2019年10月05日

テンダロッサとCUSUMANO のディナークルーズ

テンダロッサ2019-6


横浜のイタリアン『テンダロッサ』がシチリアのワイナリー「CUSUMANO」とコラボしたディナークルーズを企画。
テンダロッサ2019-33



ビステッカをはじめトスカーナのイメージが強いテンダロッサが、料理もシチリアで揃えてきたんすよ。
テンダロッサ2019-23



一昨日(10/3)は、夏の余韻も残した夜風の心地いい夜。CUSUMANOのワイン片手にデッキから横浜の灯を眺めていたら、”今っていつだっけ...”と時間の概念が曖昧になり。
テンダロッサ2019-10



というのも大学から社会人の最初くらいまでは、横浜で遊ぶことが多くてさ。赤レンガ倉庫が商業施設になったりと、そこそこ変化はあったものの、夜景は以前の記憶とそんなに変わりなくてね。
テンダロッサ2019-9



写真が撮りたくて食事が出てる間に船のデッキに出たら殆ど人がいないし、そうした特殊なシチュエーションがますますリアリティを奪っていくので、非日常感を愉しんでました。
テンダロッサ2019-26




休日前なら横浜に泊まっていきたかったなぁ、ホント
テンダロッサ2019-3



にしても、こじんまりとしたレストランが乱立する昨今、140人のゲスト(会費は2万円/人)を集めてクルージングできるレストランってスゴくない?
テンダロッサ2019-32



テラス好き、つまり自然を感じながら美味しい食事を食べることに最上の悦びを感じるボクは、この企画を聞いた瞬間「待ってました!」と歓喜。KENZOさんにメッセして即申し込みしたんです。
テンダロッサ2019-18



だって、テンダロッサのような美味しい料理でクルージングって、めったに無いチャンスでしょこれまで日本で何度かディナークルーズは経験あるけど、食事もワインも”なんすかコレなの?”ってセレクトで、感動体験とは程遠くて。




しかも、来場ゲストの共通点が「テンダロッサ」だから、うっすらとグルーブ感があるわけ。クルーズでスタッフも馴染みの顔だったりするから、色々リクエストも出しやすいし、とっても居心地いいの。
テンダロッサ2019-38



それに、当家はちょうど1週間前にシチリアから帰ってきたばかりだから、料理もワインも馴染み深く、まだ、バカンスが続いてるみたいな気分に。ベッカフィーコ、アランチーニ、カポナータなど勢揃い。アランチーニは日本サイズ。あんな巨大おにぎりみたいなサイズだと、他が食べられないしね。
テンダロッサ2019-17


そうそう、クルーズ船の名は「マリンルージュ」。サザン(桑田さん)の歌の歌詞にも出てくるヤツで、松嶋菜々子と椎名桔平のドラマSweet Seasonの主題歌で使われてました
テンダロッサ2019-39



シチリアを代表する「CUSUMANO」。エチケットをエレガントに刷新したこともあって、若いビンテージしか並んでなかったけど、もう何年か寝かしたらグンと色気増すようなポテンシャルのワインも発見できて良かった。
テンダロッサ2019-13


シャルドネベースの白の「JALE(ヤレ)」と、昨晩時点では赤の「SAGANA」の2016年が好み。ただ、寝かせてちゃんとタイミング計れば赤ワインは「NOA」が化けそうな印象でしたね
テンダロッサ2019-15




や、それにしてもほんといい夜でした。夫婦で出かけるの減ったなという貴方、たまにはこういう時間も創ってみましょうよ。
テンダロッサ2019-25


ラ・テンダ・ロッサ (la Tenda Rossa)
045-663-0133
神奈川県横浜市中区太田町6-75
http://www.tenda.jp/


やっぱし好きです、テンダロッサ。皆さん、グラッツェミーレ!!
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


もうちょいリアルタイムなInstagramはコチラ。




****************************


横浜までってそんなに遠くないんだけどね。ただでさえ、完全に自由になる時間が少ないと、訪れられても年に数回。昔は毎日のように通ってたんだけどな。
テンダロッサ2019-1




仕事が終わって向かったので、19:15の出航ギリギリに。KENZOシェフが迎えてくれました。
テンダロッサ2019-2




まずはデッキでCUSUMSNOのプロセッコでアペリティフ
テンダロッサ2019-5




スタッフのみなさん、フル回転
テンダロッサ2019-4





そろそろ出航、時計はリンドバーグ
テンダロッサ2019-7




ドレスコードは、なんとなくシチリアを意識。オレンジのライトでホワイトバランスは崩壊
テンダロッサ2019-8






料理はビュッフェスタイルだけど、クオリティはテンダロッサ。茄子のカポナータは、何度食べたことか。
テンダロッサ2019-11



クスクスとか、トラパニで食べたものより美味しく洗練されていた
テンダロッサ2019-14







ラザーニャはバッカラを使ってたりとお洒落。
テンダロッサ2019-19




クズマーノ氏のサービス精神っぷりも見事
テンダロッサ2019-20


さすがはイタリア人




KENZOスタイルのイタリアンちらし寿司も
テンダロッサ2019-29

テンダロッサ2019-21




ちょいちょい料理の合間に、夜景のきれいそうなとこではデッキに登って。夜風を浴びながらのワインって最高
テンダロッサ2019-16





スカンピ アルフォルノ。さすが日本、鬼の火入れ。これはめちゃくちゃ美味だった。味噌も旨し
テンダロッサ2019-22




ベイブリッジの沖に出ると、ちょい揺れが強めに。向こうにみなとみらいの夜景が。この構図はクルーズならでは
テンダロッサ2019-26



映像も。



トラパニのパスタ ブジャーテに再開、しかも天然海老入り。他にも鰯のカサレッチェとか”らしい”味たちに舌鼓。
テンダロッサ2019-27




ホワイトバランスの調整が難しかったボルケッタ、皮のゼラチン感がたまらぬわい
テンダロッサ2019-31



大さん橋のジェラテリア SORAiROのピスタチオを挟んだブリオッシュサンド。シチリアでは、巨大なブリオッシュに、生クリーム挟んで朝から食べてましたわ。カロリーとのせめぎあい。
テンダロッサ2019-34




終盤にはテーブルが移動されて
テンダロッサ2019-36




豪華アイテムの当たる抽選会も
テンダロッサ2019-35




隣の席の素敵なオジサマが、5万円相当の白トリュフディナー当選してました、おめでとうございます。
テンダロッサ2019-37




テンダロッサのスタッフ、フル動員の大イベント。愉しい時間つーのは、努力の賜物。黙ってても面白いことが降ってくるとか、そうそうあることじゃない。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


もうちょいリアルタイムなInstagramはコチラ。


kyah2004 at 10:00│Comments(0)イタリアン | ¥20000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔