2020年06月27日

羊SUNRISE (麻布十番) 繊細なジンギスカン

羊サンライズ2020-16

札幌のカルチャーともいえるジンギスカン

とはいえ、特に国産を使ったりしているわけではなく外国産が殆どなんですよね。仙台の牛タンと同じようなスキーム

だからってネガティブなことを言いたいわけではなくて、その地の名物料理になっているわけですから競争率が高く、自然と職人のレベルもあがるので素晴らしいカルチャーだと思います。



そして日本でも最高レベルのクオリティを誇る羊はやはり北海道産だったりするので、ジンギスカンで北海道をオマージュするというのは全くブレることはない。
羊サンライズ2020-11


なにが言いたいかというと、ローカルの食材を使っているわけではないのなら、東京で美味しいジンギスカンが食べられるということに何ら不思議はないということ。

国内は勿論、世界各国からの羊の仕入れクオリティにこだわり、焼きの技術を高めた『羊SUNRISE』は、実に東京らしいジンギスカン屋。

札幌では競争もあって高価格帯のジンギスカン屋が生き残るのは難しいと思うけど、東京なら未知の体験が出来るなら多少高かったところで集客は可能。むしろ人気店になるのは必然でしょう。
羊サンライズ2020-4


国内消費量1%以下の希少な国産羊肉をはじめ、オーストラリア産やアメリカ産の羊肉も無冷凍で仕入れ、その鮮度を活かす焼き技術で食べさせる羊SUNRISE

産地だけではなく、ラム、ホゲット、マトンと様々な種類を食べ比べられるのも魅力。よくラムは癖が強くて苦手と言われるけど、このクオリティの羊になると脂もジューシーで実に美味。
羊サンライズ2020-20


ちなみにラムは生まれて12ヶ月以内で、永久歯が生えていない子羊のこと。

マトンは永久歯が2本以上生えているメスの羊か去勢されたオス羊

ラムとマトンの間の微妙な期間がホゲット。永久歯が生え始めて2本までをわざわざ違う名前で呼ぶのは、それだけの理由があるのでしょう。
羊サンライズ2020-6




羊SUNRISEの十番店は、同じビルのルーフトップが貸し切りできるので、ここで焼いてもらうことができるのね。お酒は持ち込みOKなので、ナチュルを中心にガンガン持ち込んで、休日の昼下がりを愉しんでました。
羊サンライズ2020-22

羊SUNRISE
050-5594-7266
東京都港区麻布十番2-19-10 PIA麻布十番2 3F
http://sheepsunrise.jp


換気もいいので、ニューノーマルな飲食スタイルにピッタリかと
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ





************************


この日はど雨だったけど、屋根とシートで濡れる心配はなし
羊サンライズ2020-2




まずは北海道の池田町のホゲットから。
羊サンライズ2020-3



適度な脂の主張と赤身の包容力。ジンギスカン屋で、はじめてホゲット意識して食べた。
羊サンライズ2020-5



北海道の素晴らしいフレンチであり、羊の一頭買のフロンティア「ラ・サンテ」での体験を久々に思い出しましたわ。羊のハツやレバーを食べられた名店。それなりに札幌訪問しているのに行ってないなぁ
羊サンライズ2020-7




クラフトビールからのナチュールの流れ
羊サンライズ2020-8



このUSAのラムブロックは火入れに時間がかかるのでまずは顔見せ
羊サンライズ2020-9




テーブルの上のジンギスカンプレートではなく、こちらでじっくり焼いていきます。
羊サンライズ2020-10



続いて北海道は恵庭のマトン、いくつかの部位をいただきます。
羊サンライズ2020-12



あ、マトンのジューシーな脂が気持ちいい。ベタっと感のない室の高い脂が特長
羊サンライズ2020-13




つづいて脂の少ない赤身中心の部位を
羊サンライズ2020-14






最初にラムではなく、この辺で挿し込んでくるのね。
羊サンライズ2020-17




脂から焼くためにこうやって立てるんだ! フレンチの火入れとか考えればフツーだけど、こういう焼き方も見たことなかった。
羊サンライズ2020-18




端肉でスープを。全然くさみがなく、羊の個性だけが際立つ
羊サンライズ2020-19


厚切りカットのオーストラリア産マトン
羊サンライズ2020-21




これには濃い目で枯れたベリー感ある赤が合うわ
羊サンライズ2020-23




初期の頃に焼き始めたUSAラムブロックがいい感じに火が入ってきた。仕上げは目の前で。
羊サンライズ2020-24




仕上げはクミンの風味付けで。赤身のテクスチャと脂のセッションを愉しむ
羊サンライズ2020-26




なんかテレビで見たことあるぞ、この温泉もやし。食感、味わいともに、いわゆるもやしとは桁違い
羊サンライズ2020-25




これはオーストラリアマトンの角切りの方。
羊サンライズ2020-27



こんな仕上がりになるんすね、綺麗。
羊サンライズ2020-28

このあとに〆カレー、泥酔で寝落ち挟んでたから写真は無さそう😂



夕方には店を出て、違う店で話し込んでたら0:00頃に
羊サンライズ2020-30



緊急事態宣言が解除されてから、徐々に友人らとの集まり増やしてきたけど、せっかく集まったのだからと長時間呑み続けることが多くなった。なにげない日常が、こんなにもありがたいなんてね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ






kyah2004 at 14:54│Comments(0) | 家ご飯

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔