2020年03月09日

igora(自由が丘)自分好みのイタリアンを愉しめるという幸せ

igora2020-5


奥沢のイタリアン『igora』は当家好み。ナチュールを中心としたワインセレクトと、ソフィスティケートされた料理が刺さる。

店内はカウンターとテーブル席で構成されていて、適度な距離感も心地良い
igora2020-3



特にこの日好みだったのが、蕗の薹と貝の小柱のトロフィエ。パスタのテクスチャもさることながら、蕗の薹の苦味と貝の旨味が実にいいバランス
igora2020-10




この日、いただいたワインたち。だいたい気分を伝えて3本くらい候補を持ってきてもらい、あーだこーだ話しながらテーブルでひとつに絞り込む愉しさ。やはり食の師匠夫妻と行くディナーは格別だ。
igora2020-24




場所は九品仏駅が最寄りだけど、自由が丘駅から線路沿いに歩いていける距離なので天気が良ければちょうどいい散歩になる。ファサードの色使いも好みなのよね。
igora2020-2




「お、期待以上!」と最初に感じたのは、穴子とスカルモルツァチーズに芋を合わせたアンティパスト。暖冬ではあったけど、風がキリッと冷たい日に、こういう体の内側からあったまるような温菜は、何も言わずとも身体が悦ぶのよ。
igora2020-8




セコンドの宮崎 黒豚は薫香のせいか、熟成された肉のような雰囲気を纏っていて、脂も甘くキレがあり赤身の肉質も品がある。綺麗な断面だよねぇ…
igora2020-17





そして、ドルチェに合わせて食後酒も。
igora2020-21




福島原発、阪神大震災、台風に豪雨…。日本ひとつとってもこれだけの危機があるわけで、今こうして無事に過ごしていられることは奇跡だなと。
igora2020-14





もうすぐ2011年3月11日から9年。映画「FUKUSHIMA 50」を観て、改めて9年前はギリギリの瀬戸際にいたんだなと再認識。
igora2020-1

igora
03-5760-6176
東京都世田谷区奥沢6-22-10 ハルシエール自由が丘 1F
https://ggm5700.gorp.jp/
https://www.instagram.com/igora_okusawa/


新型コロナも驚異ではあるけれど、原発事故と比べれば切迫感は桁違い。各自やれることを、やっていきましょう。自分はそうします。

そして恐怖心が薄らいできたら映画館で「FUKUSHIMA 50」観て欲しいです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。






********************


まずは泡をいただきつつ、カルパチョから。
igora2020-6





まさかの札幌に醸造所のある日本のナチュール白ワイン、これが見事な洗練度で思わずビックリ。なんだかんだ言っても、日本のワインにがっかりさせられることが多いのも事実だったので。これは、スゴい。
igora2020-7




そして更に穴子とスカルモルツァチーズの前菜で、期待が確信へと変わっていく。この店、アタリだわと。
igora2020-9




北イタリアのリグーリア州の手打ちパスタ「トロフィエ」。イタリア語の「strofinare(ストロフィナーレ)=こする」から名のついたもので、ふかもちの食感が心地いい。蕗の薹の苦味が実にたまらない。
igora2020-11



このあたりから赤にスイッチ
igora2020-19





「PACINA」の2013年をセレクト。DOCGの認証よりも、ワイナリーの信念に基づいて造られたワイン。つくづくセンスのいいワインをレコメンドしてくれますな、日本のイタリアンレストランのレベルの高さよ。
igora2020-12




ここからは肉展開なので、ワインのアッビナメントが冴えまくる
igora2020-13



セコンドが抜群の美味しいイタリアンって、リピートしたくなる理由のTOP3に入る。つまり正直言うと、セコンドが満足できないイタリアンってのも、かなりの数あるってことなんです。
igora2020-15




元気に生きていられるうちは、食べてとして生産者やシェフの想いに応えていきたい。
igora2020-25





ドルチェの味の組み合わせも良かったなぁ。
igora2020-23





100年前、いや50年前にですら想像すらつかなかったような生活が出来ている令和の今。世界各地の最高の味を、この極東の都市にいながら堪能することが出来る。
igora2020-20




数多くの人々の努力の結晶が、今という時代を創っている。天下統一を成し遂げる寸前までいった信長公や太平の世を築いた徳川家康公よりも、一平民に過ぎない自分の方が彼ら美味しいものを食べられているという事実。
igora2020-26



確かに今は困難な時期ではあるけれど、一方で過去の歴史に例がないくらい恵まれた時代に生きているということも忘れちゃいけない。

何がいいたいかというと、気分だけ暗くなっても意味もないし、何も打開策にはつながらないということ。同じ時間を過ごすなら、せめて生きている歓びを実感していたくないですか?
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。





kyah2004 at 08:00│Comments(0)イタリアン | ¥15000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔