2019年12月04日

そうだ 京都、行こう。 2019

そうだ京都いこう20192019-41


ちょいと前の週末に錦繍の秋の京都へ
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


昨年は、久しぶりに紅葉の時期に京都以外の場所に旅してたのね。秋の隠岐の島、神々が集まる出雲大社、鳥取の足立美術館などなど、山陰の秋も良かったけど、やはり今年は京都に戻ってきました。
そうだ京都いこう20192019-82
<神護寺>


京都に住んでいるわけではないから、紅葉はタイミングとの勝負。

毎年11/23前後に訪れているんだけど、同じ日程でも年によって、どの程度どこが色づいているのかは変わってくるし、天気によって印象も全然ちがうものになる。
そうだ京都いこう20192019-22
<大徳寺 高桐院>


完全に同じコンディションというのは無いので、何度訪れても飽きないし、ついつい毎年通ってしまうのよ。
そうだ京都いこう20192019-232
<大徳寺>


2012年から京都の紅葉にハマっていて、最初の頃は朝から晩まで自転車であちこち回っていました。今、久しぶりに振り返ってみたけど、2012年は天気も色づき具合もよく、こんな紅葉見ちゃったら、そりゃハマるわな、と。

この年に見た、苔寺、常寂光寺のインパクトがあまりに強烈で、その後は「あの時を超えられない...」と、幻を追い続けていたような気がします。

さすがに今年は一段落したようで、一期一会を愉しめるようになっていました。
そうだ京都いこう20192019-30
<直指庵>



今回のヒットは、もみじの名所「高雄」。

アクセスは車に限られるので、中々行けないのだけれど、つまみ細工の「おはりばこ」のかおりちゃんに連れていってもらって『神護寺』のピークに逢うことができた。
そうだ京都いこう20192019-90



東向きの斜面を登っていくので15:00頃には日陰になる神護寺だけど、
そうだ京都いこう20192019-80


瓦投げのエリアだけは西陽が差していたのね。そこで紅葉がドーム状に空を覆う場所に立つと、オレンジの光に包まれて、それはもう言葉にできない美の領域。
そうだ京都いこう20192019-84


以前、両親と高雄を訪れた時は、紅葉がシャビーな年で全く昂ぶらなかったので、本来の姿を見ることが出来て良かった!
そうだ京都いこう20192019-68



ただ、近くの『高山寺』は台風の爪痕がなまなましく、遊歩道がまだ殆どの部分クローズというダメージの大きさ。
そうだ京都いこう20192019-59




鳥獣戯画のあるお堂のあたりは大丈夫だけど、敷地内では300本の木が倒れたという。
そうだ京都いこう20192019-66




境内は14:00頃なのに陽射しが柔らかく、マジックアワーのような光だったのが印象的でした。
そうだ京都いこう20192019-67



そんな高山寺の裏参道の前には、川沿いでお蕎麦やうどんがいただける『とが乃茶屋』があり、川面に映る紅葉を眺めながらのランチタイム。
そうだ京都いこう20192019-52



食事は至ってシンプルだけど、この景色を肴にお酒飲めたら言うことないっしょ。
そうだ京都いこう20192019-54




高雄は、大徳寺エリアからでも車で30分程度と思ったより近い。渋滞も特になくて、ドライブしている段階から見事な紅葉を見ることだってできる。『神護寺』の階段の途中にあるお茶屋さんは、オープンエアーの紅葉ドーム。なんなら、ここで一日過ごしていたっていい。
そうだ京都いこう20192019-72

欲を言えば、こういう場所ほどもっと洗練された空間づくりをして、高付加価値のサービスを提供して欲しい。全部が同じような茶屋さんである必要はない。単価数倍でも、間違いなくそっちを選ぶから。ニセコが成功している理由はそこにある。



嵐山は激混みなので、嵯峨野でも外れにある『直指庵』へ。
そうだ京都いこう20192019-40



高低差を活かした敷地は光を受けて色鮮やか。ここまで晴れあがると侘び寂びよりも賑やかさが際立つ。
そうだ京都いこう20192019-38


紅葉のトンネルは、写真じゃ伝えられない美しさだった。
そうだ京都いこう20192019-39



食事はいつもの『割烹 たいら』へ。
そうだ京都いこう20192019-198



お食事は、もう無いと諦めていた丹波の松茸をお椀でいただけたり、モロコに会えたり、2週間熟成のぐじのお造りがめっちゃ旨かったり、菊芋のテクスチャが異次元だったり。お酒もシャンパーニュから、ワインから、清酒まで。ちょっとだけ味見させてもらった清酒まで加えたら、何種類呑んだろう?

そうだ京都いこう20192019-200



そうそう食事の前に、RYOと祇園のサウナ「ルーマプラザ」行ってて、初の本格サウナデビューだったのよ。外気浴してたら曇ってたのに、一瞬だけめちゃ綺麗なサンセットに遭遇し、それなりに”ととのった”せいか、体の芯がジワーッとなって。


その直後に「たいら」に行って呑んでたから、酔いが気持ちよくまわるまわる。中々いい滑り出しの「サ道」デビューでした

そうだ京都いこう20192019-203





こちらは八坂さんを眼前に望むViewが京都人にも新鮮な『パークハイアット京都
そうだ京都いこう20192019-106



高台寺の真横、二寧坂の入口のところに出来たんですね。地図で見てから向かってるので頭ではわかっていたけど、実際にたどり着くと「こんなところに!?」と驚きを隠せない。建物の高さが10mに制限されているエリアのため、傾斜を活かしながらの設計となっている。

そうだ京都いこう20192019-129




部屋の屋根も敢えて傾斜をつけることで、レジデンスのようなリラックスした雰囲気を作り出している。

そうだ京都いこう20192019-111





かと思えば、バスルームはめっちゃクールだったり。

そうだ京都いこう20192019-109




二寧坂沿いのレストラン『KYOTO BISTRO』は、ここがパークハイアットだとは気づかれないくらいさりげなく町に馴染んでいる。

そうだ京都いこう20192019-114




メニューもリーズナブルなのに、フィッシュ&チップスや、カツカレーなどカジュアルメニューがフレンチの技で仕上げられているのよ。陶器は宇治の「朝日焼」が使われているのもポイント。

そうだ京都いこう20192019-115




食後は最上階のBAR『KOHAKU』に移動。ここは京都ではありながら、誰も見たことのない景色を愉しめます。次回の京都でも寄りそうなくらい好み。

そうだ京都いこう20192019-104




昼は紅葉を愛でて、夜は京都の友人らと酒を呑んで心地いい時間を過ごす。やはり、旅はヒトがKEY。

そうだ京都いこう20192019-146



そうそう、オープンから1ヶ月も経っていないので、タクシーにハイアットリージェンシーに連れて行かれるリスクもあるので、お気をつけて。



お寺のセットリストは続きの方で
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。




****************************



まずは、いつもお世話になっている大徳寺のつまみ細工「おはりばこ」の離れに。深夜にこの1Fのテーブルでだらだら呑むのが楽しいのよ。
そうだ京都いこう20192019-4


「おはりばこ」ファミリーと、近くの『まるまつ』で夕ご飯。京都ローカルのお店で酔いしれる。
そうだ京都いこう20192019-2




目の前が大徳寺なので、境内を朝散歩。
そうだ京都いこう20192019-6



特に拝観料を払わなくても、こういう景色が日常にあるって贅沢すぎる。
そうだ京都いこう20192019-24


そうだ京都いこう20192019-27


そうだ京都いこう20192019-28




●大徳寺 高桐院
紅葉の時期は、大徳寺で一二を争う人気の『高桐院』へ。ここは入口からフォトジェニック。ここがまだ拝観料払う前のゾーンなので、撮影のみの方々も多め。
そうだ京都いこう20192019-8




まさに額縁のような玄関
そうだ京都いこう20192019-9



書院も、見方によってはアバンギャルド。
そうだ京都いこう20192019-10




茶室にドキドキするようになるなんてね。
そうだ京都いこう20192019-12




これですよ、こういうのが見たかったんです。写真よりも、実際に自分の目で見てると紅葉の印象が10倍くらい。殆どそこに意識がいくせいからだと思うけど。
そうだ京都いこう20192019-13



朝の凛とした空気が身体に沁みいる
そうだ京都いこう20192019-16




やっぱり、ここでも紅葉は目で見た印象の1/10くらいだなぁ。
そうだ京都いこう20192019-17




紅葉越しの屋根が美しいわー
そうだ京都いこう20192019-19



紅葉に目が行きがちなので、改めてシンプルな苔と石を見ると、その削ぎ落とした美しさにハっとする。
そうだ京都いこう20192019-20




そうだ京都いこう20192019-21





大徳寺から少し歩いた「今宮神社」の横には、あぶり餅のお店が2軒あって軽い朝ごはんにちょうどいい。
そうだ京都いこう20192019-26







●直指庵

嵯峨野の北の外れにある『直指庵』
そうだ京都いこう20192019-29




この後に「高雄」に向かおうとしていたので、大徳寺からだとちょうど通り道。
そうだ京都いこう20192019-43





本堂からの景色も美しいけど、こうした紅葉のトンネルがあったりね
そうだ京都いこう20192019-42






今年は朱が強いなと、しみじみ感じていた時間。
そうだ京都いこう20192019-45



かおりちゃん、遠くまで車停めに行ってくれてありがとね。
そうだ京都いこう20192019-46








大覚寺の紅葉は、松のようなフォルムでした。
そうだ京都いこう20192019-49




大覚寺から高尾へは20分ちょいだったかな。

高山寺の駐車場に車を停めて、目の前の『とが乃茶屋』でランチ。
そうだ京都いこう20192019-56




生粋のテラサーには、このロケーションはたまらない。ただ谷の底なので13:00でも日陰
そうだ京都いこう20192019-50




こんな景色を眺めながらのビールが美味しくないわけがない。
そうだ京都いこう20192019-53






●高山寺

国宝 鳥獣戯画のあるお寺としても有名。
そうだ京都いこう20192019-57



こっち側はベストな色づきのタイミング、光も良かった(肉眼には)
そうだ京都いこう20192019-60

そうだ京都いこう20192019-63

そうだ京都いこう20192019-64



谷を見下ろす縁側の方は、結構ピークを超えてて若干の寂しさも。
そうだ京都いこう20192019-65





●神護寺

京都を代表する紅葉の名所
そうだ京都いこう20192019-86




アプローチが長いので、時間に余裕があるときでないと無理。車を停めた場所次第では、西明寺の横を抜けてテクテクと歩くことになる。
そうだ京都いこう20192019-69




川沿いを10分程度歩くと、高雄観光ホテルが。その脇に石段があり、ここから永遠階段をのぼることになる。
そうだ京都いこう20192019-70




途中、お茶屋で休みたくなる誘惑に打ち勝ち、山門へと辿り着く。
そうだ京都いこう20192019-73




着物でこんなところまで。当たり前のようにしてるので、ついつい忘れてたけど。
そうだ京都いこう20192019-74




オレもこんなとこで着物姿撮って欲しいわ。
そうだ京都いこう20192019-75




もみじの美しさは圧巻。正直、この「神護寺」で、かなりお腹いっぱいになれました。
そうだ京都いこう20192019-76





引いてみても、寄ってみても美人は美人
そうだ京都いこう20192019-77




石段を横からというのは、中々めずらしい。
そうだ京都いこう20192019-78



神護寺は午前中のほうが光とうまく付き合えるのかも。
そうだ京都いこう20192019-79




おみくじ引いてました。さとみちゃん、良縁えるようにw
そうだ京都いこう20192019-83






瓦投げに来たんだけど、紅葉の美しさにそっちのけ
そうだ京都いこう20192019-87



光が葉に透けて、オレンジの柔らかさをまとって降ってくる
そうだ京都いこう20192019-91



上ばかり見てると、足元の美しさを見逃しますよ。
そうだ京都いこう20192019-89





そうだ京都いこう20192019-92





帰りはお茶屋さんで甘酒飲んで戻りました。
そうだ京都いこう20192019-99








●パークハイアット京都

二寧坂の喧騒が真横に存在しているのが嘘のよう
そうだ京都いこう20192019-125




高圧的な非日常感ではなく、心に寄り添う非日常感。
そうだ京都いこう20192019-126




ゲスト専用のライブラリーも
そうだ京都いこう20192019-108





最初は窓がない部屋なのかと思ったら、奥の白いところ一面が窓。ボタン一つで開けられます。
そうだ京都いこう20192019-112





ホテル内のカジュアルダイニング『KYOTO BISTRO』
そうだ京都いこう20192019-123



陶器は全て朝日焼。
そうだ京都いこう20192019-118



このブルーの微妙な色合がいい。取り皿なのに贅沢。
そうだ京都いこう20192019-116





メインは単品でボリュームあるので、2人なら前菜シェアしてメインオーダーすればお腹いっぱい。
そうだ京都いこう20192019-120





このウィスキーをかけて仕上げるスイーツが〆に秀逸
そうだ京都いこう20192019-122





この左側の建物がパークハイアットって、いい意味で気づかない。
そうだ京都いこう20192019-141




BARで誰かから聞いた話、この八坂の塔のライトアップは、隣のSODOHさんの演出なんだとか。
そうだ京都いこう20192019-105





ISSEY MIYAKEを着こなす僧侶。そう、多様化の時代だから、僧侶だって色んなタイプがいるわけで。ステレオタイプのイメージに固執してたら、色んな所で現実とのギャップが出来てしまう。
そうだ京都いこう20192019-147






瓢亭の朝粥、祇園の「喜心」など、朝ごはんが美味しいお店が増えている京都。南禅寺の『朝ごはん ふく』も小鉢とお魚料理、炊きたての白米がいただけます。
そうだ京都いこう20192019-150




朝6:30からオープンしていて、7:00に予約無しで行ってみたら紅葉トップシーズンでも座れました。ただ、帰る頃には満席だったけど。予約していったほうが安全です。
そうだ京都いこう20192019-152




「おはりばこ」の離れで、朝食後に墨流しの反物を。
そうだ京都いこう20192019-158




女性の帯にはイメージしやすいけど、
そうだ京都いこう20192019-153




意外とこのあたりの生地は、メンズ(というかオレ)はすんなり馴染みます。
そうだ京都いこう20192019-156




ベースの柄と薄い青が気に入ったので合わせてみた。さすがにオレンジ入るとゲームキャラみたくなるので、もうちょい落ち着いた色の組み合わせの生地が出来ないかリクエストしてみました。
そうだ京都いこう20192019-155




パークハイアットで、妙心寺 春光院のご僧侶 タカさんに会えたので、翌朝は妙心寺まで足を伸ばすことに。

そうだ京都いこう20192019-160




「久しぶりに春光院行ってみたいね、連絡しようか」なんて話をしていたら、まさか一緒のディナーだったとは。現地でタカさんに会って、やけに驚いていたのはそんな理由。
そうだ京都いこう20192019-163



春光院は一般公開をしておらず、座禅体験とか宿坊の宿泊者ではないと中には入れない。

そうだ京都いこう20192019-176



この日は法事の前なら大丈夫ということで、塔頭の中を案内してもらえました。

そうだ京都いこう20192019-175




日常の中に、こういう歴史があるってどういう感覚なんだろう?

そうだ京都いこう20192019-169



子供の頃からこういう距離感が普通って、やはり京都はユニークです。それとも、東京が珍しいの?
そうだ京都いこう20192019-170



ここでお茶をいただけるのもいい

一般公開してるお寺のお抹茶って、だいたい色気なく出されるんだけど、海外から訪れたゲストには、折角ならこういうシチュエーションでお茶を愉しんでいただきたい
そうだ京都いこう20192019-177




方丈襖絵の金箔画の前に座って、静かにお庭を眺めるとタイムスリップしたかのような錯覚が。
そうだ京都いこう20192019-178





襖絵も座って眺めるほうが絵に迫力出るし、縁側よりも奥まった場所からレイヤーで庭を愉しめるのも贅沢なんすよね。
そうだ京都いこう20192019-179





庭園は「さざれ石の庭」という名で、伊勢神宮を型取り、右側に天照大御神、左側に豊受大御神を祀っている。

そうだ京都いこう20192019-182





最初に訪れたときよりは、自分の知識と経験も少しは増えているので、前は気づかなかったところに反応できて面白い。ちょうど、天皇陛下が伊勢神宮を訪れていたのと同時期。
そうだ京都いこう20192019-183






南蛮寺の銅鐘は重文。信長が京都に建立を認めた南蛮寺で用いられていたものが、今はこちらに。

外国人向けの座禅やお茶体験のほか、同性婚にも対応した仏式結婚式をあげられるところなども今っぽい。

そうだ京都いこう20192019-185





山茶花がちょうど落ち始め
そうだ京都いこう20192019-168




その後、同じく妙心寺 塔頭の大雄院の特別拝観へ。絵師 柴田是真の描いた襖絵がだいぶ古くなり、新しい襖絵として柴田是真の代表作、明治宮殿天井画「花の丸図」を襖絵で復活させているんです。

そうだ京都いこう20192019-189





花の丸図は既に消失していていて、下絵だけが残ってたらしいのね。その下絵をもとに宮絵師の安川さんが描いたというもの。これもひとつの伝統の継承のカタチ。

そうだ京都いこう20192019-186




紅葉のビジュアル的な美しさだけじゃなく、ゆっくりと古都の美に触れられた秋の休日
そうだ京都いこう20192019-187






何度訪れたかもう忘れました『割烹 たいら』
そうだ京都いこう20192019-192



よく行く京都に馴染みのお店があるっていい。話題のお店が多い京都ゆえ、フーディーズの旅人たちは未訪問のお店ホッピングをしがち。でも同時にベースになるお店も持ってるほうがスマートだと思うんすよね。
そうだ京都いこう20192019-194



だって、旅先なのに帰ってきたと思える場所があるって、ほんと幸せよ。
そうだ京都いこう20192019-193





全くもって八方美人な性格ではないので、しっかりと信頼できる人と関係を築いていくのが自分は向いてると気づきました。
そうだ京都いこう20192019-197




ちなみに気づいたのは最近。それか単に自分が変わっただけかも。
そうだ京都いこう20192019-202



辞書的には とっくに「初老」の域に入っているわけだし、自分。ひたすら走り抜けていた時代とはそりゃ違うよな。

お酒は一向に強くならないけど、年々愛は深まります。
そうだ京都いこう20192019-216



天神さんへ。

毎月25日に開催される天神市は出店数も多く、一巡するだけでヘトヘトになる

そうだ京都いこう20192019-220



上七軒の歌舞練場でコーヒータイム
そうだ京都いこう20192019-221




テラス席あって、このビューなんて理想形。
そうだ京都いこう20192019-222




その後、パワーが少しチャージできたので北野天満宮 の「もみじ苑」へ。
そうだ京都いこう20192019-224


そうだ京都いこう20192019-223





曇りだと威力が発揮されないので、夜のライトアップの方が感動指数は高そう
そうだ京都いこう20192019-226

そうだ京都いこう20192019-228





昼間は天気悪くて全く昂ぶらなかったんだけど、夕方にちらっと陽がさしてきたので大徳寺を散歩
そうだ京都いこう20192019-231





この写真、全部 拝観料の不要なエリアで撮った写真です。
そうだ京都いこう20192019-236



高桐院も2日経っただけで、だいぶ色が変わってました。
そうだ京都いこう20192019-237




カメラマンたちのポジション取りが熾烈なのは変わらず。
そうだ京都いこう20192019-235




こんな綺麗なところだって、無料のゾーンですからね。
そうだ京都いこう20192019-240




来年もまた会いに来ます。その時まで元気でハッピーでいられるように。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。





kyah2004 at 23:30│Comments(0)京都紅葉_201911 | Pic.

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔