2020年07月18日

日本の観光資源と観光地の若者の未来

佐賀長崎2019-46


GO TOトラベルキャンペーンのバッシングが止まらない



その同調圧力ゆえ、周囲では旅には行くけど大っぴらには言わないという人が増えた

ニセコ夏2019-132




一方、都内の密な電車に乗ってることを隠す人は殆どいない。そっちはいいの? なんで??


GO TOキャンペーンから対象外となった東京は、警戒レベルを最高に引き上げてるんだよ、そこはオカシイと思わないの

0803JT7月-32






ボクは人命を守りながら経済は回していけると考えていて、理想論でなくFACT(データ)を見ながらバランスとっていくしかないと思っている


ちなみに現在の東京の陽性者率(6.3%)というのは、人々が自粛しまくった後のGW明けと同じレベル


確かにPCR検査数では全国1/4くらいだけど、陽性者数では半数近い(290人/662人)という状況は「東京問題」と言われても仕方ない


でも、それって夜の街を中心に積極検査をした結果でもあるわけで、そういうバイアスは加味しなくていいの? 統計学に賢い人、是非教えて欲しい。





そりゃね、今は「高齢者は死亡リスクが比較的高いから、地方の観光産業を守るよりも命が大事」という正論は誰にでも言いやすい。


でも、ちきりんさんも言うように、GO TOトラベルキャンペーン賛成とは声を大にして言う人はいない


なぜなら、とんでもない誹謗中傷を浴びることになるから


でも、そんな誹謗中傷をする人は知ってるのだろうか?


・新型コロナの直近10日間の死亡者数は全国で4人

・癌の死亡者は1日1000人くらいなので10日だと約1万人

・交通事故では年間3000人以上亡くなってるから、10日間だとざっくり100人弱



交通事故があるから嫌だと行って、自動車を走らせるのを断固反対とは皆さん言わないっすよね?


交通事故はゼロにならないのに、どうしてそっちのリスクは受容できるの?





あくまで現時点ではあるけれど、日本では若年層の重症化は未だ少なく、全体の死亡数も減っている


であれば、リスクの少ない層を経済活動にまわして、リスクの高い層はディフェンス強めに生活できる仕組みを作ろうっていう選択肢はないの?


これだけ日々モニタリングできてるのだから、賢い人なら ほんとは線引ができるはず


ただ、この線を引いた人にはバッシング必至だから、誰もやりたがらないけど




決して未知数のCOVID-19を甘く見ているわけではない


でも、アメリカやヨーロッパとは現時点明らかに被害状況が異なっている


若年層でも重傷者、死者が増えたなら即座に方針を展開すればいいこと。緊急事態宣言に即応できた素晴らしい国家だよ


賛成なのか反対なのかと、トランプみたいに極端な対立構造を作って溝を深めてる場合なの?


バランスをとってやれることがあるはず

Republican presidential candidate Donald Trump gestures and declares "You're fired!" at a rally in Manchester, New Hampshire, June 17, 2015.  REUTERS/Dominick Reuter      TPX IMAGES OF THE DAY      - RTX1GZCO




改めて感じたのは、良くも悪くもマスメディアの影響力は依然として大きいということ


マスメディアのターゲットは、テレビや新聞を読まない若年層ではない


政治のターゲットも同様に人口(と資産の)ボリュームゾーンである高年齢層


であれば、自ずとマスメディアの論調や政策がどっち寄りになるかは見えてくる


次世代を創っていく若者の未来に対しては、プライオリティが低くなって非難をする方が自然の流れというもの



その前提で情報を受け取る側もバイアスかけないと、戦っているものの正体を見失ってしまう


そのためにも最低限、定期的にデータは見る癖をつけておきたい




今回のゴタゴタで、全国の宿のキャンセルが相次いでいる。願わくば、質の高い宿は少しでも倒産を免れるように。こっから倒産が相次いでいくというのは目に見えているので。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ





**********************


確かに直近は都市部の新規感染者数が多いけど、人口100万人あたりの感染者数はこの順位らしい


東京都,石川県,北海道,大阪府,富山県,埼玉県,神奈川県,千葉県,福岡県,京都府





こんな世論の流れだから、都市部から人の流入が増えるのを嫌がる論調も理解はできる。

0830-3中尊寺




でも、カントリーサイドで、そのエリアの観光資源が消滅したら、その土地の未来がなくなるリスクも同時に高くなる


日本は狭い国土の中で観光地が多すぎ。正直、魅力のない観光地も多すぎる。今回は淘汰が進むフェーズだということも忘れてはいけない


観光以外の産業で成り立っていけるなら、確かにGO TOトラベルキャンペーンは不要


でも、観光地がお客を不要と言ったツケは、余程のオリジナリティがない場合、そのまま自身の未来に返ってくることになる。




これから先、何十年も生きていかねばならないカントリーサイドの若者の未来については、誰も騒がないのは何故なんだろう?

 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ






この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔