2019年09月29日

坂の上の雲ミュージアム(松山)出雲屋で朝餉のあとに

出雲屋2016-13


NHKでやってた「坂の上の雲」が大好きで、念願の松山へ行ったときの話。

地方都市あるあるで、繁華街はJRの駅前ではなく少し離れたとこにあるのよね。お城がある町はだいたいそんな感じじゃない?
出雲屋2016-2




ホテルは、お城の近くのANAホテルにしていたので、荷物をおいて近場で腹ごしらえしてから
「坂の上のミュージアム」に向かいました。
出雲屋2016-12

現存十二天守「松山城」とどっちを先に行くか迷ったんだけど、ルート的にこちらが手前だったもんで。

建物は安藤忠雄の設計で、松山市の気合が透けて見える。道後温泉に松山城という強力なコンテンツがあるけど、ボクも松山行きを決めたのは「坂の上の雲」の舞台をこの目で見たかったというのが、一番の理由だったので。
出雲屋2016-17




テレビドラマも見返して、司馬遼太郎の本も読破して向かったミュージアムだけど、そんなに心躍るような展示はなかった印象。
出雲屋2016-19



それよりもサロンでコーヒーとスイーツをいただきながら、山の麓の森の中に建つ洋館「萬翠荘」を眺めてる時間の方が好きで、鮮やかに記憶に残っています。
出雲屋2016-24


テレビの連続ドラマでは、本木雅弘と阿部寛の秋山兄弟がカッコよくてね。自分が全くもって得意としない「努力」や、大きな「責任」を負うといったことをやてのけた明治の青年たち。

すっかり当時の彼らより歳を重ねたわけですが、まったくもって彼らより大人になれた気がしてません。
出雲屋2016-23


坂の上の雲ミュージアム
愛媛県松山市一番町三丁目20番地
089-915-2600
https://www.sakanouenokumomuseum.jp/




四国は、高松にじっくり訪れてみたい
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。





**********************

早朝の飛行機で松山入りしたので、まずはホテルに荷物を置いて朝ごはんに。
出雲屋2016-1


大街道というアーケード街の中に老舗の「出雲屋」という食堂があって、名物らしき揚げ物や海鮮丼を。
出雲屋2016-3



いい枯れ感の食堂だったんだけど、今は閉店してしまったようで。
出雲屋2016-4





朝から現地の料理が食べられる貴重な食堂だったので残念。
出雲屋2016-5




メニューはこんな感じ
出雲屋2016-10


出雲屋2016-6


出雲屋2016-9

出雲屋2016-8






坂の上の雲ミュージアムは、県庁の並びというポールポジション。松山城の山麓にあって、デザインだけじゃなく、自治体からの期待値も伺いしれます。
出雲屋2016-14

出雲屋2016-15

出雲屋2016-16





ミュージアムの中から見えて、はじめてその存在を知った「萬翠荘」、森の中の佇まいが美しい
出雲屋2016-18






近くに行ってみたら

出雲屋2016-26




入れたので、明治の気分を味わってみた。
出雲屋2016-27

出雲屋2016-28

出雲屋2016-29

出雲屋2016-30





バカンスから戻ったものの、中々筆がすすまない。キーボードに向かうのがハードル
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。




kyah2004 at 20:31│Comments(0)松山_201609 | ヴァカンス

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔