イタリアン

2018年12月15日

ラペ(日本橋)コンヴィービオとのコラボディナーへ

1213ラペ2018-46

ミシュラン一ツ星の日本橋『ラペ』と千駄ヶ谷の人気イタリアン『コンヴィービオ』のコラボディナーへ。
1213ラペ2018-6



たまらん火入れの紀州鴨や、伊勢海老を贅沢に使ったカチョエペペ、クエのラヴィオリなど2人のシェフが高級食材を協作して、ひとつのお皿に落とし込んでいくという新鮮なアプローチ。
1213ラペ2018-25



家庭料理とか気軽なカフェならフレンチとイタリアンの要素が交わるってめずらしくないけど、トップレベルのお店同士の異ジャンルコラボというのは、カジュアルラインとは全く次元の印象を残してくれる。ハンバーガーひとつとっても遊びに幅が出せるしね。
1213ラペ2018-19



1213ラペ2018-5




実際、イタリア・フランスに行っても、国境またいだ瞬間パスタは美味しくなくなるし、フレンチの技はマンマの料理に駆逐されるしね。
1213ラペ2018-43




1213ラペ2018-38



強烈な印象を残したのはブーダンノワールのラザニア。ビーツのパウダーの使い方とか粋だし、これぞコラボディナーならでは!という傑作。りんごのアクセント使いも美しかった。
1213ラペ2018-51





4日寝かしたカチョエぺぺは、後添えでビスクのエスプーマを組み合わせたりと、これもフレンチならではのパスタに仕上がっていて面白く。
1213ラペ2018-34




これに羅臼昆布のスープを注ぐんだけど、実に強烈なうまさを放つ。
1213ラペ2018-27



洋梨のパンナコッタも思わず瞬殺。
1213ラペ2018-56


紀州鴨のソースはちょいと難解で、こればっかりはもうちょいストレートに寄せたほうが良かったと思うけど、失敗をおそれてチャレンジしない方がつまらないのでガンガンやってくださいまし。
1213ラペ2018-48



フレンチもイタリアンも世界トップレベルのお店が併存する、世界に誇る美食都市TOKYOならではの贅沢な遊び。折角住んでるのだから、アドバンテージは活かして遊ばないとね。
1213ラペ2018-66


ラ ペ (La paix)
03-6262-3959
東京都中央区日本橋室町1-9-4 井上第3ビル B1F
https://lapaix-m.jp/



12月もあと半分。46歳になったら少しのんびりしようと思ってたんだけど、逆にスロットル回しっぱなし。ま、いいか。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。




続きを読む

kyah2004 at 08:41|この記事のURLComments(0)

2018年11月20日

ラ・パスタイオーネ (麻布十番)パスタ専門店という侠気

1120LP2018-9

家族で『ラ パスタイオーネ』。

久しぶりに叔父夫婦も交えての会食ということで、TOO MUCHにならず新鮮味もあって、カジュアルな雰囲気な場所...と脳内検索かけてたら、あ『パスタイオーネ』だね、と。パスタはみんな大好きだけど、パスタでコースって経験はないだろうし、ボリュームも程よくて、何より旨い。
1120LP2018-4




定番のフレッシュマッシュルームのサラダは瑞々しい。
1120LP2018-1



イカスミのタリオリーニは白子をあしらって。トマトを練りこんだパスタ(TOP写真)は生しらすと合わせてるんだけど、これに発酵バターがいい仕事してるんだわ!!
1120LP2018-6







トリュフのリゾーニ カルボナーラは楽園への片道切符。
1120LP2018-10





ワインのセレクトもドンピシャで、改めて最高のパスタコースを堪能できるイタリアンだなと。
1120LP2018-5

ラ・パスタイオーネ
03-6809-3420
東京都港区南麻布1-6-3 YREビル1F
http://www.la-pastaione.com/


『ボヘミアン・ラプソディ』は観るといいよ、昂ぶる!!!
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


Instagramはコチラかも。



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年11月11日

ベッリターリア(目黒)ブラチェリアのヒレ肉は悶絶

ABB2018-16



思い立って『ベッリターリア』。気づいたらご無沙汰してたんだけど、井上シェフのレコメンド乗っかってただけでメチャいい夜に。
ABB2018-3



店名が”ブラチェリア”と謳ってるだけあって、炭火の焼き仕事はさすが。この日はヒレが推し!というのでいただいたんだけど、いやいやホントしびれまくり。
ABB2018-17




そのまんまで食べるのが一番美味しかったけど、アーティチョークのフリットと合わせたり、ディルと玉ねぎのソースと合わせると味変で違う表情覗けた。
ABB2018-7




このおすすめのワインもドンズバで
ABB2018-9


秋刀魚とジロール茸のパスタも脳髄に響いたし、ナスとカワハギの肝の前菜もワインとバシッとアッビナメント。
ABB2018-14





食後酒もエロティークでいい〆に。
ABB2018-18



テーブルが空くまで、外で呑み待ちしてるのも気持ちよい秋の夜。
ABB2018-1


アンティカ ブラチェリア ベッリターリア
(Antica Braceria Bellitalia)
03-6412-8251
東京都目黒区下目黒3-4-3 1F
http://braceria-bellitalia.com/



平成最後の京都詣、今年も皆さんお世話になりました。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはあやしうこそものぐるほしけれ



続きを読む

kyah2004 at 23:56|この記事のURLComments(0)

2018年10月31日

ボガマリ(北参道)魚介トラットリアの潔さ

ボガマリ2018-17


美味しい魚が食べたくて北参道の『ボガマリ』へ。魚が食べたい時って和食にハシリがちなんだけど、バスクの余韻もあって、洋のテイストを体が欲しがっていたんです。

魚にこだわりがあって、大人が愉しめるお店...って頭の中を検索してたら「あ、ボガマリだ!」と。ここんとこ、何度かお店の前を通ってて、まりえと行きたいねって話てたんで。


ボガマリというのは、サルデーニャ島の方言で「うに」の意味、お店自体はイタリアの港町にあるような活気ある魚市場のトラットリアというのがコンセプト。
ボガマリ2018-40



一時ほどではないけど、肉に勢いがあるイタリアンで、魚介専門って割り切るって潔いっすよね。しかもお店で魚(時価)を選びながら料理を決めていくってスタイルも小粋。大人として試されてるようで、うまくオーダーが組み立てられると、なんか一人前になった気分(笑)
ボガマリ2018-4



魚を見ながらその場で料理を決めるっていうと、ハードル高そうと感じるかもしれないけど、オーナーの布上さんのレコメンドはいちいち的確なので、安心してエスコートにのっかっていればいい。
ボガマリ2018-11



この日は特にウチワエビのロースト(TOP写真)、ハタの煮込みに刮目。日本の食シーン、アドバンテージはやっぱ魚だよねと改めて認識。
ボガマリ2018-31



ハタはジビエと見紛うような濃厚なソース。ゆえに魚でも赤ワインが合うんです。
ボガマリ2018-32




秋刀魚とネギのパスタ、マグロのカラスミパスタと、プリモも胃のキャパさえ許せばお代わりしたいおいしさ。秋刀魚とかヒカリモノ使ったパスタって、実はオレめっちゃ好きなんス。魚の青臭さをネギが包み込み、かつナチュラルな甘さで余韻を和らげる。
ボガマリ2018-22




マグロのからすみは、クリーミーさとレモンのアクセントがGOOD!!
ボガマリ2018-25



4人だったので(ヘタレ1名含む)、ワインは4本あけました。それぞれ料理にバシッとアッビナメントしてくれたけど、最後の赤ワインが自分的にはめちゃヒット。
ボガマリ2018-27




食後酒ももちろんいただいてます(ヘタレだけどw)
ボガマリ2018-38



酒が弱いのは体質でしょうもないけど、好きなんだから仕方ない。ヘタレだろうとやめられません。
ボガマリ2018-9

ボガマリ・クチーナ・マリナーラ (Bogamari Cucina Marinara)
03-6721-1858
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-7-5 ガーデンビュー北参道 1F



Instagram では、そこそこリアルタイムの投稿も。


そういや、やっと体調が完全に戻った気がします。なんかやけに引きずったなぁ。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年10月21日

ボッテガ(広尾)大人のためのイタリアン

Bottega15

胃腸炎くらった直後だったんだけど、どうしても美味しいものが食べたくなって我慢できずに『ボッテガ』へ。

何故ってここはスープもソースもじっくり丁寧に作られていて体に癒やしだし、少量でも満足できるから。量が食べられなくても美味しいものが食べたい。これって、歳を重ねた人々にも共通のニーズっすよね(笑)
Bottega9




コースとしての流れが綺麗なレストランも素晴らしいけど、アラカルトとグラスのワインのセレクトがいいリストランテは、22:00以降のとっておき。
Bottega1




実際の雰囲気はこのくらいの照明具合。
Bottega4





前菜のイカの煮込みも尋常じゃない美味しさだったけど、トリュフたっぷりのタヤリンの美味しさと行ったらもう…。ソースの絡み具合、麺の卵な感じ、トリュフのかほりがたまらん。しかもたまにキューブ状のトリュフがゴロっと入ってるから、それを噛み砕いた時の鼻腔をくすぐるエロさといったら。
Bottega16



胃腸が疲弊してたんで煮込み系を欲してたんだしょうね。鴨の煮込みも予想外のトリュフ仕立て。期せずしてトリュフ三昧、幸せすぎる。
Bottega20




ドルチェは、どシンプルなんだけど昂ぶりまくりのマスカルポーネ。このこだわりの蜂蜜がほんといいアクセントになっててね。
Bottega22



ササシェフの実直にして、高いクリエイティビティを愉しめるその名の通りBOTTEGA ≒ 工房。ここは歳を重ねても通い続けられるイタリアン。
Bottega21

ボッテガ
03-6450-3933
東京都渋谷区広尾5-17-8 アプリシエ広尾 B1F
https://www.bottega-cucina.com/


美味しいものは、やっぱし好きな人々とくだらないことお喋りしながら食べるのが好き。

どんなに高いレストランだってビジネスとか微妙な関係の人達と行ったら冴えないもの。そういうの感じられないような人生は送りたくない。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 22:30|この記事のURLComments(0)

2018年10月10日

リポッソ (田町)芝浦の運河沿いテラスは今が狙い目

1008WM7月-40

Googleで住所を検索かけても出てこない、近年稀に見る隠れ家仕様のワインバー『リポッソ』。

芝浦 ✕ リポッソと検索かけても、新潟の方のお店がヒットするので、実在したのかどうか不安になりました(笑)。FBが一番情報が生きている。
1008WM7月-43



ここ何がいいって運河沿いのテラス席あるのよ。訪れた時は気温が40度近くなった酷暑きわまりない7月の訪問だったし、日除けのない炎天下は生命の危機に関わるので諦めたけど、今ならサンセットあたりからアペリティーボを楽しみたいところ
1008WM7月-2



この日は恒例のアンティークウォッチの会
1008WM7月-11


1008WM7月-12


魚介の甘さが活きたラザニアやひよこ豆のラグーのペンネにビオワインを合わせてのホリデーランチ。
1008WM7月-15



ワインはビオを合わせて。ボクはこのワインセレクト好み。
1008WM7月-53



主役がワインで料理は寄り添うイメージ。
1008WM7月-5




時計とドルチェのアッビナメントも狙ってみました。
1008WM7月-49


このビルの1Fは「アブラッチョ」っていうイタリアンだったり、スタンディングのパニーニショップだったりするので、目的地のビルの前についても迷えます! 運河沿いに出て階段を登った2Fがお店。
1008WM7月-58




田町駅からも徒歩圏内なのに秘境すぎるワインバー。
1008WM7月-57



並んだ時計も市場に出回らない秘境モデルばかり。
1008WM7月-23


WINE BAR Riposo
東京都港区芝浦4丁目5−9 2F THE HARBOUR 2F
03-6809-5545
https://winebarriposo.business.site/


体調は戻ってきたけど、まだ8割くらいの感じ。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年10月09日

LOVAT on the corner (五反田)ステーキとカレーとクラフトビール

1009LOVAT10月-11


恵比寿の肉がうんまいワインレストラン「LOVAT」。センスいいボトルがリーズナブルだし、カイノミのステーキをはじめ肉料理のクオリティの高さが魅力で当家は何度もリピっているお気に入り。

そんな「LOVAT」が、先日スタンディングバル『LOVAT on the corner』を五反田にオープンさせたんです。

店名の通り目黒川から一本入った路地のコーナー。グリーンタイルのファサードが、いい意味で周囲から浮き彫りになっている。
1009LOVAT10月-22


開け放たれたエントランスから滲む喧騒は、五反田というよりは恵比寿か中目黒っぽい彩り。これまでちょっと遠くまで足を伸ばしていたお洒落なご近所さんには、ありがたい存在になると思うよ。

スタンディングバルだけど、スツールは数が揃ってるのでご飯もちゃんと食べたい人もゆったりと腰を据えられる。
1009LOVAT10月-24


LOVATゆずりのステーキは、肉質もいいし、ガーリックバターが絶妙。ポムフリの揚げ具合も”こういうの待ってたよ”というスタイル。
1009LOVAT10月-16


まりえと共にヒットだったのがアメリケーヌカレー。アメリケーヌソースってきくと、甲殻の出汁の効いた甘めのソースが浮かぶでしょ? ここのカレーはそんなイメージを見事に裏切るハーブとスパイス使いのケレン味が光る。
1009LOVAT10月-20



他にもブラートとトマトのサラダとか、春菊サラダ、バターチキンもいただいけど、まずはこの2皿を攻略するのがいいね。
1009LOVAT10月-6




恵比寿のLOVATと違って、グラスでマグナムのシャンパーニュは出ないけど、クラフトビールは美味しいの出してくるし、1時間くらいの滞在にちょうどいい仕様。

オープン直後だけど、少し遅めの時間は満席になってたし、1人客で前菜とカレー食べてサッと帰るスマートな使い方してる人とか既にいた。
1009LOVAT10月-19


平日夜のアペリティフ、2軒目使いというのはイメージつきやすいと思うけど、日曜日も遅めのランチタイムをやってるので(15:00〜)、家から散歩ついでにやってきて、夕方にディナーも兼ねた使い方とかしてみたいところ。
1009LOVAT10月-1-2


LOVAT on the corner
03-6420-0909
東京都品川区西五反田2-25-4 1F
日曜営業 15:00〜24:00

こんな風に肩の力抜けて洒落てるバルって五反田は他にどこがあるのかな?
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年09月13日

GONZO (自由が丘)テラサーたちのカジュアルイタリアン

0913GONZO8月-1


テラサーにとって、なにげに不毛の地だった自由が丘。テラス席もあんましないし、そもそも美味しい店が思ったよりも多くないから足が遠のいていたんですよね。


久々に行ったら駅から徒歩一分であるじゃないっすか、テラスイタリアン『GONZO』
0913GONZO8月-6




ちゃんとパスタも食べられるし、泡もお値段以上。
0913GONZO8月-4



予約無しでふらっと入れたけど、賑わっている店内。
0913GONZO8月-3


Osteria & Bar GONZO
03-6715-6527
東京都世田谷区奥沢5-42-3 トレインチ自由が丘 A101
https://www.facebook.com/GONZO-OsteriaBal-428638137535563/




予約の取れないレストランにばっか必死で行ってる人を見てもなんらスタイリッシュさを感じない。偏差値好きのスタンプラリーをしていた受験生を見てるみたいで正直ツライ。人生はもっと気楽に遊んだらいいと思うよ。まずは肩の力抜いてみるのがいいんじゃないかな。そんなことを感じた夏の夜。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年08月28日

ジョコンド (白金)ローマの平日

0826ジョコンド8月-6


できることなら翌日休みの日に訪れたかった...、あまりに満たされて労働意欲がゼロになった夜。そう、木曜日の『ジョコンド』は罪な存在。

白金のローマトラットリア『ジョコンド』へ、8名で訪問。ちょっと行ってなかったくらいの気分だったけど、ピノさんが馬車道の「テンダロッサ」から移籍してからは初訪問。
0826ジョコンド8月-1



自分の時間感覚のダメさ加減を再認識しつつも、古川シェフとピノさんのワインセレクトに心と舌を踊らせていました。


糸島の塩水ウニのブルスケッタ、穴子のフリットのサルサベルデと古川さんの故郷の素材は抜群でした。ファットリアビオのブラータに、シチリアのアンチョビをあわせたブルスケッタもワインをすすめてくれますね。
0826ジョコンド8月-7



つか、ほんとピノさん、挨拶が遅れてすんませんでしたw
0826ジョコンド8月-19


パッパルデッレのような太薄パスタは、シンプルにトマトのソースで。乳化具合が素晴らしくパスタとの絡み方が絶妙。
0826ジョコンド8月-9




茹でたチコリを絡めたブカティーニは、ペコリーノロマーノの塩味がいいアクセント。
0826ジョコンド8月-12



セコンドは馬のハラミにピリ辛のトマトソースがバシッとキマってたし、チンタセネーゼ豚は脂の強烈な旨味と洗練された余韻のきれいさに惚れ惚れ。
0826ジョコンド8月-15



ドルチェも説明聞いてたら全部食べたくなって、並べてもらって皆でシェア。ピスタチオのティラミス、ザバイオーネ、マスカットのタルトなどなど、8人いるとこういう荒業できるからいいね。食後酒で柔らかい泡をいただきつつ、カフェコレットで締め。
0826ジョコンド8月-20




シェフやカメリエーレのキャラも立ってて、改めていいトラットリアっすね。ワインのアッビナメントも抜群に楽しめました。
0826ジョコンド8月-21



平日で大箱だけどやはり満席。次回こそはテラスでいただきたい。

0826ジョコンド8月-22

トラットリア ダル・ビルバンテ・ジョコンド
03-6721-9500
東京都港区白金台3-18-1 1F
http://www.dal-birbante.jp/


ファスティング2日目に走ったら、さすがに全然ダメダメでしたわ。シラフなうえにディナーがコースじゃないと、夜って結構 長いもんなんすね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 22:30|この記事のURLComments(0)

2018年08月20日

ピッツェリア恭子 (戸越銀座)進化の兆し

0810PK6月-18


「ピッツェリア恭子」、こちらは6月の時の訪問メモ。

4月に行った時「シェフからもっと視野を広げて世界のゲストを取り込みたい」と聞いていたので、変な風にトリッキーになってたらどうしよう...と正直ビビリもあった6月の訪問(笑)。
0810PK6月-10



でも結論から言うと、着地点は今っぽく、そして納得度の高いもの。まだこのアプローチは始まったばかりだと言うので、今後が楽しみ。
0810PK6月-44




かつてイタリアンが日本で独自に進化した方向性はライトなフレンチに近づく感じで、今考えると軽さとチャラさが強すぎたかなと。その後、本格的な郷土料理の再現が進んで、それはそれで凄いレベルに達したと思うけど、世界のフーディーズからしたら「日本でそれを食べる理由」を見つけづらくなっている。
0810PK6月-2




バンコクのガストロノミーが世界から注目されているのは、タイ料理の伝統をベースに、ハーブやスパイスを多用した独特の進化が刺激的で、バンコクでしか食べられない体験をさせてくれるから。ハコの洗練度も含めて進化のスピードは凄まじく、ガストロノミックなドイツ料理もレベル高かった(お値段もそれなりだけど)。

最近ではあんまし得意じゃなかった他国の郷土料理再現性も高めていて、ナポリピッツァも東京レベルに近いお店が出てきていたりと勢いが凄い。
0810PK6月-34




前置きが長くなったけど、ピッツェリア恭子の新しいアプローチは、高いレベルで進化した日本のイタリア郷土料理を、本質は変えずに日本ならではの価値を加えたものでした。

たとえば、イカ墨を練り込んだパスタにイカそうめんとミョウバンなしのウニをあわせた前菜は、和に迎合することなくイタリア料理の本質である郷土料理の骨太さを残している。魚醤とベルガモットを使ったソースが、きちんと軸足をイタリアにさせているのよ。
0810PK6月-15



味噌とたまり醤油を使った焼きリゾットは、トレラッティのチーズに柚子胡椒を合わせることで、これまた初めて味わう感覚になっていたりするんだけどチャラくない。郷土料理へのオマージュと”日本ならでは”の味を両立させている。
0810PK6月-7



こうしたチャレンジをはさみつつも、フレッシュトマトとリコッタチーズのあとに、レモンの酸味と苦味が追いかけてくる抜群のピッツァは、このコースのマスターピース。
0810PK6月-31



そして食べ慣れたフレンチの味わいとは異なる鴨(ソースが旨すぎる)もクオリティが高いといったように、イタリア料理の魅力をストレートに響かせてくれるお皿たちが芯を作っている。
0810PK6月-41




そのうえ、料理の脇を見事なアッビナメントのワインが固めてくれるので、このうえない食後感へと導いてもらえるのよ。
0810PK6月-35





こないだの「天本」でも感じたけど、出される料理の価値を、押し付けがましくなくエンタメ要素を入れながらお店側がプレゼンするのって、今の時代ほんとに大事なんだと思う。経験値は積んでいても、料理のプロではない食べ手ゆえ、高額な店ほど納得感を求めちゃうんすよね。
0810PK6月-53

ピッツェリア恭子 パッシオーネ エ アモーレ 
03-6451-3529 
東京都品川区戸越1-19-24



”ここでしかできない体験”を”舌で感じつつ”、”頭でも理解”させてもらう歓び。ゲストはどんどんわがままに、欲張りになってますね。

食べ手を代表してすんません(笑)
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 21:00|この記事のURLComments(0)

2018年07月08日

ボッテガ (広尾)職人らしい仕事がいいね

0708ボッテガ6月-14


広尾商店街といっても明治通り近く。フレンチの「a nu」の先の細道を進み、地下へと階段を降りたその先は、カウンター主体で大人が似合う艶っぽさが漂う空間が広がっていました。
0708ボッテガ6月-1



カーザヴィニタリアでシェフをつとめていた笹川氏が、あのD.N.Aを引き継ぎつつも更に進化した料理を出すイタリアン『BOTTEGA(ボッテガ)』

昨年オープンしたという話とヴィニタリアでシェフをやってたという経歴で、アレ?どっかで聞いたことあったなと。

そういや、ヴィニタリアに通ってたいつきマンやゆっきーが「シェフが独立していい店出したんだと」といって、何度か誘われていたんですよね。ボクの中で散らばっていた点が線になる。偶然だけど、念願のお店にやっと来ることができましたわ。
0708ボッテガ6月-4




料理はコースもあったけど、オススメのメニューをアラカルトで。

”燻したメカジキと香草のカルパッチョ仕立て”は、メニュー名からだとさほどテンションはあがりづらいものだったんですが、カウンターに並んだ瞬間「なんだ、コレは!」と。

ゼリー状のラッピングが美しく、ビジュアルもさることながら、香草の使い方がとてもタイプで、特に夏にはたまらない一皿。ボッテガ(工房)らしく、いい仕事しますね。
0708ボッテガ6月-7





そして、これまた期待値あげられずにオススメにのっかった”トリッパ、ギアラ、小腸の煮込み”。ビジュアルも地味めですが、スペシャリテと謳っているだけあって、口の中に入れた時に美味しさは、ひとくちでガツン!と響くタイプ。職人らしい丁寧な仕事や、味のレイヤーの素晴らしさで、完食するまで愉しめるお皿ですが、なにより最初の”ガツン!”がいいね。こうしたイタリア料理らしいパンチ力って好きでっせ。
0708ボッテガ6月-10




生しらすとからすみのタリオリーニは、アロマフレスカ、カーザヴィニタリアらしいDNAを感じます。想定していたベクトルと同じ向きではあるけれど、笹川シェフのクリエイティビティが加えられていて、広尾のカウンターイタリアンに相応しい大人の艶っぽさが効いています。
0708ボッテガ6月-12




セコンドは、ミラノ以来となる”オッソブーコ”。人生でたいしてオッソブーコ経験がないので、正解がなんだか知りませんが、このボリューム感、この味わい、この肉の仕上がりは、ティピカルなオッソブーコとは全くのベツモノ。ワイルドだけどエレガント。これも最初のひとくち目で”旨い”と思わず声が漏れるタイプ。
0708ボッテガ6月-17


ワインはビオ中心で料理とのアッビナメントも好み。コースをゆるりと食べるのもいいけど、1回転目が終わった後に、さっと食事とワインで寄るというのも魅力的。そういう使い方も似合うカウンター。
0708ボッテガ6月-18

ボッテガ
03-6450-3933
東京都渋谷区広尾5-17-8 アプリシエ広尾 B1F
https://www.bottega-cucina.com/


ここは色んな意味で好みです。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年07月03日

カステリーナ (茅場町)安定の裏切りっぷり

0703Casterina6月-25

昔、ちょくちょく茅場町には訪れていたことがあったけど、今回訪れたのは案外久しぶり。駅を降りて「あんま変わってないねー」と永代通りを歩いていたら、煌々と光を放つ近代的なビルがいきなり運河沿いに現れて、思わず足を止めちゃいました。

三井物産の「GEMS」が、あきらかに茅場町の周囲を漂うアナログな空気と異なっていて、ビンビンと夜のオーラを放っている。
0703Casterina6月-1

東京駅や銀座が近いけど、そういやこの辺には無かった類の商業施設。IBMも近くにあるし、若い人が遊べる分かりやすいスポットは、ニーズがあったんでしょうね。1Fのイタリアンからは賑わいが外まで漏れていて、いい感じ。

2011年に神楽坂の「カステリーナ」へ訪れて以来、中目黒の「オステリア カステリーナ」も何度が訪問したりと、定期的に接点を持っているお店

0703Casterina6月-3




久々に会ったフォアグラのフランは、過去の記憶の期待値を超えてきました。
0703Casterina6月-18



稚鮎のポテトフリットは、スイカのガスパチョとともに。
0703Casterina6月-15




カダイフではなく、じゃがいもが使われているのは食感や鮎の美味しさを逃さないための工夫なんだとか。
0703Casterina6月-16




シチリアの真イワシを使ったキタッラは、フィノキエットの濃厚さと相まって限りなく好みの仕上がりに。こういう洗練さが散りばめられたアプローチは、日本人の得意とするところでしょう。
0703Casterina6月-20




セコンドはアンガス牛のコトレッタ。5000円のコースにも関わらず、最後にこんな男気溢れるポーションでくるとは....。正直ここまでは期待してなかったので、やりおるなカステリーナと。

そういえば、いつもこうだったな...というのは、パンチくらってから思い出すわけでw。
0703Casterina6月-10


カステリーナ 茅場町
03-6262-8133
東京都中央区新川1-1-7 GEMS茅場町 9F
http://castellina.co.jp/castellina_kayaba/


安定の裏切りっぷりが、さすがです。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:57|この記事のURLComments(0)

2018年06月16日

鎌倉の古民家ホテル『古今』


京都では町家をリノベしたラグジュアリーな宿泊施設が増えてますよね。

関東エリアでもそういうとこは増えてると聞きますが、鎌倉でも築160年以上の古民家をリノベしたラグジュアリーホテルが来年オープンします。

昨日(6/15)から予約が開始された『鎌倉 古今』は鶴岡八幡宮の近く。レストランも併設で鎌倉素材を愉しめそうな予感。
古民家ホテル「鎌倉 古今」鎌倉宮近くに誕生、安政2年築の家屋をリノベーション - 写真6

鎌倉 古今
https://www.kamakura-cocon.jp/




こちらのアンバサダーに任命されたので、これから動きがあったら情報アップしていきますね。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2018年06月05日

マルキージオと朝食を

0603DAMIANI5月-28


サッカーイタリア代表のマルキージオと、ジュエリーブランドDAMIANIの副社長とブレックファーストミーティング。外苑前のB&B Italia Tokyo のショールームでシャンパーニュをいただきながら。

0605DAMIANIオフィシャル5月-4




ユベントスのチームカラー(白と黒)でコーディネイトした着物で伺いますと話したら、DAMIANIから試着用に貸し出されたのがこのブレス。艶っぽくもエレガントな質感のメタルに、さりげなく光るダイヤの輝きにキュンキュン。
0603DAMIANI5月-15




夏のカジュアルコーデでも、左にアンティークウオッチ、右手にこのブレスでワンランク上の演出できそうだし(笑)、まんまと買っちゃいそうな雰囲気です。
0603DAMIANI5月-7



マルキージオとは、サッカーの話はあんましないで、白トリュフの美味しいレストランとか、日本好きというので京都の魅力なんかを話してました。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

0605DAMIANIオフィシャル5月-8


0605DAMIANIオフィシャル5月-5




彼の場合、素材が良すぎるので、DAMIANIのネックレスの似合い方とか ある意味参考にならない(笑)
0605DAMIANIオフィシャル5月-2


DAMIANIの副社長 ジョルジュ氏は、さすがはイタリアンオヤジの着こなしで、身のこなし含めていい勉強になりましたわ。
0605DAMIANIオフィシャル6月-17



DAMIANIってメンズのジュエリーあるの知らなかったけど、実際に試着させてもらうと俄然欲しくなりますね。
0605DAMIANIオフィシャル5月-13


外苑前のB&B Italia Tokyo のショールームは、1Fのキッチンがレストランのように本格的。美食でもてなすイタリアの文化が そのまま体現されていて、誰かの家に招待されたかのような、そんなアットホームな空気が流れていました。
0605DAMIANIオフィシャル5月-1

0603DAMIANI5月-5



って、こんなインテリアが揃ってる家ってそうそう無いですけどねw
0605DAMIANIオフィシャル5月-11



ほんとナチュラルな雰囲気のブレックファーストミーティングで、誘ってくれたゆきなちゃん、ダミアーニのTOPに写真撮らせてるし(笑)。そうそう、このカッケー B&B Italia Tokyo のショールームでは、6/15から夕方 訪れたゲストにアペリティーボタイムやるんですって。アウトドアシリーズがあるというので、ゆっくり見に行きながら この空間でまた呑みたいです。
0603DAMIANI5月-26


貴重なイベントに参加できてウキウキでした。こういう縁があるとユベントス応援したくなるし、DAMIANI欲しくなりますわ。
0605DAMIANIオフィシャル5月-15


いやー、愉しかった!!
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年05月27日

ピッツェリア恭子 (戸越銀座)Fuori dal Tempo な結婚記念日に

0525PK4月-8

今年の結婚記念日は『ピッツェリア恭子』。ここ数年、当家の結婚記念日のトレンドは、構えすぎずに質のいいコトをしようというもの。

バカンスはどこまで非日常でもいいんだけど、結婚は日常の積み重ね。日常まで糸張り詰めると疲労が蓄積するので、抜き加減が大事。

そして積み重ねである以上、ひとつひとつの質にはこだわりたい。日常を重ねていくことで出来た層が、つまるとこ人としての印象を創るんだと思ってるんで。
0525PK4月-45





そういう意味で、イタリアの下町なピッツェリアの空気感を出しながら、キレキレの料理と絞り込んだワインを出してくれる『ピッツェリア恭子』がちょうどよくて。
0525PK4月-17




以前も食べてるけど、馬肉のタルタルとモッツァレラのスペシャリテはやっぱ好きでね。質のいい熟したバルサミコとヘーゼルナッツのアクセントも艶っぽい。
0525PK4月-7



ここまでだと普通の日と変わらないので、トリュフを散らしていただきつつ(TOPの写真ね)、この熟成バルサミコめがけてアマローネと合わせるのが結婚記念日。干し甘さがアッビナメントの要となって、より高みへと連れて行ってくれる。
0525PK4月-5





サメのハツなんて初めて食べましたわ。魚とは思えない あっさり目の肉みたいな印象。ビジュアル的にも肉だよね。いとうまし!!
0525PK4月-23





シラスとトマトのピッツァは実は自家製のレモンが隠れた主役という難易度高めのトリプルアクセル。
0525PK4月-28




その隠されたレモンとのアッビナメントを見事に体現しているのがこのCODA DI VOLPE、ワインのセンスがいいレストランはやっぱりいい。
0525PK4月-26




繊維質で筋も多めだけど、肉としてのエンタメ度が高いロバの肉、脂がアマーーーーイのにしつこくない。
0525PK4月-36




ロバに合わせた赤が、EMIDIO PEPEの1983年。こんなワインをグラス飲みしちゃっていいんですか!? 翌日からのお客さん、ビビったろうな。
0525PK4月-18




お花をプレゼントいただいたり、スペシャルなドルチェピッツァを焼いてもらってご機嫌な夜。
0525PK4月-42


本当に質のいいものを、敢えてさりげなく。そんな結婚生活を続けていきたいもんです。
 ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 21:40|この記事のURLComments(0)

2018年05月09日

ヴィア パルテノペ(品川)昼下がりのプチイタリア旅行

0509PP4月-27


品川『ヴィア パルテノペ』の15周年記念パーリーでのひと時。総料理長の目が行き届いた料理はさすがの一言で、一品一品カラダの奥へと染み入るような仕上がり。
0509PP4月-31


中でも持って帰りたいくらい気に入ったのはズッパ。上質なブロードが支える滋味深い味わいは、さりげなく中毒性高い。ルッコラと燻製モッツァレラのロートロ(巻いた蒸しピッツァのようなもの)は、バールにあったら嬉しい手軽さ。
0509PP4月-14




鶏の腿肉のようなビジュアルの肉盛りは、実は仔羊だったり!
0509PP4月-19

遊んだ盛り付けとは裏腹に、火入れも味付けも完全本気モード。レモンの効いたキタッラもイタリアの景色が見えるgood taste。
0509PP4月-17


ドルチェのババもプリンも絶品
0509PP4月-20


ゲストで訪れていた元パルテノペの阿部バリスタが、絶品のエスプレッソ淹れてくれるという嬉しいサプライズも。
0509PP4月-29


老舗の本気モードは、さりげなく見せて凄味あるね。現地に旅したように錯覚できたもん。
0509PP4月-32


ヴィア・パルテノペ 品川店 (Via Partenope)
03-6718-2825
東京都港区港南2-16-5 三菱重工ビル 
B1F グランパサージュ2
http://www.partenope.jp/shop/shinagawa.html




バカンス先では全くパソコン開けなかったし、長文打つとかムリでした。朝のジム以外の時間は、概ね酔ってたし   
   ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 12:38|この記事のURLComments(0)

2018年04月18日

ピッツェリア恭子 (戸越銀座)大勢で訪れると尚更 愉し

0403PK3月-26


いつきマン、ゆっきー家とともに『ピッツェリア恭子』に再訪。6人で訪れることで、よりダイナミックさも楽しめたし、そもそもクオリティが更にアップしてることに驚いた。
0403PK3月-27



前回惚れたカラブリアのクルスキのピッツァはより軽やかに、旨いと聞いていたクワトロフロマッジョは期待をK点超え。
0403PK3月-30




前菜もシラスのブルスケッタはベルガモットが個性となっていて、
0403PK3月-3



ホワイトアスパラの白い三連星は、パンナコッタが皆の心を鷲掴み。
0403PK3月-10


0403PK3月-8



今回のブラッティーナは炭火で焼かれたホワイトアスパラと共に。素材の魅力をしっかりと引き出す丁寧な仕事と、爽やかなチーズの香りが味の記憶を強く焼き付ける。
0403PK3月-16



ピッツァ生地で蓋をした魚介の鍋は、イイダコを頂点にムール貝やエビが脇を固めていて、ソースは飲み干したいくらい。そう、どの皿も塩が抜群のバランスで全くもって食べ疲れないのよ。
0403PK3月-19




0403PK3月-20






セコンドはオススメの仔牛さんを。ミルキーさよりも肉の赤身の美味しさが立つタイプで、品の無い脂で満腹感を誘うようなビッチさは欠片も無い。
0403PK3月-34


0403PK3月-37

そこから更にパスタを一口づつ3種類。

蛍烏賊と菜の花のパスタに春を感じつつ、

0403PK3月-43


蛤のパスタは蛤自体の味と食感が完成度高過ぎ!日本料理か!? 
0403PK3月-40



トドメはテーブルで作るカタョエペペ、ダマひとつない滑らかな仕上がりで、これまた適度な主張のペコリーノロマーノがペッパーを主役に引き立てる。

デザートピッツァもめちゃ好みでぺろっと完食。
0403PK3月-52


こんな料理たちを支えるビオワインたち、どれも見事なアッビナメント。

0403PK3月-23







散々レストラン遊びしてる友人らも「レストランで久々に心踊ったわ」とかなり満足してた模様。0403PK3月-56


ピッツェリア恭子 パッシオーネ エ アモーレ 
03-6451-3529 
東京都品川区戸越1-19-24



ちなみに、今年の結婚記念日(今日)も、コチラにお邪魔しました。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年04月15日

リナシメント (目黒)ファスティング後を愉しむ夜


0415Ri4月-6


ダイエット成功から半年。今年になって体重が微増傾向でアベレージが1kg増加したこともあり、またしてもプレイベートジム「ベレッツァ」のファスティングメニューを敢行。


基本メニューは、準備食(前日)、ファスティングドリンクのみ(1,2日目)、回復食(3,4日目)というもの。


準備食は野菜中心で、夜はフルーツなど軽めのもの。


1,2日目は、言葉通りファスティングドリンクのみ。


回復食は、3日目は朝とお昼がお粥やスムージー。夜は肉魚を除いた野菜中心の食事。また、通常は控えめにしてる炭水化物も回復食期間中はOKなんです。4日目も似たような感じで、アルコールはNG。5日目から通常通りに戻る感じで。


良く聞かれるのが「1,2日目のドリンクオンリーの生活ってツラくない?」っていうものなんだけど、スイッチ入ってるせいか、ドリンクのおかげか別に空腹を感じることもないし、数日の我慢で身体がリセットできるから。と思ってるので、むしろ結果が待ち遠しい。


今回は1,2日目と仕事のピークがカブってて、脳みそフル回転だったせいか、夜は家に帰って即寝みたいな状態だったけど、ボクの場合睡眠が欲しくなる傾向がある気がする。その辺、含めて身体をリセットできるんで、眠くなることはなんらネガティブな現象ではなく。


更に言うと、昼間は特に眠さを感じるわけではないから、日常生活にはなんら支障なし。



何が難しいって、やはり準備食入れると5日間も食アポを入れられないこと。今回も準備食の夜は、松阪牛、神戸ビーフ、飛騨牛づくしのパーフェクトビーフナイトだったので、ここ半年で最高体重マークしちゃうくらい食べてたしね(笑)



で、結果はというと、最近のアベレージの-1.5kgまで落とせたし(ビーフナイトの翌朝からは-2kg)、その後のアベレージも狙い通り500g〜1kgくらいは落とせたと思う。特に-1.5kgの時は体脂肪率、体内水分量ともに絶好調の数字で、「あー、アベレージをここに持っていかねば」と改めて思った次第。

0415Ri4月-1-2



で、こっからが本題。さきいも書いた通りファスティングあけの回復食は、肉と魚がNG。野菜とオススメは発酵食品だというので、ならばと目黒の『リナシメント』で回復食アレンジををお願いしてみた。折角色々頑張ったんだから、質が良くて美味しいもの食べたいじゃない!?



というわけで、ボク自身初めてのファスティング回復食@レストランだったんだけど、正直 シンプルな料理が並ぶだけだと思ってたのよ。や、それでも充分満足だからさ。


したらね、ワンバイトの前菜が並ぶインサラティッシマ・リナシメントは肉魚抜いてもらいながらも、ちゃんと30種類のフルアーマープレートが出てきたのよ!

0415Ri4月-1-3



まりえは、インサラティッシマ・リナシメントだと思ってたけど、まさかオレまでこの前菜出してくれると思ってなかったし、目の前に並んだ時に間引きバージョンかな?って瞬間思ったけど、どう見ても種類少なく見えなかったし(笑)。ちなみに、コレがまりえの通常バージョン、肉魚が混ざってるでしょ。やー、直前に相談したばかりなのに、こんな対応してくれてほんとグラッツェ ミーレ!!

0415Ri4月-4



プリモはトマトソースベースのパスタにアスパラという組み合わせ、まりえは蛍烏賊でした。はじめてカウンター座ったけど、前と右が厨房のため囲まれる感じが食いしん坊にはたまりません。

0415Ri4月-5

リナシメント
03-6420-3623
東京都目黒区下目黒2-23-2 1F
http://rinascimento.tokyo/



さらっと1時間くらい、ノンアルで軽く美味しいものをつまむのもいいもんだね。毎晩、戦のように食べ続けてる生活が続くと、こういうマイペースな夜が嬉しくなる。
    ↓ ↓

人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 22:12|この記事のURLComments(0)

2018年04月11日

バンデルオーラ (恵比寿)クスクスとテラスとワイン

0410バンデオーラ4月-3


クスクスがシグネチャーメニューという恵比寿のトラットリア「バンデルオーラ」。

エリア的にアクセスはいいはずなのに微妙に動線からズレていて訪問できていなかったのよね。ただ、実際訪れてみたら 料理、ワイン、価格、雰囲気ともにめちゃ好みじゃないっすかっ。

店内は枯れ具合が程よく漂う現地っぽさあふれる空気感で、いい意味で客層は大人。

料理は南イタリアらしい前菜やプリモは想定内として、クスクスが相当ヒット。やはり他店にない特長を持つって重要だね。すぐにリピろうと思ってるもん。



肉や魚、野菜とバリエーション豊富なメニューのクスクスは全て手作り。この日選んだのはトラパニ風のクスクス。魚介のスープとクスクスの見事なアッビナメントは、他では中々味わえないもの。

 
からすみとピスタチオのパスタはシチリアの景色が浮かんできました。ワインのセレクトもセンスよく、ガブッと飲める白ワインが実に合う。
0410バンデオーラ4月-7


若いソムリエくんのセレクトは、グラスだからといって二軍感がなく、ボトルでもこういうの欲しかったのよ的なニュアンスのものを選んでくれていた。
0410バンデオーラ4月-8



あとポーションのレコメンドも適切で、「うーん、ここでセコンドをフルで食べたら満腹になっちゃうから、半分にしておきましょう!」とか、お店の短期的な利益じゃなくて、本質的なゲストの満足度を大事にしているスタンスも心地よい。こういうの印象に残るもん。
 0410バンデオーラ4月-9

バンデルオーラ(BANDERUOLA)
東京都渋谷区恵比寿南2-7-5
TEL. 03-6712-2377
http://banderuola.jp/



おっと大事なことを書き忘れてた!! ここは裏路地で車の通りも少なく静か、そんな環境でテラス席があるのもテラサーにはリピータブルポイント。
    ↓  ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 19:49|この記事のURLComments(0)

2018年04月04日

HIBANA (荒木町)大人の大人による大人のためのワインバー

0404HIBANA3月-18

大人の町 荒木町にひっそりと佇むワインバー「HIBANA」

紹介制でクチコミサイト禁止と、昨今の実力店らしいスタンスも好み。

0404HIBANA3月-15



かつて記念日を中心に通っていた表参道「フェリチタ」(現在はクローズ)の支配人 永島さんのワインバーゆえ、ワインセレクトは言うに及ばず、ホスピタリティ、空気づくりも間違いない。
0404HIBANA3月-11



壁の石がやけに艶っぽかったり、蓄音機の音で映画のような時間に引き込まれたりと都会のど真ん中でリラックス&ラグジュアリーな異空間にエスケープ。
0404HIBANA3月-9



実力派の造り手のビオをはじめ、「え、あのエリアでこんな旨いワイン作ってるの?」なチンクエテッレの極旨の白があったり、バローロのキナートをロックで出してきたりと料理がなくてもイタリアのワインをじっくりと堪能できる。
0404HIBANA3月-28




取材用のアンティークウオッチを引き渡すついでに、アンティークのメガネや指輪を肴にワインが進む。
0404HIBANA3月-26





タイミングタイミングで、気分にピッタリのワインが出てくる幸せ。
0404HIBANA3月-20




気づいたらあっという間に3時間という抜群の居心地の良さ、自分へのご褒美に相応しい夜。
0404HIBANA3月-24

HIBANA
紹介制 
03-6380-5375
東京都新宿区荒木町3-6 第3ハルシオン 3F
https://www.facebook.com/hibanainfo/


思わず四谷三丁目に引っ越したくなりましたわ。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2018年03月14日

ラルテ沢藤(表参道)青山の裏路地イタリアン

0313ラルテ沢藤2月-18

青山のリストランテでアンティークウオッチの会を。この日の舞台は『ラルテ沢藤』、勢いで愉しませるイタリアンではなく、じっくりと味の向かい合って勝負する”静”のイタリアン。
0313ラルテ沢藤2月-5





北斗の拳で言ったら「トキ」的なスタイルね。


2000年から4年半、ピエモンテ、ベネト、トスカーナで修業したシェフで、帰国は『SALONE2007』、『TRATTORIA Briccola』といったお店で腕をふるっていたといえば、ニュアンスはつかめるかと。
0313ラルテ沢藤2月-19




料理もいい意味でマニアック。味や食感、ビジュアルまで、組み合わせの意外さと納得感を同時に愉しめるアプローチ。
0313ラルテ沢藤2月-1



食べ手がしっかりリクエストを出せば、どこまでも突きつめていきそうな引き出しの多さをもってそうなシェフ。席が一番遠かったのでいまいち説明が聞き取れなかったんだけど、探求者的な料理の解説を熱を帯びながら話されてたのが印象的でした。
0313ラルテ沢藤2月-26





この日の出逢いもんは、美しさ極まりないブルーのアクセントが効いたジュネバスポーツのベビークロノ。しばらく時計は買えない…と思ってたのに「オーナーが手離してもいいよ」なんてこと言うから即決。
0313ラルテ沢藤2月-9

ラルテ沢藤
03-5775-4980
東京都港区南青山3-4-12 佐々木ビル 1F
http://larte-sawafuji.com/


美しいもの、美味しいものが大好きです。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:44|この記事のURLComments(0)

2018年02月18日

ピッツェリア恭子(戸越銀座)アモーレ溢れるイタリアン

0218PK2月-35


1周年のレセプションにおじゃました時に、この店の本気はヤバそうだと早速予約した『ピッツェリア恭子』。改めて訪問して、「メゼババ」同様に食べログ禁止でありながら、会員制でしっかりお客さんがついてる理由が良くわかりましたわ。

0218PK2月-7



厳選しまくった素材とさりげなくもエレガントな仕事が、ナチュールのワインと見事なアッビナメント。「パッソ・ア・パッソ」や今はなき「フェリチタ」での至高のエクスペリエンスを思い出す。そう、ここはピッツェリアという看板だけど、質とセンスのいい料理とワインを堪能できる下町のこだわりイタリアン。


0218PK2月-20





ピッツァ生地の周りに最上級のイタリアの生ハムを巻きつけた前菜は、食感のセッションと脂の溶け具合がヤバい。

0218PK2月-12




フランス直送のタンポポにはブッファラのリコッタを削って。それを自然派ワインとあわせると苦味や爽やかさが綺麗に伸びていくのよ。

0218PK2月-18




馬肉のタルタルの上にはモッツァレラ。モデナの15年産バルサミコ使ったり、ヘーゼルナッツのソースと合わせたりと、素材に限界までこだわりながらその後の仕上げも手抜きなし。

0218PK2月-22




イイダコの煮込みはオープン当時からのシグネチャーメニュー、歯ごたえ・味付けともにタコでここまで唸るのは鮨屋以外ではじめて。
0218PK2月-26




陽平シェフの仕事は、喋ることだけじゃないんです(笑)

0218PK2月-38





ピッツァはまりえのセレクトで「クルスキ」。カラブリアのスパイス クスルキはビジュアルに反して辛くなく、味の奥行きを演出する役割りでいと嬉し!

0218PK2月-33




ピッツァイオーラの恭子さんは、様々な流派をマスターした使い手とのこと。

0218PK2月-32




これがどんくらい凄いかって言うと柳生新陰流と北辰一刀流で免許皆伝取るみたいなことらしいっす。なので次回訪れた時には、全然性格の違うピッツァをオーダーしてみたい。

0218PK2月-52




セコンドは脂が滑らかなバスク豚。さすがにパスタは食べられる胃のキャパがなかったけど、最後まで合わせたワインは美味だった。

0218PK2月-42





現地のイタリアンレストランの面白さは、自分の出しているものが大好きで「これ、ウメーだろ?そーだろ! お、じゃ、コレもつまんでみる?」みたいなスッピンの自己肯定力。


忖度だらけの日本にいると、そういう底抜けの自己主張がたまらなく心地よく見える。陽平シェフのトークはこういう点でもイタリアで、食べる歓びが笑いながら湧き上がってくる。

0218PK2月-51


ピッツェリア恭子 パッシオーネ エ アモーレ 
03-6451-3529 
東京都品川区戸越1-19-24



あと、なんだかんだ行って通えるレストランの条件は生活動線が近くにあるというもの。そういう意味でも、ここは紹介してもらえて良かった。「旨い!ナポリピッツァ」のJaffaさんに感謝。

 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 23:21|この記事のURLComments(0)

2018年02月12日

メゼババ (亀戸)京都の一流割烹のようなイタリアン

0211メゼババ12月-17

もう、最近は人気店に人が集中しすぎて気楽に行きたい時に行けない世の中になってしまいました。そんなイタリアンの代表格 亀戸の『メゼババ』。

黒板のアラカルトから一気に料理を選ぶスタイルで、ブッラータとアンチョビ、生サラミといったなんてことのないメニュー名が並ぶかと思いきや、うさぎのフリットやクエのスパゲッティなど攻めた料理名も並んでいる。
0211メゼババ12月-27




メゼババが非凡と言われる理由は、ブッラータとアンチョビ、生サラミといった一見フツーのメニューが飛び抜けて美味しいといったとこが一つ目の理由でしょう。
0211メゼババ12月-5




生サラミの味わい、食感、テクスチャどれをとっても規格外。
0211メゼババ12月-9




ある意味、ここは京都の割烹『ぎおん 阪川』を彷彿とさせる。一品一品の存在感が半端なく、素材選びの段階から一切の妥協を受け付けていないようなところとかね。ゲストに媚びていないけど、それでいて傲慢でもない。イタリア料理のようにナチュラルなスタンス。
0211メゼババ12月-12



もちろんワインのペアリングも質は高い。
0211メゼババ12月-14





この日は、トップの写真の愛農ポークがダントツ。ソテーされた外皮の薄めなカリッと具合、脂の甘さ、そして豚の身の味わいのイノセントワールド。

ベネチアのうさぎというメニューは面白かったし勿論美味しかったけど、いささか期待値よりは控えめで。
0211メゼババ12月-20





貧乏人のスパゲティはシグネチャーメニューのひとつらしく本場のカルボナーラかカチョエペペかみたいなイタリアのマンマを感じる一皿。
0211メゼババ12月-24





今や、予約は半年以上先になるという狭き門。故にヒットメニューに当たった時は”さすが”と震えるが、期待値まで届かないお皿に出逢うと惜しさが倍増する。
0211メゼババ12月-1

メゼババ
東京都 江東区 亀戸6-26-5
03-3636-5550


コース仕立てのイタリアンが多い中、ここまで一品一品にパンチを込めるお店はめずらしいわけで、これからも東京のイタリアンのある部分の象徴でいていただきたい。食べログ禁止とか、ほんと最高。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年02月03日

「あがるイタリア」 実は連載しています

あがるイタリア


知らなかったイタリアの魅力と出会えるイタリア発見マガジン「AGARU ITALIA」ってご存知ですが?
http://italia.miguide.jp

日本で楽しめるフードやファッションから、現地の最旬ライフスタイルまで、気分があがる(ドキドキしちゃう!)イタリア情報をぞくぞくお届けしてるWebマガジンで、広尾のバール『ピエトレ』の阿部さんなどもコラムを投稿しています。


そんなイタリア大使館などが協賛してるWebマガジンで、ボクもちょっとしたレストラン紹介を毎週書いてます。

ある程度記事もまとまったので、こないだ「特別編」がアップされました。ある程度情報がまとまっているので、お店選びの時にお役に立てれば。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年01月06日

Pizza Massilia Sukhumvit (Bangkok)バンコクのピッツァは美味しいのか?


20180106BKK_1月-13


バンコクのナポリピッツァに初挑戦、イタリア人でマルセイユにも住んでいたことのあるピッツァイオーロの『Pizza Massilia Sukhumvit』。

まずね、こんな大箱で美味なピッツェリアっで日本じゃレアだし、ドレッシーなタイ人たちの遊びに貪欲なスタンスがいい。
20180106BKK_1月-4



バンコクって高層ビルがニョキニョキしてたり、崩れそうな建物が密集してる割に、ゆとりある邸宅もさりげなく残っていて、今は多くのファインダイニングがこうした一軒家をレストランとして活用しているのよね。緑がこうして覗いたダイニングってめちゃ落ち着くのよ。
20180106BKK_1月-6




さて、料理についてはというと、前菜の低温調理の蛸のカルパチョは味付けもテクスチャも魅惑的で、茄子のラザニアもいい味付け。
20180106BKK_1月-16



肝心のピッツァはイタリア本国と日本を除けば最高体験。トマトソースがもうひとつだったけど、日本でここまでのクオリティに届いていないピッツェリアは山ほどある。トップの写真のハムをしこたま載せたピッツァもバランスいいし、この国の受容性の高さはほんと素晴らしい。
20180106BKK_1月-12




釜も大きく存在感のあるもの使ってるし、タイ人は器用なので焼き具合もキチンと仕込まれればいい仕事してくれるみたい。
20180106BKK_1月-9




横の個室ではWeddingの2次会的なPartyだったり。こちらはメインダイニングの一番端の特等席。2面がガーデンに向いてるって贅沢極まりなしでしょ。
20180106BKK_1月-5

Pizza Massilia Sukhumvit
095 580 6560
1/8 Klang Alley, Khwaeng Khlong Tan Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110
https://www.pizzamassilia.com/



今回の旅も宮部家の全面Produceのおかげでめっちゃ愉しめました。Vacanceの価値観を共有できる友達って最高!!
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年10月22日

ロタ フォルトゥーナ (麹町)夜を愉しもう


半蔵門のイタリアンといえば「エリオロカンダ」の一択だったんだけど、「ロタフォルトゥーナ」は
全然違うアプローチのイタリアンで、 これまた覚えておいて損はない。

9品のコース料理は、女子ウケしそうなビジュアルで、 正直見かけ倒しかという印象があったんだけど、 味の組み合わせやテクスチャの遊びなど、 とても5000円のコースとは思えない。

あ、ディナーの話よ、コレ。
1022RF10月-4


しかもワインペアリングが6杯で4800 円。店内はカフェのような肩の力抜けた雰囲気。でも、 さりげなく家具はカッシーナと質のいい空間にしあがっている。 布で個室っぽくも仕切れるので、デート使いにもいいんじゃね?


秋刀魚のベッカフィーコと秋茄子の温菜はモロ好み

 


栗カボチャのトルテリーニは、 チンタセネーゼのコッパとのアッビナメントが秀逸。
1022RF10月-14


 太刀魚の直火焼はリゾット仕立て。 骨からとったスープを使っているので味の一体感が心地良い。奥出雲のかつべ牛のタリアータは、 やけに牛蒡と相性良くて余韻までいい伸びをしてくれた。
1022RF10月-18




そのうえパスタとドルチェ、カフェまでついてくる。このあたりの仕事も抜かりないからデート使いにも向いている。

 



次のメニューも楽しみっすね。


ロタ・フォルトゥーナ (Rota Fortunae)
050-5593-9912
東京都千代田区麹町3-2-3 エヌワンビル1F
http://www.rota-fortunae.shop/




今年もあと2ヶ月ちょいとか早過ぎるだろ!!
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 20:23|この記事のURLComments(0)

2017年10月21日

Di Matteo (イタリア)本場ナポリの老舗ピッツァへ

1020Dimattio1月-13

ナポリを代表するピッツェリアのひとつ『Di Matteo』。

ローカルも観光客も入り混じって、常に大混雑という昔からの人気店。場所はスパッカナポリの路地裏。昔なら辿り着くのも大変だったろうけど、今はGoogleMapがスマートにエスコートしてくれる。いい時代になったもんです。

1020Dimattio1月-1




1Fではピッツアや揚げ物をテイクアウトしてるけど、出来ることなら中でちゃんと焼きたてを食べてみたい。
1020Dimattio1月-2




まだランチタイムには早かったということもあって、6人だったけど2Fの席をキープすることが出来た。ただ、ちょっと後にはすぐに満席になったので、時間をズラしつつも運が必要かも。
1020Dimattio1月-4




テーブルについて、メニューを開いて驚くのがその安さ。マリナーラは3EUROくらいだし、マルゲリータをブッファラにしたところで5EURO前後。G7の時にクリントン元大統領も訪れたようで、なんだかんだそういうの誇りにしてるとこがナポリっぽくて好き。
1020Dimattio1月-6




もちろん、ピッツァのサイズはフルサイズ。生地が軽くエレガントなので、サラッといただくことができちゃいます。15年くらい前にナポリやアマルフィに訪れた時は、とにかく日本で食べたことのない味に驚愕したけど、その間に日本のピッツアはスンゴイ勢いでクオリティをあげていきました。
1020Dimattio1月-14



Di Matteo
Via Tribunali 94, 80138, Naples, Italy
+39 081 455262
http://www.pizzeriadimatteo.com/


当然美味しいことには違いないんだけど、味として凄まじいギャップを感じるわけではない。ただこれが本場のクオリティなのねと自身の中に基準値を作ることも出来たし、ピッツァと向き合うすスタンスも参考になることが多かった。やはり、行くべきお店のひとつだと思います。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 12:00|この記事のURLComments(0)

2017年10月13日

と Cous Cous (三重)テラサー好みのガーデンイタリアン

1012とCOS6月-8

去年、三重に行った時に訪れたのが、”熱血ナポリ大食堂”『とCous Cous』。三重とはいっても、ほぼほぼ和歌山との県境。鮪で有名な那智勝浦のわずか30km北に位置する海近のイタリアン。

何しに行ったかっつーと、ライステラサー垂涎の巨大棚田「丸山千枚田」がどーーしても見たくて、鳥羽の離島 答志島から、一気に南下してきたんです。んな時に、ちょうど良く見つけたのがこちらのイタリアン。

1012とCOS6月-12



カントリーサイドのイタリアンってどんな感じが興味あって。ガーデンテラスが普通にあるって贅沢極まりなし。
1012とCOS6月-14




料理に関しては、正直 So soって感じだったけど、ロケーション力の勝利。また、来たいねと、まりえと話しながら帰ることになりました。
1012とCOS6月-15

と Cous Cous (ト クス クス)
0597-85-4369
三重県熊野市有馬町5821-116
http://couscous.dosf.info/index.html


よい週末を!
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年10月11日

チニャーレエノテカ (代々木)男の色気漂うリストランテ

1011チニャーレ3月-1


渋谷とはうってかわってスタイルをもった大人が愉しめるお店が増えてる神泉エリア。そんな町の中でも隠れ家っぷりは容赦い、艶感高めなカウンターイタリアン『チニャーレ』。

 
店内は照明がかなり落としてあり、アダルティ。あきらかに子供向き、女子会向きではない。料理はところどころに和を感じさせる繊細なリストランテ料理。繊細とはいってもやわらかい女性っぽさではなく、日本刀のような鋭さと芯の強さを感じさせるもの。
1011チニャーレ3月-7



まずは、この日のコースで使う食材のプレゼンテーション。ちなみに訪問したのは昨年の春と相変わらずの寝かせっぷり(汗)。FBやインスタ書くよりどうしても手間がかかるので、訪問しても書けていないストックがドンドン積もっていってます。


先程の筍や鯛のカルパチョが、皿の上にシンプルに並ぶ。
1011チニャーレ3月-4


蛍烏賊だったり、稚鮎だったりと割烹と錯覚するような素材がと丁寧な仕事。ただ、着地点はもちろんいイタリアン。
1011チニャーレ3月-9





かと思えばホワイトアスパラを振ってきたり、セコンドにから〆のパスタに至る流れはしっかりと畳み掛けてくる。
1011チニャーレ3月-11


賑やかな活気あふれる南っぽいトラットリアも好きだけど、北っぽい重厚さと、スノッブな空気感漂うイタリアンというのも、それはそれで”らしい”っすね。

チニャーレエノテカ (Cignale ENOTECA )
東京都目黒区駒場1-5-11
http://cignale.jp/



電話は非公開なので、最初の訪問は友人の紹介化HPでフォームから。 
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年09月18日

リナシメント (目黒)独創だけじゃない安定のクオリティ

0918リナシメント1月-17

目黒から急坂を下って雅叙園あたりまでくると、だいぶ雰囲気は落ち着いてくる。そこから更に、目黒川を渡って住宅地エリアに踏み込むと、蕎麦屋「川せみ」とか「チャムアパートメント」といったカフェがぽついぽつりと点在している。

中でも入口がわかりづらく、デスティネーションレストラン化しているイタリアンが『リナシメント』。過去にも何度かアップしてるけど、じわじわ評価が高まって、目黒を代表する一店にもなっている。

キッチン前のカウンターに数席と、メインのダイニング、更には個室が2つほど。なので、友人がVIPとレストランを探してるなんて時に、ここをオススメしたりもしています。
0918リナシメント1月-22






ディナーは、コースが6000円からあって、スモールポーションの冷菜、温菜のほかに、シグネチャーディッシュにもなっているインサラティッシマ・リナシメントという20種類以上の盛り合わせが印象的。これは女子のみならず、メンズも昂ります。
0918リナシメント1月-7




インサラティッシマ・リナシメントは、ランチでも品数少し減らしたの出してくるのよ。なので満足度は当然ディナーのほうが高いけど、ランチでパフォーマンスの高さに驚かされましたね。
0918リナシメント1月-1




最近は、ほんと量が食べられないので、スモールポーションで色々食べられるのはありがたい。もちろんタイマン系のお店も大好きだけど、前後に体調コントロールしておかないと負け戦になるリスクもあるのでね。いくらでも食べることが出来た若き日が懐かしい(笑)
0918リナシメント1月-12




ワインも厳選されたグラスを、いいコンディションでいただけます。まりえと2人で行くときは、必ずしもボトル空けてられないのでグラスの質がいいお店が安心。オレは常に酒弱いし、最近まりえも酒控え気味で弱くなってるのでね。
0918リナシメント1月-8





クラシコなカチョエペペも、リナシメントのクリエイティビティで新しさを交えた古典料理となっている。
0918リナシメント1月-14




そろそろ再訪しようと思ってるけど、最近はフラッと訪問できるのかな? 人気店になりすぎると、予約大変になるので、ちょっと前に予約して、カウンター滑り込めるくらいがちょうどいい。
0918リナシメント1月-25

リナシメント
03-6420-3623
東京都目黒区下目黒2-23-2 1F
http://rinascimento.tokyo/



最近、ランニングすると1kmくらいで膝が痛くなるので控え気味。7,8月で走り込み過ぎたダメージか?
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)