2020年03月09日

kiki Harajyuku(原宿)映えるだけじゃない実力派ビストロ

kiki2020-6

原宿という場所柄と、このかわいらしい外観で実力を見誤ってしまいました。

まりえに誘われてのランチで『kiki Harajyuku』へ

前情報はまったくない状態でここに立ってので、「えっと、若い女子向けカフェ?」って思っちゃったオレは自然派かなと。
kiki2020-1



ビストロとはいっても、クラシックな感じはなくて、モダンフレンチというよりは、フュージョンといった方が感覚に近い。

蓮根蕎麦がきをほうじ茶のスープに浮かべたようなクリエイションがでてきて、ペアリングで日本酒合わせてくるとか目黒の「kabi」を彷彿とさせる。
kiki2020-11



ペアリングをオーダーしてたので、ここで生酛の大治郎を挿し込んでくるあたりニクい
kiki2020-9



こちらの”映え”な前菜は、和歌山の苺に桜の花びらを塩漬けをあわせてトマトウォーターのジュレで固めたモノ。甘すぎないので前菜として成立しているし、なによりシャンパーニュにも実にフィットする。
kiki2020-8



ゲストはカウンターとテーブルで20人も入らないのに、スタッフが6人もいたのには驚いた。
kiki2020-3





ランチのコースはデザート込みで4,500円、ペアリングのハーフコースが4,000円くらいだったかな。これまたナチュール中心のセレクトで当家好み。
kiki2020-15



相変わらずお酒が弱い体質はなんら変わらないけど、お酒への愛だけは高まる一方で困ります(笑)
kiki2020-20



この日は予約でコースを選んだけど、飛び込みだとアラカルトでカツレツみたいなメニューもあったっぽくて、それはそれで魅力的だなと。
kiki2020-17




とはいえ、コースのメイン 米澤豚のローストは、脂も赤身もともに美味しく、モリーユ茸とマディラ酒のソースも絶妙で、いい感じのアッビナメント。これには、まりえも瞬殺。ここんとこ、豚肉のアタリ率が高い気がするな。
kiki2020-23

kiki harajuku
070-3882-3150
東京都渋谷区神宮前6-9-9 アヴニール表参道 1F
https://kikioishii.com/


休日ランチがヒットだったので、別のタイミングでも使ってみよう。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




***************************



休日のランチコースは2回転、1回転目は11:30からと早いのよ。ランチの後半さしかかって時計見た時に、12:30くらいだとなんか得した気分に。
kiki2020-2



ペアリング、最初の一杯目はシャンパーニュから。
kiki2020-4




ワインのペアリングだけじゃなく、自然派なカクテルとか女子向きのお酒も充実してる模様。
kiki2020-5



桜の塩漬けの苦味と、甘さを抑えた苺の甘さが喧嘩せずにきちんと同居。味もさることながら、このビジュアルは原宿らしい。内容と価格のせいか、キャットストリートの平均年齢よりは高めの客層。
kiki2020-7




日本酒を合わせてきたのは、納得の料理
kiki2020-10




水出しのほうじ茶のスープに浮かべたれんこん蕎麦がきと椎茸。
kiki2020-13



スープの横に添えたれんこんの天ぷらも、歯ごたえがなんともエロティーク
kiki2020-11






つづくワインはミモレットとマンゴーのレタスサラダに合わせて。オレンジワインのようなニュアンス。
kiki2020-15



天使の海老が隠れていたり、ドレッシングが美味しかったり。シンプルかつチーズ頼りに見えるけど、実は静岡のレタスを下敷きに複雑な味の組み合わせを実現している。
kiki2020-17



追加でオーダーしたバナナとフォアグラのモナカ。初訪問だったのでシグネチャーメニューは試しておかないと。
kiki2020-18



次々と好みのワインが注がれる、シャルドネのナチュールは欲しかったところ。
kiki2020-19



ソースの主張が適度で、肉の魅力をほどよく引き立てていた。ガルニの田芹など苦味ある野菜もいいね。スナップエンドウのバターライスという脇役使いも好きよ。
kiki2020-21




ミニマムのコースとは別料金(700円)でデセールを加えられるだけあって、シンプルに見えながらもきちっと手がかかっている。ガトーショコラも量産型の味じゃない。
kiki2020-24




紅干し柿のキャラメルアイス、こいつは…ウィスキーに合いそうだな。

きちんと作られた2種類のデザートが、一緒に盛られずそれぞれのお皿で出てくる。その丁寧な対応にパティシエのプライドを感じますな。
kiki2020-25



ウィルス騒ぎには食傷気味だけど、セルフディフェンスは、しっかりしておかないとね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




kyah2004 at 23:30│Comments(0)フレンチ | ¥7000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔