2019年09月13日

ES CLASSICO (恵比寿)本場の食べ方を再現

ESC2019-3

六本木「ジャンカルロ東京」の姉妹店となった恵比寿の『ES Classico』

オーナーシェフの小曽根さんは、今でも夏にアマルフィのレストランをマネジメントしていたりと、リアルタイムのイタリアを再現できるのが魅力。

2Fもいいけど、1Fのオープンテラスは、恵比寿としてはかなり贅沢。
恵比寿の隠れ家イタリアンで至福のひとときを…あなただけの特別な空間を創造します




そんなテラスでいただく『ES Classico』のアンティパスト・ミストは、無造作に見えるけど、どれも完成度高く、これだけでワインが3種類くらい飲めそうな展開力。

ESC2019-1




以前にも食べたけど、この骨の髄を存分にリゾットに混ぜたクリエイションは、今まで食べてきたリゾットの中でも五本の指に入る美味しさ。
ESC2019-7



恵比寿 ES Classico
03-6277-1612
東京都渋谷区恵比寿1-24-11 GRASSE 1F・2F



気づいたらベロンと酔っ払ってる中庭の夜、10月くらいまではリミットかな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。




**********************


自家製ハムの塩と寝かせ具合は、強すぎず即戦力。モッツァレラはリセットするいい仕事。内臓のパテはこの流れの中だといいアクセントに、


ESC2019-2




シンプルにマルゲリータ、特に中心部の薄さとしっとり加減が心地良い
ESC2019-4




からのプリも2品目もいただきつつ
ESC2019-5



この豪華リゾットへと続く道

ESC2019-8





しかもこの日セコンドで肉を出しててくれてたっけ
ESC2019-9




後半になると酔いと、睡魔と心の弛緩で曖昧になる。だから食べたい時に食べたいものを遠慮しない。ま、それが楽しく食事を愉しむ本質かと

ESC2019-10



アマルフィのお店に行ってみたい。

 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。




kyah2004 at 23:30│Comments(0)イタリアン | ¥10000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔