2020年10月11日

INTORNO(銀座)秀逸なBARを併設したリストランテならではの昼餉の贅

INTORNO2020-32


数寄屋橋にあるビステッカがシグネチャーの『INTORNO』で、パイセンエスコートの男ランチ
INTORNO2020-43


 
常連のパイセンらしく、いつでも出せる切り札は気に入ってまた訪れた時に食べればいいというスタンスで、この日は敢えてビステッカを外すという流れをセット。
INTORNO2020-25





そんなリクエストに、斜め上から応えてくる門井ソムリエとのやり取りが粋
INTORNO2020-11



料理がはじまってみると、門井ソムリエのワインペアリングのセンスに昂ぶりがおさえられない。こやつとポルチーニのリゾットのアッビナメントは「!!! 」と拳を突き上げたくなる衝動に駆られた
INTORNO2020-37





熟成プロシュートは、シャインとチーズを纏って実にエレガンテなサラダに
INTORNO2020-16




ニンジンのポタージュはポワローの風味も味方につけて。ロゼを合わせてきましたか
INTORNO2020-21



和牛は敢えてのA3で、脂を抑えることで全体の流れに調和を。普段から肉がクライマックスと思い込んでるから、ここから加速するのには心底驚いた
INTORNO2020-23

INTORNO2020-24




濃厚にしてかほり高いポルチーニのリゾットは、味わいもテクスチャもトラットリアだと似合わないリストランテの空気感に馴染む仕上がりこれにローヌを合わせてくるとかタイプ過ぎる。
INTORNO2020-36



全体を通して振り返るとナチュールの挿しこみ方も美しく、酒好きにはたまらんランチに
INTORNO2020-34



そして更なる昂りを届けに来たのが、洋梨のコンポート
INTORNO2020-51



三笠クラシックともいうべき、スキルと情熱と時間を注いだ仕上がりで、ここに合わせてくるのがカクテルというのもニクい
INTORNO2020-52


あ、そうそうドルチェの出る直前に、入口傍のBARカウンターに移動してたのね。なにこの本格感と使いやすさ

INTORNO2020-41

同じ店内で食後のBARなんてスタイルは、ほぼ消滅したので、この流れができるというのは相当レア。だって食事の時のワインの流れを把握してるから、こちらの単語ひとつで完璧にととのうカクテル出せるのよ。次回はビステッカ食べに来ます


Bisteccheria INTORNO Steak & Bar Ginza Tokyo
03-3566-4155
東京都中央区銀座4-1-2 NISHIGINZA 2F
https://www.intorno-ginza.tokyo/



GO TOトラベルの35%クーポン、大手宿予約サイト(一休、楽天トラベルなど)からだと最大3500円/人になってしまって、高額宿のおトク度が一気に下がっちゃいましたね。とはいえ、35%の恩恵を受ける方法はまだあるので、早めに取っておくのがやはり正解かと。当家は高額宿から優先的に40泊くらいは取っていたので、モロに恩恵を受けることが出来そう。折角の機会なので都内のホテルでも旅気分を堪能します。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ




*******************


数寄屋橋の高架下にこんなお店があったんですね
INTORNO2020-1




三笠会館が母体のビステッケリア
INTORNO2020-2




まだまだ外食に人は戻ってないですね、特に銀座は。
INTORNO2020-3




大箱は充分にソーシャルディスタンス取れるから、安心して寄れると思うんだけど。
INTORNO2020-46



食前酒は泡ではあるんだけど、なんだと思う?
INTORNO2020-4




シェリー酒のソーダ割りって、こんなに美味なんだ。ついこの間のことだけど、まだクソ暑かったのでこの爽やかな一杯が、すーっと体に染み込んでいくのよ
INTORNO2020-5




この日のランチは、日常使いできるアンティークの取材を兼ねて。ここ数年、手巻きのアンティークしかしてこなかったけど、この夏はカジュアルなスタイルが増えて、ロレックスの自動巻き(右)の使用頻度が格段にあがったのよね。
INTORNO2020-31




ポルチーニとホタテのタルタルにほおずきの前菜
INTORNO2020-6




小さなピーラーで削るのではなく、このダイナミックな削り器でチーズ削ると圧倒的にエアリーな食感と味わいになるのよね。食べ比べてみたら、圧倒的に後者。
INTORNO2020-9

INTORNO2020-10



続く料理に合わせた白。そんなにビオっぽい感じじゃないので、単体では「ふむふむ」って反応だったんだけど
INTORNO2020-12



これが熟成プロシュートとシャインマスカットのサラダに合わせると、俄然なぜこのワインを合わせたのか腹落ちするのよ。
INTORNO2020-14




続いてはロゼ
INTORNO2020-17



塩尻のロゼなんすね
INTORNO2020-18



嗚呼、これも合わせた時に一気に伸びてくる
INTORNO2020-20






霧降高原のA3の和牛、ビステッカはまた今度で今回はご挨拶という感じ。
INTORNO2020-28



うわ、こういう味わいのワインとの組み合わせには、軽く組み伏せられちゃいますw
INTORNO2020-30





単体でも最高レベルの完成度のポルチーニのリゾット。これまで、それなりにポルチーニのリゾットを食べてきはきたはずだけど、今 振り返るとコヤツの味しか浮かんでこない。
INTORNO2020-35




そんな記憶の上書きリゾットに、イタリアワインではなくローヌで攻めてくるとは。嗚呼、なんて誤算。そして、なんという多幸感。
INTORNO2020-38



BARに移って、ここまでの流れを記憶の中で反芻
INTORNO2020-40






ドルチェが出てくる前に「なにか一杯いかがです?」とのことで”フルーツを少し効かせた、スッキリ目”と、ほんと気分だけで曖昧なリクエスト
INTORNO2020-47



これだけの情報でドンピシャなカクテル出してくるって、少なくとも今年はなかった体験。昔のグランメゾンに、BARが併設されてた頃って、こんな遊びが容易にできたのかな。
INTORNO2020-48



一旦、リセットかけたところで、三笠会館クラシックの洋梨のコンポート。このテクスチャといい、味わいの奥行きといい、繊維への味の染み込み方といい、なにもかもが異次元なのよ
INTORNO2020-50




このコンポートに合わせたグランマニエのカクテルが、またドンピシャなこと…
INTORNO2020-53




毎度ながら、パイセンのエスコートには痺れます。自分のレストラン遊びの未熟さを知る。
INTORNO2020-54




それなりに美味しいもの好きではあると思うんだけど、最近やっと自分が酒至上なんだということに気づいた。めっちゃアルコール弱いから気づきにくかったんだけど、いかに美味しく酒を呑めるかが、ボクのレストラン選びの基準なんすよね。
INTORNO2020-55




なのでテラスとか自然の中のレストラン(景色も見えるランチ)が好きなんだと、今頃になって腹落ち。
INTORNO2020-44




GO TOトラベル、高額宿のおトクなとり方は面倒になったけど、都内でも1万円〜2万円くらいでセンスいいホテルってこんなに増えてたんですね。もう高額宿はそんなに増やさなくていいので、今はお手頃でスタイルのいいホテルを検索中。都内のホテル事情にも、だいぶ詳しくなってきた気がします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ




kyah2004 at 09:00│Comments(0)イタリアン | ¥10000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔