2019年09月17日

レッドブル・エアレース(千葉)空中のF1の興奮度

DSC00050

9/7,8の週末は、スポーツ観戦三昧。

テニス全米オープンは応援してたナダルが優勝。F1も2010年ぶりにイタリアのモンツァサーキットでフェラーリが優勝して、すんごい盛り上がりを見せていた。


生で観戦したのは千葉の幕張で開催された「レッドブル・エアレース」。時速370kmのエアレース機が、目の前の海上コースを低空飛行で駆け抜けるもので、最大で10G以上がかかるFAI(国際航空連盟)公認の三次元モータースポーツ
DSC00103_1


高さ25mの空気で膨らませたパイロンで構成された低空の空中コースを周回して飛行タイムを競うんだけど、2005年から世界選手権になって、今年が12シーズン目。
DSC00090



2017年に日本人の室屋選手がワールドチャンピオンになったことで、結構知名度があがったんじゃないかな。ボクはその時に知ったクチ。



海上15m-25mの場所を、機体を回しながら通り抜けるので、選手は反射神経よりも前に体が動かないとダメなんだとか。プラクティスフライトから見ていれば、すぐにルールや見どころは理解できる。
DSC00091



2日間の流れは、
<土曜>
・フリープラクティス
・予選

<日曜>
・Round of 14
・Round of 8
・Final 4

予選はタイムアタックで、順位で次の予選「Round of 14」の相手が決まるのね。ゴルフで言うマッチプレイみたいなもので、14人が2機づつ飛んで、早いほうの選手8人が次のステージ「Round of 8」に進むことが出来るワケ。
DSC00146



アレ、でも14÷2=7 なので、1人足りないってなるじゃない? 

そこはファステスト・ルーザーといって、Round of 14で敗れたヒトの中から1番タイムが速かった選手1人がRound of 8に参加することができるのよ。

Round of 8では、またタイマンフライトして8人が4人に絞られて、最後に「Final 4」で1人づつ飛んで、フライトタイムで順位が決まる。
DSC00114



幕張のコースはビーチに並行に造られていて、スタートからゴールまで見渡せる。その分、陽を遮るものがないから、太陽に灼かれて干物になりかけたけどね。
DSC00039


ビーチに入る直前には木陰もあるけど、リクライニングチェアのあるデラックスシートだったんで、酔っ払ったら動くの面倒になっちゃってそのまま干物コースを選んじゃったわけ。つまり単なる自業自得(笑)


ZOZOマリンスタジアム周囲では、モトクロスバイクとかのサイドアクトが充実してて、フードコーナーも並んでるからレース時間外でも結構楽しめるのよ。ファミリー層もゲストに多かったしね。
DSC00182



ちなみに、レッドブル・エアレースは、オレよりもまりえがファンで大興奮。実は、今年が最後のシーズンになってしまうので、なんとも残念でならない。しかも千葉大会が最終戦。

レッドブルはもちろん、レクサスやハミルトンもスポンサーについてるし、また何年後かに復活して欲しいなぁ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。







****************************

千葉マリンスタジアムに来るのは、サマソニの時くらい。レッドブル・エアレースの日も激暑だったりと、毎回ココでは陽に灼かれて干物になりかける。
DSC00030



土曜日は、スター選手が集まるマスタークラスとのフリープラクティスと予選が開催されるんだけど、その間に、チャレンジャークラスという下のカテゴリーの飛行機が飛ぶのね。同じとこ飛ぶから、トップとの差がクッキリわかって面白い。やはりマスタークラスの選手のフライトは、早くて滑らか。そして、パイロンにあたっちゃうというケースも少ない。
DSC00116





このパイロン、安全のために風船みたく空気が入ってるんだけど、今はパーツが分かれて数分で交換できるようになっている。昔は直すのに何十分もかかったらしけど、こういうオペレーションは何年も続けるうちに洗練されるのよね。
DSC00151




マリンスタジアムのとこにゲートがあって、この中でサイドアクトやフードコートが。
DSC00001




フードコートは千葉名産のものも扱ってたけど、なぜか富士宮やきそばに惹かれて。
DSC00125




スタジアム前にはモトクロスコーナーやレース機の展示が
DSC00005




土曜日の予選の結果は、室屋選手が5位。日曜日は「Round of 14」のタイマン対決からはじまります。室屋さんはホームだし、予選でもなかなかの記録出してたので余裕でしょと油断してたら、まさかの1/1000秒くらいの差で敗退。
DSC00003



「マジっすか...、有終の美が飾れなくて無念...」と会場中が室屋さんの敗退に凹んでたら、なんとファステスト・ルーザーとなって「Round of 8」に進出。そっからは、安定感ありつつも攻めたフライトで、なんと地元日本で優勝!!!
DSC00082



惜しくもあと1ポイントの差で、年間総合優勝は逃したけど、レース展開は最高にシビレるものだったし、記憶に焼き付く結果だってので、なおさら今大会で「レッドブル・エアレース」が終わってしまうのが残念でならない。

室屋さん、感動をありがとう!!
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。






kyah2004 at 06:10│Comments(0)Diary | カメラ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔