和食

2017年12月08日

とん亭 (会津若松)いとしのソースカツ丼

1205とん亭9月-7

会津若松というと馬刺しのイメージが強かったんだけど、町の中にソースカツ丼や蕎麦が根付いていて、しかもその美味しさがさりげに期待値超えなのが驚きでした。

クチコミサイトを眺めていると、スコアの高いお店は行列もできてるリスクがあったので、「鶴ヶ城に近く」「行列が少なそうなちょっと外れにあるお店」で検索したところ、ヒットしたのが『とん亭』。
1205とん亭9月-1


ボクは丼物はめちゃ好物なんだけど、まりえが”ごはんに汁が染み込んでる”丼物が苦手なので、2人で一緒の時の丼物比率は著しく低いんです。

とん亭には、幸いにも串モノがあって、しかも野菜と肉の串揚げということで、なんとか食べられるものをみつけられて良かったっす。
1205とん亭9月-4


ボクがオーダーしたのは、ソースかつ丼の最上位「会津ごく旨 ソースカツ重」。豚肉も米もこだわりの材料で、ボリューム感もリックドムクラス。

お重からはみ出しそうなソースかつは、ビジュアル的には味が重そうだったんだけど、実際に食べてみるととても柔らかく、脂のジューシーさも適量。ソースが想定よりも控えめで肉の旨味をバランス良くアシストしてるのよ。
1205とん亭9月-5


初見では食べきれないかな...とも思ったんだけど、わりとあっさり完食。たまにしか食べないものなので、再訪したらきっと王道のソースカツ丼頼むと思うけど、馬肉を使ったソースカツ丼も余裕があったら攻略してみたい。



とん亭
0242-27-2191
福島県会津若松市天寧寺町1-11



  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:48|この記事のURLComments(0)

2017年11月02日

それがし (恵比寿)酒はもちろん飯が旨い

1013それがし恵比寿8月-10


五反田ではじまったの「それがし」は、「鳥料理 それがし」、「肉料理 それがし」、ワインレストランの「LOVAT」などバラエティも豊富で、ついついそっちに行きがちだったのよ。友人からのリクエストもあって、久々に恵比寿の『それがし』寄ったんだけど、日本酒はもちろん、料理の美味しさに改めて感激。
1013それがし恵比寿8月-11



オープン当初から刺身は美味しかったし、メンチカツもシグネチャーディッシュだったけど、いやいや貴方って、こんなに美味しかったでしたっけ? 男らしい肉のかおりが衣の中から立ち昇り、口の中でジワッと肉汁がほとばしる。
1013それがし恵比寿8月-12




次々に出てくる日本酒も的確にしてラインアップが豊富。コースも内容充実してるし、何でもっと使っておかなかったんだろう。
1013それがし恵比寿8月-6


それがし 恵比寿店
03-6416-3981
東京都渋谷区恵比寿西2-3-11 1F
http://www.soregashi.jp/ebisu/



和食がそろそろ食べたい頃。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:43|この記事のURLComments(0)

2017年10月14日

むろや (能登)岩牡蠣丼とさざえ丼

1013むろや8月-10


奥能登の静かな海沿いの町 珠洲に民宿「むろや」、併設の食堂ではシーズンになると岩牡蠣丼が食べられるんです。

カントリーサイドのTHE民宿食堂といった佇まいも旅情をかき立てる。
1013むろや8月-1




丼物をオーダーすると自動的に魚がついてくるんだけど、これも旨い。
1013むろや8月-5





ミルキーな味わいの岩牡蠣丼も素晴らしかったが、オレはこのさざえ丼がやはり好き。生と火の入ったさざえの食感のコントラストもいいし、味付けがズバッと好み。
1013むろや8月-8



自販機の横が、食堂の入口ね。
0324むろや12月-12

むろや
0768-82-1188
石川県珠洲市蛸島町ナ部123番地
http://muroya1188.jimdo.com/


来年も能登には通う予定。そしてここにもリピります。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年10月09日

芦名(会津若松)山魚とジビエの囲炉裏ディナー

1009芦名旅館夕食9月-13

日本の旅の面白さの筆頭は、その土地ならではの景色と食のバラエティの豊富さ。

訪れる場所によって「え、こんな美味しいの!?」っていう発見が尽きず、日本の観光資源の豊かさってヤツを、最近つくづく感じています。

こないだアップした会津若松旅行記で、多くの友人が興味を持ったのがジビエ旅館『芦名』。各部屋ごとに囲炉裏が別々で、ジビエや会津牛が食べられてそれでいて20,000/人というのは、気軽に行けるしリピりやすい。
1009芦名旅館夕食9月-5



食事の時間に1Fの囲炉裏に降りていくと、炭火で岩魚が焼かれているんです。しかも、この岩魚、朝3:00に釣り名人が秘密の源流で捕ってきたというもの。やはりね、そんな岩魚は旨いっすよ。頭からガブッと行きましょう。
1009芦名旅館夕食9月-6




ジビエは、真鴨、ヒヨドリになんとキジまで。真鴨のレバーはとろとろ。ハツは更にトロフワで甘い!砂肝の食感もエロス。
1009芦名旅館夕食9月-21





ヒヨドリの火入れは中々難しかったけど、こうしてジビエと向かい合える貴重な機会なので昂ります。塩と自家製キノコ塩が特に素材の味を引き立ててくれました。
1009芦名旅館夕食9月-18



会津若松の名産、山椒ニシンも美味。酒と合うのは勿論、米と食べても美味しそう。町中で売ってるものはクオリティがピンきりなので、自分なりのモノサシを作れるのもありがたい。
1009芦名旅館夕食9月-23





長野に次いで、全国2位の蕎麦の産地ゆえ、蕎麦打ちの達人もあちこちにいるようです。勿論、「芦名」でも、こだわりの蕎麦を〆でいただけます。
1009芦名旅館夕食9月-25


芦名
050-5593-8191
福島県会津若松市東山町大字湯本下原232-1
http://www.ashina.co.jp/


平日は東京、休日はカントリーサイドで美味しいものめぐり、ある意味理想なライフスタイル。こゆーの続けられるといいな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 19:44|この記事のURLComments(0)

2017年10月04日

そばきり仁 (能登)庄屋の屋敷と輪島塗と蕎麦

1003蕎麦切り仁2月-19

東京にも美味しい蕎麦屋さんはたくさんありますが、こんな条件で食べられる蕎麦屋さんてのは無いっすよね?

・日本昔ばなしで出てきた本物の”庄屋”さんの屋敷
・400年モノのヴィンテージ建築
・地元輪島塗の器
・食後はゆったり庭を眺めて放心

奥能登の庄屋 中谷家の中で営業している「そばきり 仁」では、ストイックな手打蕎麦と静かな空間で向かい合うことが出来る。そんな中谷家は能登空港から20分程度。珠洲に向かう途中に寄るのが良いっすね、旅の初めか帰り際に。
1003蕎麦切り仁2月-22



福井のそば粉を使った(ほぼ)10割蕎麦は、かおりが豊かでキレ味もいい。天ぷら蕎麦や鴨汁蕎麦、夏にはおろし蕎麦もあるようです。こだわりが詰まっていて、足を伸ばしてまでも食べる価値アリです。

食事は料理自体のクオリティってのが当然大事なんだけど、シチュエーションでポテンシャルがどこまで引き出されるか大きく変わってくる。

能登のカントリーサイドらしい空間と、現地の名産品 輪島塗でいただけるっているのは、旅先ならではの贅沢な遊び。
1003蕎麦切り仁2月-17





ボクラが訪れたのは2016年1月。本格オープンは2016年の6月末だったんだで、オープン半年前くらい。そうしょっちゅう能登を訪れられないボクラのために、田舎バックパッカーのイクが企画段階の”そばきり 仁”を事前取材させてくれたんです。
1003蕎麦切り仁2月-10





なので実際、こんな雪が降るような12月から3月はクローズなんす。

写真だけ見ると、こんな雪景色の時に訪れてみたいって思うかもしれません。ただね、実際はムリっす!!!
昔のお屋敷で囲炉裏の煙が抜けるように天井が高いから、多少ストーブとか炭火があったところで、体感したことのない寒さなんすよ、この時期。
1003蕎麦切り仁2月-21




確かに、古い日本家屋の中から眺める雪景色は、息を呑むような美しさ。ただ、一方で、どんなゲレンデでも体感したことないような、体の芯まで冷え切る過酷さとも闘っていたんです。今となってはいい思い出ですが、体に30個くらいカイロ貼っておくべきだったと思ってましたね、この時は(笑)
1003蕎麦切り仁2月-6


そばきり 仁
石川県鳳珠郡能登町黒川28-130
080-5876-0020
営業時間 10:00-16:00
定休日 毎週火・水曜日
冬期休業(12月〜3月中旬頃)


こういう予想外の旅がしたいです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:52|この記事のURLComments(0)

2017年09月28日

のどぐろ中俣 (銀座)秋の”のどぐろ”

0925のどぐろ中俣銀座7月-3

本来は、いつたべても美味しい”のどぐろ”なんですが、富山県や石川県のPRが上手いのか、すっかり冬が旬の魚として定着しています。多少は、そんな刷り込みが残っていて、秋になると”のどぐろ”が恋しくなってきます。

銀座の『のどぐろ 中俣』は、まさに”のどぐろ”尽くし。お造り、焼き物、練り物、ごはん、しゃぶしゃぶに至るまで、これでもかっ!!て言うくらい、あの上質な脂と対話することができちゃうんです。
0925のどぐろ中俣銀座7月-11




店内はこじんまりとしながらも、仕切りがうまく使われており、プライバシーは高めの空間。
0925のどぐろ中俣銀座7月-1






姉妹店の築地の「中俣」は、炭の周りに立てて焼く原始焼きが最強に美味だけど、ここはのどぐろ一尾丸ごとの土鍋ご飯が猛烈にテンションあがります。
0925のどぐろ中俣銀座7月-20





のどぐろの刺身の美味しさは、ちょっと他の白身とは違いますね、この独特で、かつ上品な脂は、食べた人を次々に魅せていく力をもっている。のどぐろ以外の刺身も旨いしね。
0925のどぐろ中俣銀座7月-8






わりとナメてたしゃぶしゃぶでしたが、お出汁もいいし、この火入れした後のトロッとしたテクスチャが実にエロティークで良い。
0925のどぐろ中俣銀座7月-18




いやー、つくづく美味しい、のどぐろご飯。
0925のどぐろ中俣銀座7月-21

のどぐろ専門 銀座 中俣
03-6264-3229
東京都中央区銀座4-10-12 銀座サマリアビル B1
http://zagat.jp/archives/shop_info/ginza/


6月半ばから8月半ばまではダイエット。8月半ばから9月末までは集中力がいる仕事と、この夏はストイックに生きていました。とはいえ、頑張ったものは、やはり頑張っただけのリターンや評価を得られるので、それはそれで悪くない。あとはヴァカンスに向けて、全力で準備すすめます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:09|この記事のURLComments(0)

2017年09月12日

左馬 (目黒)安旨ヘルシーな馬肉バル

0912左馬8月-2


ダイエット中によくお世話になっていた目黒の馬肉バル「左馬(ヒダリウマ)」

各メニューが質がいいのに、やけに安くてでも旨い。そのうえ深夜まで開いてるし使い勝手めちゃいいです。
0912左馬8月-7



突き出しの馬肉からしてフレッシュで。
0912左馬8月-1







シェフはイタリアンの腕もあるので、ウマの大動脈をトマト煮込みになんてしてみたり。これが味付け、食感ともにエロいんすよ。
0912左馬8月-5




こんな良店も◯ベログとやらでスコアが低めだと予約無しで入れるわけで。
0912左馬8月-8


左馬 (ヒダリウマ)
03-6431-9099
東京都目黒区目黒1-5-19 目黒第1ビル B1F
http://www.hidariuma.net/


参考にならなくもないけど、スコアに左右されすぎてる日本はちょっとカッコ悪い。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年09月08日

明石食堂 (石垣島)八重山そばにソーキを浮かべて

0906明石食堂6月-6

朝、東京を出れば昼頃には石垣島につきます。まずはレンタカーを借りて北上し、玉取崎展望台で石垣島の絶景を浴びてから遅めのランチへと向かいます。

目的地は明石食堂、島の北部 伊原間の町にある民宿に併設した食堂です。ちなみにアカイシショクドウが正解。ずーっと、アカシショクドウって言ってましたわ(笑)。

県内でも老舗の有名店だけに、昼過ぎでも満席。昔、こんな綺麗な佇まいだったっけな…と思ったら、やっぱし10年くらい前に移転してたんですね。
0906明石食堂6月-3




シンプルに八重山そばをオーダー。
0906明石食堂6月-1





のつもりだったんだけど、途中からやっぱしソーキも食べたくなって追加でオーダー。ソーキのボリュームは結構あるんだけど、八重山そばの包容力でペロリといけちゃいました。ちょっと白濁したスープと、麺の相性もよく、見た目以上に味に品があります。
0906明石食堂6月-7


明石食堂 (あかいししょくどう)
0980-89-2447
沖縄県石垣市伊原間360


暴力的な陽射しもたまらん。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 23:41|この記事のURLComments(0)

2017年08月09日

じゅうろく (浅草)鮎強化月間に蕎麦屋

0809じゅうろく7月-12


鮎強化週間で、浅草の『蕎麦じゅうろく』へ。何故なら四国は仁淀川の天然鮎を、炭火で焼いていると言うので。



浅草駅から更にタクシーアクセスがデフォルトという(歩いたら15分くらい)、都内にありながらもデスティネーションレストラン。訪れるのに気合がいるので、頻度はそこまで高くはないけど、それでも何度もリピってる。


〆の蕎麦のクオリティも高ければ、そこに至るまでの料理がちゃんと旨い。近所にあって欲しいけど、ま、そしたら相応に値段もあがりますな(笑)。このパフォーマンスの高さを体感するなら、場所は今のとこがいいんだろうね。

0809じゅうろく7月-17






鮎は2時間近く炭火で焼かれていて、攻めた火入れでテクスチャが滑らか。お造りは宮城のまこがれいと噴火湾の白馬糞ウニ、量もケチってないのでしっかり食べた感が残る。

0809じゅうろく7月-7




八寸のヒレカツは、大将自ら「大好物」と公言するだけあって、厚み、火入れ、肉の味わいともに満足度高い。揚げたての衣で食べたら、果たしてどこまで感動指数がアップするのか。

0809じゅうろく7月-3





野菜の煮浸しや、キスやナスの天ぷらも楽しみつつ、〆の蕎麦は白が10割、黒が9割。かをりが落ちてる時期と言うけど、ここまでの料理をちゃんと受け止めるいい仕事っぷり。

0809じゅうろく7月-15






メニューの魅せ方とか、内装とか、ミシュランが好きそうなとこはプライオリティを下げてでも、お皿の上のクオリティを高めることに真摯に向かい合う変態蕎麦屋。

0809じゅうろく7月-20



浅草じゅうろく
03-6240-6328
東京都台東区浅草4-37-8 小田井ビル 1F



そうだ、オレの周りの蕎麦好きたちを連れてきてねーや。ここで、休日に昼宴したいっすね。

 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年07月02日

オカミハウス (白金高輪)昼から呑もう 寿司おさむのB面

0702オカミハウス5月-12


自分、無類のテラス好きであると同時に、昼呑み派です。

極端なこと言ったら、休日は朝からでも呑めます。ヴァカンス先では、朝食にスパークリングワインとかシャンパーニュ置いてあると、「さすが、わかってらっしゃいますな」と一人ほくそ笑むのです。

誰よりも酒弱いくせにね(笑)
0702オカミハウス5月-4




そんなオレ向きの昼呑み推奨派の呑みどころが白金高輪『オカミハウス』。こちら「寿司 おさむ」というお店の定休日(日祝)に11:00〜20:00限定でオープンしている、いわばB面的な呑み処。

その名の通りオカミさんが料理を作っていて、彼女が好きな豚足やすっぽんの他に、絶妙なつまみを愉しむことが出来る。
0702オカミハウス5月-6




丸鍋1,000円ってメッチャお得なんですけど。昼呑みは夜より安いのもいいよね。
0702オカミハウス5月-9




つまみメニューはこんな感じ、至って明朗会計。
0702オカミハウス5月-2






烏賊ゲソと韮のぬた。ビールで始めた直後に絶妙な脇役。
0702オカミハウス5月-7



生の牛肉と雲丹の組み合わせは割りと見慣れたけど、この雲丹牛肉天とか ありそうで無かった落とし所。
0702オカミハウス5月-10

オカミハウス
おさむ の休み時間
03-3446-2177
東京都港区白金1-25-23
https://twitter.com/osm34462177


気楽に、でも美味しく昼呑みしたい人々ならハマるはず。欲を言えば店の前に外のみテーブルがひとつでもあるとテラサー的に嬉しいんだけどね(笑)
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 21:24|この記事のURLComments(0)

2017年06月21日

のどぐろ中俣 (築地)のどぐろ焼きに震撼

0621仲俣5月-13


魚の一番好みの焼き方って、外がカリッとしてて、中がふっくらトロトロってヤツ。これをね、一級品ののどぐろでやられた日にゃもう…ね。

”のどぐろ”って言うと金沢あたりをイメージしてしまい、小ぶりで開きにしてあったりというのをよく見かけるけど、対馬沖の”のどぐろ”は、こんなにも大きくジューシーなんです。しかも、今の時期も驚くほどジューシー。

こちらは築地にある『のどぐろ 中俣』、九州の焼酎酒蔵の出身で、お酒に合う料理を探しているうちに、のどぐろの原始焼きに辿り着いたそうで。

0621仲俣5月-11



ちなみに原始焼きっていうのは、炭を縦に並べて、少し離したところで遠赤外線でじっくり焼く調理法のこと。余分な水分が流れ落ち、外はカリッとコーティングされるので、旨みが中に閉じ込められる。しかもふわっふわに焼きあがるから、テクスチャもたまらない。
「のどぐろ 原始焼き」の画像検索結果





そんな”のどぐろ”は勿論のこと、季節のいい素材を集めていているので、味を識ってる大人が自然体で愉しめる。

0621仲俣5月-5





刺身もちゃんと旨い。6000円のコースだと、こうして刺身やらシグニチャーメニューのさつま揚げやら、ザブトンの炭火焼きなんかも食べられるので、お得感は高い。初めて訪れるならコースがいいかもね。
0621仲俣5月-8





写真じゃ伝わらないほどに、ふわっふわなんですよ。大きい個体ほどジューシー。
0621仲俣5月-16





肉は、ここでは脇役。のどぐろを際だたせるための騎士(ナイト)みたいなポジション。
0621仲俣5月-21





なんせ、焼酎の酒蔵の経営だから、そりゃ酒のつまみは合うわけですよ。たらこに、からすみ、きびなごの炙り。どれも酒がすすみますわ。
0621仲俣5月-24





店内の柱などは、ちゃんと古木が使われていて、新しいお店なのになんだか落ち着く。料理も本物しか出したくないというお店のスタンスが伝わってくるね。
0621仲俣5月-28

炭火原始焼と蔵元焼酎の店
のどぐろの中俣 築地
050-5593-6197
東京都中央区築地2-15-15 セントラル東銀座 106
http://zagat.jp/archives/shop_info/tukiji/



高くていいモノももちろん好きだけど、お手頃価格でホンモノをいただくというのは心が軽くなるね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2017年06月14日

BRICK END (恵比寿)気楽にテラスで立ち呑みな夜

0614Brickend6月-15


今年は、梅雨前の過ごしやすい日々が、例年より続いていて、テラサー(テラス席ラバー)的にはちょっとでも時間作れれば、テラスで呑む日を増やしています。
0614Brickend6月-6




急にアポが飛んで時間ができた日、しかも「何食いたいか自分でもわからんわ」って時に、ふと恵比寿ガーデンプレイスの「BRICK END」寄ってみました。
0614Brickend6月-5




まずはアペリティフ。MUSIC BARの『kana』ではクラフトビールが3つほどTAPもあって、音も大人向き。そのくせ、テラスにスタンド席あるので当家的には理想形。
0614Brickend6月-2





お腹が空いてきたところで、「賛否両論」の展開するKAKUUCHIへ。料理はメニューから選ぶ他に、本日のおすすめが並んでいる。これは無いものはオーダーすれば作ってもらえるし、ビジュアル的にわかりやすい。そのせいか、若年層にも受け容れられやすいようで、ここは満席に近かった、なんせ安いしね。
0614Brickend6月-12




そりゃ、高額日本料理とは差があるけど、家庭で作る手間考えたら、とってもパフォーマンス高いと思う。並んでまで食べたくはないけど、フラッと使えるならありっすね。
0614Brickend6月-18




強力な路面店が多い恵比寿エリアで、マーケティングがいまいちな恵比寿ガーデンプレイス。敷地を活かしたテラサー向きの店も増えて、休日以外は空いてるから(休日だと夜も空いてるけどね)、フラ寄りには使いやすいね。
0614Brickend6月-19



梅雨はイヤだなぁ。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

2017年06月08日

紅梅や (甲府)ほうとう以外の甲州料理を食べたくて

0608紅梅や4月-18


今年の春先、富士山をドローンで撮るという旅に出たんです。甲府経由にしたのは、ちょうど桃の時期だったので、ピンクに染まる大地を眺めたかったのと、河口湖近辺の食が、ほうとう一色で、他に選択肢が少なすぎたこと。


折角旅先に来たのだから、その土地の美味しいものを食べたいと思うので、ほうとうもいいけど、もうちょいバリエーションが欲しくてね。甲府出身の友人から聞いたのは、『紅梅や』という甲州牛鍋料理の店。甲州牛ってあんま聞かないし、どんなものか食べてみたくて。
0608紅梅や4月-4




シグニチャーメニューは、甲州牛のすき焼き。年間300頭しか出ないという希少な和牛。ランチでは予約のみのようなので、都内から行く際は事前にチェックを。食べログのページから予約はできるので、面倒ではないけどね。
0608紅梅や4月-12



このコース、前菜は2品出るんだけど、ここでもキチンと甲州由来の食材が並ぶ。


甲府鳥もつ煮は、山梨県のB級ご当地グルメで、ニワトリのモツを砂糖と醤油で照り煮した地元の料理。いわゆるもつ煮込ではなく、甘辛く味付けし照りが出るまで煮詰めたもので、思わず酒がすすむ。
0608紅梅や4月-8




その後、嬉しいのが甲州の朝積み野菜がどドドーーンと登場すること。近くの農家さんから産直なので、鮮度もいいし、あまり馴染みのない野菜も入ってて、テンションあがるのよ。できれば、これをテラス席で食べたいもんですなぁ…
0608紅梅や4月-14




まずは肩ロースをいただきます。
0608紅梅や4月-20




この卵も甲州ブランドで、山梨県産地鶏、中村農場の卵を使用している。八ヶ岳、南アルプス、富士山に囲まれた標高1050mにある農場で、冷涼な空気と太陽、八ヶ岳麓の地下水を飲み健康そのものの鶏から産まれた卵。濃厚なオレンジで甘味の詰まった卵は、ビジュアルからして最高級の品格が出ていました。

これに肩ロースをくぐらせていただきます、うん、旨い。
0608紅梅や4月-19






これでも十分腹一杯になるんだけど、ランチの甲州ワインビーフの牛めし おこわが気になって追加でオーダーしちゃいました。ヤバい、こういう味、ピンストライク。ワインビーフと、半熟卵と、おこわのセッションが半端ない。近所にあったら、週2でランチに通いそう。そういうメンズ心を掴む味。

0608紅梅や4月-11




あと、さすが地元のレストランということで、ローカルの繋がりが強いんですね。友人のジェラート屋で作ってもらったという葡萄のソルベは、濃厚でかつ程よい舌触りにシビれましたわ。
0608紅梅や4月-24

紅梅や
055-223-1210
山梨県甲府市丸の内1-15-6 地球堂ビル 2F
http://www.kobaiya.jp/

近くに石和温泉もあるので、あっち泊まりながらディナーにココ訪れるのもいいかも。電車ですぐだしね。今度、そんなプレイもやってみます。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2017年05月31日

加藤の肉丸 (大手町)ブレザオラは必食です

0530肉丸3月-13

一等地の商業施設レストランは、テナント代も高いし、ハコの制限あるし、便利なんだけど足が向きにくいって人、いますよね。

ただ、最近はそんなイメージ覆すように、ちゃんとエッジつくって魅せるとこも増えてきている。

たとえば、中目黒のガード下とか。昨年秋にオープンしたけど、地元客も巻き込んで、今でもしっかり賑わっている。おでんやさんとか、メチャ流行ってるし。


ここ、大手町の地下にある横丁「よいまち」も、価格はかなり抑えめで、いいラインアップのレストランが並んでいる。
0530肉丸3月-29


「よいまち新聞」という期間限定タブロイド紙で、お店紹介する関係で通ったんだけど、実際のとこ使いやすいのよ。だいたい、1人5,000円もあれば充分楽しめるかな。大人横丁というコンセプトらしく、地下なのにゆとりある空間で、インテリアも好印象。

さすがは、将来的に三菱地所の本社が入るというビルだけあって、力の入れ方が半端ない。白金や代々木で人気の「ビストロ SARU」や、中目でも人気の「二○加屋長介」、うかいグループ初のロティサリーチキンや「UKAI」などなど、ちょっとした集まりでハズしたくない時に”使える”店が多く集まっている。
0530肉丸3月-11



中でも、ヤルなーと感じたのが、ここ『肉丸』。山形牛を扱う銀座の名店 加藤牛肉店の協力で揃えられた肉たちは、そりゃスタート地点でアドバンテージ。
0530肉丸3月-3




しかも、塩漬けの牛肉を干した生ハムのようなブレザオラなど、素材に加えて技術の確かさがなければここまでの味にはならないメニューがラインアップ。
0530肉丸3月-12



赤身肉の5店盛とかオーダーしたけど、これも火入れによってポテンシャル引き出せないまま終わるけど、ここなら安心。3000円でこのボリュームならいいんじゃない。イチボやシンタマなど比較的脂の多い部位はわさび。モモ肉には柚子胡椒がマッチする。
0530肉丸3月-16



肉丸は、お酒ワインと合わせるのがよかったね。
0530肉丸3月-8


カレーで一旦〆てから、魚欲しさに隣の「うに丸」へ。
0530肉丸3月-15



大衆肉割烹 加藤の肉丸
03-6273-4948
東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディング B1F
http://www.tokyo-rf.com/restaurants/r28/index.html


また、比較的すいてる「よいまち」だけど、ここは、わずか15席のプレミアムシート。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

2017年05月15日

トクスエ (学芸大学)目黒通り沿い"通いたい呑み屋"の本命

0514とくすえ12月-6

目黒通郵便局至近、ホテル『クラスカ』のちょい先、このあたりには似つかわしくない空き地の脇に、細い建物がぽつんと佇んでいるんです。その1Fが小料理屋さんの『とくすえ』。

15席程度のこじんまりしたお店で、厨房も狭いのに良くまぁこんなにメニューありますな...ってくらいのラインアップ。とにかく安いし、手のかかった料理出してくれるので、近所だったらヘビロテするだろーなと。
0514とくすえ12月-1



おまかせの8品盛りが1000円ちょい。これとお酒軽飲みとか、そういう使い方が逆に贅沢。特に、海外から帰ってきた直後なんかにね。
0514とくすえ12月-4





油とぶし、そもそも素材仕入れる段階で面倒なので、揚げ物は家でやるより外で食べるに限りますな。自宅でメシ食うのがレアな男が言うのもなんですが。まりえの代弁的な感じで。
0514とくすえ12月-8





うヒャヒャヒャ、鶏がジューシー、
0514とくすえ12月-10



米星人的には、わっぱメシとか最高の〆なんすけど。
0514とくすえ12月-14





駅からは少し離れているし、散歩で行ける距離ではないので、気になりながらも再訪は出来てない。ホテル クラスカが近いので、この時期なら早めにご飯食べて、クラスカのテラス席でお茶して帰るとかいいかも。
0514とくすえ12月-12




あとは26:30までやってるうえに、日曜もやってるので、深夜メシに覚えておくのもいいっすね。結構、このエリア日曜休みは多いので。
0514とくすえ12月-16

トクスエ
03-5708-5881
東京都目黒区中央町1-5-10 メグロ三角ビル 1F


唯一残念なのが分煙ではないこと。ただ、地元密着型で酒入るお店の場合、ある程度はしょうがないなと割り切ってます。スゲー高い店で横でタバコとかありえないけど、普段着価格の店ならそこまでワガママいいません。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

2017年04月30日

きわみ鶏(六本木) チャラくないデート焼鳥

0427きわみ鶏2月-14

六本木の路地裏にある隠れ家ロケーションの焼鳥「きわみ鶏」。六本木通りから細い階段の小路をのぼってたどり着くお店へのアプローチは、ダンジョンを彷彿とさせる難易度の高さ。

Googleさんの指示に従うと、その小路の一本隣の広い道を案内されるのね。こちらからだと、枯れ切った美容院へと続くアンティークアパートの階段が目の前に現れ、おそるおそるそこを登っていく。すると看板のない似たような扉が2つ並び「なぜ、ここで2択なのか...」と自分力を試される大人向けアミューズメントかと勘違いしてしまう。
0427きわみ鶏2月-1



ただ、2択の理由は知ってしまえばなんてことはない。正しいアプローチは階段経由なので、扉の外側にお店の看板が小さく出ているんです。違う入口から入ったんで迷っただけでした。
0427きわみ鶏2月-34


階段の途中の右側に小さな看板が。
0427きわみ鶏2月-33


何がいいたいかというと、六本木の真ん中なのに隠れ家指数が高いということ。店内はカウンターオンリーで、となり席との距離もゆとりある造り。なんてデート仕様な焼鳥屋なんでしょ。

しかも、場所的にもしつらえ的にも、もう少し高価格帯のイメージなのにコースは5000円。ハコだけキメて食事は...なんてパターンも多い世の中だけど、焼鳥は部位も多様で、サラダや刺身で流れにアクセント作ってくるし、肝心の焼鳥もそれぞれに最適な火入れ具合を見極めて出してくれる。
0427きわみ鶏2月-9

やるじゃん。



自分的にはささみやせせりの仕事が好みでした。
0427きわみ鶏2月-10




エロ汁纏ったつくねに昂る
0427きわみ鶏2月-19


締めは卵かけごはんと麺で迷いましたが、決めきれなかったので両方お願いしてしまいました。
0427きわみ鶏2月-29

六本木 きわみ鶏
03-6721-1776
東京都港区六本木3-8-2 山口ビル 202


アジアには鳥串料理多いけど、日本の焼鳥は改めて素晴らしいね。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2017年03月27日

ルンゴ(大手町)普段使いにいいじゃない

0322ルンゴ3月-22

商業施設のレストランというと、どうしても優等生的で、エッジの弱さが気になってたんだけど、最近は中目黒のガード下とか、大手町の大人横丁「よいまち」とか、今までの色眼鏡ハズして体感してみると、「あれ、使えるじゃん!」っていい方向にサプライズ。なんだか個性強いのに使いやすいのよ。

「よいまち」は大手町の新しいビルの地下に誕生した”横丁”で、15店舗ほどのレストランが集まっている。なんせ三菱地所本体が入るビルの直下、となりにも三井物産の本社が建築中なので、当然リキが入るというもの。

あのあたりは商業ビルがたくさん建っているので定番系はもういらないし、近くには神田や東銀座などリーズナブルに楽しめる小さな名店たくさんあるから、魅力のない店では生き残れない。
0322ルンゴ3月-18



そんな環境ゆえ、うかいのロティサリーチキンとか二○加屋長介とか使えて美味しいお店が集まってんのよね。この日は佐賀の地酒とジビエがウリの酒場『ルンゴ』へ。他にも気になったお店があったので、とりあえず一軒目使いのはずだったんだけど、メニュー見たら食べたいの多くて、結局そこそこの量を頼んでしまうことに。
0322ルンゴ3月-20



まずはシグニチャーメニューとも言えるベジシャリサワーを。有機野菜やフルーツをシャーベット状にした、野菜(フルーツ)カクテル。皮ごと使っていて、素材の旨味だけじゃなく苦味も味わえる。
0322ルンゴ3月-2



ぶりの刺身や肉豆腐など、普段さりげなく食べたいものがオンリストされているのも嬉しい。下町の定食屋でおばあちゃんの味みたいの食べたいけど、そこに行くまでが大変だったりするのよね...。なので、大手町のど真ん中でコレはありがたい。
0322ルンゴ3月-7



佐賀のジビエには、佐賀の酒を合わせて、酔っぱらいの完成。
0322ルンゴ3月-17








地下だけど、カウンター席長めというスタイルもインパクト強いし、下を覗き込むと秘められた座敷席があったりと、遊び心もいっぱい。メニューに突然イタリアンっぽい煮込みメニューあったので驚いてたら、元々代官山でイタリアンとかやってたお店の新展開なのね。
0322ルンゴ3月-11



ルンゴ
03-6551-2503
東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビル B1F
http://darumapro.co.jp/

確かにスタッフもキャラ立ってるし、なんか納得(笑)
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

2017年03月19日

あつあつ亭 (能登)穴水駅の限定 牡蠣焼き場

0319牡蠣駅1月-11


能登の穴水、1月末の牡蠣祭りの時にだけ駅が牡蠣小屋になるんデス!!!!! 
それってかなり素敵の話じゃない???
0319牡蠣駅1月-12




一日30個以上牡蠣を食べ続けるって、かなりのアスリート(笑)
0319牡蠣駅1月-20





でもさ…、旨いんだから仕方ないっしょ( ´∀`)
0319牡蠣駅1月-14




焼き牡蠣を食べ飽きると、牡蠣フライがいとこいしい存在に。
0319牡蠣駅1月-19




んー、なんか北の国から。
0319牡蠣駅1月-22



今年は夏に能登入り目指します。
   ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

2017年03月18日

茅乃舎 (福岡)自然に抱かれた山間で体にやさしい美食という贅

0317茅の舎9月-2


福岡市内からちょっと車で走っただけで、こんなにも豊かな緑があるんですね…。山間の道を走っていくとどこぞの田舎に来たんだろうと錯覚します。そして、現れるのが『茅乃舎』。

パット見は昔ながらの茅葺屋根の建物なんだけど、中に入ると洗練された空感が広がっている。ここではランチが食べられて、平日限定昼コースは3500円ちょいとオトク。
0317茅の舎9月-19




さすがアゴ出汁で全国制覇しただけあって料理も優しいタッチなのに輪郭はくっきり。
0317茅の舎9月-6



東京では、中心部から15分でこんな贅沢ありえない、福岡いいなぁ…
0317茅の舎9月-9



食後はカフェスペースでデザートタイム。
0317茅の舎9月-16


茅乃舎
092-976-2112
福岡県糟屋郡久山町大字猪野395-1
http://www.kayanoya.com


これだから旅はやめられぬ。
   ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

2017年03月04日

ホテル雅叙園東京へ (目黒)

0304雅叙園2月-13

4/1から「ホテル雅叙園東京」にリブランドする目黒雅叙園。今は、ホテルよりもウェディング会場のイメージが強いけど、2020年もあることだしホテル色強めていくみたい。レストランも色々進化するらしく、近所の人には嬉しいニュース。

この日は宿泊者用のクラブラウンジのお披露目に。朝食はもちろん、時間によってティーラウンジやバーラウンジとして表情を変えていく。
0304雅叙園2月-2



Welcomeでお抹茶とか、外国人には嬉しいサービス。少し駅から遠いし、観光スポットではない目黒だけにホテルとしての本質的な魅力に関してはしっかり作り込んでいる。
0304雅叙園2月-1



華やかな料理や豪快な肉料理も好きですが、その間にはこういう優しい味を挿し込みたくなるもの。
0304雅叙園2月-3




焼き魚は、最後に編みの上で自分で火を入れるという演出つき
0304雅叙園2月-4




和洋揃ってて、サラダ、パンも充実している。
0304雅叙園2月-5




宿泊者用ラウンジだけど、休日はここに朝ごはん食べに行きたい。
0304雅叙園2月-6



ライブラリーも落ち着いてて、全体的に質の良さを感じる造り。
0304雅叙園2月-7

目黒雅叙園
東京都目黒区下目黒1-8-1
03-3491-4111(大代表)
http://www.megurogajoen.co.jp/rooms/premiorroom/


部屋も80屬らとゆったりしたつくりなので、いい客層に支持されそう。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ





続きを読む

2017年02月27日

うな春(名古屋)ひつまぶしの夜

0228うなよし12月-7

名古屋に行くと、やはりひつまぶしが食べたくなる。元々は三重がうなぎの名産地だったらしいんだけど、完全に自分の中では うなぎ=浜松、ひつまぶし=名古屋のイメージがで洗脳されちゃっている。

この日の夜は、ちょっと遅めの時間だったんだけど、検索かけてたら泉の「うな春」がL.O.20:30だったので、時計見てギリギリ滑り込み。店構えは落ち着いてて、店内は小綺麗、気楽な晩飯にはほどよい雰囲気。
0228うなよし12月-3




昔は何も前戯なしに「うな重」に迫りたくなるんだけど、歳とともに前置きがないと寂しく感じるようになってしまった。だって、酒が合うのってむしろ前菜なんだもん。
0228うなよし12月-10





味噌カツ、手羽先、名古屋コーチン、色々あるけどやっぱり「ひつまぶし」が一番好きっすね。
0228うなよし12月-1

うな春
052-962-8055
愛知県名古屋市東区泉1-7-32 エメラルド泉1階
http://www.unaharu.com/


今年のアカデミー賞は、色んな意味でサプライズ満載。『ラ・ラ・ランド』がまた観たくなってきたぞ。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

2017年02月14日

じゅうろく (浅草)アクセス悪いけど行っちゃう蕎麦屋


0210じゅうろく12月-12

浅草の蕎麦屋さん『じゅうろく』、どの駅からも遠くタクシーがデフォルト。浅草寺まで行ったのならば、そこからは歩けるかな。当家では下町のディスティネーションレストランとして位置づけられているお店。

アラカルトで攻めるのもいいけど、距離的にたまにしか行けないので、いつもコースに乗っかっている。この時の訪問は12月25日のクリスマスの夜、「鮨 さいとう」の翌日、赤坂の庭付き日本料理「紫芳庵」の前日。
0210じゅうろく12月-3




つまり肩の力を抜く日ではあるけどクオリティを落とす気はない、そんな夜に最適なセレクト。前菜盛り合わせの名古屋コーチンの山椒ソースとか、酒を飲む始めるのにいいカタパルト。京都の海老芋の蟹餡も美味しいよ。
0210じゅうろく12月-8




もちろん、蕎麦屋さんなので、蕎麦でしっかり場が締まる。トップの写真の鴨鍋からの流れもいいね。
0210じゅうろく12月-15




カウンターでの口防戦もライブで楽しめます。
0210じゅうろく12月-18

浅草じゅうろく
03-6240-6328
東京都台東区浅草4-37-8 小田井ビル 1F


店主のキャラはかなり立っているので、その辺も含めてエンターテインメントとして愉しむのがおすすめ。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2017年01月11日

中村屋(三重)離島で伊勢海老と鮑づくし

0113中村屋6月-13

鳥羽から船でたった15分のはずなのに、30年以上前にタイムスリップした気分が味わえる答志島。この答志島の温泉旅館 中村屋の夜は、当然周囲で獲れた魚介づくし。

アワビや伊勢海老ざんまいのコースがあったので、宿を押さえる時にコースも選んでいたんだけど、アワビか伊勢海老かということは、当日チェックインの際まで、決断を引き伸ばすことができる。

ちなみにボクが伊勢海老づくり、まりえがアワビづくしのコースに決定。
0113中村屋6月-10


答志島は漁師島と言っても過言でないくらい、漁業が盛んな島。こういう場所では、都内日本料理店ような技に頼らずとも、素材の魅力をそのままいただくのがイチバン。


刺身だったり、焼いたり、蒸したり、伊勢海老も、ここまでづくしだと笑いが止まりません。
0113中村屋6月-17




見方によれば残酷極まりないんですが、人の欲望とはおそろしもので、このあわびの踊る姿にすら食欲を増す対象にしかなりません。






こんな時間を迎える30分前は、ルーフトップの露天風呂から鳥羽の海を眺めておりました。まさに楽園そのものの図。
0113中村屋6月-1





鮑、伊勢海老といったメジャー級の食材じゃなくとも、地元っぽい調理がされた地の魚が旨いのも嬉しい。
0113中村屋6月-16





当然のことながら食べきれないので、釜飯はお夜食用におにぎりにしておいてもらいました。
0113中村屋6月-22



波音の宿 中村屋  
所在地: 〒517-0002 三重県鳥羽市答志町2137−3
電話: 0599-37-2065
http://www.toba-nakamuraya.com/


新年早々ですが、疲れを癒やしに行きたいです。島の空気感は、忘れてた何かを思い出させてくれるので。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2016年12月29日

穴水牡蠣祭りの巻 (能登)

1229牡蠣祭り1月-9


今年も1月の最終週の週末、開催されます能登は穴水町の牡蠣祭り


1月28日(土)  10:00〜16:00
1月29日(日)    9:00〜15:00

どんな祭りかって言うと、その名の通り牡蠣をひたすら食べまくるお祭り。牡蠣にあたってノロウィルス発症した翌週に行ったオレは、我ながら蛮勇だったと思います。会場は町役場近くのあすなろ広場なんだけど巨大なテントも白くて雪にはステルス。
1229牡蠣祭り1月-6



ひとの気配ないなぁと思ってたら、全くもってオレの勘違い。テントの中は人だらけ。あちこちで、牡蠣の弾ける音が響いている。あ
1229牡蠣祭り1月-12




ここはお祭りの雰囲気を味わいに来たほうがいいけど、ゆっくり食べたいならレストランのほうが素直にいいよ。
1229牡蠣祭り1月-8



というのも「かきフルコース・キャンペーン」なるものをやっていて、穴水のいくつかのレストランでは
期間中(1月10日〜3月31日)3,800円でこんなセットを食べられるから。


・焼きがき
・カキフライ
・酢の物(モズク又はナマコ)
・かき御飯
・吸物
・漬物

個人的には焼き牡蠣もダース(12個)食べたら飽きがくるので、牡蠣フライとか牡蠣ご飯がめっちゃ嬉しい。


ちなみに、この旅にはスケバン刑事でお馴染みの大西結花さんやメンクラの公式ブロガーJOEくんもジョインしてめっちゃ盛り上がってました。子供の頃に憧れていたアイドルと、フツーに旅するようになるとか人生って不思議なもんです。
1229牡蠣祭り1月-24




ムービーのほうがライブ感伝わると思うんで、是非見てみて。






今年はスケジュール的に行けないんだけど、夏の能登には行く予定。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2016年12月05日

近為 (京都)お漬物万歳

1206近為11月-4

京都の老舗 漬物店『近為』、北野天満宮にほど近い京都本店には店舗の奥に”お茶漬け席”なるイートインコーナーがあるんです。

ランチタイムの11:00〜15:00で一席1時間弱でぶぶ漬けが楽しめてしまう。
おつけものコースは2160円で、更に鮭粕漬がついたコースでも2700円。



ぶっちゃけ、この白味噌仕立てのお雑煮だけでも体感で1300円くらいの価値。焼いたお餅の上に、柚の皮と辛子をあしらっていて、品がありながらも味の変化を遊び具合がたまらない。

1206近為11月-3



こうして実食してみると、知らなかったお漬物の使い方が見えてきて、ついついお土産を買い込んでしまう。これぞWin=Winってヤツなんじゃないでしょうか。
1206近為11月-6


近為 京都本店
075-461-4072
京都府京都市上京区牡丹鉾町576
http://www.kintame.co.jp/



残念ながら12/1から1/6は休業なので、今の時期は使えないのが寂しい
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2016年12月01日

いづう(京都)鯖姿寿司の魅力

1201いづう10月-8


京都で鯖姿寿司といえば『いづう』。時間のない時にさっと食べられるし、昼から酒にも合うし、京都に来た気分をしっかりと確認できる。

鯛寿司、小鯛の雀寿司のセット。両方食べられるのが嬉しいね。
1201いづう10月-4



こちらは京寿司盛り合わせ、様々な味を愉しむことが出来るオトクなセッション。
1201いづう10月-5




最初は「おいと」に行くつもりだったんですが、最近は30分前じゃだめですね。列的に人数大丈夫かと思いきや、直前で4人も前の人の連れが増えて....。無駄に並びたくないので、そういう人は最初に後列の人に「連れが来ますので...」くらい言うのがマナーというか粋だと思うんですけどね。成金っぽい人ほど、そういうのが出来ない気がする。そのかわり12:00ちょい前に『いづう』さんに入れたので、10分待ちくらいで席につけました。
1201いづう10月-9

いづう
075-561-0751
京都府京都市東山区八坂新地清本町367


お店の中の空気感もいいよね...
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2016年11月10日

瀬里奈 (横浜)浪漫茶屋に挑む

1109せりな9月-11

「瀬里奈」といえば六本木で同伴系のイメージだったので、ビジネスパートナーから「横浜の瀬里奈」で会食の連絡があったときには、ギラギラ慇懃無礼なサービスが待ってるのかなな...なんて妄想に励んでおりました。

そして約束当日、横浜の馬車道に向かったわけです。ちょっと最近では見かけないクラシックなエントランスが、普段訪れるレストランとは全く違ったオーラを放っている。もはやドラクエの勇者の気分。ダンジョンへと足を踏み入れる、あの時の緊張が蘇る。

案の定、地下のフロアに降りていくと、着物の女性が待ち構えていました。メタルスライムに羽交い締めされる覚悟で予約名を告げます。


「あれ、全然ギラってない。」

でも、ここから度を越えた丁寧さの接客が始まるのでは...と思ったら、老舗旅館のようなスマートさ。確かに昭和のオジサンが心安らぐような大正ロマンのかほりが漂う店内ですが、変なバブリーさはありません。

すんません、勝手に偏見抱いてましたm(_ _)m
1109せりな9月-17



料理は鉄板焼きのステーキのコースを。ちなみに、日本酒やウィスキーなどフリードリンクのコースもあって、こちらは税サ込で1万円程度。おもったよりもこなれてるじゃない。でも、いわゆる接待料理なのでは...、とディフェンス姿勢は崩しませんぞ。

ところが、前菜のさんまの有馬煮が出てきた段階で、北風と太陽的に心がほぐれだします。あれ、素朴だけど、丁寧につくってる!と。
1109せりな9月-3


続くお造りは、コチとまぐろはキチンと天然で美味。いい歯ごたえ、カットも程よい。
1109せりな9月-7


蟹の甲羅揚げは、蟹の身をふんだんに使ったコロッケの中身のような味わい。つか、蟹の身多すぎるし!
1109せりな9月-9



ステーキは炭火焼きと石焼が選べる、火入れを自分で調整したかったので石焼で。
1109せりな9月-12



モダンさとかシャープさといった軸とは異なる、実直でほっこりする料理の流れ。そのフィロソフィーはサービスにも通じていて、店内の作りと一体化した”ここにしか無い価値”を提供している。

食事が終わる頃には、どこか知らない場所にショート・トリップしたような気分に包まれていた。おかげで、ビジネスミーティングも普段とは違う発想で進められたかも。
1109せりな9月-18


最後に話を聞いたら、六本木の瀬里奈とは別会社で、横浜でしゃぶしゃぶ・日本料理の「浪漫茶屋」と、鉄板焼ステーキの「ステーキドーム」の2軒の瀬里奈があるとのこと。クラシックさも横浜の魅力のひとつなので、そんな気分を味わいたい時に。


横浜 瀬里奈 浪漫茶屋
045-681-2727
神奈川県横浜市中区住吉町4-45-1
関内トーセイビル供。贈隠
http://www.seryna.com/

      ↓ ↓
人気ブログランキングへ






続きを読む

2016年10月30日

割烹の宿 美鈴 (三重)地のものを洗練された仕事でいただく贅

1023美鈴6月-7

今年の6月、もう真夏かと錯覚するような梅雨の隙間に、お気に入りの宿を見つけました。

三重県は紀伊長島の『美鈴』。有名な熊野古道の馬越峠から車で15分くらいの場所。小さな漁村の海の前に建つわずか4室の割烹の宿で、地元ならではの素材を、確かな技術で洗練された料理へと昇華させてくれる。こういう宿って、ありそうで、実は中々無いじゃない。
1023美鈴6月-11


外観からでもセンスの良さは伺えるけど、扉をあけて中に入ると、数寄屋造りの洗練された作りに心が昂ぶる。失礼な言い方だけど、周囲はいわゆる日本どこにでもある漁村の風景なんで、そのギャップ感が半端ない。

そして、休前日を外して泊まったせいもあり、この日は貸切状態に。普段は下に食事をする部屋があるらしいんだけど、折角ならコチラでお食事いかがですと、湾を見下す絶好のポジションにテーブルセッティング。ちなみに、ここはラウンジとして利用されている場所。うわ、ビールが旨い。
1023美鈴6月-10



宿のご主人は気もちいいくらいキャラが立っていて、一方女将さんでもある奥様は、とても品があって、空気を穏やかにしてくれる。宿に入って、お二人と数分話しただけで、この宿を選んだことが正解だったと確信できた。
1023美鈴6月-27


「技に驕らず、素材の鮮度に寄りかからない。」というスタンスで、地元熊野灘でとれた新鮮な海の幸をふんだんに使ったコース展開。 地物の美味いものを知り尽くした料理人が海へ出て捕らえ、一番美味い食べ方で出してくれる。

ちなみにご主人は、名古屋の老舗の日本料亭「か茂免」出身で、京都の「菊乃井」村田氏と同時期に修業をされていたそうで。そんなキャリアの持ち主だけに、料理のプレゼンテーションもいちいち美しい。TOPの写真のヤドカリの刺身は、美鈴を代表するシグニチャーメニュー。帆立と海老のいいとこどりみたいな味わいで、いと旨し!!
1023美鈴6月-3




こっちじゃお目にかかれない巨大な伊勢海老も、窓の外を指差して、あそこの赤い灯台のとこで捕れたヤツだよ、と。日本の海って宝が転がりすぎ。相当なサイズ感なので、握り、ボイル、石焼と様々な味わい方で愉しめる。
1023美鈴6月-20




茄子の利休よせとか、素材勝負じゃないアクセントがあると、次につながりやすいんですよね。
1023美鈴6月-25





途中、かなりお腹いっぱいになり、テーブルからわずか3mくらいの自室にてクールダウンという我儘も。
1023美鈴6月-34




食後には、ちょっと風に当たろうと30m歩いただけでこの星空。満月だったりしたせいもあり、これでも、あまり見えないコンディションだったそうで。
1023美鈴6月-38


美鈴
三重県北牟婁郡紀北町三浦297−4
0597-49-3031
http://www.nande.com/misuzu/



こちら、三重県の観光サイト「みえ食旅物語」や、名テレさんの「食べあるキングの推しメシ」という番組で紹介させていただきました。東海地区でしか見れないかと思いきや、GYAOでも観ることが出来るので是非してまーす。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

2016年10月07日

志る幸(京都)万能な京料理のお店

0924志る幸12月-4

河原町の路地裏ににある小さな京料理の『志る幸』、気楽にさっと京の味が楽しめるということで、昨年末に初めて訪れて以降、何度も通っているお店です

こちらのシグニチャーメニューが、"利休辧富”というもので、肴6種に扇に型を抜いたかやくご飯、汁ものがセットになっている。汁ものは、ちょいとプラス料金で、落とし芋とかお雑煮とか、季節ごとに変わるお汁にチェンジして愉しむことができる。

そしてお弁当のほかにも、鯛めし丼とか、穴子丼とか、大人のファーストフードが並んでいたり、逆に日本酒が止まらなくなるような、酒の肴がオンリストされていたりと何かと使い勝手がいい。
0924志る幸12月-1





店名にある通り、やはり汁物がしみじみと美味しい。東京では、ありそうで無いタイプのお店。
0924志る幸12月-7



幕末好きには、ここが池田屋事件の発端となった「古高俊太郎が新撰組につかまった場所」の跡地ということで、別の意味でワクワクしちゃうかもしれません。
0924志る幸12月-8

志る幸
075-221-3250
京都府京都市下京区西木屋町四条上ル真町100
http://shirukou.jp/


そろそろ新しい着物を作りにおじゃましましょうか。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2016年09月29日

小舟渡 (八戸)うに丼と葦毛崎展望台と種差海岸

0922種差海岸7月-16

このブログは、2年くらいの時差なんてザラですが、そろそろこちらは書き終えましょう。2014年の夏に行ったレストラン列車「東北EMOTION」と八戸美食巡りの記録です。

最終日のランチで「フェザント」で鯖ピザと雲丹パスタに痺れたあと、ちょいと海まで出てみたんです。なんか海に突き出た建物があるぞ?と偵察してみたら、『小舟渡』という磯料理のレストラン。
0922種差海岸7月-1


ランチ食べたばっかだけど、ウニ丼ならイケる!ということでお店に入ったら大行列で30分の待ち時間。逆に腹ごなしにはちょうどいい時間ということで、そのあたりを散策しながら時間をつぶしてました。
0922種差海岸7月-9


0922種差海岸7月-11


周囲はかなり美景スポットで、ここから食後に葦毛崎展望台まで歩いたけど、その中でも印象的な美しさ。
0922種差海岸7月-12




お店に戻るとすぐにテーブルに通されてうに丼を。真横が海というこれでもかというくらいのシーフロントなロケーション。多分、満潮だともっと海が近いんでしょう。
0922種差海岸7月-5


馬糞生ウニ丼が3000円、紫生ウニ丼が2800円。このクオリティならオトクとしか思えない。ただし、生ウニは5/15〜8/末なので要注意。もっと早く書けよって?、うん、オレもそう思うわ(笑)
0922種差海岸7月-17


連れのフォーリンデブはっしーは、更に名物料理の磯ラーメン食べてました、さすがプロ。
0922種差海岸7月-19

海席料理処 小舟渡
0178-33-3824
住所 青森県八戸市鮫町小舟渡平10
http://www.kofunato.co.jp/

食後は更にカントリーサイドを掘り下げてました。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ




続きを読む