2020年02月02日

2020年 初の国内旅は奈良と大阪

奈良2020-11

2020年、最初の国内旅は奈良と大阪へ

2015年に薬師寺、唐招提寺、法隆寺は行けたんだけど、東大寺には行けてなくて。世界最大の木造建築の圧力を浴びたかったんです。

遠くから見るより、中距離くらいが大きさを一番実感できるんじゃないかな。人の大きさが、建物のスケール感をより顕著に際立たせてくれる。

大仏さまの大きさは約15m、頭は江戸時代、体は殆どが鎌倉時代の補修で、台座、右の脇腹、両腕から垂れ下がる袖、大腿部などが作られた当初の部位のままなんですよね。
奈良2020-17



752年に開眼供養会が行われて概ね完成形になったんだけど、当時の人口で 260万人(延べ人数)が工事に関わったというから、想像できないくらいの一大事業だったわけです。
奈良2020-22




大仏さまの左右に控える菩薩像も美しい。ここって大仏さまだけかと思ってたので、期待以上のコンテンツに驚きっぱなし
奈良2020-20



ちょうど春節にあたってしまっていたので、大阪から奈良行きの電車はマスクに中国人だらけ。駅から東大寺までも鹿とマスクマンだらけで異様な光景でした。

ボクが訪問した直後にコロナウィルスの感染が奈良であったニュースを聞いて、さもありなんと。
奈良2020-7



でも、ちょっと足を伸ばして二月堂や浮見堂は、人もまばらで奈良らしい悠久の歴史を感じることが出来る。
奈良2020-33




このあたりは全部歩いて回れるエリア。浮見堂は夏頃に訪れて、ここで酔いを醒ましてみたい
奈良2020-35




奈良町は古民家が多く残る路地で、センスのよさげなショップやレストランが点在している
奈良2020-40




お酒がちら寄りして飲めるお店が、昼からあちこちでやってるので、帰る頃には泥酔に。
奈良2020-41




大阪では、またエクセルホテル東急を拠点に。
大阪EX2020-2



お洒落だし機能的だし、便利でリーズナブル。
大阪EX2020-1

メインダイニング『PIC*NIKA(ピクニカ)』で、大阪女子たちのお笑い気質に癒やされる
大阪EX2020-15




酒に弱いオレでも、ホテル内のBAR「MIDO」なら心置きなく酔っぱらえる
大阪EX2020-22




そうそう、大阪は訪れても梅田周辺だけだったんだけど、今回はじめて道頓堀に
大阪2020-11




インバウンド客じゃないけど、ここに訪れてみたい気持ちはよく分かる
大阪2020-10




お出汁でおこのみやき食べてみたり、串カツ15分だけ寄ったりとか、やけに新鮮でオモロかった
大阪2020-18



去年は旅に行きまくれて本望だったけど、さすがに疲労も抜けなかったし、TASKも全然こなせなかったので、今年はもうちょいゆったり過ごします
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。




********************



奈良の駅から東大寺までは、記憶以上に鹿だらけ。普通に人々と一緒に歩いてるから、最初はそれだけでビックリましす。そのうち慣れるけどね
奈良2020-4



奈良のお酒が飲み比べ出来る洒落たお休みどころもあったりするので、大仏さまに辿り着く前に酔っ払う
奈良2020-2





ストーブはついてなかったけど、心地いい陽気。青空のもとで、おでんとお酒の飲み比べができるなんて洒落てるじゃない
奈良2020-3




東大寺の南大門、国宝らしい色気に満ちている。
奈良2020-5




南大門を超えて、大仏殿へ向かう参道も鹿だらけ
奈良2020-6



建物だけみても大きさはピンとこないと思うけど、人の大きさと比べるとデカさがわかるよね
奈良2020-8






今、こんな巨大な木造建築を建てようとしたら、どれだけの費用と時間がかかるんだろう
奈良2020-9





屋根の上の金色の飾りも、目の前にくると、とんでもなくデカい
奈良2020-13




大仏殿というと、大仏さまに目がいきがちだけど、脇を飾る菩薩さまたちも見応えあるのよ
奈良2020-21





奈良時代らしく、頭が大きめ。ちょっとかわいい
奈良2020-15



大仏さまは、完成直後も体が傾いて山で支えたり、地震で頭が落ちたりと色々苦難の道を歩いてきたんです
奈良2020-16







教科書では、正面のカットが多いけど、斜めや横から眺めると、もっと色んな魅力が見えてくる。個人的には大仏さまのうしろの金色の仏さまの連隊っぷりに戦闘力の高さを感じました。ニュータイプの使うファンネルのよう。
奈良2020-23





人混みに疲れたので、階段をのぼり二月堂へ
奈良2020-24





京都と違って、こんな塔頭も無料では入れてしまうのね
奈良2020-25





奈良の町を一望できる趣のある木造建築
奈良2020-26





森の向こうに頭を出しているのが大仏殿
奈良2020-27





土壁が好きなので、ひとけのないこんな路は大好物なのよ
奈良2020-29




しかも、振り返ると二月堂が。白黒にすると時代がわからなくなる
奈良2020-32



大仏殿から15分くらい歩くと浮見堂に辿り着く
奈良2020-37





水に囲まれた日本建築っていいね。冬は寒いので長時間ぼーっとするのはツラいけど
奈良2020-34




ここから見えるのが奈良ホテル。雰囲気ありそうなので、次回は泊まるかご飯くらいは食べてみたい
奈良2020-36





つきたてのよもぎ餅を食べられる「中谷堂」、散策の途中のエナジーチャージにちょうどいい
奈良2020-38




この「中谷堂」の脇のアーケード街を入っていくと、お猪口一杯100円の酒場があって、ついつい奈良のお酒を追加チャージ。ほら、寒いから 体の中から暖めないと
奈良2020-39




奈良町の路地裏を散策、人気のとんかつ屋を発見
奈良2020-44





ついつい引き寄せられた日本酒のスタンディングバー「chuin」、こういうのは昼から開いてないと!!
奈良2020-43




熟成酒が好みと伝えたら、見事にタイプな”達磨正宗”をセレクトしてくれた。しかもねずみ年ブレンドで、自分の生まれ年のお酒も入ってる
奈良2020-42





大阪では梅田の近くのウェスティンにも泊まりました
大阪2020-7




窓からは、駅の目の前の大規模開発エリアを見下ろせる
大阪2020-1



タクシー乗り場わからずに歩いてたら、大阪駅からも歩けた。鞄はブルネロ・クチネリ、ニット生地が夏には暑いので、今の時期に使っておかないと
大阪2020-2




駅単体の規模感では、東京駅、新宿、渋谷よりも大阪駅の方がデカく感じる。
大阪2020-3





ウェスティンの近くで発見したクラフトビールのスタンディングバー
大阪2020-6



ここのビールがめちゃ美味しくて、おつまみも魅力的
大阪2020-4



軽く一杯のつもりが、ついおかわりしちゃいましたわ
大阪2020-5




外国人だらけという道頓堀、東京だと浅草に似た状況かな
大阪2020-9




たこやきとおでんの「味穂」へ
大阪2020-12



半端なくアツい。いきなり口に入れたら熱波にやられた
大阪2020-15




お出汁につけて、しっかり冷ましてから食べるのがいいね
大阪2020-17





土手煮もいいね
大阪2020-14




さっと食べて、串カツへ
大阪2020-19





こちらも串だけ食べて、さっと出ました
大阪2020-20






本町の「エクセルホテル東急」、御堂筋を見下ろすスイートルームが尖ってるのよね
大阪EX2020-4



この缶バッジも大阪ことばが綴られていた
大阪EX2020-6




PIC*NIKA(ピクニカ)』にて
大阪EX2020-7





サラダでととのえてから
大阪EX2020-8




巨大なエビフライ
大阪EX2020-13



おやおや、しっかりと卵も詰まってる!!
大阪EX2020-14




チェザリの巻島さん監修のピッツァも、オープン当初より洗練度があがってきていた
大阪EX2020-10




デザートは、食後酒と共にBARでいただきます
大阪EX2020-19





今年は体をしっかり創ろうと年初に誓いを立てたんだけど、どうも気合が入らない。酒とスイーツには、全く抵抗力がないようで。
大阪EX2020-21




そうそう、今回は帰りに京都によって「未在」でディナー。せっかくなのでととのえて行こうと祇園のサウナ「ルーマプラザ」に寄って4セット。ラスト1セットはアウフグースで熱波を浴びようとサウナに向かったら、RYOに遭遇して1セット一緒に浴びれました
大阪EX2020-24




そんな偶然さんで〆られた、今年初の国内旅。今年はゆるりと参りましょう
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。




この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔