2020年03月31日

レストランのテイクアウトでおうちごはんに華を

マノワ2019-9

1ヶ月前には全く想像の出来なかった世界

不安・怒り・焦燥・哀しみ、こういう状況では当然わいてくる感情だと思う

ムリして全部を自分の中に封じ込めると長期戦には耐えられないので
適度に抜くシーンを作らないともたないよね。

危機感を維持するのも大事だけど、長続きするための仕組みづくりもしておかないと。


今のとこ、東京はロックダウンされていないし、実行された場合でもどこまで行動が規制されるか見えてはいない
おうちごはん2020-14




日用品に困る事態が起こるとは考えにくいけど、他国の例を見ていても嗜好品は入手しづらくなりそうな雰囲気。なので、今のうちから日持ちするレストランのお持ち帰りアイテムは備蓄を増やしています。

たとえば広尾のフレンチ『 マノワ 』。ジビエのシャルキュトリーは冷凍でパックされたものを販売してて長期戦向き。ついでにワインもオトクなのでシャンパーニュ2本ほど仕入れました。いつでも通販で変えるから、また無くなったら頼めばいいし。
マノワ2019-1




当家が高頻度でリピっている中目黒のイタリアン『the Garden』、ここではナチュールワインを販売してるから、動けなくなってもいいようにストックを増やしておきました。
おうちごはん2020-19



最近は、ここの地下のリストランテ『 シンティッラ 』が、テイクアウトのパスタソースの販売も始めたので全種類買ってみた。猪のラグー、ジェノベーゼ、アマトリチャーナ、牛のボロネーゼなどなど。100gのパスタに合わせればいいとのことで、ひさびさに家でパスタづくろうかな。
おうちごはん2020-20



ちなみに冷凍パスタソース買うと、キチンとチーズもついてきます
おうちごはん2020-21



あ、あとパニーニもテイクアウトできるから、ご近所さんは帰りに買っていくのもいいかもね。
おうちごはん_2020-2




こちらは目黒のノルディックガストロ『kabi』の限定20食/日カレー。こちらも4月の中旬までレストラン営業は中止を決められたので、今はテイクアウトのみ。instagramで予約して買いました。
おうちごはん2020-10




さすが、大好きなレストランの作るカレーだけあって満足度は半端ない。
おうちごはん2020-11



東京都も自粛要請はするけど、ロンドンのように営業に対する補償の話は一向に具体的な話が見えてこない。

これまではレストランに直接訪問して応援という選択肢もあったけど、日に日にそうした動きが取りにくくなってきている。

そんな状況の中、テイクアウトをはじめたレストランが増えてきていて、「 #コロナフードアクション コロナに負けるな‼︎ 飲食店応援ページ 」のようなコミュニティでは常に新しいテイクアウト情報があがってきている。

UberEatsも選択肢ではあるけど、あそこは30%くらいの手数料を取るので、お店の救いになるというよりUberがガッポリ儲かる仕組みなので、今の時期には直接レストランからテイクアウトメニューを買うのがオススメ。

レストランのテイクアウトができるうちは、オススメごはんアップしてみます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




*************************


報道、特にテレビは情報の出し方が「ん???」ってものも多い

今日も「東京都で新たに78人の感染を確認 1日の感染者数の最多を更新」なんてタイトルのニュースが煽ってたけど、昨日は感染者数のカウントを変えて13人だったんですよね。それが今日の分にどう反映されているのかわからないのに、ただただ過去最多って…
https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

報道現場の記者は優秀だし、デスクだってその数字の背景はよくわかってる。なので、ちょっと視聴者をバカにしすぎだよね…って。

確かに、イタリアやスペイン、ニューヨークの状況を見てれば、メディアも政府同様に「人との接触は避けるべき」という論調になるのは理解できる。

でも、事実を必要以上に誇張することが続いたり、きちんと説明して欲しい背景があるのに、どうでもいい芸人のコメントに時間費やされるとダメだこりゃ…と哀しくなる(笑)

仕事的にチェックが必要で、最近ちょっとテレビの接点増やしてたんだけど、改めてこりゃ富裕層や知識層は離れてくのも当然だな…と納得。


だからってわけじゃないけど、報道を正しく解釈するためにも、行政が発表する生データや世界の状況がまとまっているページも定期的に見るようにしている。


たとえば


・厚生労働省報道資料
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/houdou_list_202003.html


リンク先は3月の分なので、明日からは4月のページをチェックする予定。「新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について」は毎日見るようにしています。1日の検査数と感染者数くらいは押さえておきたいし。



・東京都の新型コロナ発表数字
https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/


東京は検査数が日々100人程度。感染者数が他国と比べてやけに少ないけど、検査数がケタ違いだから並べて比べること事態がナンセンス。じゃ、海外だとどのくらい検査してるんだろうって知りたくなるよね。




・世界各国の新型コロナの関連データと比較
https://ourworldindata.org/


日本の感染者数が少ないのは、そもそも検査数が圧倒的に違うから(Our World in Data.)というのがよくわかる。


クラスタを探してつぶしていくという日本のアプローチは、現に急激な医療崩壊やオーバーシュートを起こしていないので、評価されるべきものなんだと思う。


ただ、今後の状況に応じてプランBも用意しておいて欲しいっすね。そういう報道を期待しているんですけどなぁ。



・世界の感染者数データ

ジョンズ・ホプキンス大学のダッシュボードは、皆さんもよく目にしてると思うけど、見慣れるって大事だと思う。違和感に気づけるようになるし。




NYのドクターでも、3週間前にこんな状況は想像すらできなかったという。ボクが訪問した2月の中旬も、全くと言っていいほど新型コロナの影もなかった。


東京だって、いつオーバーシュートしてもおかしくない。


ひとの命を守るためにも、自分たちのリスクを減らすためにも不要不急の外出は避けている。



でも、悪いことばかりじゃなくて、リモートでの仕事が増えて、夫婦で一緒に過ごす時間も増えたし、生活のスピード感も5年ぶりくらいに緩められた。


大変な状況ではあるんだけど、正直 変わらざるを得ない環境が、ライフスタイルをいい意味でチェンジさせてくれている部分もある。


そういう面にも目を向けながら、長期戦を乗り切っていこうかな。とね
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



kyah2004 at 21:44│Comments(0)家ご飯 | Diary

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔