和食

2018年07月25日

酒場シナトラ (東京駅)駅上ユーティリティ酒場

0725シナトラ7月-20



八重洲北口エリアに東京駅一番街ってグルメゾーンがあって、たまに使ってはいたんです。
0725シナトラ7月-1


ただ、あそこに2Fがあったなんてこれまで全く知らなかった、B1の存在は知っていたけど。2Fは駅上にも関わらず通路がこんなにもゆったりしたつくり。
0725シナトラ7月-2


目黒で和食を食べたい時、特に日曜夜の救世主として使っている『酒場シナトラ』。当家ではかなり重宝しているんですが、東京駅の一番街2Fに姉妹店をオープンしてたんですね。鴨メンチや肉豆腐などお馴染みのメニューが並ぶ。
0725シナトラ7月-11




牛刺は夏に特に嬉しい、いいスターター。もも肉とタンとハツのトリプルプレイ。味付けも上手だし、なにより魅惑的なプライシング。
0725シナトラ7月-15




肉豆腐は、メニュー名からは想像がつかないくらいの肉量。フツー、あからさまに豆腐が主役になりがちなんだけど、シナトラでは肉が圧倒的な存在感を放っている。
0725シナトラ7月-18




このエリア、まだ最近リニューアルしたばかりなんだけど、既にお店はかなりの賑わい。さすがは、首都の名を冠したキーステーション。
0725シナトラ7月-3

酒場シナトラ 東京駅店
03-6551-2070
東京都千代田区丸の内1-9-1
東京駅一番街 2F 東京グルメゾン H-4


メンズ同士の軽い呑み、女子会、会社のちょとした集まり、新幹線前のミーティング、誰とでもどんな時にでも使いやすいオールラウンダー酒場。欲を言うなら、お店の前に立ち呑みゾーンが欲しいところ。通路めっちゃ広くてスペース余ってるんだしさ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:57|この記事のURLComments(0)

2018年07月23日

中俣 はなれ(銀座)夏にのどぐろ尽くし

0711中俣はなれ4月-8

銀座にあるのどぐろ専門店の中俣。金沢エリアのマーケティングの上手さで、のどぐろは冬の北陸の特産物ってイメージが浸透していますが、実は通年で食べられるんですよね。そして、身が大きく質のいい「紅瞳」は、対馬沖で穫れるものだったりするんです。

そんな「紅瞳」を扱う銀座『中俣 はなれ』。全室個室の和空間でお造り、焼物、しゃぶしゃぶ、炊き込みごはんと、のどぐろ尽くしのコースが食べられる。
0711中俣はなれ4月-9




お作りは品のある甘さでジューシー。
0711中俣はなれ4月-12


焼物は言うに及ばず。身のふわとろ具合。脂のジューシーさは官能的ですらある。ただ、敢えて言うなら、原始焼(炭を周囲に並べて立てて焼く)のほうが、一回り美味かな。
0711中俣はなれ4月-14



しゃぶしゃぶは、レア気味、しっかり火を通したバージョンと2タイプを味わえる。
0711中俣はなれ4月-22



締めの炊き込みご飯も、もちろんのどぐろ。同じ素材でコース展開だけど全然飽きないんすよね。
0711中俣はなれ4月-24



焼物もしゃぶしゃぶも好きだけど、この締めがないと終われない。
0711中俣はなれ4月-28



1Fは厨房で、2Fに個室という贅沢な作り。夏にのどぐろ尽くしもアリでっせ。
0711中俣はなれ4月-35


銀座中俣 はなれ
03-6264-1034
東京都中央区銀座3-12-17 小森ビル 1F
https://nakamata-nodoguro.com/hanare/


今年の日本の夏は、もはや亜熱帯。バンコクやシンガポール行っても「あれ、涼しい」と感じそう。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年07月11日

酒とったり (横浜)近所に欲しい! 寿司もつまめる居酒屋(バルも併設)

0710酒とったり5月-17

居酒屋の寿司って基本信用してないですよね?(笑)

もちろん中には美味しい寿司を出してくれるお店もあるんでしょうけど、ボクの拙い居酒屋経験の中では、手を出したことへの後悔ばかりがメモリーされています。


横浜まで足を伸ばせる余裕があるときは、たいてい馬車道の『テンダロッサ』が目的になんですが、横浜駅でしごと帰りというレアなシチュエーション。この日はレアさに拍車をかけてみようと、西口の居酒屋に行くことになったんです。

なにぶん居酒屋経験値が低いうえに、横浜駅西口ということで期待値はゼロに近かったんだけど、信頼できる友人のオススメということで「ま、和モードだったし、いっかな」って感じでお店へと向かったわけ。

お店の名前は『酒とったり』、高島屋の目の前というアクセスのよさ。店内は昨年オープンしたばかりで、小奇麗。客層は西口にしては大人が多めです。
0710酒とったり6月-1




テーブルに座って目についたのが、47都道府県が全て網羅されているという日本酒のメニュー。なかなか気合入ってるじゃんと思ってスタッフと相談しはじめたところ、なんとオーナーが全て酒蔵を回って選んできたものらしい。
0710酒とったり5月-4



オススメの料理を聞いてのっかってみたら、これがちゃんと美味しいの!価格もいわゆる居酒屋価格なので、このクオリティには驚きます。
0710酒とったり5月-13


しかも、だいたい料理が安いお店って、カトラリーの質も価格に比例して落ちていくんだけど、そのあたり踏ん張ってるスタンスが垣間見えて好印象。なんていうか、お店の美意識というか、真摯な気持ちが伝わってくる。
0710酒とったり5月-7







枝豆は火入れいいね、バター醤油で炒めていて黒胡椒がいい具合に効いてます。
0710酒とったり5月-16



ポテトサラダも作り手の気合を感じます、旨し!
0710酒とったり5月-11



鶏のレバーも嫌な臭みがなく丁寧な仕事。このあたりに地力の高さ感じました。
0710酒とったり5月-10




カキフライもこのビジュアル、嬉しくてテンション上がる。タルタルソースも自家製で濃厚。
0710酒とったり5月-21




炙り〆鯖の棒寿司、お店で作ってるだけにシャリの温かくふわっとした感覚が新鮮。
0710酒とったり5月-32




こちらが握り。そりゃね、2万円超える鮨と一緒にしちゃいけないけど、目黒で行列できてる回転寿司なんかとは全く別次元。写真だと少しシャリが大きそうに見えるかもだけど、口の中に入れるとこれはこれでバランス感。
0710酒とったり5月-28


とにかく驚くくらいリーズナブルなくせに、メニューは多岐にわたり料理がちゃんとしてるので、ふと空いた日にフラッと寄りたい理想形。

酒とったり
045-624-9923
神奈川県横浜市西区南幸1-10-16 相鉄南幸第3ビル 2F


しかも、料理メニューは絞ってるけど、日本酒は100種類あるというカフェみたいな空間のバルが併設してて、こんなのが中目黒あたりにあったらヤバいことになると思うよ。どうして横浜駅の西口なんだろう??(笑)
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 19:50|この記事のURLComments(0)

2018年07月02日

有明の雲丹で手巻き寿司

0702手巻き寿司6月-3

シンガポールにいる弟が、何故が有明から生雲丹をゲットしてきたので、伯母も交えて手巻き寿司パーリー。

ランチが外食だと夜は殆どお腹が減らないので、当家はちょいつまみ程度のはずだったんだけど、案外オレはいけちゃいました(笑)
0702手巻き寿司6月-2


いくら on the 雲丹など、お店ではできないアクロバティックな技をきめつつ、満寿泉で着地点を整える。
0702手巻き寿司6月-5



食後はラトリエモトゾーのドルチェがテーブルに華を添える。こんななんでもないような夜でも、伯母は大喜び。たまには甥っ子するのもいいっすね。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:59|この記事のURLComments(0)

2018年06月13日

蕎麦懐石 義 (恵比寿)すだち蕎麦で梅雨をのりきる

0613義5月-3

賛否両論の新しい支店と思ったけど、よく調べたら独立された元料理長 斎藤さんのお店でした。

目黒の茶屋坂の上に出来てた『蕎麦懐石 義』。

ランチで蕎麦食べられて、夜もコースが5500円からと使いやすい。
0613義5月-2




お造りもちゃんとしてて1000円ちょい。
0613義5月-5



蕎麦懐石 義
東京都目黒区三田2丁目3−20 peerless B1F

03-6303-1105


B1のせいか、店の奥はまだ電波が届かない恵比寿のハイダウェイ
    ↓  ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2018年06月04日

ぬく(目黒)日常こそ大事

0604ぬく5月-5

目黒の小料理屋『ぬく』。かつて「フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナ」が中目黒にあったと記憶してる人もいるかと思いますが、更に30mくらい奥まったロケーション。

中目黒にしても、目黒にしても、駅から歩いたらゆうに10分以上はかかるので、わざわざ訪れる人はそこまで多くない。
0604ぬく5月-3



ゆえに、リピーター率が9割という地元密着型。禁煙じゃないし、娘ちゃんも縦横無尽に店舗内を駆け回っているため、いわゆるデート向きではないと思う。でも、ちゃんとした和の味を、居酒屋価格で食べられるというのは貴重なんすねよ。しかも、予約とかしたことないし。直前に電話かけて空いてたらいくとか、ヘタしたら飛び込み。

お造りも天然でちゃんと美味しく、すっぽん鍋が1人前で食べられるうえに、親子丼もあったりとか、かゆいとこに手が届いてて使い勝手がいいのよ。
0604ぬく5月-1

ぬく
03-3719-8101
東京都目黒区中目黒4-8-14 1F




毎晩 高額店に通える財力とコネがあれば話は別かもしれませんが、こういうポジションのお店って、自分にとってはかなり大事だったりします。
 ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 22:11|この記事のURLComments(0)

2018年05月10日

熊猫庵 プレミアムドS会 ふたたび

0423熊猫庵4月-21


築地の仲買人 徳ちゃんが主催する出張料理『熊猫徳永庵』、レストランでは考えられない原価率で魚をいただけるので、数ヶ月まで満席という人気っぷり。

普段は身近に魚を楽しんでもらおうというスタンスなんだけど、ベテラン鮨職人の斉藤さんとコラボしてのイベントは、魚を徳ちゃんが用意しつつ、料理は斉藤さんという、その名の通りプレミアムなイベント。



しかも徳ちゃんが厳選してきた日本酒もフリーフローで1.2万円。
0423熊猫庵4月-12



会場は前回と同じく三茶のレンタルスペース。初回(1月)にそのパフォーマンスの高さを満喫したので、あとは料理に見合う箸とかグラスとか自分の家のカトラリーを持っていくともっと楽しめると思ってたんだけど、朝バタバタしてたら結局間に合わず...、無念。
0423熊猫庵4月-10



今回も酒を呑まずにいられないつまみと、オーセンティックな江戸前握りという流れ。
0423熊猫庵4月-8



斉藤さんは河豚も扱えるので薄造りや天ぷらもインクルード。
0423熊猫庵4月-14



貝の扱いがやはり素晴らしくホッキも赤貝もシビれる仕上がり。
0423熊猫庵4月-29



握りは車海老のソリッド感、づけのテクスチャ、中トロの肉質など、まさにちょうどいい感じで。
0423熊猫庵4月-25





きめ細かな刺しの入った中トロもいいけど、オーセンティックな江戸前の中トロも古のエロス。
0423熊猫庵4月-26




いやー、魚も実にエロス。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 23:42|この記事のURLComments(0)

2018年04月24日

とり口 (五反田)焼鳥エレガンス

0423とり口4月-12

五反田の焼鳥の新店『とり口』。山手通りに近いTSUTAYA裏あたりという知らなければ、中々足を踏み入れないロケーション。

外観は質感あるモダンなしつらえで、デートでも充分に使えるファサードだ。オープンして10日後くらいの訪問だったと思うんだけど、店内は賑やかでオペレーションも落ち着いてるように見えた。
0423とり口4月-38



ただ、後で大将やスタッフさんたちに話聞いたら、「全然寝てないっす」とナチュラルにキマってた状態だったらしい(笑)

大将の西口さんは中目の人気店「鳥よし」で長年キャリアを積んだ方で、仕事は安定感あるし、佇まいも実にいい。
0423とり口4月-19



焼鳥10串と小鉢などサイドメニュー10皿ついて5800円。お酒は日本酒は勿論、ワインもビオ系が揃っていて気分に応じて使い分けられる。
0423とり口4月-34



なんせ日本酒に関しては「酒場 それがし」の流れだし、ワインも「LOVAT」が系列ということで、ラインアップにスキがない。
0423とり口4月-3



最初に小鉢がいくつか並んで、串が焼かれるのを待つ。この小鉢の印象でだいたいお店の地力がつかめるんだけど、芽キャベツとかいい感じだし、つくねのスープが絶品。「あ、こりゃ、いい流れ来るな」と期待が高まる。
0423とり口4月-6




のっけに出てくる「かしわ」。肉感が良く柔らかさと弾力のバランスが絶妙。
0423とり口4月-10



つくねの、粗いテクスチャが引き出す力強さの演出も好み。単に強引なだけじゃなく、わきまえたエレガントさも含みにもっていてね。シャツを着た卵とカと云う名の要はポーチドエッグ。カラスミがいい!
0423とり口4月-17


ぼんじりのジューシーさは、脂の甘さとキレの良さで余韻が美しい。
0423とり口4月-22



女性はお腹いっぱいになるボリュームなんだけど、メンズ的にはあと2本くらい攻められそうで、手羽先の後にも攻めちゃいました。ソリとハツモト最高!!!!
0423とり口4月-29



串が終わった後は、にゅうめんとかき氷でフィニート。
0423とり口4月-36


とり口
03-6421-7254
東京都品川区西五反田2-28-10


オープン直後で、この賑わい、ま、実際これだけのクオリティ出してたら人気になりますな。気楽に寄れる価格帯だけに当家の御用達になりそう、予約さえ取れればね。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年04月17日

いろりの宿 芦名 (会津) 会津牛の夕ご飯

0417芦名夜ご飯2月-25


昨年の晩夏に初訪問してめちゃ気に入って、この冬はスキー&美食のためにリピートした会津の『いろりの宿 芦名』。

ここは部屋数と同じ数だけ囲炉裏があるので、他の人に気を使うことなくのんびりと会津の素材を愉しめるのが魅力。
0417芦名夜ご飯2月-15



真冬なんで岩魚は冷凍だったけど、この大きさのものを会津の炭でじっくり火を入れたものがいただけるのは贅沢極まりなし。
0417芦名夜ご飯2月-3



女将のこだわりで選びぬいた会津の食材の夕餉は、こなれた旅人が求める理想のエクスペリエンス。
0417芦名夜ご飯2月-6




市場に出回らない希少な会津牛の焼きしゃぶ
0417芦名夜ご飯2月-26



コリッとした食感の残るつくねの炭火焼きなど、何度再会しても嬉しいメニューも並びます。
0417芦名夜ご飯2月-14




味付けも決して濃すぎず、洗練されたバランスの良さが印象的。
0417芦名夜ご飯2月-16



あとね、あんま知られてないけど、福島って長野に次ぐ蕎麦の産地なのよ。家で蕎麦打つ人も多いらしく、なにげにアベレージが高い。
0417芦名夜ご飯2月-29

いろりの宿 芦名
050-5593-8191
福島県会津若松市東山町大字湯本下原232-1
http://www.ashina.co.jp/


美味しい宿には色んな季節でリピりたい。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年04月02日

赤瓦をめぐる旅 (島根)石見銀山〜益田の道程

0402石州瓦3月-50

島根県芸術文化センター「グラントワ」さんのプレスツアーで、今回は赤い瓦をめぐる旅に。

石見エリアは石州瓦という赤い瓦の産地があって、特に海沿いは赤瓦の家が多いのよ。当時は海運が発達していた関係からか内陸よりも海沿いに赤瓦の家が多い。
0402石州瓦3月-20


全盛期はフィレンツェのように街全体が赤く統一されていた頃もあったようで。今も残っていたら間違いなくインスタスポットになっていたと思うのから悔やまれるよね…。

撮影地 湯泉津、江津本町、石見銀山


今回は、波子、都野津、湯泉津(ゆのつ)、石見銀山、江津本町の町を周ったんだけど、泊まったってこともあって、一番印象に残ったのが『温泉津温泉(ゆのつおんせん)』。日本で唯一の世界遺産の温泉街ということもあって、地味だけど興味深い見どころが多かったのよ。

ここは温泉街から車で5分くらいの沖泊という当時の天然の港で、銀の積出港だったらしい。今でこそ寂びれた雰囲気だけど、その枯れ感こそが栄枯盛衰という歴史そのものの姿のようで静かに心にしみてくる。
0402石州瓦3月-27



TOPの写真も宿泊した「輝雲荘」。朝6:00前、最初入った時はまだ薄っすら外が暗かったんだけど、だんだん明るくなってきたら趣ある赤瓦が浮かび上がってきて思わず大興奮。前夜にお風呂入ったときも外は真っ暗だったので、全く期待してなかったからそのサプライズ具合にグッときて。
0402石州瓦3月-49



宿はいわゆる温泉旅館。
0402石州瓦3月-31



食事は地のものを中心に。利き酒セットで島根の地酒 開春を飲み比べ、"米の雫”がタイプでした。
0402石州瓦3月-34

輝雲荘
島根県大田市 温泉津町温泉津ロ202-1
kiunsoh.com
0855-65-2008



食事の後は、近くの龍御前神社で石見神楽のデビュー戦。神社で公演があるってのが実にいい。こういうのって小綺麗なステージよりも、客席と距離が近くて地元文化とシンクロしてるとこの方が共感指数高くなるしね。
0402石州瓦3月-43



石見エリアでは神楽が盛んで、相当数の団体があると聞いてたんだけど、ひとつひとつがこんなにも気合入って完成度高くて驚き。演目も衣装も思いのほか煌びやかでハマりました。




公演のあとに、ゲストは衣装を羽織れるんだけど、これなんて15kgもあってズシリと重い。
0402石州瓦3月-46




翌朝は6:30から温泉の周囲を散歩。年季の入った赤瓦が多くソソります。
0402石州瓦3月-65



赤瓦じゃないけどフォトジェニックだったのが、GoogleMapでも検索されない「愛宕神社」。この神社の裏から続く苔で覆われた尾根の道がめちゃ艶っぽくて。観光客に荒らされてない感じも絶妙に良くない?
0402石州瓦3月-59



2泊だったので食事のチャンスは限られてたけど、訪れたレストランはどこも”この地らしく”オススメできるとこばかり。


まずは萩石見空港からほど近いシーフロントの洋食店『柿の木』
0402石州瓦3月-2



このロケーションは反則、しかもテラス席もあるんすよ。風強い時とか寒い時期は店内だけだけど、テラスの時期に再訪したい。
0402石州瓦3月-4

柿の木
0856-23-7417
島根県益田市高津町イ-2582-10




続いては、石見銀山の町 大森の2店を。ここは古民家が並ぶ雰囲気のある通りで、ポツポツとだけどセンスのいい厳選されたお店があるんです。

そのひとつがドイツでマイスターの資格を得た日高さんのベーカリー『ベッカライ コンディトライ ヒダカ』。同行したパンマニアの友人が強烈にキュンキュンしてたので、そういう時は波に乗る主義の漢(オトコ)です。
0402石州瓦3月-76



ドイツらしくプレッツェルや、ゆず食パン、おすすめのヘレンベルガーフロート、あんぱん、クルミのパンなど、カバンに入りそうな分だけ大人買い。これが正解でほんっと美味だったのよ。ドイツのパンって勝手に質実剛健で面白みがないものかと先入観あったんだけど、いやいや完全に間違ってたわ、反省。

次行ったら買えるだけ(数日以内に消化できるだけ)まとめ買いしたいッス。
0402石州瓦3月-75

ベッカライ コンディトライ ヒダカ
0854-89-0500
島根県大田市大森町ハ90-1
https://www.facebook.com/bkhidaka/



ヒダカでおみやげのパンを買い込んだ後に、『群言堂』の石見銀山本店の中にあるカフェへ。中庭に面した開放感あるサンルームや、小さな箱庭の前のカウンターなど雰囲気も相当いい。
0402石州瓦3月-81



0402石州瓦3月-80




献上米を使ったおむすびをいただいたんだけど、これもしみじみ美味なのよ。添えてあるお漬物も美味しいくて体の内部から癒やされました。
0402石州瓦3月-84

群言堂 石見銀山本店
0854-89-0077
島根県大田市大森町ハ183


「群言堂」の本店はナチュラルなライフスタイル提案ということで服やお皿も見応えあり。
0402石州瓦3月-87



ちなみに近くには、「群言堂」の運営するこれまたセンスいいホテルがあって、ここ次回のターゲットだったりしています。
0402石州瓦3月-77





あと、レストランではないんだけど、お店の前だけでも通りたかったのは波子の町にある「ウオッチミュージアム・ヴォガ」。日本初のアンティークウォッチ博物館で800本以上を展示する私設博物館。この町のゲストハウスを取材したんだけど、帰り際に「この町にはアンティークウォッチの博物館があってね」なんて話になって「ま、ま、まさか、オレが憧れてたアレがこの町にあるんですか!?」って!!
0402石州瓦3月-11



てな感じで、またまた島根に再訪する理由が増えちゃいました。益田の駅あたりもこじんまりしながら美味しいお店多いので、コレクターのパイセン達連れて皆で来るのも面白そうでねぇ。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年03月16日

粲(六本木)構えず使えるカジュアル割烹

0316さん2月-8


日本人にもかかわらず、特に若年層から一番遠くなっている料理ジャンルが日本料理。フレンチやイタリアンに行くことはあっても、中々 日本料理のカウンターは敷居が高いっすよね。

家庭料理や居酒屋の上で、でもコース1.5万円からみたいなハードルの高さじゃなく、もうちょい気軽によそ行きの和食が食べられるお店が欲しいんですよね。

ここ、六本木の『粲(さん)』は、プリフィクスが6000円で、遅めの時間帯はアラカルトでも使える和のお店。カウンター席の他に、個室が3つくらいあるので色んなシーンで使いやすい。
0316さん2月-17




ポテサラ、前菜、お造り、メイン、ごはんモノといった流れで、冒頭に登場するポテサラ。
0316さん2月-3



燻香も程よくついていて、これはついつい酒がすすむね。料理的には、TOP写真のうなぎの梅しゃぶが味わい、歯ごたえともに癖になる感じで、この2つのお皿に「粲」が目指そうとしている個性を感じました。
0316さん2月-4




〆の八海山サーモンといくらの炊き込み御飯はビジュアル的にも楽しめるもの。
0316さん2月-13


050-5594-8862
東京都港区六本木4-10-3 第V大栄ビル 7F
http://sun-since2018.jp/


肩の力を抜いて気楽に過ごしたい夜に。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:41|この記事のURLComments(0)

2018年03月08日

山下本気うどん(渋谷)並木橋の呑めるうどん!

0308_山下本気うどん2月-9


店名聞いた時は”冗談か?”と思ったけど、実際行ったらメチャ普段使いに良くて驚きました。並木橋の『山下本気うどん』。

目黒でも人気のお店で、芸人さんのお店っていうからナンチャッテな感じかと先入観はいったけど、つまみはかなり丁寧だし、並木橋店はパッと見は洒落たカフェよ。
0308_山下本気うどん2_1月-2



サラッとうどんだけ食べるつもりだったんだけど、メニューが豊富。日本酒もそこそこ揃ってるんで、つい頼んじゃうじゃないですか。だったら試しにとオーダーしたつまみ類、ところが中々出てこないんです。
0308_山下本気うどん2月-1



厨房の方を見てみると、ファーストフードのうどん屋さんにありがちな、トッピングがしなびて並んでるなんて光景はありません。完全に厨房で作ってます。

「あ、これって もしかしてちゃんと作ってるのかも」と思ったら、やっぱそうでした。カニクリームコロッケとかキチンと揚げてあって、衣はカリッとジューシー。
0308_山下本気うどん2月-8




テールの煮込みに至っては、骨ごとドドーンんと出てくるしね。これ、見た目だけじゃなくて、ちゃんとしてます。フツーに夕飯で食べたいおかずレベル。
0308_山下本気うどん2月-6


うどんも種類多くて、ざる、つけ、かけ、醤油、ぶっかけ、釜揚げ、カレーとフルラインナップ。

メンズらしく肉うどんを選んだけど、これは正解。卵と肉と麺のトリプレッタ!!!
0308_山下本気うどん2月-10

山下本気うどん
050-5594-5741
東京都渋谷区渋谷3-15-8 並木橋ビル 1F
http://gardengroup.co.jp/brand/yamashita/


麺のコシもいいし、肉の甘さも程よくて♪
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:24|この記事のURLComments(0)

2018年03月06日

酒場シナトラ (目黒)クラシックなのにモダンな和食

0221SS12月-16


目黒駅至近の雑居ビルの地下にあるクラシックモダンな和食『酒場シナトラ』。

すき焼き100gで1200円とかシビレの山椒焼きが600円以下とかチェーン系の居酒屋と価格は大きく変わらないのに、あからさまに違うのは料理のクリエイティビティ。

特に印象的だったのはTOPの写真の鴨メンチ(780円)。鴨の風味が独特の印象、こういうのもアリなんだと驚く。

ドリンクも安くてちゃんと美味しい。サワーにはふんだんに果汁が使われてるし。
0221SS12月-1



日曜の夜も営業してくれてるのは嬉しい。ランチで食べすぎて、夜に軽くつまみたいって時あるじゃない。目黒だと、日夜営業のお店ってあんま多くないから助かります。そして、そんな時に肉刺しの3種盛りとかあると、ついオーダー入れちゃいますね。
0221SS12月-4





フルオープンのキッチンの2面を客席が囲っている。
0221SS12月-17




鰆の昆布締め 柚子味噌とともに。歯ごたえも味付けも良いよ。分煙してないので、すぐ隣にスモーカーがいるとツラいけど、ちょっと距離あればそこまで気にはならないかな。
0221SS12月-10




たまごも、しっかりふわとろ。
0221SS12月-13




肉豆腐っていうか、メチャ肉じゃん。ご飯ほちぃ〜•́ε•̀٥
0221SS12月-7




駅至近の雑居ビルの地下。一度行くと便利に使えるけど、知らないとそのままになりがちなロケーション。ボクも最近まで知らなかったし。
0221SS12月-21


酒場シナトラ
03-6417-0281
東京都品川区上大崎2-27-1 サンフェリスタ目黒B1
http://www.bistro-jill.com/shop/shinatora.html



写真のサインが名古屋になってるけど、めっちゃ目黒です。酔っ払って作業した時にありがちなケース。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ





続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年02月27日

いろりの宿 芦名 (会津)旨い郷土メシとスキーの大人な休日

0224会津2月-21


平昌オリンピックも終わろうとしている週末、JRの広告(私をスキーに連れてってパロディ)に踊らされた当家は、20年ぶりくらいのスキーに行ってきました。
0224会津2月-17



昔と違って、朝から晩まで滑りたいわけではないのでゲレンデから多少離れててもゆったりとした宿に泊まりたかったし、食事が美味しいところというのがマスト。
0224会津2月-8



週末にサっと行きたかったので、北海道は今回 断念。新潟方面で探そうと思ったんだけどふと気づいたんです、「夏に行った会津の『芦名』は、スキーの拠点としても使えるんじゃないか」と。
0225会津2月-2



調べてみたら、グランデコとかアルツ磐梯とかネコマとか、聞いたことある名前がヒット。宿からの距離も車で1時間くらいと雪見ドライブにも、ちょうどいい距離。当家のニーズがピタッとはまって、大人スキー旅のフレームが固まったんです。
0224会津2月-14



旅程は金曜日の午後に出ての2泊旅、結果スキーもできて、美味しい会津の食も堪能して、雪見露天風呂で癒やされて帰ってきました。
0225会津2月-41




スキーは土曜日に挿し込めば、当日の気分でスキーの比率は調整できる。朝イチから行ってもいいし、昼前に着いてのんびり滑るもその時の状況次第。夕方宿に帰って温泉でひとっ風呂して、囲炉裏で会津の食材に舌鼓って理想のスキー旅じゃないですか?
0224会津2月-15




再訪の「芦名」ですが、料理はやはり期待通り。むしろK点超えてきます。地元の無農薬の田んぼで育った鴨の鍋や、会津牛の焼きシャブといったメインは、いろりの宿の真骨頂。
0224会津2月-23



前菜も印象深くしっとりとしたテクスチャの馬刺し、鰊の山椒漬け、自家製のつくねなども満足度し。キレのいい蕎麦で〆られるのも心地良い。2泊したけど、料理はカブることなく量もほどよく満腹でちょうど良かった。
0224会津2月-4




前はね、夜の量がもうちょっと多くて、逆に朝ごはんの時に「お腹が空かない...」って悩みがあったんだけど、今回は適量で朝ごはんも存分にいただけました。
0225会津2月-10



鴨鍋とか会津牛の焼きしゃぶとかフォトジェニックで、先述の夜ごはんに目がいきがちだけど、なにげに凄いのが朝ごはんのクオリティ。

今回は特に2日目が良かったんだけど、卵の黄身の醤油漬け、シラスとだいこんおろし、地鶏の親子丼(の上の部分)、どれもお米に合うんすよ。お米自体も完全無農薬栽培で育てられた爐劼箸瓩椶譟匹如△海譴世韻任眸い進むのに、困った話です(笑)。
0225会津2月-29



朝も炭火で干物を焼いてくれるんだけど、フツーに鮭も異次元でうまいのに、”物凄い鯖”っていうジューシーな無添加干物は、脂も綺麗で身も味が濃い。煙が出まくりの仲居さん泣かせなんだけど、否が応でも食欲が解放されるので、ごはんのお代わり4杯しちゃいました。おかげでゲレンデではランチ要らず。
0225会津2月-27




食へのこだわりだけじゃなく、温泉も「源泉100%掛け流し」でオーガニック。ゆえに冬の露天風呂は、ちょっとぬるいけど、内湯でしっかり温まって、交互に入ればちょうどいいよ
0225会津2月-33

いろりの宿 芦名
050-5593-8191
福島県会津若松市東山町大字湯本下原232-1
http://www.ashina.co.jp/


芦名の旅館はレトロで雰囲気あるけど景観は無いので、帰りがけに日帰り温泉に寄っていくのも賢い選択肢。芦ノ牧温泉の「大川荘」は、ダイナミックな渓谷ビューの雪見露天風呂が魅力(1500円/日帰り利用)。
0225会津温泉2月-1




東北道の白河まで下道でいっても3.5Hあれば東京まで帰れます。ラウンジも絶景だし、ここで最後に一息入れて家にかえるのはオススメ。
0225会津2月-52



身体が覚えてたのか、カービングスキーというテクノロジーの進歩か。20年ぶりのスキーは、思ったよりも滑れました!
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:14|この記事のURLComments(0)

2018年02月19日

JB日本橋 (神田)ジャパンビストロの創造性

0219JB1月-20

日本の旬や四季を強く意識しながら、更に和の料理技法も積極的に取り入れた『JB日本橋』

JBって何のことよ?と店名聞いた時は思ったんだけど、和ビストロと謳っているので「Japan Bistro」の頭文字なんでしょう。
0219JB1月-7



アペリティフしながらメニューを眺めてると"海老真丈と枝豆のカダイフ揚げ”とか、"牛ばら煮込みとフォアグラの玉子焼き”とか、和 feat. フレンチ的な料理が並んでいます。

想定以上に魅力的な料理が並んでいるんで「うーん、どれにしよーかなぁ…」って唸ってたら10皿くらいのコースメニュー見つけちゃいました。しかもなんと4000円!!!!
0219JB1月-5




フツー、4000円で10皿コースって聞いたら大人の事情を察するじゃないっすか。しかも和✕ビストロだったら尚更。この流れって中途半端なモンが出て来るリスクが俄然高まるので、内容はソコソコでもがっかりしないよ〜って、ディフェンスモードに入りがちです。


ところがね、サービススタッフの説明とか聞いてたら やけにちゃんとしてるのよ。質問に対する答えが的確で、わからないものは「確認します」と爽やかに厨房から情報を拾ってくる。レコメンドメニューに対するストーリーも魅力的だしね。

故に、スタッフを信じてのっかることにしたんだけど、コースを選んでしみじみ良かったと感じたのがこちらの牡蠣の白菜ロール。牡蠣との組み合わせだけでも面白いのに、その下に敷かれていたフォアグラが、これまでにない食体験へと連れてってくれたのよ。
0219JB1月-12




そんな牡蠣の白菜ロールに合わせたお酒がYAMAWAのオイスターという清酒。前菜の序章パートから、「なにこれ、4000円なのにヤルじゃない」とふつふつ感じていたんだけど、このマリアージュが一気に確信へと変えてくれました。「JB日本橋」は使える店だと。
0219JB1月-14





中盤で牡蠣のヤマがあった後に、〆に向かってもう一度クライマックスがやってくる。

青森産の熟成豚のローストは、長谷川さんという生産者の豚さんで、このロースが実に甘くて旨いんです、と。そんなの聞いたら食べたくなるじゃない。

でね、何度もしつこいけど4000円のコースのメインっすよ。いくら中盤でいい仕事したって、ここは素材の地力が出ちゃう場面じゃないっすか。ところがね、この長谷川さんの豚は、味の絶対値で言うとコースの中でちゃんと一番美味だったのよ。
0219JB1月-18



トリッキーなサプライズという意味では牡蠣ロールが抜けていたけど、コースの主役たるメインの肉が結果コースを支配していたとなると、全体の流れに安定感が生まれるわけで。そうなると俄然、このコースに対する納得感というか信頼度が高まっていくんです。

豚さんのあとにTOP写真の白子と雲丹と百合根のストウブご飯が出てきたんだけど、豚で盛り上がった演目を終幕に向けてまとめていく、それはそれでいい仕事でした。
0219JB1月-24





予約の取れない人気の日本料理や鮨に行くのも勿論愉しみだけど、普段使いで通える良店をみつけるのも、それはそれで違った悦び。
0219JB1月-2

JB日本橋
03-6262-9939
東京都千代田区鍛冶町1-9-19 GEMS神田 2F
http://www.bistro-jill.com/shop/jb.html


オリンピックに自分が出ていたら、レジェンドと言われるくらいの年齢なんだね〜と変なとこに発見がある今日このごろ。はじまるまでは興味ないけど、一旦はじまると画面の中のド一流の競技に、シビレまくりな毎日です。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:44|この記事のURLComments(0)

2018年02月11日

熊猫庵 プレミアム ドS会 in 三軒茶屋

0211熊猫庵徳永1月-31


築地の仲買人の徳ちゃんが主催する出張料理『熊猫庵徳永』は、数カ月先まで満席という人気っぷり。

0211熊猫庵徳永1月-6

そんな『熊猫庵徳永』のプレミアム版のイベントが先日開催されました。魚選びと仕込みは徳ちゃんがやりつつ、仕上げの料理は鮨職人の斉藤さん。
0211熊猫庵徳永1月-29



日本酒もペアリングで実質飲み放題なのに1.2万円というのは破格!!
0211熊猫庵徳永1月-9




熟練の職人さんの仕事は見てて安心感ありますな。
0211熊猫庵徳永1月-12



のっけからヤラれたのはズワイガニと味噌の焼物。カニの身の食感たっぷりで、味噌も味が濃厚過ぎずいい塩梅。常温の満寿泉が柔らかく迎え入れて抜群のマリアージュ。真鯛のポワレはしじみのソースが納得度高い、合わせた日本酒との引き算っぽいマリアージュがいいね。
0211熊猫庵徳永1月-7





お造りの鰹はトロみたい。豊盃をワイングラスで合わせたんだけど、マリアージュという観点では、この日一番のヒット。家からグラス持って来れば良かったな…、っていうか、この料理のクオリティなら、レンタルスペースのカトラリーではなく、家から取り皿、箸、グラスにお猪口と各自持ち込みのスタイルがいいと思う。1.2万円っていう会費のパフォーマンスが、更にあがるから。
0211熊猫庵徳永1月-14



お造りの味で言うと皮目を炙ったのどぐろと、ほっき貝の連投がヤバかった。
0211熊猫庵徳永1月-19



のどぐろの美味しさはある程度想像してたけど、脂の余韻が綺麗でしみじみ。ここがMAXかと思いきや、続いて出てきたほっき貝の美味しさにめちゃ驚く。あんなに主張が激しかったのどぐろをあっという間に過去の人に追いやる場面転換力。この2皿だけでもイベントに来た甲斐あったと思えます。そして 斎藤さんの一言、ほっき貝は仕事が全てです、というセリフに納得。
0211熊猫庵徳永1月-20



もずくや白子の天ぷらをつまみながら、いよいよ握り。
0211熊猫庵徳永1月-22


シャリもタネも少し大きめで、サビもしっかりと効かせてくる。銚子のほうぼうは、昆布締めのいい仕事で余韻が長い。

コハダはシンプルに旨い、小難しくない。とてもわかりやすくストレートな握り。
0211熊猫庵徳永1月-25




ヅケや大分の車海老はいい意味で立体的でシュッとしてたし、鰹はお造りとはまた違った一面を魅せてくれた。
0211熊猫庵徳永1月-28


表と裏がしっかりわかるヤリイカはツンデレで、ウニは締まるところ締まった女の子的なメリハリあって好み。〆の大トロは炙り具合とレア食感のバランスが良かったね。
0211熊猫庵徳永1月-34




平日夜のプライベートイベントだからできる原価率の高さ、築地の仲買さん主催というコストパフォーマンスの高さ、そして鮨職人さいとうさんの技。お酒もしっかり楽しめるし、次回もまた是非参加したいね。まりえも連れつつ、お皿やグラスしっかり持ち込みながらね。
0211熊猫庵徳永1月-5






金曜の夜から、東京→名古屋→京都→岐阜→名古屋→京都→東京という怒涛の55時間。ひたすら美味しいものを食べるというアスリートなショートトリップ。健康であることと人との縁に感謝しか無いっす。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年02月02日

田吾作(島根)益田を代表する居酒屋へ

0201島根8月-6


島根県の益田に、日本代表クラスの居酒屋があるんです。その名も『田吾作』、ネーミングからしてTHE昭和の風情たっぷりで、日本のカントリーサイドらしいエッセンスがぎっしりと詰め込まれています。
0201島根8月-3



居酒屋探訪家の太田和彦氏が「日本一の居酒屋」と称したそうなので、是非夜に訪れてみたいとこだけど、スケジュールの関係もあってボクラが行ったのはランチタイム。
0201島根8月-7


店内には巨大な生簀があって、益田が自慢の日本海の幸が存分に楽しめる。
0201島根8月-2


とはいえ、時化の直後だったり、海鮮丼とか刺し身定食など限定されたランチメニューしか食べていないので、実力の片鱗しかつかめていない。
0201島根8月-5


これだけの生簀を持っているお店はレアで、鮮度へのこだわりは強く感じたので、夜にじっくりと楽しみたい居酒屋だった。
0201島根8月-1


田吾作
0856-22-3022
島根県益田市赤城町10-3
http://tagosaku1966.jp/ 



都会が好きだけどカントリーサイドもやめられぬ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:22|この記事のURLComments(0)

2018年01月14日

冬の沖縄のすすめ

0114沖縄12月-10


年末はバンコク行く前に沖縄寄ってました。

自分の旅スタイル的に冬の沖縄ってのが思いのほかマッチしてたので、こういう人なら今の時期でも沖縄楽しいんじゃないかと。
0114沖縄12月-5


・海を眺めながらお酒を飲むのが好き
・オープンカーのドライブが好き
・琉球ガストロノミーをはじめ、沖縄食べ歩きに興味あり
・海に入るのが絶対条件ではない

とはいえ、冬は天気が悪い日が多いので、「晴れたらラッキー」くらいの感覚はマストです。
0114沖縄12月-20



1)海を眺めながらお酒を飲むのが好き
12月末でも晴れたら半袖で過ごせるし、リッツのラウンジとか北谷のシーフロントのレストランとか、海を眺めながら食事やお酒を楽しめる場所はたくさんあるのよ。冬の寒さから逃げたかったボクには、この時期にテラスで海見ながら酒飲めるだけで最高でした。
0114沖縄_2_12月-28


沖縄在住者から言うと「昼間でもテラスは寒い」というけど、東京の感覚なら春くらいの体感温度なので、ちょっと羽織ものあれば余裕でテラス酒は楽しめます。寒く感じたら室内入ればいいしね。
0114沖縄12月-18





2)オープンカーのドライブが好き
12月の曇りの日でも長袖Tシャツで昼間は大丈夫で、夕方は薄いダウン羽織れば余裕でオープンで走れます。シーズンオフなのでオープンカーもレンタル料金も安い。ボクスターを1泊2日で借りても1万円ちょっと。保険代含めても2日で2万円以下でした。これで名護あたりのビーチサイドドライブできるならオトク感高くない?
0114沖縄12月-6


ちなみに、今、沖縄本島で一番面白いのが「大学院大学」。AIとかアート分野で、世界のオーソリティたちが集まってる研究機関みたいなんだけど、ジャングルの中にデザイン性高い建築物が鎮座してて、なんだかジェラシックパークみたい。
0114沖縄_2_12月-17



ある程度までは見学できるゾーンになってるんだけど、お昼時の食堂とか本国Googleみたいな雰囲気。
0114沖縄_2_12月-22


あ、行ったことないからイメージだけどね。眺めもいいし、食事もオーガニック意識したものやパンも美味しそうなものが安いので、ランチをここで食べるのもアリですよ。
0114沖縄_2_12月-19






3)琉球ガストロノミーをはじめ、沖縄食べ歩きに興味あり
海やプールに時間を取られな分、食にはパワーをつぎ込めます。一番のヒットはオープンしたばかりの琉球ガストロノミー「尊尊我無(とうとぅがなし)」。
0114沖縄12月-1



沖縄そば懐石のコースは、質の高い琉球食材にこだわりつつ、独創的だけど筋の通った日本料理の仕事で完成度が高い。
0114沖縄12月-2




古酒(くーす)のペアリングとか、めっちゃ斬新。
0114沖縄_2_12月-66



弟が開拓した琉球伝統料理の「美栄」も今はだいぶ人気になったようですが、「尊尊我無(とうとぅがなし)」は、もっと今っぽく”沖縄に来ないと食べられない食”を体現してるので、早々に予約の取れない人気店になりそうな予感。
0114沖縄_2_12月-65


尊尊我無(とうとぅがなし)
昼 11:00〜15:00
夜 予約時のみ営業(18:00〜22:00)
※前日までに電話
098-996-1159
定休日 水曜日
沖縄県那覇市樋川2丁目16-15




北谷もビーチフロントのレストラン増えてて、TYハーバーみたいな雰囲気の大箱ブリュワリーレストランとか出来てました。
0114沖縄_2_12月-41




夜のテラス席は寒そうで辞退したけど、昼間天気が良ければテラス席で全く問題なし。春が待てないテラサーの皆さん、この時期の沖縄は穴場ですよ。
0114沖縄_2_12月-43



国際通りの公設市場あたりには、立ち飲みがめっちゃ増えてますね。ひとり旅でもサラッと食べられるお店の選択肢が増えたのはありがたい。
0114沖縄_2_12月-45


0114沖縄_2_12月-47





4)海に入るのが絶対条件ではない
リゾートにはよく行くけど、実際のトコはプールや海に入ってる時間ってそんなになくて、基本酒のんで水のそばで寝転んでられればそれで満足なんです。海は好きだけど実は眺めてるのが9割以上、そういう人にはほんともってこい。
0114沖縄_2_12月-38


崖好きにはたまらない発見だった南端に近い「慶座絶壁(ギーザバンタ」も、太陽出てれば夏とビューは変わらないし、半袖でも暑かったね。写真撮ったりとか散歩するには全然問題なかったよ。
0114沖縄_2_12月-59




晴れたら12月でも半袖じゃないと暑いのよ。
0114沖縄12月-7



東京が激寒時期だと、ただただこんな海を見てるだけで幸せ。
0114沖縄_2_12月-60



最南端の喜屋武岬も久々に訪れました、
0114沖縄_2_12月-53



という感じで、わずか2泊で48時間くらいの滞在だけど、かなりリフレッシュできました。東京が寒い時期に、もう一回くらい本島に遊びに行きそうです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





続きを読む

kyah2004 at 23:57|この記事のURLComments(0)

2017年12月29日

眞 (名古屋)イノベーティブな名古屋の夜

1226眞11月-8




日本料理というと新幹線だと30分先の京都に行っちゃうので、あんまし名古屋で和食って食べる機会ないんすよね。ひつまぶしをはじめ、ご当地的なモノを優先しちゃうし、イタリアンとかフレンチの有名店あるので、ついそっちがプライオリティ高くなるからね。
1226眞11月-15




こちら「眞」は名駅至近で日本料理をベースとしたイノベーティブなレストランとして最近オープンしたレストラン。カウンター主体だけど、ゆとりある造りでデートや接待シーンでも使いやすそうなしつらえ。
1226眞11月-1



イノベーティブと謳ってる通り、自由度高めの料理が魅力で、あか牛のサーロインを薄くカットして、松茸を巻いて食べるお皿などはグイッと引き込まれましたね。海苔のアクセントも良かったし。
1226眞11月-17



うなぎと牛テールを組み合わせた前菜も、ペーストにした百合根がいい感じに2人の間をとりもっていて、多くの人が”いいね”と感じる仕上がりに。
1226眞11月-11



全体的に食材はいいものを使っているし、チャレンジの方向性は伝わってくる。
1226眞11月-7


これからワインとのペアリングだとか強化していくとのことだし、名古屋という土地で”イノベーティブ”というのは殆ど先例がないようなので、焦らずに、でも折角なので早めに「これが眞だ!」というような、押し出しができるようになると良いっすね。
1226眞11月-22





ランチがお得価格でやってるようなので、帰り際にランチというのも今度は狙ってみたい。
1226眞11月-3


052-571-0005
愛知県名古屋市中村区名駅3-25-9 堀内ビルディング名古屋駅前 B1F
http://sin-meieki.com/


予想はしてたけど、12月に入ったと思ったら瞬間で2018年のカウントダウンがやってきた。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:57|この記事のURLComments(0)

2017年12月08日

とん亭 (会津若松)いとしのソースカツ丼

1205とん亭9月-7

会津若松というと馬刺しのイメージが強かったんだけど、町の中にソースカツ丼や蕎麦が根付いていて、しかもその美味しさがさりげに期待値超えなのが驚きでした。

クチコミサイトを眺めていると、スコアの高いお店は行列もできてるリスクがあったので、「鶴ヶ城に近く」「行列が少なそうなちょっと外れにあるお店」で検索したところ、ヒットしたのが『とん亭』。
1205とん亭9月-1


ボクは丼物はめちゃ好物なんだけど、まりえが”ごはんに汁が染み込んでる”丼物が苦手なので、2人で一緒の時の丼物比率は著しく低いんです。

とん亭には、幸いにも串モノがあって、しかも野菜と肉の串揚げということで、なんとか食べられるものをみつけられて良かったっす。
1205とん亭9月-4


ボクがオーダーしたのは、ソースかつ丼の最上位「会津ごく旨 ソースカツ重」。豚肉も米もこだわりの材料で、ボリューム感もリックドムクラス。

お重からはみ出しそうなソースかつは、ビジュアル的には味が重そうだったんだけど、実際に食べてみるととても柔らかく、脂のジューシーさも適量。ソースが想定よりも控えめで肉の旨味をバランス良くアシストしてるのよ。
1205とん亭9月-5


初見では食べきれないかな...とも思ったんだけど、わりとあっさり完食。たまにしか食べないものなので、再訪したらきっと王道のソースカツ丼頼むと思うけど、馬肉を使ったソースカツ丼も余裕があったら攻略してみたい。



とん亭
0242-27-2191
福島県会津若松市天寧寺町1-11



  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:48|この記事のURLComments(0)

2017年11月02日

それがし (恵比寿)酒はもちろん飯が旨い

1013それがし恵比寿8月-10


五反田ではじまったの「それがし」は、「鳥料理 それがし」、「肉料理 それがし」、ワインレストランの「LOVAT」などバラエティも豊富で、ついついそっちに行きがちだったのよ。友人からのリクエストもあって、久々に恵比寿の『それがし』寄ったんだけど、日本酒はもちろん、料理の美味しさに改めて感激。
1013それがし恵比寿8月-11



オープン当初から刺身は美味しかったし、メンチカツもシグネチャーディッシュだったけど、いやいや貴方って、こんなに美味しかったでしたっけ? 男らしい肉のかおりが衣の中から立ち昇り、口の中でジワッと肉汁がほとばしる。
1013それがし恵比寿8月-12




次々に出てくる日本酒も的確にしてラインアップが豊富。コースも内容充実してるし、何でもっと使っておかなかったんだろう。
1013それがし恵比寿8月-6


それがし 恵比寿店
03-6416-3981
東京都渋谷区恵比寿西2-3-11 1F
http://www.soregashi.jp/ebisu/



和食がそろそろ食べたい頃。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:43|この記事のURLComments(0)

2017年10月14日

むろや (能登)岩牡蠣丼とさざえ丼

1013むろや8月-10


奥能登の静かな海沿いの町 珠洲に民宿「むろや」、併設の食堂ではシーズンになると岩牡蠣丼が食べられるんです。

カントリーサイドのTHE民宿食堂といった佇まいも旅情をかき立てる。
1013むろや8月-1




丼物をオーダーすると自動的に魚がついてくるんだけど、これも旨い。
1013むろや8月-5





ミルキーな味わいの岩牡蠣丼も素晴らしかったが、オレはこのさざえ丼がやはり好き。生と火の入ったさざえの食感のコントラストもいいし、味付けがズバッと好み。
1013むろや8月-8



自販機の横が、食堂の入口ね。
0324むろや12月-12

むろや
0768-82-1188
石川県珠洲市蛸島町ナ部123番地
http://muroya1188.jimdo.com/


来年も能登には通う予定。そしてここにもリピります。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年10月09日

芦名(会津若松)山魚とジビエの囲炉裏ディナー

1009芦名旅館夕食9月-13

日本の旅の面白さの筆頭は、その土地ならではの景色と食のバラエティの豊富さ。

訪れる場所によって「え、こんな美味しいの!?」っていう発見が尽きず、日本の観光資源の豊かさってヤツを、最近つくづく感じています。

こないだアップした会津若松旅行記で、多くの友人が興味を持ったのがジビエ旅館『芦名』。各部屋ごとに囲炉裏が別々で、ジビエや会津牛が食べられてそれでいて20,000/人というのは、気軽に行けるしリピりやすい。
1009芦名旅館夕食9月-5



食事の時間に1Fの囲炉裏に降りていくと、炭火で岩魚が焼かれているんです。しかも、この岩魚、朝3:00に釣り名人が秘密の源流で捕ってきたというもの。やはりね、そんな岩魚は旨いっすよ。頭からガブッと行きましょう。
1009芦名旅館夕食9月-6




ジビエは、真鴨、ヒヨドリになんとキジまで。真鴨のレバーはとろとろ。ハツは更にトロフワで甘い!砂肝の食感もエロス。
1009芦名旅館夕食9月-21





ヒヨドリの火入れは中々難しかったけど、こうしてジビエと向かい合える貴重な機会なので昂ります。塩と自家製キノコ塩が特に素材の味を引き立ててくれました。
1009芦名旅館夕食9月-18



会津若松の名産、山椒ニシンも美味。酒と合うのは勿論、米と食べても美味しそう。町中で売ってるものはクオリティがピンきりなので、自分なりのモノサシを作れるのもありがたい。
1009芦名旅館夕食9月-23





長野に次いで、全国2位の蕎麦の産地ゆえ、蕎麦打ちの達人もあちこちにいるようです。勿論、「芦名」でも、こだわりの蕎麦を〆でいただけます。
1009芦名旅館夕食9月-25


芦名
050-5593-8191
福島県会津若松市東山町大字湯本下原232-1
http://www.ashina.co.jp/


平日は東京、休日はカントリーサイドで美味しいものめぐり、ある意味理想なライフスタイル。こゆーの続けられるといいな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 19:44|この記事のURLComments(0)

2017年10月04日

そばきり仁 (能登)庄屋の屋敷と輪島塗と蕎麦

1003蕎麦切り仁2月-19

東京にも美味しい蕎麦屋さんはたくさんありますが、こんな条件で食べられる蕎麦屋さんてのは無いっすよね?

・日本昔ばなしで出てきた本物の”庄屋”さんの屋敷
・400年モノのヴィンテージ建築
・地元輪島塗の器
・食後はゆったり庭を眺めて放心

奥能登の庄屋 中谷家の中で営業している「そばきり 仁」では、ストイックな手打蕎麦と静かな空間で向かい合うことが出来る。そんな中谷家は能登空港から20分程度。珠洲に向かう途中に寄るのが良いっすね、旅の初めか帰り際に。
1003蕎麦切り仁2月-22



福井のそば粉を使った(ほぼ)10割蕎麦は、かおりが豊かでキレ味もいい。天ぷら蕎麦や鴨汁蕎麦、夏にはおろし蕎麦もあるようです。こだわりが詰まっていて、足を伸ばしてまでも食べる価値アリです。

食事は料理自体のクオリティってのが当然大事なんだけど、シチュエーションでポテンシャルがどこまで引き出されるか大きく変わってくる。

能登のカントリーサイドらしい空間と、現地の名産品 輪島塗でいただけるっているのは、旅先ならではの贅沢な遊び。
1003蕎麦切り仁2月-17





ボクラが訪れたのは2016年1月。本格オープンは2016年の6月末だったんだで、オープン半年前くらい。そうしょっちゅう能登を訪れられないボクラのために、田舎バックパッカーのイクが企画段階の”そばきり 仁”を事前取材させてくれたんです。
1003蕎麦切り仁2月-10





なので実際、こんな雪が降るような12月から3月はクローズなんす。

写真だけ見ると、こんな雪景色の時に訪れてみたいって思うかもしれません。ただね、実際はムリっす!!!
昔のお屋敷で囲炉裏の煙が抜けるように天井が高いから、多少ストーブとか炭火があったところで、体感したことのない寒さなんすよ、この時期。
1003蕎麦切り仁2月-21




確かに、古い日本家屋の中から眺める雪景色は、息を呑むような美しさ。ただ、一方で、どんなゲレンデでも体感したことないような、体の芯まで冷え切る過酷さとも闘っていたんです。今となってはいい思い出ですが、体に30個くらいカイロ貼っておくべきだったと思ってましたね、この時は(笑)
1003蕎麦切り仁2月-6


そばきり 仁
石川県鳳珠郡能登町黒川28-130
080-5876-0020
営業時間 10:00-16:00
定休日 毎週火・水曜日
冬期休業(12月〜3月中旬頃)


こういう予想外の旅がしたいです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:52|この記事のURLComments(0)

2017年09月28日

のどぐろ中俣 (銀座)秋の”のどぐろ”

0925のどぐろ中俣銀座7月-3

本来は、いつたべても美味しい”のどぐろ”なんですが、富山県や石川県のPRが上手いのか、すっかり冬が旬の魚として定着しています。多少は、そんな刷り込みが残っていて、秋になると”のどぐろ”が恋しくなってきます。

銀座の『のどぐろ 中俣』は、まさに”のどぐろ”尽くし。お造り、焼き物、練り物、ごはん、しゃぶしゃぶに至るまで、これでもかっ!!て言うくらい、あの上質な脂と対話することができちゃうんです。
0925のどぐろ中俣銀座7月-11




店内はこじんまりとしながらも、仕切りがうまく使われており、プライバシーは高めの空間。
0925のどぐろ中俣銀座7月-1






姉妹店の築地の「中俣」は、炭の周りに立てて焼く原始焼きが最強に美味だけど、ここはのどぐろ一尾丸ごとの土鍋ご飯が猛烈にテンションあがります。
0925のどぐろ中俣銀座7月-20





のどぐろの刺身の美味しさは、ちょっと他の白身とは違いますね、この独特で、かつ上品な脂は、食べた人を次々に魅せていく力をもっている。のどぐろ以外の刺身も旨いしね。
0925のどぐろ中俣銀座7月-8






わりとナメてたしゃぶしゃぶでしたが、お出汁もいいし、この火入れした後のトロッとしたテクスチャが実にエロティークで良い。
0925のどぐろ中俣銀座7月-18




いやー、つくづく美味しい、のどぐろご飯。
0925のどぐろ中俣銀座7月-21

のどぐろ専門 銀座 中俣
03-6264-3229
東京都中央区銀座4-10-12 銀座サマリアビル B1
http://zagat.jp/archives/shop_info/ginza/


6月半ばから8月半ばまではダイエット。8月半ばから9月末までは集中力がいる仕事と、この夏はストイックに生きていました。とはいえ、頑張ったものは、やはり頑張っただけのリターンや評価を得られるので、それはそれで悪くない。あとはヴァカンスに向けて、全力で準備すすめます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:09|この記事のURLComments(0)

2017年09月12日

左馬 (目黒)安旨ヘルシーな馬肉バル

0912左馬8月-2


ダイエット中によくお世話になっていた目黒の馬肉バル「左馬(ヒダリウマ)」

各メニューが質がいいのに、やけに安くてでも旨い。そのうえ深夜まで開いてるし使い勝手めちゃいいです。
0912左馬8月-7



突き出しの馬肉からしてフレッシュで。
0912左馬8月-1







シェフはイタリアンの腕もあるので、ウマの大動脈をトマト煮込みになんてしてみたり。これが味付け、食感ともにエロいんすよ。
0912左馬8月-5




こんな良店も◯ベログとやらでスコアが低めだと予約無しで入れるわけで。
0912左馬8月-8


左馬 (ヒダリウマ)
03-6431-9099
東京都目黒区目黒1-5-19 目黒第1ビル B1F
http://www.hidariuma.net/


参考にならなくもないけど、スコアに左右されすぎてる日本はちょっとカッコ悪い。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年09月08日

明石食堂 (石垣島)八重山そばにソーキを浮かべて

0906明石食堂6月-6

朝、東京を出れば昼頃には石垣島につきます。まずはレンタカーを借りて北上し、玉取崎展望台で石垣島の絶景を浴びてから遅めのランチへと向かいます。

目的地は明石食堂、島の北部 伊原間の町にある民宿に併設した食堂です。ちなみにアカイシショクドウが正解。ずーっと、アカシショクドウって言ってましたわ(笑)。

県内でも老舗の有名店だけに、昼過ぎでも満席。昔、こんな綺麗な佇まいだったっけな…と思ったら、やっぱし10年くらい前に移転してたんですね。
0906明石食堂6月-3




シンプルに八重山そばをオーダー。
0906明石食堂6月-1





のつもりだったんだけど、途中からやっぱしソーキも食べたくなって追加でオーダー。ソーキのボリュームは結構あるんだけど、八重山そばの包容力でペロリといけちゃいました。ちょっと白濁したスープと、麺の相性もよく、見た目以上に味に品があります。
0906明石食堂6月-7


明石食堂 (あかいししょくどう)
0980-89-2447
沖縄県石垣市伊原間360


暴力的な陽射しもたまらん。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 23:41|この記事のURLComments(0)

2017年08月09日

じゅうろく (浅草)鮎強化月間に蕎麦屋

0809じゅうろく7月-12


鮎強化週間で、浅草の『蕎麦じゅうろく』へ。何故なら四国は仁淀川の天然鮎を、炭火で焼いていると言うので。



浅草駅から更にタクシーアクセスがデフォルトという(歩いたら15分くらい)、都内にありながらもデスティネーションレストラン。訪れるのに気合がいるので、頻度はそこまで高くはないけど、それでも何度もリピってる。


〆の蕎麦のクオリティも高ければ、そこに至るまでの料理がちゃんと旨い。近所にあって欲しいけど、ま、そしたら相応に値段もあがりますな(笑)。このパフォーマンスの高さを体感するなら、場所は今のとこがいいんだろうね。

0809じゅうろく7月-17






鮎は2時間近く炭火で焼かれていて、攻めた火入れでテクスチャが滑らか。お造りは宮城のまこがれいと噴火湾の白馬糞ウニ、量もケチってないのでしっかり食べた感が残る。

0809じゅうろく7月-7




八寸のヒレカツは、大将自ら「大好物」と公言するだけあって、厚み、火入れ、肉の味わいともに満足度高い。揚げたての衣で食べたら、果たしてどこまで感動指数がアップするのか。

0809じゅうろく7月-3





野菜の煮浸しや、キスやナスの天ぷらも楽しみつつ、〆の蕎麦は白が10割、黒が9割。かをりが落ちてる時期と言うけど、ここまでの料理をちゃんと受け止めるいい仕事っぷり。

0809じゅうろく7月-15






メニューの魅せ方とか、内装とか、ミシュランが好きそうなとこはプライオリティを下げてでも、お皿の上のクオリティを高めることに真摯に向かい合う変態蕎麦屋。

0809じゅうろく7月-20



浅草じゅうろく
03-6240-6328
東京都台東区浅草4-37-8 小田井ビル 1F



そうだ、オレの周りの蕎麦好きたちを連れてきてねーや。ここで、休日に昼宴したいっすね。

 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年07月02日

オカミハウス (白金高輪)昼から呑もう 寿司おさむのB面

0702オカミハウス5月-12


自分、無類のテラス好きであると同時に、昼呑み派です。

極端なこと言ったら、休日は朝からでも呑めます。ヴァカンス先では、朝食にスパークリングワインとかシャンパーニュ置いてあると、「さすが、わかってらっしゃいますな」と一人ほくそ笑むのです。

誰よりも酒弱いくせにね(笑)
0702オカミハウス5月-4




そんなオレ向きの昼呑み推奨派の呑みどころが白金高輪『オカミハウス』。こちら「寿司 おさむ」というお店の定休日(日祝)に11:00〜20:00限定でオープンしている、いわばB面的な呑み処。

その名の通りオカミさんが料理を作っていて、彼女が好きな豚足やすっぽんの他に、絶妙なつまみを愉しむことが出来る。
0702オカミハウス5月-6




丸鍋1,000円ってメッチャお得なんですけど。昼呑みは夜より安いのもいいよね。
0702オカミハウス5月-9




つまみメニューはこんな感じ、至って明朗会計。
0702オカミハウス5月-2






烏賊ゲソと韮のぬた。ビールで始めた直後に絶妙な脇役。
0702オカミハウス5月-7



生の牛肉と雲丹の組み合わせは割りと見慣れたけど、この雲丹牛肉天とか ありそうで無かった落とし所。
0702オカミハウス5月-10

オカミハウス
おさむ の休み時間
03-3446-2177
東京都港区白金1-25-23
https://twitter.com/osm34462177


気楽に、でも美味しく昼呑みしたい人々ならハマるはず。欲を言えば店の前に外のみテーブルがひとつでもあるとテラサー的に嬉しいんだけどね(笑)
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 21:24|この記事のURLComments(0)

2017年06月21日

のどぐろ中俣 (築地)のどぐろ焼きに震撼

0621仲俣5月-13


魚の一番好みの焼き方って、外がカリッとしてて、中がふっくらトロトロってヤツ。これをね、一級品ののどぐろでやられた日にゃもう…ね。

”のどぐろ”って言うと金沢あたりをイメージしてしまい、小ぶりで開きにしてあったりというのをよく見かけるけど、対馬沖の”のどぐろ”は、こんなにも大きくジューシーなんです。しかも、今の時期も驚くほどジューシー。

こちらは築地にある『のどぐろ 中俣』、九州の焼酎酒蔵の出身で、お酒に合う料理を探しているうちに、のどぐろの原始焼きに辿り着いたそうで。

0621仲俣5月-11



ちなみに原始焼きっていうのは、炭を縦に並べて、少し離したところで遠赤外線でじっくり焼く調理法のこと。余分な水分が流れ落ち、外はカリッとコーティングされるので、旨みが中に閉じ込められる。しかもふわっふわに焼きあがるから、テクスチャもたまらない。
「のどぐろ 原始焼き」の画像検索結果





そんな”のどぐろ”は勿論のこと、季節のいい素材を集めていているので、味を識ってる大人が自然体で愉しめる。

0621仲俣5月-5





刺身もちゃんと旨い。6000円のコースだと、こうして刺身やらシグニチャーメニューのさつま揚げやら、ザブトンの炭火焼きなんかも食べられるので、お得感は高い。初めて訪れるならコースがいいかもね。
0621仲俣5月-8





写真じゃ伝わらないほどに、ふわっふわなんですよ。大きい個体ほどジューシー。
0621仲俣5月-16





肉は、ここでは脇役。のどぐろを際だたせるための騎士(ナイト)みたいなポジション。
0621仲俣5月-21





なんせ、焼酎の酒蔵の経営だから、そりゃ酒のつまみは合うわけですよ。たらこに、からすみ、きびなごの炙り。どれも酒がすすみますわ。
0621仲俣5月-24





店内の柱などは、ちゃんと古木が使われていて、新しいお店なのになんだか落ち着く。料理も本物しか出したくないというお店のスタンスが伝わってくるね。
0621仲俣5月-28

炭火原始焼と蔵元焼酎の店
のどぐろの中俣 築地
050-5593-6197
東京都中央区築地2-15-15 セントラル東銀座 106
http://zagat.jp/archives/shop_info/tukiji/



高くていいモノももちろん好きだけど、お手頃価格でホンモノをいただくというのは心が軽くなるね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む