2019年10月26日

ル ピックアシエット(京都)エスプリと伝統と革新と

丹後2019-61


京都というと、日本各地、いや世界中のフィーディーズたちが集まる人気店に目がいきがちですが、地元のお客さんに支えられたいいお店もたっくさんあるんです。

観光客として京都に訪れるだけでなく、京都の友人のところに遊びに行くと、そんなお店に会えるんですよね。



清水寺からほど近い『 ル・ピックアシエット 』は、趣のあるファサードのフレンチレストラン。丘の途中に立ってることからどことなくモンパルナスの丘を彷彿とさせる。
ルピックアシェット2019-45




京焼「真葛焼」の窯元の目の前のせいか、この一角にはやけに文化的な薫りが漂ってるように感じてしまうのよね。
丹後2019-38



実際ここは真葛焼の若旦那 シンくんの行きつけでもあり、この日は窯元でお茶を一服してからおジャマしました。
ルピックアシェット2019-11



なんといい流れ。


しかも、まりえのヴィンテージのJOSEPH ROTY  ジュブレ・シャンベルタンに、この翌日訪れる予定の竹野酒造のトップキュベ「in/ei(陰翳)」 まで用意されていたのよ。
ルピックアシェット2019-38



真葛焼の新作 ワインにも使えるお椀のプロトタイプも並び、めでたく実戦投入の機会に立ち会えるという幸せ。ブルゴーニュのピノ・ノワール好きの若旦那だけあって、リーデルのブルゴーニュグラスに似たフォルム。これは期待が高まります。
丹後2019-78




水差しをアイスクーラーに使ったりと、これぞインバウンド富裕層が求める展開。
丹後2019-46




ファサードからしてエスプリを強く感じるお店だなと思ってたけど、「やりますな!!  ル・ピックアシエット

淡路島産 玉ねぎのタルトをいただいて吃驚。ものすごく時間をかけて丁寧に作られたことが伝わってくるたまねぎの甘さ。タルト生地とのバランスもよく、しみじみと美味しい。
ルピックアシェット2019-31





このあたりはテタンジェと合わせて
ルピックアシェット2019-30






続くオニオングラタンスープも、寒い時期には最高のご褒美。グリュイエルチーズの主張具合も程よく、これまた体に染み入るようなイノセントなスープ。もちろん、たまねぎの濃厚なかほりや風味が五感を緩ませるんだけど、雑味がないからクリアな印象なの。
丹後2019-49





シェフは、京都で和っぽいニュアンスを挟むと中途半端になるということで、敢えてモダンっぽい寄せ方はせず、王道のフレンチにこだわっている。不器用なまでの実直さも、実は好感ポイント。自然と応援したくなる。

ロワールのアスパラをオランデーズソースで。
ルピックアシェット2019-32






これでもかというくらい たっぷりと魚介を使ったお皿
ルピックアシェット2019-34






パイ包みのあたりからワインの存在感がグッと増してくるから、Charmes Chambertinはナチュラルにテーブルの上に君臨しますよね
ルピックアシェット2019-35





でもね、濃い味には役不足かと思われた清酒が、これまたバッティングすることなくツートップとして並ぶのよ。
ルピックアシェット2019-37







最近、逆にこんなクラシックなフレンチを食べていなかった。ビストロとは一段異なる手の混んだ味わい。これぞ、フレンチ。
ルピックアシェット2019-36






そしてこの日の主役 京都亀岡の七谷鴨、鴨といえば鉄板のブルゴーニュに臆することなく並ぶ陰翳の底力
丹後2019-66




今は「三昧椀」と命名されて正式に販売がはじまったワインにも使えるお椀。リーデルのグラスのシャープさとは異なる、円熟味を増す味わいを愉しませてくれました。即購入を決定。
ルピックアシェット2019-40





焼き立てのパイ生地のサクサク感たら無いよね、ほんと愛してる。
丹後2019-69



ルピックアシェット2019-42






こうして世界で腕を磨いて来た人たちがいるから、ボクらは極東の島国にいながらも最高峰の味を愉しむことができる。
ルピックアシェット2019-46






美味しいもの、美しいものに囲まれて生きられる幸せ
丹後2019-81





豊かさとは、お金も必要かもしれないけど、それを感じられる心の洗練度だと感じている。
ルピックアシェット2019-49




ルピックアシェット2019-51





やー、ほんと一期一会のエクスペリエンス
ルピックアシェット2019-52





兄弟でこうやって遊べるのも幸せのひとつのかたち
ルピックアシェット2019-50


ル・ピックアシエット (Le pique-assiette)
075-531-9850
京都府京都市東山区下馬町491 アースコート清水 1F
https://le-pique-assiette.com/






そして、今日も旅は続きます
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




***************************



最近は宿もこなれて来て、だいぶ行きやすくなった京都。こうした町家をリノベした一棟貸しは、家族同士の滞在にはもってこい
ルピックアシェット2019-4





エントランスはしっかり和のエッセンスを残しつつ
ルピックアシェット2019-3




室内は床暖も効いてて快適そのもの
ルピックアシェット2019-2





ちょっとした中庭を覗けるのも嬉しいポイント
ルピックアシェット2019-1




弟は逆の部屋で。ボクラはこちらに。
ルピックアシェット2019-5





はじめての真葛焼 窯元への訪問。佇まいからして半端ない
ルピックアシェット2019-25





ここで日々生活してるって…、ほんと羨ましい。
ルピックアシェット2019-17





江戸時代の頃に作られたお雛様に迎えられ
ルピックアシェット2019-6





鮮やかな真葛焼の器でお茶菓子を
ルピックアシェット2019-8




そして、お茶碗も雛祭り。こんな風流なおもてなしをサラッとできるってどうゆこと!?
ルピックアシェット2019-9






大変結構な時間をいただきました
ルピックアシェット2019-10




このお茶碗も手に持った感じが気持ちよかった、適度なふくよかさ
ルピックアシェット2019-12




春の息吹を感じる…
ルピックアシェット2019-13




あ、これも作品だったとは
ルピックアシェット2019-14





廊下も趣あるし
ルピックアシェット2019-15





天井の造りも贅沢
ルピックアシェット2019-16





そりゃ、本にも載りますね。一説ではあのゼッカーのリゾートが、ここを譲って欲しいと言ったとか、言わなかったとか
ルピックアシェット2019-18






わがままついでに工房も見学
ルピックアシェット2019-19






同じ座り仕事でもデジタルな生活とは真逆の空間
ルピックアシェット2019-20




この釉薬は秘伝のうなぎのタレのようなオリジナリティ
ルピックアシェット2019-21




こうやって器が生まれるんですねぇ
ルピックアシェット2019-23




工房を見学した後に作品を拝見すると、また違った感動が。
ルピックアシェット2019-26




なんともいい配色じゃないですか。
ルピックアシェット2019-27





感性を養うために遊ぶ、この投資こそが人生を豊かにしてくれる源泉
ルピックアシェット2019-28



エレガントな時間をありがとうございました。また、来ます。
丹後2019-34




 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。





kyah2004 at 11:18│Comments(0)京都丹後_201903 | フレンチ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔