2020年01月19日

うしごろ (西麻布)松茸と焼肉

うしごろ西麻布2019-4

久しぶりに『うしごろ 西麻布』へ。

秋の限定 松茸メニューの頃の話。「USHIGORO S」や「うしごろ 銀座 並木通り店」に最近は行きがちで、久々に西麻布 本店に行ったんだけど、こちらも進化してましたね。
うしごろ西麻布2019-15



焼物も単に焼くだけじゃなく、料理として成立するようなところまで落としこんでいるのが”らしい”
うしごろ西麻布2019-18



ワインもグラスのクオリティはまだ課題アリだけど、人数が揃えばボトルをオーダーすれば解消できる問題。
うしごろ西麻布2019-9



あちこちで、すっかり定番となったヒレカツ
うしごろ西麻布2019-21




シャトーブリアンにトリュフを削ることで差別化も
うしごろ西麻布2019-25




こちらのサーロインの大判はすき焼きで
うしごろ西麻布2019-27





こういうのには赤ワインが合いますな。
うしごろ西麻布2019-31



トリュフの食感を残した包み焼きも新鮮。
うしごろ西麻布2019-11



今年は、松茸が不作で秋のこの特別コースが体験できたのはかなりレアだったっぽい。松茸そばで〆なんて嬉しい演出じゃない?
うしごろ西麻布2019-34


焼肉 うしごろ
03-3406-4129
東京都港区西麻布2-24-14 バルビゾン73 1F
http://www.ushigoro.com/jp/



久しぶりだったけど、さすが本店。相変わらずゲストの美人率が高かったわ
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ



************************


この日はスタート時間を間違えていてバタバタに。ゆっくりハロウィンパーティ顔だしてから向こうとしたんだけど、1時間間違えてたのでチラッと顔出して、すぐに西麻布に向かいました。

うしごろ西麻布2019-1




ふぅ、なんとか前菜の段階で間に合えてよかった。座布団に松茸を合わせた握り、肉の脂を松茸のかほりで包み込み和のエッセンスに引き寄せる力技
うしごろ西麻布2019-2





うしごろ西麻布2019-3





氷見の白海老をあしらったユッケ、ねっとりした白海老のテクスチャがユッケのつなぎとなった融合感。
うしごろ西麻布2019-5





このあたりからアマローネ♪  2012年だけどまぁまぁリーズナブル
うしごろ西麻布2019-6




トリュフの極上タンでの包み焼き、色々考えますなぁ
うしごろ西麻布2019-7



タン先からタン元まで味わえるカット
うしごろ西麻布2019-8


かほりのアクセントより、食感のアクセントが新鮮だった
うしごろ西麻布2019-12





みすじだったな
うしごろ西麻布2019-13



このくらいの火入れがちょうどいい
うしごろ西麻布2019-14




大好きなクリ
うしごろ西麻布2019-16



芽ネギとジュレで和の演出
うしごろ西麻布2019-19





シャトーブリアンのカツレツ、インバウンドのキラーコンテンツ
うしごろ西麻布2019-23




ホワイトマッシュルームと玉ねぎで箸休め、上に削られてる鰹節的なのはトリュフ(笑)
うしごろ西麻布2019-26




サーロイン降臨
うしごろ西麻布2019-28




このね、ヤンニョムソースが”らしい”アクセントなのよ、これ好き
うしごろ西麻布2019-29




すき焼きにした後はTKGにも
うしごろ西麻布2019-30




ざぶとんと松茸
うしごろ西麻布2019-32





こちらも肉割烹に近い料理的なアプローチ
うしごろ西麻布2019-33




からの松茸そば。この〆は、是非また食べてみたい
うしごろ西麻布2019-35




今でこそ、当たり前になったけど、昔はワインと合わせることすら至難な料理ジャンルだったんすよね。それが、こんな繊細なコースになるなんて…。日本の料理界の進化も凄いっすね。
うしごろ西麻布2019-36



ほんと しあわせな時代に生まれたことに感謝です
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。




kyah2004 at 22:31│Comments(0) | ¥15000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔