの森と海の循環は、サスティナブルを感じるニューフェイス。
セララバアド2019-34


ボクも何度か訪れた石垣島 島本農園のパイナップルは、やはり旨い。余韻がいつも食べてるパイナップルと明らかに違うのよ。
セララバアド2019-48



ここ最近、シャンパーニュと食後酒以外は、ソフトドリンクペアリングを選んでいる。分子調理をそれなりに使ってくるレストランだと、ワインのマリアージュだけだと可能性を狭めているような感覚を持っていて、もうちょい広めの視野で向き合いたくて。
セララバアド2019-28


というのと、単純にオープンキッチンでのカウンター完墜ちは避けたいから(笑)

セララバアドの20席近いキャパの中で、たった2席のカウンターは厨房からもダイニングからも目立つのよ。ここで幽体離脱してカウンターから滑り落ちたとかなったら、生きた伝説になってしまう。しかも浴衣だったし。
セララバアド2019-17



お気に入りのレストランで七夕ディナーだったので、アメニモマケズ新調した浴衣でカウンターへ。ボクの板絞りという手法も作家さんが高齢のため、この先出てこないかもしれないデザイン。まりえの絞りは、もはや浴衣というカテゴリーを超えた逸品。
セララバアド2019-55

セララバアド
03-3465-8471
東京都渋谷区上原2-8-11 TWIZA上原 1F
https://www.celaravird.com/



レストランは、大人がファッションを楽しめるステージ。せっかくなら遊ばないと。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。




****************


そうそう、夏は小冊子。セララバアドの旅に出ます。
セララバアド2019-1






もちろん、まずはこちらの生ハムから。
セララバアド2019-4




キャラメルポップコーン、冷たくて香ばしい。去年よりもコーンの甘さが増した?
セララバアド2019-5



梅昆布茶とじゅん菜を閉じ込めた朝露。少年の頃の夏を思い出す。
セララバアド2019-8


こちらも何年かおつきあいしてるメニュー。ナスタチュームを下から吸って、花びらは料理に散らして。
セララバアド2019-10



稚鮎はガスパチョのジュレと。デュラムセモリナ粉でフリットにしていているので、食感が予想と少しズレるところにも面白さが。鮎の苦味とガスパチョの酸味が、ペアリングのドリンクとフィットする
セララバアド2019-11


セララバアド2019-13


清水牧場のナチュラルチーズに薄くハリハリなりんごを。オリーブオイルのほかに、レモンの香りをつけたミルクオイル。食感の遊びを楽しめた。
セララバアド2019-15





夏の海岸、白い波はハマグリのジュレ。ムール貝はカレー風味、アレ、これも去年より何かが旨い。海の海藻に見立ててるのはスベリヒユという草。
セララバアド2019-18

セララバアド2019-19

セララバアド2019-21



セララバアド2019-23





イカ墨の薄い屋根の下には、白イカ、赤玉ねぎが温泉に浸かってました。
セララバアド2019-24

セララバアド2019-26





ジンジャーピアノレモングラス感もいい
セララバアド2019-22





穴子は雑穀とコーンを一緒に、クレソンのソース、黒いのはツメ
セララバアド2019-30






スイカのジュース、スイカがクレソンの青さに合うわー
セララバアド2019-28



宮城は唐桑のホタテ、山から海が豊かになる。石を引いてホタテを焼く。そのときに下に敷いてある李番茶の葉のかほりが立つのよ。
セララバアド2019-34





栃木の和牛にマコモダケ。じゃがいものピュレを揚げたもの
セララバアド2019-42





凍頂烏龍茶が油を切る
セララバアド2019-37




島本農園のパイナップル、
セララバアド2019-47



琵琶とシソ、トンカ豆のスプーン。溶かすと色が変わるのね。
セララバアド2019-49




シークァーサー琥珀糖
よもぎのマカロン
セララバアド2019-50




光に透かすと、より蛍のニュアンスが。
セララバアド2019-51



最後は線香花火。
セララバアド2019-52




ひとつは、火の玉の部分が食べられます
セララバアド2019-54





雨だったけど、気分は七夕ばっちりでした。ほんと、七夕の日って雨多いよね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。





kyah2004 at 23:30│Comments(0)Fusion | ¥15000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔