2019年08月30日

鵜の庵 鵜(岐阜)その名の通り鵜に囲まれて

うかいミュージアム2018-23


織田信長の居城だった岐阜城の麓って温泉街だって知ってました?

しかも長良川に沿って古民家が並ぶ川原町通りは、洒落たレストランやショップが点在していたりと、実はかなり通いがいのある長良川温泉。そう、長良川の鵜飼といえば、夏に欠かせない風物詩。

うかいミュージアム2018-1




「鵜飼」という文化を後世に継承していくためにも、実は鵜匠って宮内庁の職員なんです。折角、長良川まで来て鵜飼舟に乗ったなら、是非足を伸ばしてほしのが「うかいミュージアム」と『鵜の庵 鵜 』というカフェ(喫茶店、食堂??)。
うかいミュージアム2018-35


ただ、『 鵜の庵 鵜 』は、こないだ長良川に行った時も開いてなくて、食べログを見ても休業かも?扱いなので、訪れるときにはバックアップ策を考えておくことをオススメします。嗚呼、ここが休業になったら、なんとも残念…。


というのもね、テーブル横の大きな窓から、OFFタイムの鵜たちを眺められるだけじゃなく、
うかいミュージアム2018-16




驚かさないようにという配慮が必要ですが、鵜に近づいたり、
うかいミュージアム2018-21





小屋の中に入ることだって出来るんです!!!!
うかいミュージアム2018-26



えーーーっと、一般人がこんなに鵜に寄っちゃっていいんすか???
うかいミュージアム2018-27




お店とゲストの信頼関係がないと、とてもじゃないと出来ない荒業。鵜の方も、全然動じないのが、なんか心を揺さぶる。
うかいミュージアム2018-28






当家は、まりえが鵜飼ラバーで鵜に接近してみたい要望はあったんだけど、まさかこんなカタチで実現できるとは思わなかった。
うかいミュージアム2018-29




ここに来る前に、近くの「うかいミュージアム」に寄ってたんだけど、あそこでは生きた鵜が厳重に小屋の中で飼育されているだけなので、生身の鵜をこれほどまでに近くに感じることは出来なかったんです。
うかいミュージアム2018-33




もつろん、飲食店なので稚鮎のフライ、鮒ずし、鮎の塩焼きなど、酒に合うものが結構あるので、長良川エリアでも相当コンテンツ力の高いお店だと思うよ。
うかいミュージアム2018-18




前の日食べ過ぎたりとか、ディナーに備えてって時に、ちょうどいい存在だったんだけどね。
うかいミュージアム2018-19




お店には、やけに鵜に詳しい人がいて(鵜匠さんではなかった、正体は不明)、鵜の近くに行ったら、こんなコスプレグッズ貸してくれたりとホスピタリティも高い。
うかいミュージアム2018-30


続きの方で詳しく書くけど、「うかいミュージアム」も行ったほうがいいよ。



うかいミュージアム2018-34

鵜の庵 鵜
岐阜県岐阜市長良中鵜飼94-10

ほんとに休業になっちゃったら、めちゃ残念。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。







************************

長良川沿いに建つ「うかいミュージアム」では、鵜飼の歴史や、鵜飼舟からでは見ることの出来ない様々な儀式の解説、水面下での鵜の動きなど、文字で書くとつならなそうだけど、実際に見てみると興味深いコンテンツが揃っている。
うかいミュージアム2018-13




しかもミュージアムのエントランス前のホールとか、こんなんよ、凄くない?? フロントシートは、寝転がるとちょうど岐阜城が見えるという仕掛け。
うかいミュージアム2018-11




建物が洒落てるだけじゃなく、コンテンツの魅せ方も思いのほかうまい。
うかいミュージアム2018-3


併設のレストランでは、テラスで軽食が食べられるだけじゃなく、BBQも出来るのが凄い。
うかいミュージアム2018-7




なんて言っても、信長の岐阜城と長良川を眼下に、テラスでビール飲める希少なロケーション。
うかいミュージアム2018-4



さすがにここまで旅に来て、わざわざBBQしようと思ったことはないんだけど、地元だったら気軽に使えてめちゃ羨ましい。
うかいミュージアム2018-6





帰り際に、鵜匠の舟を眺めつつ
うかいミュージアム2018-14




この風情ある温泉で日帰り湯に入ってもいいし、
うかいミュージアム2018-37



さらっと足湯だけして帰るも良し。
うかいミュージアム2018-36




岐阜というと遠いイメージ持っちゃうと思うんだけど、実は名古屋から普通電車で30分弱。
うかいミュージアム2018-38




ちょっと足を伸ばしただけで、”ここにしかない”にたくさん出逢える場所なんです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。





この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔