2020年04月16日

とり口(五反田)とりの三段弁当で呑む

とり口2020-8


鳥・牛肉使いのうまい「それがし」が、テイクアウト専門の『惣菜それがし』をスタート


惣菜それがし
03-6420-0909
東京都品川区西五反田2-25-4 1F
日曜営業 15:00〜24:00


今回、狙いをつけたのは、焼鳥「とり口」のテイクアウトメニュー”とり口の三段”弁当(3,500円)

とり口2020-1



焼鳥、鳥料理、鎌倉野菜のバーニャカウダのジェットストリームアタック

合鴨ロース、とろレバー、もも肉の山椒煮、ぼんじり菜の花ポン酢、ムネカツ青唐レモンなどなど、2人で食べるには充分なポーション。量だけじゃなく味わいもプロ仕様、野菜がこの量で食べられるのも嬉しい。
とり口2020-6



そこに合わせたのはチンクエテッレのナチュール、これはいいアッビナメント
とり口2020-14




親子丼もオーダー、三段弁当と一緒に食べたら2人だと食べきれないくらい
とり口2020-11



それがしの濃厚なプリンも美味、また見つけたら買いたいぞ。
とり口2020-16

とり口
03-6421-7254
東京都品川区西五反田2-28-10
http://www.toriguchi.jp/




おうちでこんな美味しいものが食べられるようになったというのは、本当に嬉しい。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




***************************



とり口の三段弁当は、こんな内容です。
とり口2020-2



とり口2020-7



いつも焼きたてを食べてたけど、家でいただくなら冷めてても圧倒的に美味
とり口2020-9





質のいい野菜を色んな種類食べられるって、2人暮らしだとかなり嬉しい。
とり口2020-4



合鴨ロース、もも肉の山椒煮が特にお気に入り
とり口2020-5




男的にうんまい丼モノがあるって幸せ
とり口2020-12




この苦味を感じるナチュールの好みなこと
とり口2020-13



酒飲み用のプリンだわ
とり口2020-15





3月24日にFBに書いたメモを読み返した見た。

あれからも状況は大きく変わってるけど、考え方の本質はそんなに変化していないようだ。
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【コロナショックメモ】
わかんないことだらけと言うのは変わらないけど、このコロナショックって、人間のエゴを可視化するもので、人々の今後のライフスタイルを変えるくらい強大な影響を残しそうだと感じている。SGDsに対して国家レベル、世界レベルでの本気を問われるもので、個人レベルでいえば人間性を問われるウィルスなんじゃないかなと。


他人への思いやり、富の再配分、人口爆発、国家間/世代間のいがみあい、ひいては死に方の選択肢まで。人類が抱えている本質的な問題に強制的に向き合う機会にもなっている。つまり内包していたリスクが早期に表面化したもので、人類が地球上で生き残っていくために”早期の癌発見”した状態っぽいなと。今後の選択肢次第では、どっちにも転がる可能性があるものなので、大げさじゃなく岐路に立ってる気がします


もうちょい具体的に言うと、
・他人をどこまで思いやれるか=影響の少ない若者がどこまでシニアを大事にできるか?
・富の再配分=世界の富を握ってるごく一部の人々が、弱者に対して医療機会を増やす手助けをするだけで、どれだけ多くの命を救えるか?
・人口爆発=資源問題、食糧問題など本当に人間はこれ以上増えていいの?
・国家間/世代間のいがみあい=国家間、世代間での利害をどうやって調整していくのか、優先順位をつけていくのか?
とかね。


資本主義で暴走してきた利己主義的な価値観に対して、ウィルスが問いかけをしてるようにも見えるんですよね。



医療従事者でもないし、算数も苦手だけど、素朴に疑問だったことをちょっと調べてみた。賢い人、違ってたら教えてね。

●日本の感染者数が少なく見えるけど、実態との差はどんくらいなのかな?

3/23時点での新型コロナウィルス
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10385.html

検査実施者数/感染者数/死者数
 約 2万人   /約0.1万人 / 36人 【日本】
 約32万人※   /約0.9万人 / 約110人【韓国】  
 約21万人※   /約5.9万人 /約5500人【イタリア】


※各国の検査数規模はこちらから
https://ourworldindata.org/covid-testing



日本の検査数は未だ1日100人程度。感染者数が少ないのは検査実施数が少ないとは理解してたけど改めて並べると如実っすね。この2国と比べてると「感染者数」は、相当コントロールされた数字という印象が強まる。


結果的に医療崩壊をおこしていないので、日本の対応の是非を問うつもりはないんだけど、市中感染は想像より進んでるリスクがあるよねーと。


クラスターの感染源が把握・管理することで、急速な感染拡大を抑制できているので、現時点メガクラスターの形成はないと推測されている、らしい。

<3/19 感染症対策専門家会議の状況分析と提言>
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000610566.pdf


クラスターを把握・管理することで、オーバーシュートを抑制できるという因果関係が難しく、やはりよくわからない。このあたりをうまく一般人に伝えられたら、自粛(行動抑制)の意味・意義ももうちょい咀嚼できるんじゃないかな


避けるべきは ヾ控い琉い密閉空間、多くの人が密集、6甬離(互いに手を伸ばしたら届く距離)での会話や発声が行われたという3つの条件で、イベントの中止が要請されている。でも、満員電車・バスは相変わらず動いていて、リモートワークが一部で行われてても多くのオフィスは、上記3条件にモロにあたるように見えるので、正直違いがわからないんすよね。



何を目安に危機を判断すればいいのか、わからないことが不安や疑心暗鬼を強めているんだということなんすよね。感染者数ばかりフィーチャーされても、「検査数違うじゃん」って思っちゃうし。検査数を増やすとパニックになるから、医療崩壊を防ぐためという意図は理解できるけど、一方で本当に新型コロナの死亡者数が正確に把握できてるのか?という疑問も出てきてしまう。


●これからの心がまえ(あくまで自分の考え方)
・凄まじい感染力というのはこれまでのことで良くわかったので、感染者数が増えることは織り込み済み(メディアが連呼する感染者数に踊らされない、あくまで目安のひとつ)
・色々わからないことだらけ、専門家ですらわからないことだらけ
・自粛っていうと偽善っぽさがあるけど、「自分と同じように、他人を大事にできるか?」という人間性が問われているんだと思う
・最終的に抑えたいのは新型コロナによる死者数。この数字の動き方で適正な恐れ方を決めたい
・日本の検査数が世界と乖離が広がったら過度のイメージ操作を疑う。ただし、各国が牽制しあってるので、イメージ操作には限界アリ
・魔女狩りはまだ続く。シニア層以外では、ウィルスよりもレピュテーションリスクの方がダメージ巨大。
・リアルタイム性の高い行動履歴の公開は、現時点 ウィルス感染よりも実は怖い
・クラスター感染源になると被害が甚大


世界的なウィルスとの攻防戦&情報戦にもなったので、収束するまでの期間は長期化
・国家間、世代間のいがみ合いはウィルスの思うつぼ
・食と旅産業への貢献は忘れない
・ストレスは適度に抜くべし


★ロックダウンも想定した準備が必要
・トイレットペーパー的騒動はまた起こる


●なやみごと
・ニンテンドースイッチのリングフィットアドベンチャーが、まだ届かない
・なんか太った
・応援したいレストランを回りきれない
・G.Wをどう過ごそうか…
・こういう場所では、建前でしかモノが語れない。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



あの頃よりも体重が更に増したのが、ホント悩ましい…
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




kyah2004 at 22:10│Comments(0)¥3000〜 | 和食

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔