2020年02月11日

赤坂ゆうが(赤坂)ナチュールワインと割烹

赤坂ゆうが2019-29


赤坂ゆうが2019-11



なので勝手に肉寄りなのかなと思いきや、鮨やお造りも丁寧な仕事で出してくる割烹でビックリ
赤坂ゆうが2019-5



相変わらずバラエティ豊かでセンスのいいナチュールワインのセレクト
赤坂ゆうが2019-18






このあたりは最早定番だけど、間違いのない安定感
赤坂ゆうが2019-20




そこに日本料理を合わせてくるって、まだまだそんなことできるお店、東京でもごく一部
赤坂ゆうが2019-7



TOPの写真みたいにトロを大葉で揚げてきたり、ハーブ鯖の押し寿司とか肉以外で昂ぶりポイント多め
赤坂ゆうが2019-12




赤坂で気軽に使えて美味しい割烹ってそんな知らないから、しっかりインプット。赤坂勤務の友人らにもそ知らせてあげよう
赤坂ゆうが2019-30




締の肉の炊き込みご飯も美味だったけど、もうちょい肉の本気が見てみたかった。
赤坂ゆうが2019-36



赤坂ゆうが2019-39



改めて見返してみると結構お肉も出てるんだけど、勝手に先入観持っちゃってたせいかな。
赤坂ゆうが2019-16


ちょっと肉が足りないモードで帰ることに。
赤坂ゆうが2019-31

赤坂ゆうが
03-6441-2902
東京都港区赤坂2-14-8 山口建設ビル1F
http://yuuga.ku-shin.jp/



次はマインドセットを変えてくるか、肉割烹コース頼んでみます
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。






*************************

仰々しくないシンプルなファサード
赤坂ゆうが2019-1



乾杯もナチュールの泡から
赤坂ゆうが2019-3



和のお店でナチュールの揃えがいいって、本当にありがたい
赤坂ゆうが2019-4



この辺まで、完全に頭が肉割烹モードだったので、正当な和の突き出しに驚くオレ
赤坂ゆうが2019-6




というより、むしろ魚の力に力入れてる?
赤坂ゆうが2019-8




お造りも仕事が施してあるし、これにワインをピタッとフィットさせてくるのもいいね
赤坂ゆうが2019-9



赤坂ゆうが2019-10




わりと手頃な価格帯なので、赤坂でコレだと使いやすいんじゃない?
赤坂ゆうが2019-12




いや、いいね。そうこなくっちゃ。
赤坂ゆうが2019-13



お造りも様々なアプローチで出してくれるので飽きが来ない
赤坂ゆうが2019-14





とはいえ、肉を待ちきれなかったので、出てきたときには瞬殺で
赤坂ゆうが2019-15



このあたりもBRESSAN合わせてきたりと、さすがに心得ていらっしゃる
赤坂ゆうが2019-17



確か、トロタクと棒鮨にこれを合わせてきたのかな?
赤坂ゆうが2019-19




脂の強めな料理には、たしかにいいアッビナメント
赤坂ゆうが2019-23



からの、ここから続く、牡蠣とトロと大葉天ぷらに
赤坂ゆうが2019-24




この牡蠣もビジュアルからイメージするテクスチャと味とは敢えてずらしてきていた。うん、現場の感覚より、改めて見直すとだいぶいい
赤坂ゆうが2019-25



こんな牡蠣だそうです
赤坂ゆうが2019-26




ある意味、ヒレ肉やサーロインに相当するようなトロの存在感
赤坂ゆうが2019-27







ここで肉の焼物が。待ってましたぁ…
赤坂ゆうが2019-32



えっと、ここに雲丹も握ってくれていたんだっけ? うん、相当頑張ってる。
赤坂ゆうが2019-33



からの締めご飯
赤坂ゆうが2019-34




木の芽と時雨煮の炊き込みご飯って、オレが最後に食べたいごはんの候補のひとつじゃん
赤坂ゆうが2019-35



赤坂ゆうが2019-37



肉割烹の頭で行ってしまった当日の印象と、こうして距離をおいて見返したときでは断然今のほうがいい流れだったことがわかる。思い込みってほんと危険だね
赤坂ゆうが2019-40



今、まさに行きたい、そんな気分のお店です
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。







kyah2004 at 21:06│Comments(0)和食 | ¥10000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔