2020年09月06日

北の聖地とエレガントな熱波でととのう(北海道)

Hokkaido_Summer20202020-75

日本中が旅に神経質になっているので、地元の友人らがWelcomeなスタンスの場所に絞って旅をしています。飛行機も新幹線もガラガラなので、それに慣れてるとたまに都内で電車に乗ると「何、この密っぷり…、なんで誰もこれには文句言わないの?」と日本人の不思議な性質に驚くばかりです

6月に続き、7月に行った北海道も友人たち(感染者ゼロ)以外はNO密な旅。しかも殆どを大自然の中で過ごしているので、心が思いっきり癒やされます。
Hokkaido_Summer20202020-103



なんで、2ヶ月連続で北海道に訪れたかというと、いつも抜群のエスコートをしてくれている小林家の依ちゃんのサプライズバースディパーティがあったから。
Hokkaido_Summer20202020-178



しかもこの日のゲストは、サウナーなら一度はその熱波を浴びてみたいと憧れる、あの「エレガント渡会」さん
Hokkaido_Summer20202020-138



BBQなのに札幌最高のイタリアン『マガーリ』の宮下シェフも招聘
Hokkaido_Summer20202020-156


抜群の料理とお酒をいただきながらのエレガントな熱波って、想像を遥かに超えるヒーリング効果。北海道らしく摘みたての白樺のヴィヒタが、日本の他のサウナではそうそう味わえない香り体験へと誘ってくれるんです







いつもお世話になりっぱなしの当家を甘やかしてくれる素敵夫婦。子どもたちを筋トレ道具にさせてもらいながら、プロの居候としてこれからもお世話になる所存です 
Hokkaido_Summer20202020-182



そして、こんな素敵なパーティを映像編集してくれたタカちゃん、ありがとう!!




ちなみに、このタカちゃんとあゆの写真は札幌『エルムガーデン』での流しそうめんランチの時のもの
Hokkaido_Summer20202020-280





人生初の流しそうめんだったかもしれません、今までやったことあるかもだけどハッキリした記憶ないし
Hokkaido_Summer20202020-266



東京とは異なり清涼な空気なので、浴衣も暑くなくて快適そのもの。
Hokkaido_Summer20202020-271



札幌にも長期滞在してたけど、今回の旅も温泉とサウナづくし。

大雪山 旭岳の『アートヴィレッジ杜季』では、温泉と渓流の温冷交代浴を編み出して、食後に2時間くらいつかっていたかも
Hokkaido_Summer20202020-35



なんせ周囲に人もいないので、渓流に全裸でつかってたところで誰にも見られないし、思いのほか水が適温なのでずっと浸かってられるくらいの気持ちよさ。こんなPricelessな時間に出逢うためなら、わざわざ飛行機に乗って北海道に行く価値があるっていうもの。
Hokkaido_Summer20202020-36




もうひとつ、泊まった宿はサウナーの間では北の聖地と呼ばれている大雪山 十勝岳 吹上温泉の『白銀荘』。ドラマ「サ道」でも年末スペシャルで舞台となった宿で、ここのサウナは冬に水風呂代わりに雪ダイブができるという”ならでは”の体験ができるんです。

夏なのでそんなダイブ体験はできなかったけど、外気浴しながら見上げた十勝岳は、それはそれは美しいもので否が応でもととのってしまうワケなんです。しかも10人くらいで大部屋に泊まるという久々の合宿モード。いやぁ、マジで楽しかった。
Hokkaido_Summer20202020-60




美瑛と富良野を2泊したので、今まで行ったことないとこにもありこちドライブで連れて行ってもらえた。今、いちばんレストランで愉しいと感じるのが味 × インテリア × 景色 が揃っている場所。
Hokkaido_Summer20202020-42



美瑛の雄大な景色を眺められる『bi ble』なんで、まさに理想形。この日は人数も多すぎたし、予約も取れなかったのでパンを買っただけだけど、ここはオーベルジュでもあるので次回は泊まりで訪れたい。
Hokkaido_Summer20202020-43



「わざわざ観光地に行くのもねぇ」というのが敏腕コーディネーター、コウ君のポリシーなんだけど、旅をできなくなった当家の伯母たちが”ラベンダーの時期の美瑛に行ってみたい”と話してたので、土産話のためにちょっと寄ってもらったのね
Hokkaido_Summer20202020-69



ちなみにココの場所の名前は記録してなかったので失念。美瑛すべてがこんな風になってるわけではなくて、ごく一部がこうやって作り込まれてるワケなんだけど、一度は行ってみる価値あると思うよ。フォトジェニックなことに間違いないし。
Hokkaido_Summer20202020-67




富良野のランチは、人気の『ふらのバーガー』へ。お店は行列しまくりで、外とはいえ かなり密な状態だったんだけど、敏腕コーディネーターがあらかじめテイクアウト時間を予約してくれていたので待ち時間&行列もゼロ。
Hokkaido_Summer20202020-92



しかも、そこから徒歩3分の鳥沼公園でランチの陣を張ってんだけど、もう泣けるほど気持ちいい環境で。湧き水が溢れ出す美しい沼のほとりでいただくハンバーガーとビールは、実力値の3倍以上の感動体験。正直、バーガー自体に驚きはないけど、このシチュエーションでハンバーガーを食べられるというのがPriceless。食後は、この木の上に登って、沼を見下ろしながらビール飲んでました。マジ最高
Hokkaido_Summer20202020-95






富良野では、オレンジワインも作り出したというワイナリー『ドメーヌレゾン』へ。オレンジワインは、「これからに期待…だね」という感じではあったけど、このロケーションで呑めるのは最高だし、ブルーベリー摘みも格安でできる。
Hokkaido_Summer20202020-84



山羊の餌付けができるなんていうのも子どもたちには、いい体験だよね





続きの方で詳しくは書いてるけど、美味しいもの尽くしの北海道旅で最高のレストラン時間は、やはりサスティナブルなフレンチ『AGRISCAPE』。敏腕コーディネーターから、山を歩いて行きましょうよというのは聞いていたけど、想像以上の起伏&山道でサンダルしか持ってこなかった自分の想定の甘さを悔やみましたわ。
Hokkaido_Summer20202020-192



着いたときには滝汗で、着替えをもってこなかったことも後悔。そんな反省づくしのアプローチだっだけど、この空間でアペリティフなんて最高以外のナニモノでもない。
Hokkaido_Summer20202020-200



野菜や鶏をはじめ、殆どが自給自足というサスティナビリティに本気で取り組んでいるレストラン。
Hokkaido_Summer20202020-206



だからって味に妥協は全く無く、心の底から旨いうえにテロワールを感じまくれるレストラン。今、日本で一番好きなレストランが、ここ『AGRISCAPE』なんじゃないかな、そう言えば。
Hokkaido_Summer20202020-212




女性シェフの吉田さんのパッション溢れるクリエイションは、ボクら道外の旅人が北海道に求めるすべてが詰まっていると感じています。



帰り路も山道を歩き(行きと違って、もう少し平らなルート)、宮の森のコーヒースタンド『アルケミスト』で何種類か説明を聞きながら試飲&涼をとってから、またも庭のテントでサウナしつつ昼寝という、これまた怠惰の極みのバーケーションタイム


その後、目覚めてから浴衣deマグナムシャンパーニュの会へ。
Hokkaido_Summer20202020-229




札幌のワイン好きたちに囲まれての贅沢なシャンパーニュ時間
Hokkaido_Summer20202020-242




会の終わりに、お会いしたかったダンディなパイセンにも久々に挨拶できて嬉しかったなぁ。この会には、これまた素敵な奥さまがいらしていて「はじめまして」だったんだけど、ちょうどお互い帰り際に合流される予定だったらしいんです
Hokkaido_Summer20202020-243


つくづく旅に出て感じるのは、ヒトの縁の大事さ。この旅自体、凄いコンテンツ力ではあったけど、それを構成するメンバーが大好きだから、そのポテンシャルを最大限引き出せるワケなんです。

日本の観光地は、感染対策を徹底していているし、観光地までの交通機関は都内の公共交通機関と比較にならないディスタンスをキープできる。この時期、むやみに友人以外の方々とコミュニケーション取るなんてこともしないから、濃厚接触なんて状況に遭遇することもない。



在宅勤務の会社員とか、むしろお金を使う機会は減っている上に、補助金などでむしろ所得があがっている家計も多いわけで、そういう眠ったお金を、日本の国家的資産である観光地に還元したいものですよね。そういう意味でGO TOトラベルは、いい仕組みなんだけど、世論とのタイミングが噛み合わなかったので残念な状態に。

メディアのバイアスかかった報道を鵜呑みにするのではなく、データを見ながら客観的に行動できるかできないかで、withコロナというかニューノーマルと呼ばれる時代では、色んな意味で大きな差が生じてくる。

それは、すべて自己責任、各人が判断して行動すべき時代。無理に合わないヒトに行動を強制する気はさらさらないけど、同じスタンスの人々とは責任をもってこれからも使命を果たしていくつもりです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ




*******************

札幌入って、仕事をこなした後は『 ワインマン 』へ

札幌にも、当然ナチュールのお店は増えていて、コチラはそのひとつ。前に行った「シティボーイ」も系列店で、料理のセンスもいいのよね。
Hokkaido_Summer20202020-6



噴火湾の時知らずをカダイフで巻いた前菜だったかな。ワインメインのバーで、このクオリティの食事が出てくるって東京でもあまりないんじゃないかな?? しかもリーズナブル
Hokkaido_Summer20202020-4



デセールまで美味だし、カトラリーのセンスもいい。
Hokkaido_Summer20202020-19




翌朝は、朝からサウナー憧れの「ニコーリフレ」へ。コウくんとマサさんと待ち合わせて向かったら、なんとロウリュタイムに、あのエレガント渡会さんが。どうやらコウくんが、事前にネゴっておいてくれたらしく、早速の敏腕エスコートにシビレさせてもらいましたわ。

依ちゃんのサプライズバースディパーティ前に、彼のホームで本気のロウリュを経験してたので、この旅では2箇所でエレガントな熱波を浴び比べできるというサウナビギナーとしては身に余る光栄体験。


一緒に汗を流したマサさんとも、知り合ってからは10数年。フレンチ「ラ・ブリック」の前の「ヴァンテール」がOPENする前からの付き合いなんですよね。そう考えるとボクの札幌歴も改めて長いなぁと。サウナの後は、マガーリのやってるバル『キオスコ』でランチ。

リモンチェッロのソーダ割、アフターサウナの体に実に深く染み入る一杯
Hokkaido_Summer20202020-20




コウくんの常連力で、バルではでるはずのない小樽のウニがたんまり盛られた冷製パスタ。
Hokkaido_Summer20202020-22



サウナの後の流れまで含めた最高のセレクト。これがプライベートコンシェルジュの実力の片鱗。真面目な話、こういう北海道の遊び方、信頼できるヒト、気が合うヒトには広げていきたいと考えているんです。こういう北海道に行ってみたい!と思った方、お気軽にインスタででも連絡してください。そんな機会が作れそうになったら声かけるんで。
Hokkaido_Summer20202020-23







こちらが大雪山 旭岳の『アートヴィレッジ杜季』のリビング。グランドピアノが置いてあって、札幌の富裕層の方々と、緑の中で実にエレガントなアペリティフ。夕張メロンの生ハムが美味しすぎて、手が止められないw
Hokkaido_Summer20202020-25




料理もオーナーがおひとりで作られてると言ってたと記憶しています。北海シマエビ、いとうまし
Hokkaido_Summer20202020-29




皆さんか持ち込まれた日本酒も実に素晴らしく、大雪山の山の上で、実に豊かな時間を過ごさせてもらいました。
Hokkaido_Summer20202020-30



翌日も朝から温泉と渓流の温冷交代浴でととのってから、はじめて夏の「旭山動物園」へ。以前、冬に訪れたときとは、ペンギンの行列としろくまがあまりに強烈で、その記憶に引っ張られていたけど、今回はまた違った視点で見られて面白かった。レッサーパンダが人間の上を渡るとか、発想がほんといいよね
Hokkaido_Summer20202020-39



豹は、生で見るとほんと美しい
Hokkaido_Summer20202020-37



その後、bi bleに寄ってパンで小腹を満たしてから、
Hokkaido_Summer20202020-44





ミシュランにも掲載されている「富良野ジンギスカン ひつじの丘」へ 。サフォークのジンギスカンをはじめ、期待以上に美味しかったよ。
Hokkaido_Summer20202020-53




なんせ、曇ってても景色がコレだし、気持ちよくないハズがない。
Hokkaido_Summer20202020-47



ここは敷地にキャンプ場もあって、レストランの横にはうさぎ小屋も。まりえが喜びそうな場所でした。
Hokkaido_Summer20202020-54




からの、白銀荘でととのうわけで
Hokkaido_Summer20202020-60




この合宿部屋で夕ご飯&雑魚寝なわけなんですが、いつものごとくワイン後に落ちてたオレは、子どもたちに座布団をかけられジャングルジム状態になっていたようで
Hokkaido_Summer20202020-57




これ相手が子供じゃなかったら深刻ないじめ問題の図(笑)。当の本人は気づくことなくオチていて、目覚めたときもストレッチされてスッキリくらいの感覚でした。子供で筋トレ&ストレッチ、ヴァカンス中も躰メンテナンスに隙は無し



はい、でもってコチラが美瑛の某所
Hokkaido_Summer20202020-62




一緒に行ったYUちゃんが、インタビュー受けてました。オレはこの時期にわざわざ東京から来たことを公言して無用の波風を立てても得策じゃないからとステルス仕様に
Hokkaido_Summer20202020-74



その後、ランチ前に寄ったドメーヌレゾン、ここはまだオープンして数年の新しいワイナリー。サスティナビリティの意識が高く、体験型ワイナリーとしてファンを増やそうと様々な工夫をしていた。ワインは、いっそナチュール寄りに振ってくれたほうがハマる気がするんだけど、いずれにしても数年後に期待、応援してます!!
Hokkaido_Summer20202020-85



富良野の食材を使った料理とのペアリングまで含めたワイナリー見学コースもあって、ワインの特長をより正確に知ることができたり
Hokkaido_Summer20202020-81



食後は残しておいたワインをテラスに持ち出し、景色を眺めながらのワインタイム。
Hokkaido_Summer20202020-77





その後、ランチに予約していた「ふらのバーガー」をピックアップ。もちろん、ボクらは密な列に並んで感染リスクを高める気もないし、並んで貴重な時間をロスしたくもないので。受け取り時間にオンタイムで訪れてスマートに受け取るのみ。
Hokkaido_Summer20202020-88



そして、徒歩数分の公園で他の人々とは接点のない環境で、ゆったりハンバーガータイムを過ごすわけです。
Hokkaido_Summer20202020-91



都内ではテラスでハンバーガー食べられる場所すら限られてるから、こんなロケーションで食べられるなんて海外にいるみたいな気分。
Hokkaido_Summer20202020-94




食後は透明度の高い湧き水の沼を見下ろしながら、木の上ビール。下の水は透明過ぎて、ニジマスが泳いでるのがくっきり見えるのよ。
Hokkaido_Summer20202020-101





この後、札幌に戻ってからもテントサウナを立てて3セット。
Hokkaido_Summer20202020-110



タカちゃんと合流して、夜のすすきのへ。若者は、かなり町に戻ってるようだったけど、年齢層高めの人々は、まだ一部しか戻ってなかったようですね。
Hokkaido_Summer20202020-119



まずは蕎麦前とそばをいただきつつ、日本酒を傾ける
Hokkaido_Summer20202020-116




二軒目はワインマンやシティボーイの系列「バードウオッチング」へ。串やグリル料理とナチュールのお店。1Fはテラス席もあるし、窓を開けてオープンエアなので心地いい。
Hokkaido_Summer20202020-121



このあたりで、ジュンタも合流。すすきのの夜っぽいメンバーになってきた。
Hokkaido_Summer20202020-126




なんだけど、日本酒とワインのちゃんぽんがマズかったのか、いつものゼロ・グラビティ症状ではなく、久々に「気持ち悪ぅ…」というバッドトリップ状態に
Hokkaido_Summer20202020-125




ジュンタの「果実倶楽部818」に行く前に、多分「フレンチパンダ」に寄ったんだと思う。
Hokkaido_Summer20202020-128



コウくんが食べてた、うまそうなウニのパスタの写真が残ってたけど、このときはひと口も食べられず陥落していたような…、その後「果実倶楽部818」で合流するも、ソファー席でひたすた「気持ち悪ぅ…」と唸りながら転がってという残念な夜。酒が弱い体質だけに、それなりに気をつけてコントロールしてるんだけど、久々に完全な戦力外通知くらって無念だったわー
Hokkaido_Summer20202020-130




翌日はゆっくり休んで、この旅の最大の目的だった依子ちゃんのBirthdayPartyの準備にいそしむ
Hokkaido_Summer20202020-133



天気予報では微妙な天気だったけど、しっかりと晴れさせました
Hokkaido_Summer20202020-132




乾杯は、マサさんのサブラージュから。シャンパンをサーベルで抜栓するという洒落た演出でPartyが開宴
Hokkaido_Summer20202020-134



コレ、オレもやってみたいなァ





エレガント渡会が来た以上、正装の水着に着替えて、いつでもテントに飛び込めるようサウナチャンスを伺います。
Hokkaido_Summer20202020-139




というのも札幌の「ニコーリフレ」は男性専用のサウナなわけで、通常女性陣は渡会さんの熱波を浴びることは出来ないんです。
Hokkaido_Summer20202020-143



依ちゃんのBirthday祝いというのはもちろん、そういう理由でサウナの優先順位は女性陣。男性陣は空きがあったら入れてもらうというのがこの日のルール。
Hokkaido_Summer20202020-144



なので、Birthday熱波を浴びてる女性陣を、サウナの外から記念撮影というのが、プロの居候だったオレのミッション




とはいえ、普段は札幌にいることのない東京組ということで、ちゃっかり食事の合間合間でロウリュ&アウフグースさせてもらってました。皆さん、ほんとありがとう
Hokkaido_Summer20202020-149


まるごとの比内地鶏に、ポルチーニとリゾットを詰めたセコンド。他にもキンキとかヤングコーンとか、
Hokkaido_Summer20202020-148



QOLを高めたいスタンスの友人たちが集まっての昼下がりの休日
Hokkaido_Summer20202020-151




ファットリアビオのブラータに体が自然と悦びます
Hokkaido_Summer20202020-154




そりゃ、自然の笑顔になるし、免疫力が高まるしかない
Hokkaido_Summer20202020-165




果実倶楽部差し入れのフルーツで酒とサウナで失ったビタミンを補給
Hokkaido_Summer20202020-166




で、その後は届いたばかりのハンモックでととのってる間に瞑想タイム
遠藤BBQ写真



既にお腹いっぱいだったこともあり、寝起きのオレは写真のみで肉は食べた記憶なし。
Hokkaido_Summer20202020-174




札幌は、真夏といえども夕方はかなり涼しくなるんです。
Hokkaido_Summer20202020-175




ちょうど、そんなタイミングで子どもたちからママに花束のプレゼント
Hokkaido_Summer20202020-164



オリジナルのケーキも渡して、改めてみんなでお祝いを。
Hokkaido_Summer20202020-177




昼からはじまったパーティ。途中で何度もオチたりしてたわけで、夜には覚醒して深夜までダラダラ呑み続け。依ちゃんの絶品カレーを深夜にいただいたりしながら、最後までパーティの余韻を愉しみます。
Hokkaido_Summer20202020-186





翌日は、朝からタカちゃんとあゆも一緒に、歩いて山を超えて『AGRISCAPE』へ
Hokkaido_Summer20202020-188



大倉山ジャンプ台の脇道を登っている途中の一枚。山登りもスキル高いコウ君のエスコート。子連れの散歩道だと聞いてたからサンダルで来ちゃったけど、次回からは山歩き装備マストだわw
Hokkaido_Summer20202020-189



奥三角山の頂上から、札幌を見下して。風がなんせ心地良い。
Hokkaido_Summer20202020-193



歩くこと40分くらいで、アグリスケープに到着
Hokkaido_Summer20202020-196



早く着いたところで、こちらのレストランで販売してるトマトいただきながら、ナチュールでアペリティフしてたら、いくらだって待ててしまう。
Hokkaido_Summer20202020-197




トマトかじったら、急にお腹が空いてきて、やっぱずっと待ってるのは無理だと気づく。
Hokkaido_Summer20202020-205




コースは、素材の魅力をしっかりと堪能できるもので、仕事っぷりが前面には敢えて見せないスタイルなんだけど、いちいち旨い…と唸っちゃうのよね。火入れ、味付け、盛り付け、ワイン、そして景色。
Hokkaido_Summer20202020-219



こんなに好きなのに、前回来たときの記事すらアップしてなかったのね。コロナ禍で、やれなくなったことのひとつがブログの更新。外食は多少減ったものの、やるべきことが他に増えすぎて、SNSまで手がまわらないのよね、ここんとこ。でも、愉しい時間を過ごしたことは、しっかり記録しておきたい。インスタやFacebookでもあげてるけど、思いを込めて書けるのはやっぱブログなんすよね(すんげー時間かかるけど、ここまで書いて4時間くらい。写真編集は別でね)
Hokkaido_Summer20202020-221




アグルスケープから戻って、サウナして、昼寝してからの浴衣シャンパーニュの会
Hokkaido_Summer20202020-227



レアで美味なシャンパーニュが、しかもマグナムで5種類ほど。
Hokkaido_Summer20202020-234



料理はあくまで脇役で、圧倒的にシャンパーニュがメインの夜
Hokkaido_Summer20202020-236




当家もこんな風になってみたいと憧れのご夫婦。やはりオンラインだけでは人生の豊かさを感じるのには限界がある。動いて、人と直接会わないと、得ることができない感覚がある。そのために普段からディフェンスは最大限しておいて、メリハリつけたライフスタイルを送れるように実践している
Hokkaido_Summer20202020-250




東京に戻り前に、もう一度浴衣でランチ
Hokkaido_Summer20202020-263





エルムガーデンの流しそうめんの会は、人気すぎて完売のようです。
Hokkaido_Summer20202020-274




こんな時期でも、温かく迎えてくれた札幌の友人とその友人の皆さんに心から感謝しています。東京では味わえない、自然と隣り合わせの休日を過ごさせてもらって、めっちゃリフレッシュできました。
Hokkaido_Summer20202020-278







変な同調圧力がまだまだ強い日本だけど、責任感を持ちつつリアルタイムで提供されるデータを客観的に分析できれば、適度な付き合い方ってものができるんです。自動車事故の死亡数より少ないウイルスのために過度にヒステリックになるのではなく、正しい恐れ方で付き合わなきゃいけない時期にきている。

事故があるから自動車を走らせるな!とヒステリックに喚く人なんて殆どいないはず。その自動車事故の死亡者数の6割程度で抑え込めてる現状なら、どんな風にバランスをとるべきなのか。全員が同じスタンスでいる必要はない。それぞれがそれぞれの役割を果たせばいい。

だって、こんなに詳細に日々のデータが出てるんだよ。状況が変わっら、その瞬間にまた行動を変えればいい。そういう動き方は、世界でもトップクラスにできる国民なんだしね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ




kyah2004 at 23:48│Comments(0)ヴァカンス | 北海道_202007

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔