2019年11月12日

鮨 なんば(日比谷)さんまと北寄貝の屹然

鮨なんば2019-38


日比谷の『鮨 なんば』へ。

回の訪問時に、かなり衝撃を受けたので鮨ラバーのR字を誘って2人で男鮨。この鮑の握りは、2回めだけどやはりディープインパクト。

鮨に関しては、全体を通して一番感動をもらえるお店。お酒のペアリングがバージョンアップしたら、もっとヤバくなりそうだけど、今のまま鮨に集中できるのもそれはそれで正解かもしれない。




つまみで驚愕だったのが、さんま。レア感残した火入れが凄い、脂ののりもよく肝のソースが刺さりまくりで。
鮨なんば2019-13




網走のキンキは、強めの出汁だけど決して出しゃばらず甘みが旨い
鮨なんば2019-6



前回同様、あん肝はイノセント
鮨なんば2019-8






まぐろは塩釜、やま幸さん。
鮨なんば2019-18




握りの冒頭で、白烏賊の沈み具合に感動。続く皮剥は、内側に肝を忍ばせた仕事で、テクスチャに酔う
鮨なんば2019-22




イワシ、サバ、コハダなど光り物が多く嬉しい内容。
鮨なんば2019-25




この日は、さんまと北寄貝に度肝を抜かれた。サイズ感も驚きだったけど、みずみずしさや、テクスチャのエロスに、男2人でしばし言葉を失う。
鮨なんば2019-27



春子鯛の沈み方は、烏賊と微妙に異なるもエアリーで気持ちいい
鮨なんば2019-28






この鰹も、食感と味わいをR字と時間差で共有。言葉の要らないバイブス。
鮨なんば2019-32

鮨 なんば 日比谷
03-6273-3334
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 3F


鮨だけじゃなく、イタリアンとかフレンチも、もっと男飯したいんだけどね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



******************************



初夏に続く、2回目の訪問。
鮨なんば2019-1



水と酒だけ煮ている。タコの味がしっかりと輪郭。
鮨なんば2019-2




なんばさんのお鮨は、握りの方がドキッとするけど、つまみも相当心を掴まれる
鮨なんば2019-3






身がデカく甘いぼたんえび。味噌と殻のソースを上にまとって。

鮨なんば2019-4




こういう出汁を家でも食べてみたい(笑)、止まらんわ、デブるわ。
鮨なんば2019-7




雑味を感じないきれいなあん肝。清酒が必要になる瞬間。
鮨なんば2019-9




ホッキとホタテ。柿のすり下ろしのソースにきゅうりでリセット
鮨なんば2019-10



北海道出身のR字をしても、見たこと無いくらいデカい北寄貝
鮨なんば2019-11




あん肝レバーペースト。以前より温度上げたかな、より香ばしい印象に
鮨なんば2019-12




さんまって相当好きなんだけど、この火入れは生涯最高クラス。こんなさんまに逢えてよかった。
鮨なんば2019-14




鮨なんば2019-15




焼き穴子、ゼラチン質うまし。山椒の利かせ方もいいわー
鮨なんば2019-16




まぐろのプレゼンを終えて、いよいよ握りへと移ります。
鮨なんば2019-17



鮨なんば2019-19




白烏賊。烏賊は欠かせない名脇役のひとつ。極端な話、クエがなくても行きてはいけるが、烏賊のない人生は相当味気ない。そんな日常の美を、アート領域まで引き上げた仕事。
鮨なんば2019-20




皮剥のない人生も想像したくない、肝もいいが、身がとても良い。温度の差に驚く
鮨なんば2019-21



クエ。たとえに出したけど、貴方がいない人生も寂しいので、しっかり生きててね。12日くらい寝かせてて、かなり個性的に。
鮨なんば2019-23




鰯、来た!ヒカリモノ。イワシらしい癖と塩加減の強さ、堪らんわ。

鮨なんば2019-24




車海老は安定感
鮨なんば2019-26




さっきも書いたけど、これより旨い握りは他にもあったけど、衝撃度ではこの日一番。
鮨なんば2019-27




カスゴの身の溶け方とシャリの余韻がちょうどよく終わった。
鮨なんば2019-29




鯖から連投でヒカリモノ。嬉しい。
鮨なんば2019-31




鰹は、こんなテクスチャになるのねと新鮮な気分に。
鮨なんば2019-33



赤身、2分醤油にくぐらせてほんと旨い。テクスチャの色気。水分あるけど、しっかり味が強いね
鮨なんば2019-34




トロは、シャリと融合。脂が嫌味じゃなく程よく溶ける 
鮨なんば2019-35





コハダで一息
鮨なんば2019-36



薄く5枚に切った鮑、鮑のツメで。この感動は食べてみないと共感できないね。鮑ってこんな風にも化けられるのね。
鮨なんば2019-37




まだ終わりたくない。
鮨なんば2019-40




鮨なんば2019-41





煮穴子のふわトロ具合、微妙なとこなんだけど違うとこはあきらかに違うとわかるのよね。
鮨なんば2019-42





体が清められた気分なので、このままなににも汚されずに眠りにつきたい、そんな夜。
鮨なんば2019-43



また次回も男鮨、男も女性に負けず人生を愉しまないと。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




kyah2004 at 19:00│Comments(0)日本料理 | ¥20000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔