2020年08月11日

BLUE HILL(NEWYORK)NYらしさを一番感じたレストラン

BLUEHILL2020-37



ボクらが次に訪問できるのはいつになるかわからないので、2月中旬にこの街に行けたことは、今になってみると運が良かったとなと

そんなNY滞在中、最初の食事にして最高にNYらしい食体験がこちら『BLUE HILL』でした

BLUEHILL2020-13



日本との外食環境の決定的な違いは、人気レストランにBARが併設されていて、そこは予約不要だったりするので、当日に滑り込めてしまうこと
BLUEHILL2020-41



NYに夕方ついて、先に入ってたHiroクンと相談して、即訪問を決めた『BLUE HILL

タイムススクエアから電車ですぐのワシントン・スクエア公園の目の前
BLUEHILL2020-2




ミッドタウンの人工的な空間とは対象的に雰囲気のあるモロ好みな空気感。そう、こういうNYに訪れてみたかったんすよ
BLUEHILL2020-3



BARも予約って出来るし、こちらではコースメニューと同じ料理をアラカルトでオーダーできるので、お腹の具合でコースが入らない…って時にも積極的に使えるのよね。この照明の落とし方は、日本のガストロノミーでは中々やれない演出
BLUEHILL2020-33




お店に入った瞬間からテンションあがってたけど、この店を選んでほんと良かったと確信したのは、このビールを飲んでから。複雑な味の組み合わせ、ハーブとスパイスの奥行きも心地よく、NY初のお酒にこれ以上無い選択でした。この日ばかりは、シャンパーニュよりもビールのスタートが正解でした
BLUEHILL2020-6




EU圏とは違った独特の色気がフロアに満ちていて、大人になって訪れてみたかったNYがここにあった
BLUEHILL2020-8





料理も期待以上にクリエイティブ。それでいて素材の本質を正確に捉えていて、肩肘を張らない緩さも内包している
BLUEHILL2020-9



アメリカらしいフィッシャーマンパイも、未体験のエレガントさ。フレンチがベースだけど、もっとわかりやすくて、だけど大雑把じゃない。
BLUEHILL2020-15



ファーストフードやジャンクフードのイメージが強くて、中々足を踏み入れられなかったUSAだけど、さすが世界の中心地 NYはスゲーです。自然と笑みが浮かぶのを止められない。







デセール含め6皿シェアしたけど、どれもNYらしさが立ってて実に気持ちよかった。三ツ星になると、逆に和のエッセンスが強くて、それがまた本場の人間からすると微妙というか、無念でならなくてね。

こういうストレートなNYらしさが、自分が求めていたモノでした
BLUEHILL2020-28




ワインのセレクトも、ゲストのニーズに応えてくれるけど、料理に合わせた彼のカクテルも飲んでみたかった。次回の愉しみにとっておきましょうかね
BLUEHILL2020-31


Blue Hill
75 Washington Pl, New York, NY 10011 アメリカ合衆国
+1 212-539-1776


6thアベニュー沿いのGreenwich VillageからはWTCも見えるのよ。ほろ酔いも手伝ってニューヨーカー気分で歩いちゃった
BLUEHILL2020-39




小雨のタイムススクエア、20年ぶりのNYを体で感じてる瞬間
BLUEHILL2020-49



ただ、歩くだけで昂ぶる街ってやっぱし、いいね




2月とはいえ、雪も降らず手袋なくても余裕な暖冬でした。半年前のことなのに隔世の感
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ





************************

写真撮ってくれる友人と一緒だといいね

まりえは面倒なことやらない子なので、自撮りもまずしないし。
BLUEHILL2020-38



カウンターもさりげなくCOOL
BLUEHILL2020-29



今年最高の乾杯のひとつ
BLUEHILL2020-7



サラダの盛り付けもいいし、野菜がひとつひとついちいち美味しい。ソースもフレンチの技術に、NYらしいわかりやすさも
BLUEHILL2020-9



ワインもいいけど、バーデンダーが作るカクテルがいちいち美味しそうで
BLUEHILL2020-11




クラムチャウダーは、このビスケットで味が完成される。食感のアクセントにもいい
BLUEHILL2020-16




強烈に美味しかったのが、このスモークキャベツのミルフィーユ。味付けのセンス、構築力にNYクオリティを垣間見た瞬間。20年ぶりのメインランドは、20代前半で訪れた頃のジャンクフードイメージとは全くの別モノでした
BLUEHILL2020-17



次回はテーブルでコースをきちんと頂きつつ、お酒もペアリングで身を任せたい
BLUEHILL2020-14


パンもいとうまし
BLUEHILL2020-19



食事はホワイトバランスと明るさで調整してるけど、実際はこのカラーでBARカウンターの手元に至ってはさらに暗い
BLUEHILL2020-24



グラスフェッドのラムはね、肉質も火入れもよかったよ。でもね、一番響いたのがソース。この王道フレンチでもない、でも納得度の高いソースって初体験
BLUEHILL2020-21




なんだったか覚えてないけどデセールも極めてセンスよく、ライトな口当たり
BLUEHILL2020-26




正直、期待値そこまで高めてなかったので、完全に意表を突かれた。
BLUEHILL2020-27




初日の夜にして、早速、胃も心もNYに掴まれましたw
BLUEHILL2020-34



ありがとう『BLUE HILL』、また近うちに
BLUEHILL2020-35




さてと、ホテルまで戻りますか
BLUEHILL2020-40



ひと駅早めに降りて、タイムススクエアをそぞろ歩き
BLUEHILL2020-44




BLUEHILL2020-45



なにか面白そうなことがあったらすぐに動けるようにフットワークは軽くしておきたい
BLUEHILL2020-46




それが、たとえCOVID-19の支配下にあってもね
BLUEHILL2020-52





データを日々ウオッチしながら、自身の警戒度を決めていく。それがwithコロナ時代と付き合う最低限のリテラシー。

未知のウイルスだけに油断しちゃダメだとは思うけど、ヒステリックになって魔女狩りしてたら疲弊するだけ。何と戦ってるのかを見失わないこと、それって大事じゃない?
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ




kyah2004 at 23:04│Comments(0)NY_202002 | フレンチ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔