2020年06月08日

WINEMAN STORE(不動前)角打ちナチュールからのセラフェで肉三昧

ワインマンからのセラフェ2020-6

そろそろ梅雨入り目前なので、晴れた日は貴重。

それに、なんといっても一年で一番気持ちのいい季節だけに、この時期に散歩しないのは勿体無い。

相変わらず公共交通機関(特にソーシャルディスタンスを取りにくいもの)は、積極的に使い気分になれないので、もっぱら近所を回遊した生活は続けています。

この日は林試の森公園から角打ちのできるワインショップ『WINEMAN STORE』へ

ナチュールワインの専門店で、ちょっとしたつまみもいただけたりとアペリティーボの理想形なんすよ
ワインマンからのセラフェ2020-1




こんな気持ちのいい午後ゆえ、森の中を散歩せずには要られない。都会のど真ん中で、こんな緑に囲まれた散歩ができるって贅沢きわまりない






林試の森公園から徒歩10分圏内というのも、クールダウンするにはもってこいのロケーション
ワインマンからのセラフェ2020-2



ほぼ毎日、昼から呑めるって最高。理想を言えば、お店の前にハイテーブルかカウンターが欲しいね。11月までテラス席に関する規制緩和が実施されるようだから(というか、恒久的に続いて欲しい)、ここで外呑みできるようになったら晴れた日は毎日でも通いたいくらい
ワインマンからのセラフェ2020-3




そもそもワインの表現は難しく、自分の好みを相変わらず正確に伝えられないんだけど、ナチュールになると難易度は更に高まるじゃない。ゆえに、角打ちでまりえと飲み比べして好みを伝えたほうが、正確に自分好みのワインをセレクトできる可能性が高まるんすよ。
ワインマンからのセラフェ2020-4



生ハムやサラミのほか、ちょっとしたピッツアやラザニアなど冷凍食品も売ってるので便利。もちろんカウンターで食べることもできるから、アペリティーボにはもってこいというわけ。




この日も当家の好みにフィットしたワインに出逢えて良かった。ボトルも購入して散歩を続けます。
ワインマンからのセラフェ2020-5

ワインマン ストア Wineman Store
東京都品川区西五反田4丁目30−10 鈴木苑 1F
https://www.facebook.com/739372093127744/posts/754899758241644/




次なるディスティネーションは、目黒の熟成肉フレンチ『セラフェ』。こちらも新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、訪問頻度が飛躍的に高まったレストランのひとつ
ワインマンからのセラフェ2020-21



17:00からディナーしてるし、感染症対策にもめっちゃ力を入れていて、窓を開け放っているほか、客席感にカーテンで仕切りを作り、カウンターにはビニールシートで飛沫ブロック。テーブルは勝手に外に持ち出したけど、日本でもそういう弛さが許容されるようになったのは、ある意味コロナのおかげです。こういうテラスカルチャーは、定着して欲しいんだけどなぁ。
ワインマンからのセラフェ2020-13



フランスから自社輸入のブロンダキテーヌ牛のサーロインのほか、フォアドブッフや梅山豚のシーザーサラダをアラカルトでサッといただく。ディナーの帰りにまだ外が明るいって、めっちゃいい気分になれるって知ってた?
ワインマンからのセラフェ2020-17




今回のウイルスによる経済的なダメージも大きいけど(当家も直撃)、新様式の生活というのは、あたらしいしあわせのカタチも同時に生み出してくれているので、折角ならポジティブな面をしっかり拾いながら過ごしていきたいものですな
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ




***************************


このウイルス禍の前は、せっかくのテラス席の窓を開けることもしにくかったらしいんだけど、今は換気が正義なので常に開かれた空間になっている。こんなにもテラサーに追い風の時代が来るなんて、ちょっと前まで想像もつかなかった。
ワインマンからのセラフェ2020-14




オリンピックのインバウンド対応で、テラス席が増えるかとも期待したんだけど、世の中が全然そんな気配なかったのでガッカリしてたのよね。想定とは違う色気には欠けるスタイルではあるけど、折角なので今のこの環境をしっかり享受しておきたい。

お店の入口では全身のアルコール消毒もできるし、ここまで仕切りつければお客さんも入りやすいんじゃないでしょうか。まだまだレストランにヒトは戻っていない状況だけど、ココは相当しっかり対応してると思うよ。
ワインマンからのセラフェ2020-15



コースもいいけど、サラッと肉が食べたい気分だったので、アラカルトから。
ワインマンからのセラフェ2020-9



そもそも「セラフェ」に寄ることにしたのは、インスタで北海道 池田牛のあか牛フォアドブッフが入ったというのを目にしてたから。
ワインマンからのセラフェ2020-10



アバ好きのまりえには、肝臓はたまらないご馳走なんですと。正直、オレはそんなに肝臓得意じゃないので、量は少なめでつまむ程度がちょうどいい。なので、こちらはブロンダキテーヌ牛のサーロインを軸にすることに。
ワインマンからのセラフェ2020-11



アペリティフはしてきたよと伝え、早速赤のナチュールからオーダー。
ワインマンからのセラフェ2020-12




梅山豚はここのソーセージが猛烈タイプなんだけど、こうしてシーザーサラダになっても味の主張が実にいい。つか、このビジュアルおかしいよね😂。お肉の下にサラダが隠れてます。ソースの味付けもセンスいいなぁ 
ワインマンからのセラフェ2020-16


まりえの念願、フォア ド ブッフ。とろける食感がエロいっすわ〜
ワインマンからのセラフェ2020-18



とはいえ、半分くらい食べたら、まりえに移譲します。
ワインマンからのセラフェ2020-19



そして、オレのお待ちかね。フランスから自社輸入したブロンダキテーヌ牛のサーロイン
ワインマンからのセラフェ2020-20



このNYスタイルのステーキとは異なる、マッチョ過ぎない熟成香が実にオシャレ。つけ合せのお野菜も力強くて旨いんすよ。このテクスチャ、このかほりは、マジで中毒性高いワ〜
ワインマンからのセラフェ2020-22

セラフェ
03-6420-0270
東京都目黒区下目黒1-3-4 ベルグリーン目黒 B1F
http://severo.jp/Cellar_Fete/
https://www.instagram.com/cellarfete/



ここ数年、多分5年以上、毎晩1ヶ月くらい前から予約したお店に行く生活を続けていたので、こうやってその日の天気や気分でレストランを選ぶという悦びを忘れていたんですよ。予約の取れないお店の料理をいただくのも、それはそれでしあわせなんですが、何事もバランスが重要。

その時の気分で選択権を自由に行使できるって、こんなにも気持ちがいいことだったんですね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ




kyah2004 at 23:30│Comments(0)BAR | 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔