2020年04月24日

焼肉うしごろ テイクアウトはチャリ通です

うしごろ4月-9

『うしごろ』のテイクアウト
https://sangue.co.jp/wp/images/pdf/menu_YU.pdf


こちらもお気に入りの器に盛りつけるだけで、いかにもな焼肉弁当がいい感じに変身した

うしごろ4月-4



赤身ステーキ弁当とすき焼弁当に、ハンバーグとテグタンスープ

うしごろ4月-1


お店の焼肉イメージとは違うけど、たまには肉に溺れたいなって日の選択肢

うしごろ4月-8


すき焼は温泉卵作ってのせたかったんだけど、卵を買い忘れたのであきらめた[買物とはいえ外出は最低限に]

うしごろ4月-10



ハンバーグはお気に入りの唐津焼で

うしごろ4月-11




テグタンスープの美味しさが、こういう時には染み入ります

うしごろ4月-13


テイクアウトはチャリでピックアップ。ヒトとの距離は取りやすいし、外出時間も短縮できる



外に出た時に感じるのは、思ってる以上にヒトが歩いていること。そして屋外とはいえ、ソーシャルディスタンスをキープしてないヒトが多くて驚く。徒歩で外に出るときは、すれ違いでも2mの距離がないと気になるので、露骨だけどサイドステップしてしまう習慣がついた。

うしごろ4月-5
(ちゃんと肉とコメの間にシートが敷いてある)


非常に気になっていた検査の結果が出た。あれほど感染検査をしているNYですら抗体検査をしたら、公表されている感染者数と大きなギャップがあった(CNN)


23日時点でニューヨーク州の感染者は26万3460人と発表されていたけど、抗体検査からの推定値は270万人。そうなると致死率は約0.5%に下がる。


『抗体検査は州内で新型コロナウイルスに感染して抗体をもつ人がどれくらいいるかの実態を把握する目的で、外出したことのある住民から無作為に抽出した大人3000人を対象に実施した。その結果、抗体ができていたのは州全体では13.9%、ニューヨーク市に限ると21%だった。


ニューヨーク州の人口は1950万人、ニューヨーク市の人口は840万人。つまり州全体で約270万人、市では約180万人がウイルスを持っていることになる。これは公式統計の数倍に上る。』



死亡者数が全く異なるNYと単純比較はできないけど、東京での感染者数(死亡者数70名)はどのくらいなんだろう? 思ったよりは感染が広がっていないのか?

 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




******************


医療体制の負荷軽減と時間稼ぎのためにも、今のStay Home施策は賛成だし、98%以上のヒトとの接触削減はキープしている


一方で台湾や韓国など、感染の抑え込みに成功しながらも、人々は日本以上に活動をしている


北欧も制限を緩める方向性。


あ、トランプさんみたいに積極的に経済活動の再開を進めたいわけでは決してないよ


NYやイタリアなど最悪のケースへの対応は備えつつ、感染を抑えられている国の成功理由を分析して、冷静に日本にも取り入れていって欲しいというだけのこと


そして、何故日本の死亡者数が300人以下と驚異的に少ないのか。その理由を真剣に分析することも、世界への貢献になると思うんだけど


そのためにも検査は増やして欲しいと願ってるんだが、相変わらず5000人/日くらいなんすね...
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11012.html



正解は分からないから、他国の状況を見つつ、日本もどこまでリスク受容するか大人の選択をするタイミングも必要。それがいつなのかすらわからないのもツラいとこ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



kyah2004 at 23:44│Comments(0) | ¥5000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔