2020年06月02日

セラフェ(目黒)至極のステーキとハンバーガーのおうち時間

セラフェ_おうち2020-2

結婚記念日にも行った目黒の『セラフェ』、この2ヶ月何度も通った当家が愛してやまないご近所レストランのひとつ

フランス仕込みの肉料理は、アツアツでいただける現場(レストラン)が最高ではあるんだけど、コレを”おうち時間”に投入したら、逆に容赦ない威力に驚きました

週替りくらいでメニュー変わるんだけど、この日はお昼にフランス牛のハンバーガーとサカエヤの肉100%の牛そぼろタケノコ丼。そして、いつもはお店で食べてた長期肥育の経産牛あか牛のステーキも初テイクアウトにチャレンジ。

これだけ頼めばランチとディナーを、まりえとシェアで充分なボリューム
セラフェ_おうち2020-12



想像を軽く超えてきたのがフレンチのスキルが詰まったそぼろ丼。

サカエヤの肉100%の牛そぼろだけでもシビれるけど、田中農場の濃厚卵のそぼろと自家製牛コンソメで炊いた竹の子ご飯が一気に合わさると、とんでもないマリアージュ
セラフェ_おうち2020-13




フランスブロンダキテーヌ牛のハンバーガ、バンズも自家製なので完璧に肉に照準を合わせた仕上がりに
セラフェ_おうち2020-4




これでもかってくらい肉が主役。ふわっふわのエアリーなハンバーガーは、そのソフトなテクスチャと裏腹に強烈なパンチ力を放っている。極上ステーキの端肉で作られたハンバーガなんて、まず食べられないから。
セラフェ_おうち2020-1-2




ランチの際にも数切れ食べたけど、ディナーでもしみじみ美味しかった米沢のあか牛経産の赤身肉ステーキ。こんなのをサラッと家で食べられたら、外に出る気も削がれます。
セラフェ_おうち2020-10


食後にお抹茶とお気に入りのショコラティエのタブレット。そんな自由気ままなおうち時間が楽しくないはずありません
セラフェ_おうち2_2020-3




ちなみに、これは違う日バージョン
セラフェ_おうち2_2020-2



変化の早いメニューは、インスタでタイムリーにチェックできるのが便利。どのレストランにも言えることだけど、営業時間なども日々変わるので、事前に調べないと「あ、しまった」なんてケースが多発します
セラフェ_おうち2_2020-6



仔羊と野菜の煮込みにクスクス。こんなのもテイクアウト出来るんですよ。
セラフェ_おうち2_2020-13

セラフェ
03-6420-0270
東京都目黒区下目黒1-3-4 ベルグリーン目黒 B1F
http://severo.jp/Cellar_Fete/


新しい生活様式というのは、多くのレストランにとって逆風という状況は変わらないけど、一部ではテイクアウトやデリバリーによって以前より利益をあげているお店も出てきている。セラフェ未訪のヒトでも、まずはこのテイクアウトメニューで実力を知ってもらうといんじゃないかな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ




***********************


どうみても、フツーのそぼろ丼にしか見えないよね
セラフェ_おうち2020-5



これを思い切って混ぜまぜすることで、体験したことのないすぼろ丼に仕上がってきました
セラフェ_おうち2020-9



肉はもちろん、野菜もシンプルにうんめぇンすよ
セラフェ_おうち2020-6




この日もナチュールで合わせました
セラフェ_おうち2020-11







一番最初にテイクアウトした時のメニューがこちら。

コスタル仔羊のナバランダニョとクスクスに梅山豚のソーセージとハンバーグ。しっかり蓋がされているので、運んでる最中に漏れちゃたとか事故知らず。
セラフェ_おうち2_2020-1



これはお店で食べたときに感動して、速攻でテイクアウトでリピった梅山豚のソーセージ。手間がかかりまくってる逸品で、脂がふわっとしてるくせに旨味の強烈なパンチ力というめった打ち必然の必食メニュー
セラフェ_おうち2_2020-4




ハンバーガーは、ところどころにしっかりした食感が残されていて、そのアクセントで食欲が加速する
セラフェ_おうち2_2020-9



気分的に白を合わせたけど、ナチュールなのでいい感じにおさまった
セラフェ_おうち2_2020-10



食後のチョコが濃厚なクグロフはヨロイヅカ。
セラフェ_おうち2_2020-11



夜はコスタル仔羊のナバランダニョとクスクス。ニュージーランドのグラスフェットコスタルスプリング仔羊に野菜もゴロゴロ入って1500円とか、マジであり得んすわ。
セラフェ_おうち2_2020-15



このクスクスに大胆にスープとお肉、野菜をかけていただきます。バラバラに食べちゃダメっすよ。こいつも大胆に混ぜていただくのが美味なので。
セラフェ_おうち2_2020-14



一緒に食べたローストビーフは広尾のフレンチ「ア・ニュ」でテイクアウトしたもの。これも1500円くらいって、もう前の生活には戻れません。
セラフェ_おうち2_2020-12



実は今日も角打ちでナチュールワイン愉しんだついでに、帰りにサラッとテラスでディナー使いしてきたんすよね。

梅山豚のシーザーサラダとあか牛のフォアドブッフ(とろける肝臓)、シェフ熟成のフランス産ブロンダキテーヌ牛のサーロインをアラカルトで。レストランには厳しい状況が続くので、なくなって欲しくないご近所レストランには徹底的に通います。

また混みだしたと聞くので公共交通機関は出来る限り避けたいんすよね、気持ち的に。電車じゃないと行けないエリアのレストランも、そろそろ行きたいんだけどな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ




kyah2004 at 23:30│Comments(0) | ¥5000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔