和食

2019年04月05日

SakeLabo暢ぺ(島根)益田の味を愉しもう

益田2017-13

島根県の西端、萩石見空港からほど近くに「益田」という場所があってね。

この町には、グラントワというセンスのいい芸術文化センターがあって、そこの館長さんらに益田エリアを案内してもらっていたんです。そんな視察旅の夜に寄ったのが『SakeLabo暢ぺ(サケラボノンペ)』
益田2017-6



駅前はホテル以外なんもなくて、これが地方都市の現状なのか...という第一印象だったんだけど、道を一本入ったら妖しげなネオンとともに、夜の時間がはじまりました。
益田2017-32




久しく見てなかった昭和っぽいネオンがインパクト強かったけど、ここはそっち系のストリートってわけではなく、色んな飲食店が集まっていて、いい感じの小料理屋とか、バルとか、ボルシチレストランまでありました。
益田2017-33




『SakeLabo暢ぺ』は、地元のクラフトビールの揃い方から見て分かる通り、今っぽい要素も挿し込みながら益田の味を愉しめるバーというか、酒ビストロというか。
益田2017-27




Facebookを見たら”日本酒と日本ワインの酒場”だそうです。
益田2017-28



まずは、ご当地クラフトビールを楽しみつつ。うん、旨い!!!
益田2017-14





料理は、さすがにお造りがレベル高い。
益田2017-15



この日は、ランチ食べて、その後もフルーツを農園でシャインマスカットいただき、その後パフェなんかも食べてたんだけど、


そっからローストビーフや、
益田2017-17



牛すじ&温玉
益田2017-20




チーズなどダラダラ呑ってましたわ。
益田2017-23




からのカツレツに戻ったりと自由自在。
益田2017-24





肩の力入れずに地元の食材を愉しめたりして、オレは好きっすよ、こういうの。
益田2017-29





お酒のセレクトがセンスいいし、こういうお店は中々 自分では発掘できないので、また益田に来たら、寄らせてもらおうと思ってます。
益田2017-30

SakeLabo暢ぺ
0856-32-3470
島根県益田市駅前町21-15



今週末は桜が満開の模様。外呑みしなきゃね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年03月19日

焼うお 石かわ(築地)鮨の進化系は いと愉し

焼うお石かわ2019-25

鮨って、高額江戸前鮨と回転寿司の2極化が激しくなっていて、中間層にもっと厚みが出ないかなぁ...と望う昨今。

インバウンドや富裕層向けに、高額鮨をはじめぶっ飛んだレストランが増えるのは構わないんだけど、もうちょい普通に食べられる価格帯の鮨って、日本人としては欲しいところっすよね。食べ手の育成のためにも、エントリーゾーンは必要だと思うし。
焼うお石かわ2019-12



そのためには、サスティナブルな水産資源確保のための国策とかも更に必要だと思うんだけど、それを言い出すと短期的な話じゃなくなるので、すぐにできる自己防衛手段も持っておくというのが大人の生き方。
焼うお石かわ2019-33




というわけで最近、発掘して気に入っているのが築地の『焼うお いし川』。赤酢のごはんを片手に、焼肉のロースターで炙った魚をいただく”焼うお”という新しいスタイル。
焼うお石かわ2019-37



こちらは築地生まれ、築地育ちの魚屋「築地青空三代目」が手がけているので、魚の目利きは間違いない。高い質のタネを豪快に炙って出してくるうえに、味付けがキチンとバランスいいので、なんちゃってなB級感は皆無。

ひとつの料理ジャンルとして確立していきそうな完成度なので、鮨欲が高まった時にこちらに行けば「あ、もうちょい鮨は大丈夫かも」なんて気分になれるんです。

銀座で鮨を食べたら1回の支払いが5万円くらい逝ってしまう中、そこからわずか1kmの築地市場(場外)で「魅力ある鮨の変化型を食べられて1万円程度」というのは、知っておいて損はないはず。
焼うお石かわ2019-2




”焼うお”は、その名の通り焼肉をモチーフにしているので、メニューもいちいち焼肉に合わせたネーミングになっている。
焼うお石かわ2019-23




たとえば特上カルビは、本鮪の腹一番。ボクがちんたら説明するより、まずはこの1枚を食べてみるに限ります。築地プライドでいいものを見極めて使っているから、脂ひとつとっても品がある。炙ったところでベタベタ感はなく、適度な刺しの旨味が赤酢のごはんに合うんすわ。

赤酢のごはんも、もちろんお鮨とは調合を変えていて、このスタイルに合うように砂糖やお酢の配分を調整しているんだって。
焼うお石かわ2019-1




特上ロースと名付けられた、脂のノった長崎のブリ。こんな分厚く大胆なカット、中々見る機会は無いっすよね、鮨屋の5倍はありそうだし。これ、油断してると赤酢ごはん食べ過ぎちゃうから気をつけて。でないと、後半パンクしちゃうから(笑)
焼うお石かわ2019-5



”お造り”も挿し込んでくるんだけど、当然ひねりはあるわけで。

桜鱒の中でも巨大な「イタマス」をタタキに。塩ダレに、敢えてすだちじゃなくレモンを合わせてきます。こうすると脂に品が出るし、レアトロ具合がいい感じのエロさを引き出してくるんすわ。
焼うお石かわ2019-14



後半戦のクライマックスともいえる厚切りカルビ。これまた本鮪の腹一番。ビジュアル的にも肉みたいで、シャトーブリアンだと言われたら、そう見えてきてしまうのが人間の性。
焼うお石かわ2019-27



実際問題、この美味しさ、テクスチャ、余韻の感動は、シャトーブリアンにも負けてません。むしろ質のいい魚の脂ゆえ、翌日のダメージも殆ど無いし。
焼うお石かわ2019-42




他にも、ふぐ、鰆、のどぐろなど、炙りならではの魅力をしっかり堪能できるコース展開、味付けも変化が大きいので、途中で飽きるとか全然無いのよ。
焼うお石かわ2019-17


焼うお石かわ2019-46

鮨の代替品ではなく、「焼うお」というひとつの進化を体感できる『焼うお いし川』。築地でも炙り寿司の元祖が、実はこの会社の前身だったりするらしく、炙り丼のキャリアは15年以上。



こういうバックグラウンドがあってこそ、一朝一夕ではできない、築地ならではの新提案が生まれるんですね。
焼うお石かわ2019-54

焼うお いし川
03-3541-3804
東京都中央区築地4-13-5 2F

 ※1Fもあるけど、2Fで社長に焼いてもらうことで、
  焼うおのポテンシャルを引き出せます



こちらのコースで7500円、日本酒も合うけど、オレンジワインあたりも合いそうな予感。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 18:54|この記事のURLComments(0)

2019年03月07日

GYOZA OHSHO (有楽町)ボーダレス餃子を目指せるポテンシャル

GYOZAOHSHO2019-11

餃子の王将が”女性の感性に沿ったくつろぎのスペース”と”身体に優しく心に美味しい”にこだわったコンセプト店『GYOZA OHSHO』

京都で3年くらい前に一号店がオープンしてのは知っていたんですが、先日 有楽町にも『GYOZA OHSHO』が関東初出店。そんなレセプションに行ってきました。
GYOZAOHSHO2019-13



まずデザイン性の高さに驚きましたね、餃子の王将のイメージの欠片もない徹底っぷり。昔の駅っぽい作りになっていて、外からだとパット見カフェと間違えます。
GYOZAOHSHO2019-1




料理は友人のえりかさんが監修もしていて、栄養バランスにこだわった限定メニューを展開している。
GYOZAOHSHO2019-16



さすが力を入れているコンセプト店だけあって、焼き手によって味が変わるという餃子は素直に旨くて驚いた。タレもいいけど、お酢と黒胡椒って餃子に合うよねぇ。
GYOZAOHSHO2019-15



メニューを見て気になったのが”YRC海老のチリソース”とか”YRCサラダ”といった謎のアルファベットが並んだもの。聞いてみたら有楽町の頭文字(Yu Raku Chou)なんだそうで。
GYOZAOHSHO2019-5


YRCと冠しているだけあって、サラダはモッツァレラチーズの紹興酒漬けが入っていたりと洒落ておる(笑)
GYOZAOHSHO2019-3




なかなか崩れない卵を乗せた、これまたYRC麻婆豆腐丼などユニークなメニューも写真付きで選びやすい。
GYOZAOHSHO2019-19


というか、めっちゃ安くて驚いた。よだれ鶏、小さなサイズだと380円。レギュラーサイズでも630円って...
GYOZAOHSHO2019-22




餃子はもちろん、黒酢酢豚とかお持ち帰りメニューも充実
GYOZAOHSHO2019-18




そうそう、ビールもイタリアのがあったり、ワインメニューも充実している。そゆとこも新しいね。
GYOZAOHSHO2019-17



こういう気遣いとかさすがのひとこと。
GYOZAOHSHO2019-23


GYOZA OHSHO 有楽町店
東京都千代田区丸の内3-6-16
03-5221-0755



こういうお店、日本人向けもいいけど、海外からのお客さんに来て欲しいね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年02月22日

カネマス弥平とうふ店(札幌)やさしい時間

豆腐2019-5

イタリアン、フレンチ、寿司にスパイスカレー、札幌の食はリーズナブルで旨いうえに、友人らが「ここもいいぜ」「あそこもいいぜ」と連れまわしてくれるので、ついつい胃のキャパをこえちまいます。

「ちょっと胃を休憩させてくれ」とリクエスト出した時に行ったのが『カネマス弥平とうふ店』


実は北海道って、大豆の生産量が日本一なんすよね。その道産大豆に地下100mから組み上げられた水を使って丁寧に作った豆腐を出しているんです。
豆腐2019-4

すすきの中心部に近く、ふらっと寄れるアクセスの良さ。店内はかなり小ぎれいで女性客の一人使いなんかも、全然OKな雰囲気。





豆腐はお酒にあう作りで、軽く飲みながら癒やされてたら、目に止まったのが甘辛味噌ホルモンの鉄板焼き。なんだか無性に白米とジャンクなパンチ力が欲しくなって頼んだんだけど、こういう癒やしと間逆なアイテムが揃っているというのもオモシロイ。
豆腐2019-1-2



北海道産和牛のイチボのステーキや厚切り牛タンといった鉄板焼メニューも豊富で、ヘルシー志向の女子と、ガッツリ食べたいメンズの組み合わせにも、対応できるようになってるのが見事。

ちなみに、ホルモンの後はさっぱりしたくなって、豆乳豚ネギしゃぶを食べてたけどね。
豆腐2019-9





結構なボリュームに驚きましたわ、安っ!
豆腐2019-10






攻めのレストランをハシゴする分、癒やし(守り)のレストランも手札がないと体がもちませんからね。
豆腐2019-3

カネマス弥平とうふ店
011-211-4433
北海道札幌市中央区南三条西3-1 サンスリービル 1F


人生はやっぱバランスですって。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年02月15日

のどぐろの中俣(築地)最高ブランドの紅瞳を原始焼きで

のどぐろ中俣2019-10


高級魚として知られている「のどぐろ」だけど、よく知られてるのって北陸で見かける小さな干物だったりしません?

もちろん、干物も悪くはないけど、ボクは炭火焼が一番好き。そして炭火焼きにするなら、デカい個体が旨いんです。食べ比べてみたことあるんだけど、圧倒的でした。


更に言うと、炭のまわりに串刺しを立てて焼いた原始焼が頭一つ抜けて美味しいのよ。皮はパリッとしつつ、遠赤外線で身がふわっふわになるし、脂のジューシーさも心地よく、”これぞ、のどぐろ”という仕上がりに。
のどぐろ中俣2019-13


ここは、のどぐろの専門店『のどぐろ 中俣』。銀座に何店舗かあるけど、築地店は店のつくりもいいし、原始焼きで食べられるから、焼きを食べたいときには迷わずここに。
他の店舗では、刺身やしゃぶしゃぶ、炊き込みご飯といった「のどぐろづくし」コースなんかもあるんで、気分やシチュエーションによって使い分けている。



築地店は質のいい大人の居酒屋的な使い方が似合う。この刺身の盛り合わせは、のどぐろの炙り、白魚、大間のまぐろなど入って1人1000円くらい。価値のわかる大人にはわかるパフォーマンスの高さ。ゆえに、店内はいついってもだいたい満席。
のどぐろ中俣2019-4



この日は下仁田ネギなんかも入ってたのでオーダーしてみた。これも炭火で焼かれて出てくるんだけど、シンプルでめちゃ旨い。トロントロンで甘いのさ。
のどぐろ中俣2019-8



ちなみに、中俣で使ってるのは、のどぐろの最高級ブランド対馬の紅瞳。そもそもブランド化されているのは紅瞳のほかに島根の「どんちっちのどぐろ」くらいらしく、高級魚の割にブランドが確立されていない印象。
のどぐろ中俣2019-1


ま、のどぐろ自体が充分ブランド化してるから、そこまでブランディングに力入れなくてもいいのかな。



のどぐろの中俣 築地
03-6264-7187
東京都中央区築地2-15-15 セントラル東銀座 106



換気扇の調子が悪かったのか、かなり煙が目に染みた夜でした。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年02月10日

わらじや(松山)瀬戸内海の味覚に覚醒

わらじや2016-34

道後温泉に行くと言ったら知人がオススメしてくれた割烹『わらじや』。瀬戸内海の魚の美味しさをカラダに刻み込まれた鮮烈な体験でした。


手書きのメニューが食欲をそそる。道後温泉本館でひとっ風呂浴びたあとビールは済ませていたので、地酒でスタート。
わらじや2016-7




のっけから度肝を抜かれたのが刺身の美味しさ。歯ごたえ、味わいともに五感が悦ぶ官能派。いとより、つり鯵、うに…全員主役級という布陣。酒がすすまないワケがない。
わらじや2016-9



お客さんの楽しそうな喧騒が、また心を弛緩させてくれるのよ。
わらじや2016-25




素材の良さだけではなく、大将の仕事も丁寧でより魅力が引き立っている。
わらじや2016-14




たこの卵は生でも煮てもTOPクラスに好きな珍味。
わらじや2016-18


だし巻き豆腐という新体験も、うまし。
わらじや2016-17





焼物も大胆に。ジューシーさに溺れる。
わらじや2016-22




魚の仕事もいいけど、このお出汁が躰に滲みるぅ…
わらじや2016-29





穴子の天ぷら、タコもついてきたのかな。サクっ、ふか。
わらじや2016-31




そう、そしてこれが強烈なデンプシーロールの進化系で襲いかかってきたうにメシ。
わらじや2016-36




容赦なくかき混ぜていただくんですが、ほんと悶絶。それなりに美味しい体験してるけど、これは思わず「うんまっ..」と声が漏れるレベル。
わらじや2016-37



わらじやと道後温泉本館に加え、現存十二天守の松山城まであるんだから、それだけでリピる理由になる。
わらじや2016-38


わらじや
089-931-5408
愛媛県松山市千舟町2-7-37



「坂の上の雲」も大好きなもんで。特にNHKドラマの方。本木雅弘の秋山真之
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。






続きを読む

kyah2004 at 00:19|この記事のURLComments(0)

2019年02月07日

エルムガーデン (札幌)雪国エクスペリエンスを貴方に

elmgarden2019-13



すすきのを歩いてると相変わらず海外からの旅行者が多いので、もっとインバウンドのお客さんを呼び込めそうな気がするんですけどね。藻岩山の麓に1000坪の庭を持つ和食会席の『エルムガーデン』。

戦後、各界の著名人が訪れていた「エルム山荘」が前進で、雪の庭を眺めながらの食事というのは、他のレストランとは明確な差異化を図れる圧倒的なコンテンツ。

シンガポールから来ていた弟の反応がまさにソレ。雪のない国からのゲストに、このパンチ力は半端ない。中心部からは少し距離があるけど、札幌でここほどインバウンドの可能性を感じるレストランって、まだ見たことがないです。

2月末までやっている”雪あかりのレストラン”は、雪国ならではのアート企画で、外国人だけじゃなく、東京から訪れたボクでも昂ぶるもの。
http://www.elm.cc/lp_yukiakari/

レセプションは室内だけど、その後、お庭を通って部屋まで案内されるというのは、非日常感あっていいっすね。特に雪の庭を抜けていくというのは、旅先ならではの特別体験。
elmgarden2019-3


灯りのアートに目を取られていたら、案内されたのが氷のプレミアムラウンジ。いわゆるICE BARってヤツで、アペリティフをいただきながら、七輪でアミューズをいただきます。すすきのから車でわずか10分で、この雪国エクスペリエンスは堪らない。
elmgarden2019-5



食事も雪庭を眺めながら楽しめるので、これは忘れがたい体験になる。
elmgarden2019-28



イベント中ということで、お皿の下に和紙アートも加わって、一層外国人が喜びそうな演出になっている。この和紙アート、お料理ごとに毎回変えるのよ。
elmgarden2019-16



魚料理の演出も派手で、コレはコレで新鮮。鰆を桜チップで燻しているんだけど、この大がかりな演出どうして?と突っ込みたくなる(笑)。
elmgarden2019-22



ただ、それこそインバウンドの方とか、デートでも「わっ!」と声があがるシーンだと思うので、素直に楽しんでおけばいいと思う。

そうそう、オンリストされてた「ニセコ酒造」の日本酒が、めっちゃタイプだったのも忘れちゃいけませんな。
elmgarden2019-10


エルムガーデン(ELM GARDEN)
札幌市中央区南13条西23丁目5-10
011-551-0707
http://www.elm.cc/



庭が気持ちいいので四季を楽しめるけど、北海道ならではの景色を楽しむなら冬のうちに訪れるのが、やはりいい。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2019年02月05日

紋ずし(祐天寺)鮨バブルからの解放

紋ずし2019-13


魚の価格の上昇に加え、少ないカウンター席で予約もとれないことから、ズンズンと庶民の財布からは遠ざかっていく江戸前鮨。富裕層の口からも「鮨バブル」という言葉を聞くので、そう感じてるのはボクらだけじゃないんですね。

気候の変動による漁獲の変化というのはある程度仕方ないと思うけど、サスティナブルな水産資源確保のための戦略的な動きもロクにしてないまま、消費者に価格だけが転嫁されているのだとしたら....。そんな行政からは税金を返して欲しいっすね。鮨屋行くたびに、税金1万円バックとかね。


北欧も一時、乱獲による漁獲量の減少や、質に対する評価ダウンがあったらしいけど、国家プロジェクトとしてサスティナブルな未来を向き合うことで、産業としてもブランドとしても、今は成功をおさめている。高いお金を払うなら、未来に対する投資がしたいもの。


ちと話がそれたんで戻るけど、予約が半年以上取れなくて、単価5万円以上の鮨って、正直、太陽系の外みたいな距離感です。だいたい予約のこと忘れてるし、直前に予約を思い出して「これ、誰と行くんだっけ?」と慌てることも少なくない。

富裕層、インバウンドのお客さんで埋まるなら、こうしたカテゴリーの鮨屋があること自体は問題ないんですが、もうちょい気軽に鮨屋に行きたいので、ミドルクラスの美味しい鮨が、増えて欲しいなーって。

フレンチではビストロがあるように。イタリアンではトラットリアやピッツェリアがあるように。



そんな話を前にしてたら、シンガポールに住んでる弟が、祐天寺の「紋ずし」いいぜ、と。創業80年老舗の江戸前鮨。
紋ずし2019-24



ヤツがシンガポールで「紋ずし」の息子さんとビジネスをしてて、祐天寺のご実家のお店にもたまに行ってるのは知っていたんです。でも富裕層のシンガポール視点ゆえ、どこまで信じていいかわからなかったのよ。庶民の財布の薄さ わかってんのかなー?って(笑)。

とはいえ、ちゃんと自分で体感してみないとわからないものが多い世の中。先日やっと行ってきたんです。

結論から言うと、
 ・ちゃんと美味しく質がいい
 ・今どき、それぞれの単価がクリア!!
 ・2,3貫つまみに寄る使い方も大歓迎
ということで、めっちゃニーズにぴったりだと判明。

つまみと握りをお任せにして、お酒も飲んだから1人1.5万円弱だったと思うけど、この時は胃のキャパを完全にオーバーするくらい食べてたのね。

適度な量なら1万円切るだろうし、休日ランチを食べ過ぎた日に、夜に30分くらいちょい寄りして3,000円みたいな使い方もできそうだ。これぞ本来のファーストフードスタイル。

店内は高額鮨店のような白木のカウンターとか、そういう感じじゃない。今どきめずらしく、メニューと単価がきっちり貼ってあるし、昔ながらの街場のお寿司屋さんといった気楽さが漂う。
紋ずし2019-2



つまみは、あん肝やうなぎなどパンチ力あるものが、そこそこの量で出てくる。うなぎはオリーブオイルを使ったりして、既成の枠に囚われず時代に応じて美味しいもの出していくというスタイルもいい。
紋ずし2019-5



無造作に出てきたお造りが、大間のまぐろ、クエにアワビとスター揃い。単にスター選手を並べただけじゃなく、アワビの肝ソースも工夫があったりと、着地点は見極めてるし、仕事へのプライドを垣間見れられる。
紋ずし2019-8



肝のたっぷりのったカワハギや、白子の握りなど、繊細な仕事を感じつつも、笑みが勝手に漏れちゃうようなストレートメッセージを投げてくるのもいいっすね。難解さはなくわかりやすい。
紋ずし2019-11




雲丹をたっぷり練り込んだ握りや、炙りを入れたまぐろも美味だった。
紋ずし2019-18




そうそう、牛肉の鮨って、往々にして”なんちゃって感”がベタッと張り付くんだけど、ここの牛肉の鮨は味も温度もシャリとバランスよく、脂にイヤな余韻がないんです。もう一度食べてみたいな。
紋ずし2019-20




紋ずし
03-3712-6078
東京都目黒区祐天寺2-14-19
http://monzushi.com/ (シンガポールの支店のURLっぽいね)




次回は、サラッと使い試してきます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 12:36|この記事のURLComments(0)

2018年12月02日

隠岐の島へ (島根)出雲大社と松江城と足立美術館と温泉と

1202山陰旅2018-63

例年は京都に紅葉狩りの11月末の3連休。今年は隠岐の島(島根県)に行ってました。


この時期に何しにって聞かれるけどライフワークの「海崖を撮りに」。京都の紅葉は捨てがたかったんだけど、10月頭に予定してた隠岐の島行きが台風でリスケになってしまい、最短で行けるタイミングがここだったんです。
1202山陰旅2018-52



なんで隠岐の島かというと、このジオパークの海崖の威力はワールドクラスなんす。品が良く控えめな印象の島根県だけど、離島の迫力は日本基準じゃない。
1202山陰旅2018-61



崖以外の景観も国内トップクラスの感動度。出雲大社だ、松葉蟹だ、国宝松江城だ、足立美術館だと文化好きキャラっぽい投稿をFacebookでしてたけど圧倒的にテンション上がったのは、やはり隠岐の島の知夫里島と西ノ島といた島前。
1202山陰旅2018-60



ちなみにこの映像は西ノ島 国賀海岸の摩天崖。



天候や光の加減で全く印象変わるので、丸一日いても飽きやしない。雨が迫ってくるのとか見えるしね。来年の初夏には、ビールとワインとつまみをもってじっくり崖と対峙しに行く予定。
1202山陰旅2018-67



牛が道路を塞いでたりとか、非日常すぎて笑えんのも虜になった理由のひとつ。
1202山陰旅2018-49




隠岐の島の宿は西ノ島の『国賀荘』、この部屋からのVIEWはPriceless
1202山陰2018-1



隠岐の島へは船で行くとなると七類港や境港からのフェリーとなるので、本土側の拠点は米子(鳥取県)に。益田(島根県西部)のあたりではよく見てたけど、このあたりも石州瓦の家が多く興奮しまくり。赤備え!!
1202山陰旅2018-15




さっきも書いたとおり11月になったのは想定外で、隠岐の島はオフシーズンというのを知ったのもエアを取り直した後のこと。国内はあんま前調査しないので、セレンディピティに身を任せることが殆ど。隠岐の島が当初は3泊予定だったけど、今回は2泊で予定してたんです。で、1日米子ベースで時間できるから、人生初の出雲大社に行こうとだけは決めていてね。
1202山陰旅2018-5




で、なんも知らずに出雲大社行ったんだけど実は凄いタイミングで。
1202山陰旅2018-4


一般的に10月は神無月というけど、全国の神々が年一で神事のために出雲大社にお集いになられるからなのね。だから出雲地方では旧暦の10月を神在月と呼んでいて、中でも一番のハイライトが11/22,23だそうで。それを知らずに出雲大社に訪れている当家の天然っぷりは相変わらずですが、欲は出さずに良い縁に恵まれるようにとだけ祈願してきました。
1202山陰旅2018-8





最初、米子から出雲大社までは電車で行こうといてたんだけど、当日朝にレンタカーに切り替えることにしたのね。あくまでノリで。したらライスフィールドと石州瓦を見渡せるショコラティエ『ナナイロ』に出逢えたり、恵比寿くろいわさんのおススメ燻製屋『スモークハウス白南風』で念願のベーコン買えたし、宍道湖沿いもドライブできたし、ライトアップのセンスは酷いけど突き抜けた日本庭園の由志園にも行けたりと、早速想定外の縁に恵まれました。旅は骨格だけ作っておいて、あとはアドリブというのがやはりいいね。
1202山陰旅2018-19




現存十二天守にして国宝の松江城。いやー、戦国マニアには垂涎の建物。見た目よりも中は広く高さもあるのよ。
1202山陰旅2018-31




石垣の美しさは、さすが。
1202山陰旅2018-25





この窓越しに見える紅葉もたまらない艶感。日本って素敵。
1202山陰旅2018-27







ステイは米子(鳥取県)だったけど、出雲大社、松江城、隠岐の島など遠征の殆どが島根県。毎年、この時期は京都に紅葉を観に行くんだけど、今年は足立美術館(これまた島根県)で紅葉狩り。
1202山陰旅2018-79



米子駅から車で30分くらいなんだけど、額縁のような庭景は圧巻。借景も遮るものが何もないから作庭当時の趣きがそのまま。
1202山陰旅2018-91



お茶席もめっちゃ気持ちいい。生誕150周年ということで横山大観の絵も50点くらい展示されてて、これまたジャストなタイミングで来ちゃったなと(笑)。
1202山陰旅2018-76




美術館の後は大山まで足を伸ばせるコンパクトさ。ちなみに大山に来たら紅葉は終わってるは、雲がかかってて大山見れないわでカフェでしばし休憩。アドリブだらけの鳥取、島根旅。アタリもあればハズしもあるさと思ってたワケですよ。
1202山陰旅2018-96




すっかり負け戦モードだったんだけど、折角だからと大山寺や大神山神社に行ったらメチャ雰囲気よくて。一気に復活、やっぱ”諦めたらそこで終わり”だね。
1202山陰2018-7





帰りに「金門」という川沿いのオーラでまくりスポットへ。いきなりここだけ両脇が崖という天然の切り通し。
1202山陰旅2018-99



この崖を見に行って後ろを振り向いたら、なんとさっきまで雲に隠れていた大山が!!! 北壁がチラ見えとはいえ大満足。足湯も楽しめたし、結果大山行きは大正解。
1202山陰旅2018-101





米子のステイは駅前と皆生温泉(かいけおんせん)『華水亭』。ここの2Fの露天風呂は寝転びゾーンがあって、ステイ中 温泉には4回ほど通い詰めてました。しずかちゃんか!?ってくらい。
1202山陰2018-4




米子の町で嗅覚にまかせて入った小料理屋の『食留芽』は、家庭的だけど素材は抜群という狙い通り。松葉蟹とフグもしっかりいただけたし、楽しかった。客層は年齢層高めの富裕層が多く、クチコミサイトはマーク薄め。旅先で飛び込みはアタった時の嬉しさがひとしお。色々旅のアドバイスをもらって急遽 旅先でチューニング開始。
1202山陰旅2018-43



どんなアドバイスかと言うと「この時期に隠岐の島ってなにもないわよ」と。しかも、隠岐の島出身の女将さんをはじめ全員から止められて。その場で隠岐の島のご家族にまで電話してもらって「何かある?」「何もない」という確認まで。天気も悪そうな予報で 急遽 隠岐の島は1泊に変更したりと当初とはだいぶ違う旅プランになったわけです。

でもその結果、隠岐の島は崖偵察しっかりできたし、大山、足立美術館など、今回は諦めてた場所にも行けたわけで。


それに、隠岐の島から1泊で帰ってきたからこそ、タクシーの運転手と仲良くなって日曜日もやってる江戸前鮨のお店も紹介してもらえたし。
1202山陰旅2018-103



というか、お店に入ったら「な、なんでいるんスカ!?(笑)」と。ここをお薦めしてくれたタクシードライバーの山本さんがカウンターに座っててビックリ。
1202山陰旅2018-122



松葉蟹もいただけたし、
1202山陰旅2018-104




カントリーサイドらしい江戸前鮨は、ホタテの火入れ加減が特に印象的でした。
1202山陰旅2018-109


これだから旅はヤメられない。年内もまだまだ行きまっせ!!
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2018年11月07日

ぬく(目黒)禁煙じゃないのが惜しいけど

1107ぬく2018-8


バカンスから戻ってきた時の駆け込み寺『ぬく』。目黒駅からも中目黒からも距離あるカウンター主体の小料理屋さんゆえ、9割くらいが地元のリピーター。料理はお値段以上のクオリティだし、1,2名なら時間選べば滑り込めるので、めっちゃ重宝しています。

1107ぬく2018-1



とはいえ、誰にでも無条件にオススメできない理由が2つある。

ひとつが喫煙OKなこと。いまどき禁煙じゃない和食屋さんってのもめずらしいけど、それもリピーター率の高さゆえ。お客さんが望むならしゃーないもんね。2020年4月には東京都条例で店内禁煙になるけど、それまで嫌煙家は連れていけない。

あと、家族経営なので店内にはお子さんも。ご夫妻で切り盛りされているから、必然夜の営業時はお子さんが店内にいるわけです。なので、気づいたらお嬢さんが足元に!なんてサプライズも。ある文字通り家庭的なお店なんで、慣れれば全然気にならないけど、会食やデートには向かない面も。
1107ぬく2018-5


お子さんが産まれた時は、お店をクローズされることも考えたらしいので、子育てとお店を両立されているこのスタイルは応援したい。ご近所さんの日常使いには ほんと貴重だし、こういうスタイルも、ボクは全然アリだと思う。

少子化が進む日本において既存のルールに縛られていたら、シュリンクしてしまうだけ。双方の理解さえあれば、世間が勝手に決めた価値観なんてとっとと捨てていけばいい。世間なんてもんは、傍観してるだけで助けてくれるモンではないし、実際にお金を払ってくれるお客さんのニーズが大事。


ぬく
03-3719-8101
東京都目黒区中目黒4-8-14 1F

ボクは子供がいないから自身で体感できてるわけではないけど、海外に比べて日本は子育てしにくいという声はよく聞きます。人口の低下は国力の低下に直結。金融資産の殆どを所有しているシニアよりも、若年層のポテンシャルを活かし未来を創る日本になって欲しいなぁ。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



なんとなくInstagramもやってます


続きを読む

kyah2004 at 20:38|この記事のURLComments(0)

2018年10月20日

いろりの宿 芦名 (会津若松)体にしみいる朝ごはん

1018芦名2月-1

夜ご飯が美味しい料理旅館は数多あれど、朝ごはんも記憶に残る宿ってそんなにないんですよね。会津若松の東山温泉『いろりの宿 芦名』は、朝ごはんも囲炉裏でお魚焼いてくれるし、おかずも丁寧に作られていて体に沁み入るんです。

部屋の数だけ囲炉裏があるので、プライバシー性も高くすっぴんでも行けちゃいます。2泊したときは初日が鮭で、2日目は煙モクモク”もの凄いサバ”でした。
1018芦名2_2月-7




やっぱね、炭火で焼く魚は旨いっすよ。
1018芦名2月-8




しかも、ここの白米は、まりえも相当お気に入りの美味しさで、思わずお代わりがすすみます。卵焼きもシンプルだけど、めっちゃタイプで美味でした。
1018芦名2月-6




唯一の難点は、冬だと露天風呂がちょっとぬるく感じちゃうのね。源泉掛流しなので温度は上がらないから仕方ないけど、雪見風呂してるとちょっと寒い。内風呂は問題ないけど、生粋の外好きなテラサーだもんで。
1018芦名2_2月-13


いろりの宿 芦名
050-5593-8191
福島県会津若松市東山町大字湯本下原232-1






そんなときは、帰りに日帰り温泉できる絶景風呂に寄って帰ることにしています。
1020芦ノ牧温泉2月-2




『芦名』の料理は他に代えがたいものだっけど、絶景露天風呂は周囲に結構あるので。
1020芦ノ牧温泉2月-4-2



ここは芦名から数十分の芦ノ牧温泉。帰り道の途中で、雪見風呂して休憩して帰るのは最高でした。
1020芦ノ牧温泉2月-6




旅先で、その土地の美味しい食と酒を愉しめないなんて拷問なのでね。宿選びは食事です。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年10月13日

カブ (学芸大学)ふだん使いの天ぷら屋さん

1012CABU6月-7

ハイクラスのエレガントなてんぷら屋さんって、予約も取りづらいし財布へのダメージも大きくなりがち。

とはいえ、ソウルフードの天ぷらを、日常から遠ざけておくのも勿体無い。

目黒郵便局近く、ホテルクラスカ近くの天ぷら屋さん「カブ」は、敷居が高く日常から遠ざかってしまった天ぷらを、気軽に使えるお店。1Fではなく、脇の階段を昇って2Fのほうね。
1012CABU6月-1



コースは気楽に使える7品3500円のコースからあって5500円で11品。
1012CABU6月-9




そりゃ、ミシュラン取るような天ぷら屋さんとはクオリティ違うけどそれは別物で、チェーン店の衣がしなしなした天ぷらしか接してない若年層に、天ぷらの裾野を広げる意味でもこういうお店は大事だと思う。
1012CABU6月-13





そんな当家も訪問してから存在を忘れてて、久々に思い出してアップすることに。
1012CABU6月-14

カブ
03-3794-9881
東京都目黒区中央町1-10-12 2F
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131702/13159578/


ダイエット気にして生きてると、揚げ物って食べる回数減るんスよ。日曜も営業してるし、目黒エリアの人は覚えておくと便利なはず。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年09月29日

川原町 泉屋(岐阜)長良川で鮎を愉しむファーストチョイス

0918川原町泉屋6月-8


今年は鵜飼がみたくて6月末に長良川に行ったのね。結果 西日本豪雨の影響で鵜飼は見ることができなかったんだけど、その分しっかりと食べてきたわけですよ。

向かったのは、長良川温泉エリアの『川原町 泉屋』。もともと、鮎昆布巻、子持鮎紅梅煮といった製造販売を手がけていた明治創業の老舗で、軽いランチから鮎づくしコースまでいただける。
0918川原町泉屋6月-25


ボクらがセレクトしたのは8000円のコース。友釣りで釣られた天然鮎を厳選して仕入れていて、地図で「今日の鮎はこの●●川です」とちゃんと説明してくれるのが好印象。さすが数少ない、日本で海に接していない県だけに、いい石苔を育む鮎向きの河川が多くある。
0918川原町泉屋6月-5



お店は長良川温泉の木の格子の古い町並みが並ぶエリア、鵜飼舟乗り場から歩いて5分くらい。
0918川原町泉屋6月-29



1Fはお土産コーナーがフロアの大半を占めていて、カウンターとテーブルが少々。2Fはすべてレストランエリアで、いたってカジュアルな雰囲気。休日ということもあり帰る頃には全席埋まっていたと思う。
0918川原町泉屋6月-17



お店の雰囲気、サービス、世界観では、埼玉の「京亭」に軍配があがるけど、料理の緩急の幅や天然鮎のうるか焼など、川原町泉屋の魅力もしっかりと堪能できた。
0918川原町泉屋6月-10



冒頭で出てくる熟れ寿し、これはビールや日本酒すすみますよ。
0918川原町泉屋6月-3


天然鮎の塩焼を食べた後に、うるか焼を食べられるのはいい流れ。
0918川原町泉屋6月-13




天然鮎ぞうすいは、個人的にはそこまで刺さらなかったなぁ。炊き込みご飯の方が好み。
0918川原町泉屋6月-23

川原町 泉屋
058-263-6788
岐阜県岐阜市元浜町20
http://www.nagaragawa.com/


お漬物と一緒に供される鮎飛騨山椒煮は、弾力のある白米のほうが合うと思う派なので、その辺も含めて
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2018年09月04日

石垣料理 丸八(石垣島)ソーキそばとカレーもおすすめ

0904丸八6月-2

石垣市街だけどちょい空港寄りで、離島ターミナルあたりにステイしてると歩くのは厳しいかな。オーセンティックにして、小綺麗な石垣島料理が食べられる『丸八』。


空港についたら、一刻も早く海の美景が見たくてレンタカーで北上する自分ゆえ、だいたい石垣島に訪れると初ランチは「明石食堂」になりがちだけど、料理のバラエティの豊富さ、洗練された味わいなど、色々考えると、ここがファーストチョイスには最適だなって感じています。
0904丸八6月-10




お店自体はリニューアルしたので新しいけど、創業自体は60年の老舗で、いったん2006年にクローズして、今の店舗は待望の復活らしいです。
0904丸八6月-13


ソーキの乗った沖縄そばは、出汁はクリアで奥行きのある味わい。麺の噛みごたえも適度な弾力で噛み切る楽しさを味わえる。違うメニューも食べてみたいなら小サイズで十分。中身汁は臭みがなく、初心者でも安心して攻められる。
0904丸八6月-8




なにげにカレーも美味なので、大勢での訪問なら選んでみるのもいいですよ。
0904丸八6月-11




じゅうしいにカレーとか、中々レア体験できるんで。
0904丸八6月-12

石垣島料理丸八
0980-87-5483
沖縄県石垣市真栄里599-10



毎年行きたい石垣島。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2018年08月22日

とうふ屋 うかい(八王子)夏着物でショートトリップ

0824うかい8月-3

夏を愉しみたくて、浴衣でショートトリップしようと八王子の『とうふ屋 うかい』行きを企画。ちょうど誂えた夏着物が届いたので、折角ならと絽の着物で伺うことに。

各店舗ごとに微妙にコンセプトが変わる「うかい」だけど、ここは下町の江戸をイメージした大人のエンタメ空間。水を囲むように母屋づくりの建物が並んでいて、和装だと朱壁のに映えてよりフォトジェニック。
0824うかい8月-25



家を出る時は酷暑全開のカンカン照りだったけど、八王子に着く頃には空が暗くなり、建物に入ってしばらくしたら、バケツをひっくり返したような雨が降ってきた。

都会の鉄筋コンクリづくりのレストランでは、外が雨でもどこか他人事に感じてたけど、ここでは目の前を雨が流れ、遠くの雷の音も聞こえてくる。外の木が揺れているので、風の音まで聞こえてきそうだ。

雨は帰る頃までにはやんだので、むしろ濡れた庭が艶っぽくなって、思わず「演出ですか?(笑)」と問うたくらい。
0824うかい8月-21




食事は母屋の2Fの個室で。
0824うかい8月-17



プーケットから帰ってきた直後だったので、素朴で繊細な味わいが、舌と身体と心にフィット。

揚げの炭火焼きは、味噌と葱のバランスが良く、この日一番タイプだった。
0824うかい8月-10



くみあげどうふは、塩や薬味もあったけど、そのままスッピンでいただくのがオススメ。ちょっと変化が欲しくなったところで、塩や醤油、鰹節を加えるけど、あくまでスッピンにアクセントを加えるくらいで、ベタ塗りメイクは似合わない。
0824うかい8月-13



ずんだのどら焼きがいとうまし。
0824うかい8月-15


カロリーはできるだけ摂取せず、でも和の夏を味わいたかった当家にはピッタリのランチ遠征。帰りは特急あずさに乗れたので、特急自由席(500円くらい)で帰ったら、あっという間に新宿だった。
0824うかい8月-18

9月の末には高尾の「うかい」でお月見ができると聞いて、晩夏の席を予約して帰りました。和装でちょっとでかけるには、いい距離感。


とうふ屋うかい 大和田店
042-656-1028
東京都八王子市大和田町2-18-10
https://www.ukai.co.jp/oowada/

家族連れが多く、こんなに子供がたくさんいるレストランを久々に見た。嬉しそうなお祖父さんとか見てたら、なんだか田舎に遊びにきた気分。個室なので全然騒がしさとか気にならないのも、いいところ。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年07月25日

酒場シナトラ (東京駅)駅上ユーティリティ酒場

0725シナトラ7月-20



八重洲北口エリアに東京駅一番街ってグルメゾーンがあって、たまに使ってはいたんです。
0725シナトラ7月-1


ただ、あそこに2Fがあったなんてこれまで全く知らなかった、B1の存在は知っていたけど。2Fは駅上にも関わらず通路がこんなにもゆったりしたつくり。
0725シナトラ7月-2


目黒で和食を食べたい時、特に日曜夜の救世主として使っている『酒場シナトラ』。当家ではかなり重宝しているんですが、東京駅の一番街2Fに姉妹店をオープンしてたんですね。鴨メンチや肉豆腐などお馴染みのメニューが並ぶ。
0725シナトラ7月-11




牛刺は夏に特に嬉しい、いいスターター。もも肉とタンとハツのトリプルプレイ。味付けも上手だし、なにより魅惑的なプライシング。
0725シナトラ7月-15




肉豆腐は、メニュー名からは想像がつかないくらいの肉量。フツー、あからさまに豆腐が主役になりがちなんだけど、シナトラでは肉が圧倒的な存在感を放っている。
0725シナトラ7月-18




このエリア、まだ最近リニューアルしたばかりなんだけど、既にお店はかなりの賑わい。さすがは、首都の名を冠したキーステーション。
0725シナトラ7月-3

酒場シナトラ 東京駅店
03-6551-2070
東京都千代田区丸の内1-9-1
東京駅一番街 2F 東京グルメゾン H-4


メンズ同士の軽い呑み、女子会、会社のちょとした集まり、新幹線前のミーティング、誰とでもどんな時にでも使いやすいオールラウンダー酒場。欲を言うなら、お店の前に立ち呑みゾーンが欲しいところ。通路めっちゃ広くてスペース余ってるんだしさ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:57|この記事のURLComments(0)

2018年07月23日

中俣 はなれ(銀座)夏にのどぐろ尽くし

0711中俣はなれ4月-8

銀座にあるのどぐろ専門店の中俣。金沢エリアのマーケティングの上手さで、のどぐろは冬の北陸の特産物ってイメージが浸透していますが、実は通年で食べられるんですよね。そして、身が大きく質のいい「紅瞳」は、対馬沖で穫れるものだったりするんです。

そんな「紅瞳」を扱う銀座『中俣 はなれ』。全室個室の和空間でお造り、焼物、しゃぶしゃぶ、炊き込みごはんと、のどぐろ尽くしのコースが食べられる。
0711中俣はなれ4月-9




お作りは品のある甘さでジューシー。
0711中俣はなれ4月-12


焼物は言うに及ばず。身のふわとろ具合。脂のジューシーさは官能的ですらある。ただ、敢えて言うなら、原始焼(炭を周囲に並べて立てて焼く)のほうが、一回り美味かな。
0711中俣はなれ4月-14



しゃぶしゃぶは、レア気味、しっかり火を通したバージョンと2タイプを味わえる。
0711中俣はなれ4月-22



締めの炊き込みご飯も、もちろんのどぐろ。同じ素材でコース展開だけど全然飽きないんすよね。
0711中俣はなれ4月-24



焼物もしゃぶしゃぶも好きだけど、この締めがないと終われない。
0711中俣はなれ4月-28



1Fは厨房で、2Fに個室という贅沢な作り。夏にのどぐろ尽くしもアリでっせ。
0711中俣はなれ4月-35


銀座中俣 はなれ
03-6264-1034
東京都中央区銀座3-12-17 小森ビル 1F
https://nakamata-nodoguro.com/hanare/


今年の日本の夏は、もはや亜熱帯。バンコクやシンガポール行っても「あれ、涼しい」と感じそう。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年07月11日

酒とったり (横浜)近所に欲しい! 寿司もつまめる居酒屋(バルも併設)

0710酒とったり5月-17

居酒屋の寿司って基本信用してないですよね?(笑)

もちろん中には美味しい寿司を出してくれるお店もあるんでしょうけど、ボクの拙い居酒屋経験の中では、手を出したことへの後悔ばかりがメモリーされています。


横浜まで足を伸ばせる余裕があるときは、たいてい馬車道の『テンダロッサ』が目的になんですが、横浜駅でしごと帰りというレアなシチュエーション。この日はレアさに拍車をかけてみようと、西口の居酒屋に行くことになったんです。

なにぶん居酒屋経験値が低いうえに、横浜駅西口ということで期待値はゼロに近かったんだけど、信頼できる友人のオススメということで「ま、和モードだったし、いっかな」って感じでお店へと向かったわけ。

お店の名前は『酒とったり』、高島屋の目の前というアクセスのよさ。店内は昨年オープンしたばかりで、小奇麗。客層は西口にしては大人が多めです。
0710酒とったり6月-1




テーブルに座って目についたのが、47都道府県が全て網羅されているという日本酒のメニュー。なかなか気合入ってるじゃんと思ってスタッフと相談しはじめたところ、なんとオーナーが全て酒蔵を回って選んできたものらしい。
0710酒とったり5月-4



オススメの料理を聞いてのっかってみたら、これがちゃんと美味しいの!価格もいわゆる居酒屋価格なので、このクオリティには驚きます。
0710酒とったり5月-13


しかも、だいたい料理が安いお店って、カトラリーの質も価格に比例して落ちていくんだけど、そのあたり踏ん張ってるスタンスが垣間見えて好印象。なんていうか、お店の美意識というか、真摯な気持ちが伝わってくる。
0710酒とったり5月-7







枝豆は火入れいいね、バター醤油で炒めていて黒胡椒がいい具合に効いてます。
0710酒とったり5月-16



ポテトサラダも作り手の気合を感じます、旨し!
0710酒とったり5月-11



鶏のレバーも嫌な臭みがなく丁寧な仕事。このあたりに地力の高さ感じました。
0710酒とったり5月-10




カキフライもこのビジュアル、嬉しくてテンション上がる。タルタルソースも自家製で濃厚。
0710酒とったり5月-21




炙り〆鯖の棒寿司、お店で作ってるだけにシャリの温かくふわっとした感覚が新鮮。
0710酒とったり5月-32




こちらが握り。そりゃね、2万円超える鮨と一緒にしちゃいけないけど、目黒で行列できてる回転寿司なんかとは全く別次元。写真だと少しシャリが大きそうに見えるかもだけど、口の中に入れるとこれはこれでバランス感。
0710酒とったり5月-28


とにかく驚くくらいリーズナブルなくせに、メニューは多岐にわたり料理がちゃんとしてるので、ふと空いた日にフラッと寄りたい理想形。

酒とったり
045-624-9923
神奈川県横浜市西区南幸1-10-16 相鉄南幸第3ビル 2F


しかも、料理メニューは絞ってるけど、日本酒は100種類あるというカフェみたいな空間のバルが併設してて、こんなのが中目黒あたりにあったらヤバいことになると思うよ。どうして横浜駅の西口なんだろう??(笑)
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 19:50|この記事のURLComments(0)

2018年07月02日

有明の雲丹で手巻き寿司

0702手巻き寿司6月-3

シンガポールにいる弟が、何故が有明から生雲丹をゲットしてきたので、伯母も交えて手巻き寿司パーリー。

ランチが外食だと夜は殆どお腹が減らないので、当家はちょいつまみ程度のはずだったんだけど、案外オレはいけちゃいました(笑)
0702手巻き寿司6月-2


いくら on the 雲丹など、お店ではできないアクロバティックな技をきめつつ、満寿泉で着地点を整える。
0702手巻き寿司6月-5



食後はラトリエモトゾーのドルチェがテーブルに華を添える。こんななんでもないような夜でも、伯母は大喜び。たまには甥っ子するのもいいっすね。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:59|この記事のURLComments(0)

2018年06月13日

蕎麦懐石 義 (恵比寿)すだち蕎麦で梅雨をのりきる

0613義5月-3

賛否両論の新しい支店と思ったけど、よく調べたら独立された元料理長 斎藤さんのお店でした。

目黒の茶屋坂の上に出来てた『蕎麦懐石 義』。

ランチで蕎麦食べられて、夜もコースが5500円からと使いやすい。
0613義5月-2




お造りもちゃんとしてて1000円ちょい。
0613義5月-5



蕎麦懐石 義
東京都目黒区三田2丁目3−20 peerless B1F

03-6303-1105


B1のせいか、店の奥はまだ電波が届かない恵比寿のハイダウェイ
    ↓  ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2018年06月04日

ぬく(目黒)日常こそ大事

0604ぬく5月-5

目黒の小料理屋『ぬく』。かつて「フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナ」が中目黒にあったと記憶してる人もいるかと思いますが、更に30mくらい奥まったロケーション。

中目黒にしても、目黒にしても、駅から歩いたらゆうに10分以上はかかるので、わざわざ訪れる人はそこまで多くない。
0604ぬく5月-3



ゆえに、リピーター率が9割という地元密着型。禁煙じゃないし、娘ちゃんも縦横無尽に店舗内を駆け回っているため、いわゆるデート向きではないと思う。でも、ちゃんとした和の味を、居酒屋価格で食べられるというのは貴重なんすねよ。しかも、予約とかしたことないし。直前に電話かけて空いてたらいくとか、ヘタしたら飛び込み。

お造りも天然でちゃんと美味しく、すっぽん鍋が1人前で食べられるうえに、親子丼もあったりとか、かゆいとこに手が届いてて使い勝手がいいのよ。
0604ぬく5月-1

ぬく
03-3719-8101
東京都目黒区中目黒4-8-14 1F




毎晩 高額店に通える財力とコネがあれば話は別かもしれませんが、こういうポジションのお店って、自分にとってはかなり大事だったりします。
 ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 22:11|この記事のURLComments(0)

2018年05月10日

熊猫庵 プレミアムドS会 ふたたび

0423熊猫庵4月-21


築地の仲買人 徳ちゃんが主催する出張料理『熊猫徳永庵』、レストランでは考えられない原価率で魚をいただけるので、数ヶ月まで満席という人気っぷり。

普段は身近に魚を楽しんでもらおうというスタンスなんだけど、ベテラン鮨職人の斉藤さんとコラボしてのイベントは、魚を徳ちゃんが用意しつつ、料理は斉藤さんという、その名の通りプレミアムなイベント。



しかも徳ちゃんが厳選してきた日本酒もフリーフローで1.2万円。
0423熊猫庵4月-12



会場は前回と同じく三茶のレンタルスペース。初回(1月)にそのパフォーマンスの高さを満喫したので、あとは料理に見合う箸とかグラスとか自分の家のカトラリーを持っていくともっと楽しめると思ってたんだけど、朝バタバタしてたら結局間に合わず...、無念。
0423熊猫庵4月-10



今回も酒を呑まずにいられないつまみと、オーセンティックな江戸前握りという流れ。
0423熊猫庵4月-8



斉藤さんは河豚も扱えるので薄造りや天ぷらもインクルード。
0423熊猫庵4月-14



貝の扱いがやはり素晴らしくホッキも赤貝もシビれる仕上がり。
0423熊猫庵4月-29



握りは車海老のソリッド感、づけのテクスチャ、中トロの肉質など、まさにちょうどいい感じで。
0423熊猫庵4月-25





きめ細かな刺しの入った中トロもいいけど、オーセンティックな江戸前の中トロも古のエロス。
0423熊猫庵4月-26




いやー、魚も実にエロス。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 23:42|この記事のURLComments(0)

2018年04月24日

とり口 (五反田)焼鳥エレガンス

0423とり口4月-12

五反田の焼鳥の新店『とり口』。山手通りに近いTSUTAYA裏あたりという知らなければ、中々足を踏み入れないロケーション。

外観は質感あるモダンなしつらえで、デートでも充分に使えるファサードだ。オープンして10日後くらいの訪問だったと思うんだけど、店内は賑やかでオペレーションも落ち着いてるように見えた。
0423とり口4月-38



ただ、後で大将やスタッフさんたちに話聞いたら、「全然寝てないっす」とナチュラルにキマってた状態だったらしい(笑)

大将の西口さんは中目の人気店「鳥よし」で長年キャリアを積んだ方で、仕事は安定感あるし、佇まいも実にいい。
0423とり口4月-19



焼鳥10串と小鉢などサイドメニュー10皿ついて5800円。お酒は日本酒は勿論、ワインもビオ系が揃っていて気分に応じて使い分けられる。
0423とり口4月-34



なんせ日本酒に関しては「酒場 それがし」の流れだし、ワインも「LOVAT」が系列ということで、ラインアップにスキがない。
0423とり口4月-3



最初に小鉢がいくつか並んで、串が焼かれるのを待つ。この小鉢の印象でだいたいお店の地力がつかめるんだけど、芽キャベツとかいい感じだし、つくねのスープが絶品。「あ、こりゃ、いい流れ来るな」と期待が高まる。
0423とり口4月-6




のっけに出てくる「かしわ」。肉感が良く柔らかさと弾力のバランスが絶妙。
0423とり口4月-10



つくねの、粗いテクスチャが引き出す力強さの演出も好み。単に強引なだけじゃなく、わきまえたエレガントさも含みにもっていてね。シャツを着た卵とカと云う名の要はポーチドエッグ。カラスミがいい!
0423とり口4月-17


ぼんじりのジューシーさは、脂の甘さとキレの良さで余韻が美しい。
0423とり口4月-22



女性はお腹いっぱいになるボリュームなんだけど、メンズ的にはあと2本くらい攻められそうで、手羽先の後にも攻めちゃいました。ソリとハツモト最高!!!!
0423とり口4月-29



串が終わった後は、にゅうめんとかき氷でフィニート。
0423とり口4月-36


とり口
03-6421-7254
東京都品川区西五反田2-28-10


オープン直後で、この賑わい、ま、実際これだけのクオリティ出してたら人気になりますな。気楽に寄れる価格帯だけに当家の御用達になりそう、予約さえ取れればね。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年04月17日

いろりの宿 芦名 (会津) 会津牛の夕ご飯

0417芦名夜ご飯2月-25


昨年の晩夏に初訪問してめちゃ気に入って、この冬はスキー&美食のためにリピートした会津の『いろりの宿 芦名』。

ここは部屋数と同じ数だけ囲炉裏があるので、他の人に気を使うことなくのんびりと会津の素材を愉しめるのが魅力。
0417芦名夜ご飯2月-15



真冬なんで岩魚は冷凍だったけど、この大きさのものを会津の炭でじっくり火を入れたものがいただけるのは贅沢極まりなし。
0417芦名夜ご飯2月-3



女将のこだわりで選びぬいた会津の食材の夕餉は、こなれた旅人が求める理想のエクスペリエンス。
0417芦名夜ご飯2月-6




市場に出回らない希少な会津牛の焼きしゃぶ
0417芦名夜ご飯2月-26



コリッとした食感の残るつくねの炭火焼きなど、何度再会しても嬉しいメニューも並びます。
0417芦名夜ご飯2月-14




味付けも決して濃すぎず、洗練されたバランスの良さが印象的。
0417芦名夜ご飯2月-16



あとね、あんま知られてないけど、福島って長野に次ぐ蕎麦の産地なのよ。家で蕎麦打つ人も多いらしく、なにげにアベレージが高い。
0417芦名夜ご飯2月-29

いろりの宿 芦名
050-5593-8191
福島県会津若松市東山町大字湯本下原232-1
http://www.ashina.co.jp/


美味しい宿には色んな季節でリピりたい。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年04月02日

赤瓦をめぐる旅 (島根)石見銀山〜益田の道程

0402石州瓦3月-50

島根県芸術文化センター「グラントワ」さんのプレスツアーで、今回は赤い瓦をめぐる旅に。

石見エリアは石州瓦という赤い瓦の産地があって、特に海沿いは赤瓦の家が多いのよ。当時は海運が発達していた関係からか内陸よりも海沿いに赤瓦の家が多い。
0402石州瓦3月-20


全盛期はフィレンツェのように街全体が赤く統一されていた頃もあったようで。今も残っていたら間違いなくインスタスポットになっていたと思うのから悔やまれるよね…。

撮影地 湯泉津、江津本町、石見銀山


今回は、波子、都野津、湯泉津(ゆのつ)、石見銀山、江津本町の町を周ったんだけど、泊まったってこともあって、一番印象に残ったのが『温泉津温泉(ゆのつおんせん)』。日本で唯一の世界遺産の温泉街ということもあって、地味だけど興味深い見どころが多かったのよ。

ここは温泉街から車で5分くらいの沖泊という当時の天然の港で、銀の積出港だったらしい。今でこそ寂びれた雰囲気だけど、その枯れ感こそが栄枯盛衰という歴史そのものの姿のようで静かに心にしみてくる。
0402石州瓦3月-27



TOPの写真も宿泊した「輝雲荘」。朝6:00前、最初入った時はまだ薄っすら外が暗かったんだけど、だんだん明るくなってきたら趣ある赤瓦が浮かび上がってきて思わず大興奮。前夜にお風呂入ったときも外は真っ暗だったので、全く期待してなかったからそのサプライズ具合にグッときて。
0402石州瓦3月-49



宿はいわゆる温泉旅館。
0402石州瓦3月-31



食事は地のものを中心に。利き酒セットで島根の地酒 開春を飲み比べ、"米の雫”がタイプでした。
0402石州瓦3月-34

輝雲荘
島根県大田市 温泉津町温泉津ロ202-1
kiunsoh.com
0855-65-2008



食事の後は、近くの龍御前神社で石見神楽のデビュー戦。神社で公演があるってのが実にいい。こういうのって小綺麗なステージよりも、客席と距離が近くて地元文化とシンクロしてるとこの方が共感指数高くなるしね。
0402石州瓦3月-43



石見エリアでは神楽が盛んで、相当数の団体があると聞いてたんだけど、ひとつひとつがこんなにも気合入って完成度高くて驚き。演目も衣装も思いのほか煌びやかでハマりました。




公演のあとに、ゲストは衣装を羽織れるんだけど、これなんて15kgもあってズシリと重い。
0402石州瓦3月-46




翌朝は6:30から温泉の周囲を散歩。年季の入った赤瓦が多くソソります。
0402石州瓦3月-65



赤瓦じゃないけどフォトジェニックだったのが、GoogleMapでも検索されない「愛宕神社」。この神社の裏から続く苔で覆われた尾根の道がめちゃ艶っぽくて。観光客に荒らされてない感じも絶妙に良くない?
0402石州瓦3月-59



2泊だったので食事のチャンスは限られてたけど、訪れたレストランはどこも”この地らしく”オススメできるとこばかり。


まずは萩石見空港からほど近いシーフロントの洋食店『柿の木』
0402石州瓦3月-2



このロケーションは反則、しかもテラス席もあるんすよ。風強い時とか寒い時期は店内だけだけど、テラスの時期に再訪したい。
0402石州瓦3月-4

柿の木
0856-23-7417
島根県益田市高津町イ-2582-10




続いては、石見銀山の町 大森の2店を。ここは古民家が並ぶ雰囲気のある通りで、ポツポツとだけどセンスのいい厳選されたお店があるんです。

そのひとつがドイツでマイスターの資格を得た日高さんのベーカリー『ベッカライ コンディトライ ヒダカ』。同行したパンマニアの友人が強烈にキュンキュンしてたので、そういう時は波に乗る主義の漢(オトコ)です。
0402石州瓦3月-76



ドイツらしくプレッツェルや、ゆず食パン、おすすめのヘレンベルガーフロート、あんぱん、クルミのパンなど、カバンに入りそうな分だけ大人買い。これが正解でほんっと美味だったのよ。ドイツのパンって勝手に質実剛健で面白みがないものかと先入観あったんだけど、いやいや完全に間違ってたわ、反省。

次行ったら買えるだけ(数日以内に消化できるだけ)まとめ買いしたいッス。
0402石州瓦3月-75

ベッカライ コンディトライ ヒダカ
0854-89-0500
島根県大田市大森町ハ90-1
https://www.facebook.com/bkhidaka/



ヒダカでおみやげのパンを買い込んだ後に、『群言堂』の石見銀山本店の中にあるカフェへ。中庭に面した開放感あるサンルームや、小さな箱庭の前のカウンターなど雰囲気も相当いい。
0402石州瓦3月-81



0402石州瓦3月-80




献上米を使ったおむすびをいただいたんだけど、これもしみじみ美味なのよ。添えてあるお漬物も美味しいくて体の内部から癒やされました。
0402石州瓦3月-84

群言堂 石見銀山本店
0854-89-0077
島根県大田市大森町ハ183


「群言堂」の本店はナチュラルなライフスタイル提案ということで服やお皿も見応えあり。
0402石州瓦3月-87



ちなみに近くには、「群言堂」の運営するこれまたセンスいいホテルがあって、ここ次回のターゲットだったりしています。
0402石州瓦3月-77





あと、レストランではないんだけど、お店の前だけでも通りたかったのは波子の町にある「ウオッチミュージアム・ヴォガ」。日本初のアンティークウォッチ博物館で800本以上を展示する私設博物館。この町のゲストハウスを取材したんだけど、帰り際に「この町にはアンティークウォッチの博物館があってね」なんて話になって「ま、ま、まさか、オレが憧れてたアレがこの町にあるんですか!?」って!!
0402石州瓦3月-11



てな感じで、またまた島根に再訪する理由が増えちゃいました。益田の駅あたりもこじんまりしながら美味しいお店多いので、コレクターのパイセン達連れて皆で来るのも面白そうでねぇ。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年03月16日

粲(六本木)構えず使えるカジュアル割烹

0316さん2月-8


日本人にもかかわらず、特に若年層から一番遠くなっている料理ジャンルが日本料理。フレンチやイタリアンに行くことはあっても、中々 日本料理のカウンターは敷居が高いっすよね。

家庭料理や居酒屋の上で、でもコース1.5万円からみたいなハードルの高さじゃなく、もうちょい気軽によそ行きの和食が食べられるお店が欲しいんですよね。

ここ、六本木の『粲(さん)』は、プリフィクスが6000円で、遅めの時間帯はアラカルトでも使える和のお店。カウンター席の他に、個室が3つくらいあるので色んなシーンで使いやすい。
0316さん2月-17




ポテサラ、前菜、お造り、メイン、ごはんモノといった流れで、冒頭に登場するポテサラ。
0316さん2月-3



燻香も程よくついていて、これはついつい酒がすすむね。料理的には、TOP写真のうなぎの梅しゃぶが味わい、歯ごたえともに癖になる感じで、この2つのお皿に「粲」が目指そうとしている個性を感じました。
0316さん2月-4




〆の八海山サーモンといくらの炊き込み御飯はビジュアル的にも楽しめるもの。
0316さん2月-13


050-5594-8862
東京都港区六本木4-10-3 第V大栄ビル 7F
http://sun-since2018.jp/


肩の力を抜いて気楽に過ごしたい夜に。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:41|この記事のURLComments(0)

2018年03月08日

山下本気うどん(渋谷)並木橋の呑めるうどん!

0308_山下本気うどん2月-9


店名聞いた時は”冗談か?”と思ったけど、実際行ったらメチャ普段使いに良くて驚きました。並木橋の『山下本気うどん』。

目黒でも人気のお店で、芸人さんのお店っていうからナンチャッテな感じかと先入観はいったけど、つまみはかなり丁寧だし、並木橋店はパッと見は洒落たカフェよ。
0308_山下本気うどん2_1月-2



サラッとうどんだけ食べるつもりだったんだけど、メニューが豊富。日本酒もそこそこ揃ってるんで、つい頼んじゃうじゃないですか。だったら試しにとオーダーしたつまみ類、ところが中々出てこないんです。
0308_山下本気うどん2月-1



厨房の方を見てみると、ファーストフードのうどん屋さんにありがちな、トッピングがしなびて並んでるなんて光景はありません。完全に厨房で作ってます。

「あ、これって もしかしてちゃんと作ってるのかも」と思ったら、やっぱそうでした。カニクリームコロッケとかキチンと揚げてあって、衣はカリッとジューシー。
0308_山下本気うどん2月-8




テールの煮込みに至っては、骨ごとドドーンんと出てくるしね。これ、見た目だけじゃなくて、ちゃんとしてます。フツーに夕飯で食べたいおかずレベル。
0308_山下本気うどん2月-6


うどんも種類多くて、ざる、つけ、かけ、醤油、ぶっかけ、釜揚げ、カレーとフルラインナップ。

メンズらしく肉うどんを選んだけど、これは正解。卵と肉と麺のトリプレッタ!!!
0308_山下本気うどん2月-10

山下本気うどん
050-5594-5741
東京都渋谷区渋谷3-15-8 並木橋ビル 1F
http://gardengroup.co.jp/brand/yamashita/


麺のコシもいいし、肉の甘さも程よくて♪
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:24|この記事のURLComments(0)

2018年03月06日

酒場シナトラ (目黒)クラシックなのにモダンな和食

0221SS12月-16


目黒駅至近の雑居ビルの地下にあるクラシックモダンな和食『酒場シナトラ』。

すき焼き100gで1200円とかシビレの山椒焼きが600円以下とかチェーン系の居酒屋と価格は大きく変わらないのに、あからさまに違うのは料理のクリエイティビティ。

特に印象的だったのはTOPの写真の鴨メンチ(780円)。鴨の風味が独特の印象、こういうのもアリなんだと驚く。

ドリンクも安くてちゃんと美味しい。サワーにはふんだんに果汁が使われてるし。
0221SS12月-1



日曜の夜も営業してくれてるのは嬉しい。ランチで食べすぎて、夜に軽くつまみたいって時あるじゃない。目黒だと、日夜営業のお店ってあんま多くないから助かります。そして、そんな時に肉刺しの3種盛りとかあると、ついオーダー入れちゃいますね。
0221SS12月-4





フルオープンのキッチンの2面を客席が囲っている。
0221SS12月-17




鰆の昆布締め 柚子味噌とともに。歯ごたえも味付けも良いよ。分煙してないので、すぐ隣にスモーカーがいるとツラいけど、ちょっと距離あればそこまで気にはならないかな。
0221SS12月-10




たまごも、しっかりふわとろ。
0221SS12月-13




肉豆腐っていうか、メチャ肉じゃん。ご飯ほちぃ〜•́ε•̀٥
0221SS12月-7




駅至近の雑居ビルの地下。一度行くと便利に使えるけど、知らないとそのままになりがちなロケーション。ボクも最近まで知らなかったし。
0221SS12月-21


酒場シナトラ
03-6417-0281
東京都品川区上大崎2-27-1 サンフェリスタ目黒B1
http://www.bistro-jill.com/shop/shinatora.html



写真のサインが名古屋になってるけど、めっちゃ目黒です。酔っ払って作業した時にありがちなケース。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ





続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年02月27日

いろりの宿 芦名 (会津)旨い郷土メシとスキーの大人な休日

0224会津2月-21


平昌オリンピックも終わろうとしている週末、JRの広告(私をスキーに連れてってパロディ)に踊らされた当家は、20年ぶりくらいのスキーに行ってきました。
0224会津2月-17



昔と違って、朝から晩まで滑りたいわけではないのでゲレンデから多少離れててもゆったりとした宿に泊まりたかったし、食事が美味しいところというのがマスト。
0224会津2月-8



週末にサっと行きたかったので、北海道は今回 断念。新潟方面で探そうと思ったんだけどふと気づいたんです、「夏に行った会津の『芦名』は、スキーの拠点としても使えるんじゃないか」と。
0225会津2月-2



調べてみたら、グランデコとかアルツ磐梯とかネコマとか、聞いたことある名前がヒット。宿からの距離も車で1時間くらいと雪見ドライブにも、ちょうどいい距離。当家のニーズがピタッとはまって、大人スキー旅のフレームが固まったんです。
0224会津2月-14



旅程は金曜日の午後に出ての2泊旅、結果スキーもできて、美味しい会津の食も堪能して、雪見露天風呂で癒やされて帰ってきました。
0225会津2月-41




スキーは土曜日に挿し込めば、当日の気分でスキーの比率は調整できる。朝イチから行ってもいいし、昼前に着いてのんびり滑るもその時の状況次第。夕方宿に帰って温泉でひとっ風呂して、囲炉裏で会津の食材に舌鼓って理想のスキー旅じゃないですか?
0224会津2月-15




再訪の「芦名」ですが、料理はやはり期待通り。むしろK点超えてきます。地元の無農薬の田んぼで育った鴨の鍋や、会津牛の焼きシャブといったメインは、いろりの宿の真骨頂。
0224会津2月-23



前菜も印象深くしっとりとしたテクスチャの馬刺し、鰊の山椒漬け、自家製のつくねなども満足度し。キレのいい蕎麦で〆られるのも心地良い。2泊したけど、料理はカブることなく量もほどよく満腹でちょうど良かった。
0224会津2月-4




前はね、夜の量がもうちょっと多くて、逆に朝ごはんの時に「お腹が空かない...」って悩みがあったんだけど、今回は適量で朝ごはんも存分にいただけました。
0225会津2月-10



鴨鍋とか会津牛の焼きしゃぶとかフォトジェニックで、先述の夜ごはんに目がいきがちだけど、なにげに凄いのが朝ごはんのクオリティ。

今回は特に2日目が良かったんだけど、卵の黄身の醤油漬け、シラスとだいこんおろし、地鶏の親子丼(の上の部分)、どれもお米に合うんすよ。お米自体も完全無農薬栽培で育てられた爐劼箸瓩椶譟匹如△海譴世韻任眸い進むのに、困った話です(笑)。
0225会津2月-29



朝も炭火で干物を焼いてくれるんだけど、フツーに鮭も異次元でうまいのに、”物凄い鯖”っていうジューシーな無添加干物は、脂も綺麗で身も味が濃い。煙が出まくりの仲居さん泣かせなんだけど、否が応でも食欲が解放されるので、ごはんのお代わり4杯しちゃいました。おかげでゲレンデではランチ要らず。
0225会津2月-27




食へのこだわりだけじゃなく、温泉も「源泉100%掛け流し」でオーガニック。ゆえに冬の露天風呂は、ちょっとぬるいけど、内湯でしっかり温まって、交互に入ればちょうどいいよ
0225会津2月-33

いろりの宿 芦名
050-5593-8191
福島県会津若松市東山町大字湯本下原232-1
http://www.ashina.co.jp/


芦名の旅館はレトロで雰囲気あるけど景観は無いので、帰りがけに日帰り温泉に寄っていくのも賢い選択肢。芦ノ牧温泉の「大川荘」は、ダイナミックな渓谷ビューの雪見露天風呂が魅力(1500円/日帰り利用)。
0225会津温泉2月-1




東北道の白河まで下道でいっても3.5Hあれば東京まで帰れます。ラウンジも絶景だし、ここで最後に一息入れて家にかえるのはオススメ。
0225会津2月-52



身体が覚えてたのか、カービングスキーというテクノロジーの進歩か。20年ぶりのスキーは、思ったよりも滑れました!
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:14|この記事のURLComments(0)

2018年02月19日

JB日本橋 (神田)ジャパンビストロの創造性

0219JB1月-20

日本の旬や四季を強く意識しながら、更に和の料理技法も積極的に取り入れた『JB日本橋』

JBって何のことよ?と店名聞いた時は思ったんだけど、和ビストロと謳っているので「Japan Bistro」の頭文字なんでしょう。
0219JB1月-7



アペリティフしながらメニューを眺めてると"海老真丈と枝豆のカダイフ揚げ”とか、"牛ばら煮込みとフォアグラの玉子焼き”とか、和 feat. フレンチ的な料理が並んでいます。

想定以上に魅力的な料理が並んでいるんで「うーん、どれにしよーかなぁ…」って唸ってたら10皿くらいのコースメニュー見つけちゃいました。しかもなんと4000円!!!!
0219JB1月-5




フツー、4000円で10皿コースって聞いたら大人の事情を察するじゃないっすか。しかも和✕ビストロだったら尚更。この流れって中途半端なモンが出て来るリスクが俄然高まるので、内容はソコソコでもがっかりしないよ〜って、ディフェンスモードに入りがちです。


ところがね、サービススタッフの説明とか聞いてたら やけにちゃんとしてるのよ。質問に対する答えが的確で、わからないものは「確認します」と爽やかに厨房から情報を拾ってくる。レコメンドメニューに対するストーリーも魅力的だしね。

故に、スタッフを信じてのっかることにしたんだけど、コースを選んでしみじみ良かったと感じたのがこちらの牡蠣の白菜ロール。牡蠣との組み合わせだけでも面白いのに、その下に敷かれていたフォアグラが、これまでにない食体験へと連れてってくれたのよ。
0219JB1月-12




そんな牡蠣の白菜ロールに合わせたお酒がYAMAWAのオイスターという清酒。前菜の序章パートから、「なにこれ、4000円なのにヤルじゃない」とふつふつ感じていたんだけど、このマリアージュが一気に確信へと変えてくれました。「JB日本橋」は使える店だと。
0219JB1月-14





中盤で牡蠣のヤマがあった後に、〆に向かってもう一度クライマックスがやってくる。

青森産の熟成豚のローストは、長谷川さんという生産者の豚さんで、このロースが実に甘くて旨いんです、と。そんなの聞いたら食べたくなるじゃない。

でね、何度もしつこいけど4000円のコースのメインっすよ。いくら中盤でいい仕事したって、ここは素材の地力が出ちゃう場面じゃないっすか。ところがね、この長谷川さんの豚は、味の絶対値で言うとコースの中でちゃんと一番美味だったのよ。
0219JB1月-18



トリッキーなサプライズという意味では牡蠣ロールが抜けていたけど、コースの主役たるメインの肉が結果コースを支配していたとなると、全体の流れに安定感が生まれるわけで。そうなると俄然、このコースに対する納得感というか信頼度が高まっていくんです。

豚さんのあとにTOP写真の白子と雲丹と百合根のストウブご飯が出てきたんだけど、豚で盛り上がった演目を終幕に向けてまとめていく、それはそれでいい仕事でした。
0219JB1月-24





予約の取れない人気の日本料理や鮨に行くのも勿論愉しみだけど、普段使いで通える良店をみつけるのも、それはそれで違った悦び。
0219JB1月-2

JB日本橋
03-6262-9939
東京都千代田区鍛冶町1-9-19 GEMS神田 2F
http://www.bistro-jill.com/shop/jb.html


オリンピックに自分が出ていたら、レジェンドと言われるくらいの年齢なんだね〜と変なとこに発見がある今日このごろ。はじまるまでは興味ないけど、一旦はじまると画面の中のド一流の競技に、シビレまくりな毎日です。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:44|この記事のURLComments(0)