¥10000〜

2019年09月13日

ES CLASSICO (恵比寿)本場の食べ方を再現

ESC2019-3

六本木「ジャンカルロ東京」の姉妹店となった恵比寿の『ES Classico』

オーナーシェフの小曽根さんは、今でも夏にアマルフィのレストランをマネジメントしていたりと、リアルタイムのイタリアを再現できるのが魅力。

2Fもいいけど、1Fのオープンテラスは、恵比寿としてはかなり贅沢。
恵比寿の隠れ家イタリアンで至福のひとときを…あなただけの特別な空間を創造します




そんなテラスでいただく『ES Classico』のアンティパスト・ミストは、無造作に見えるけど、どれも完成度高く、これだけでワインが3種類くらい飲めそうな展開力。

ESC2019-1




以前にも食べたけど、この骨の髄を存分にリゾットに混ぜたクリエイションは、今まで食べてきたリゾットの中でも五本の指に入る美味しさ。
ESC2019-7



恵比寿 ES Classico
03-6277-1612
東京都渋谷区恵比寿1-24-11 GRASSE 1F・2F



気づいたらベロンと酔っ払ってる中庭の夜、10月くらいまではリミットかな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年08月07日

kabi(目黒)summer night

kabi2019-20


7月いっぱいは「Summer Kabi」というライトなコースの2回転をやっていて、8月は年末にオープンする新店舗のアラカルト営業という、夏はお祭りモードの目黒『kabi』。
kabi2019-5




料理はいつもより皿数を絞りながらも、発酵したマッシュルームのエキスで〆たスズキや、
kabi2019-12



山椒味噌のスペアリブ、シェフ出身地岡山の穴子入り素麺とか”らしい”内容のコース展開。
kabi2019-27




夏のランチは、毎日これがいい
kabi2019-30



酒の合わせ方もやっぱしめちゃ好み。「山陰東郷」はやっぱしスゲ〜。これでペアリング込みで1万ちょいなのでkabiを知るにはいいタイミングかと。
kabi2019-16



そんな夜ゆえ、遊んだデザインの浴衣に帯も紐縛りスタイル。そこに藤井絞りの陣羽織で引き締め、DAMIANI のアクセサリーやアンティークティファニーの時計たちとバランスを。
kabi2019-37




当然のごとく食後は二階のBAR に移り、
kabi2019-48



ラディコンの2001年で週末の訪れを祝う。
kabi2019-42




そんな真夏の夜の夢のような一日
kabi2019-1

kabi
東京都目黒区目黒4-10-8
03-6451-2413
http://kabi.tokyo/

客層は若めでスタイリッシュな方も多く、海外からのゲストも毎回見かけます。目黒駅からはかなり遠いけど、いつもいい感じに賑わってて、BARも深い時間まで人が残ってるのよ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。




続きを読む

kyah2004 at 12:38|この記事のURLComments(0)

2019年08月02日

串揚げ かな山(大阪)本場の洗練度

串揚げかな山2019-34

先日、祇園祭にあわせて岐阜、滋賀もまわっていた時に、実は大阪にも足を伸ばしていたんです。

サントリーさんにご紹介いただき、7月にオープンしたばかりの大阪 北新地の『串揚げ かな山』へ弾丸取材に。天ぷらは食べても串揚げはめったに食べること無いので、折角なら本場でいただいてみようと。
串揚げかな山2019-2


北新地の駅から近いB1の店舗で、オープンしたてということもありインテリアもシンプルかつシャープ。店主の金山さんはお笑い芸人出身ということでカウンター向き。とはいえ、ボクらが東京から来たせいか、いかにもな関西ノリで攻め込んでくるわけではなく(笑)、いい距離感での接客でした。
串揚げかな山2019-24


興味深い経歴だったのでつい冒頭で書いちゃったけど、決して芸人がウリなわけではなく、串揚げのキャリアは王道。ミシュランを獲った「串かつ 凡」で3年間修行し、その後3年間パリ店で腕を振るった後、日本に戻ってからはANAクラウンプラザホテルの串揚げで料理長を務めている。

串揚げかな山2019-36


ゆえに、串揚げも素材選びから揚げ方まで、かなり洗練されたタイプで、ギトっと感とか胃もたれとは無縁の仕上がり。銅鍋もビジュアル的なこだわりだけじゃなく、煙も吸い込むので食後も匂いは気にならない。
串揚げかな山2019-3




ボクらは前菜、野菜、ご飯に小鉢のついた串揚げ10本のコースをオーダー。最初に素材をプレゼンテーション。うわ、派手!!
串揚げかな山2019-11



食材は国産のものや無農薬を中心に揃えていて、パン粉も種類を分けて使い分けている。
串揚げかな山2019-5



最初に出てきた串揚げの車海老では、きめ細かな衣に驚き、的確な火入れゆえのテクスチャと旨みの立ち方に、こりゃいいね、と。
串揚げかな山2019-17





鹿児島の和牛はヒレ肉。見た目はホットドッグ。
串揚げかな山2019-19




これまた細かい衣でガシッと周囲はコーティングされ、蒸されたような仕上がりに。からしのソースが合いますわ。
串揚げかな山2019-21




ぶっといアスパラは信州産。
串揚げかな山2019-22




琵琶湖の若鮎を薄い衣で素揚げっぽく。はぁ〜、香ばしい。蓼酢もしっかりつけていただきます。
串揚げかな山2019-25




ワインもグラスでそれなりに揃ってて、ビービーグラーツのIT'S A GAME! を。
串揚げかな山2019-29





京都に戻って宵々山で友人らと待ち合わせ。ランチも抜いてて早めのディナー。
串揚げかな山2019-30




待ってました、豚カツ。鹿児島県の茶美豚ロース、衣は薄いが主張強めで、肉とのバランスをとっていた。
串揚げかな山2019-38




串揚げのトリを飾ったのは、雲丹とレンコン。ふわっとした仕上がりで、お出汁のソースでいただくのが合いますな。
串揚げかな山2019-41


〆のごはんとともに、小鉢まで出てくるのが嬉しい。
串揚げかな山2019-42



ついつい、手が伸びちゃうのよ、こういうの。しぐれ煮とあと2種類くらいいただいて、ちょうど腹8分目でちょうどよく。
串揚げかな山2019-44

串揚げ かな山
大阪府大阪市北区曾根崎新地1-4-25 北新地MDビル B1F
06-4797-6166


前菜と小鉢、デザートがついたコースは7800円。さすが本場、価格がこなれてる。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。




続きを読む

kyah2004 at 00:44|この記事のURLComments(0)

2019年07月25日

とり口(五反田)洗練の焼鳥と自然派ワイン

とり口2019-27

焼鳥単体としての美味しさもさることながら、つまみや、お酒の合わせ方という点でも、かなり高い洗練度の五反田『とり口』

母体が「酒場 それがし」だけに、日本酒の揃え方がセンス良く豊富なのは自然だけど、最近は自然派ワインのラインナップが増えて俄然オレ好みに。
とり口2019-21


スタッフのレコメンドを聞きながら自分のペースでグラスを空けていくと、コースが終わる頃には気づいたら4,5杯呑んでることが多い。焼き鳥屋なのに、スタッフの3人がソムリエだったりと、そういうエッジーなところもタイプです。
とり口2019-22




肝心の焼鳥も「鳥よし」出身の西口さんの焼きは素晴らしい。ちなみに目黒の「鳥しき」も「鳥よし」の出身。
とり口2019-9




冒頭で出てくる信玄鶏の柔らかくも弾力感ある歯ごたえや、タレの具合も秀逸。
とり口2019-7




その日の状況にもよるけど、天草大王や淡海地鶏も使っていて、この日は腿肉が衝撃。

つーのも、国内最大級の大きさの地鶏だけあって、ジビエの鴨みたいなロゼカラーっぷりで、
歯ごたえや味わいも力強い。敢えて串打ちせずに網焼きしたとのことだけど、そういうアドリブ力もキマってます。
とり口2019-20




レア部位として出してもらった胃袋は、内臓っぽい個性はありつつも、臭みはなく、ほどよい弾力を噛み締めながらじっくり向かい合えるオススメ串。もし、胃袋があったら、ハツモトとともに試して欲しい部位っすね。
とり口2019-25




つくねは、信玄鶏と天草大王のミックス。天草の肉感をアクセントに。
とり口2019-11




あくまで焼鳥が主役だけど、適材適所で小鉢が出てくる。
とり口2019-6



どれもしっかりと手がかかっていて、色々食べたい欲張りには嬉しい。
とり口2019-17




これはさえずりだったかな?
とり口2019-18




しっかりと皮目を焼いており、ゼラチン質を感じながら噛み切る天草大王の手羽先。食べやすいように骨は外してあるので、手羽先の美味しさだけに向かい合うことができる。
とり口2019-29


締めは、あっさりした にゅう麺のほかに、アメリケーヌのカレーも人気なんだけど、最近加わったのが担々麺。一口もらったけど質のいいハーブやナッツが、担々麺の汁をうまく制御して、ビジュアルよりも爽やかな食後感へと導いてくれるのが魅力。

この日はシンプルな にゅう麺でリセット。
とり口2019-32




デザートはティラミスもなか。季節で変わるかき氷が定番だけど、こやつも美味でカフェが欲しくなる。
とり口2019-33


とり口
03-6421-7254
東京都品川区西五反田2-28-10
http://www.toriguchi.jp/


お酒のペアリングのセンスや、つまみの挟み方などコース全体の満足度が高い。普段、フレンチとか日本料理とか、コースに慣れてる人には、かなりハマるスタイルじゃないかな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2019年07月08日

鳥しき(目黒)火入れのインパクト

鳥しき2019-1


目黒の『鳥しき』へ。2回転目に予約が取れて、タケちんと男メシ。

焼鳥は、かなりの大ぶり。同じ串で肉の大きさが相当バラバラなのに火入れはバランスよかったり、希少部位をうまく挟み込んで飽きない流れにしていたりとか、ほんとサスガ。
鳥しき2019-3


大将のパフォーマンス力というのも、カウンタービジネスでは重要な要素。人気店として君臨する理由がよくわかりました。
鳥しき2019-11





一方で「予約が取れないお店に来たこと」自体を過剰に解釈しているダサめのゲストや、連れとかお店に変な慣れてる風をアピールする成マネーな方の行動はスマートじゃなく、タケちんと「焼鳥スゲーんだけど、なんか感動削がれる要素も...ね」と、人気店あるある現象について共感コメント。
鳥しき2019-5



周辺環境はその日によるので運の部分があるけど、「焼鳥」の美味しさは裏切りません。
鳥しき2019-9



野菜や厚揚げなど、鶏肉以外のものも炭火のいい仕事を堪能できる。
鳥しき2019-13






お酒はソコソコしか飲まなかったこともあって、「予約の取れないお店が1万円ちょいだった」という満足感を抱きながら帰路につきました。
鳥しき2019-14




親子丼だけでも食べに行きたいわ…
鳥しき2019-1





今宵もまた酔っぱらい。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:08|この記事のURLComments(0)

2019年06月28日

雪月花 彦根(滋賀県)特選近江牛を敢えてのタレ焼肉で

彦根雪月花2019-9

年初に国内の都道府県 全制覇を目論んでる旨をアップしたんですが、それなりの達成度で未踏の都道府県はあと5つ、うち1つはフライト予約済なので4県を残すのみ。長崎・佐賀は1回で行けるから、和歌山と山口行きを作ればコンプリート。

こうして全国を旅していると、当初予定してなかったんだけどやりたいことが出てくるもので、それが日本の国宝 天守閣5つへの登城。

国宝天守閣がある姫路城(兵庫県)・彦根城(滋賀県)・松本城(長野県)・松江城(島根県)・犬山城(愛知県)のうち、松本城、松江城、犬山城は行ったことがあるので、京都に行くついでに彦根城に登城することに。

思えば、こんだけ京都には行ってるにもかかわらず、途中の滋賀県が素通りし過ぎで。調べてみたら彦根城は新幹線の米原駅から意外と近いとか、近江八番の近くに安土城があったりとか、城好きとしてはやらねばならないことが色々あって。

で、折角彦根に行くなら近江牛を食べたいとリサーチをかけていたら、彦根城のそばに名古屋の「肉屋 雪月花」が姉妹店『雪月花 彦根』を出していることを発見。早速、どんなメニューあるのか聞いてみたんです。
彦根雪月花2019-15



したら、県外客のお客さんが多いこともあって、近江牛のスペシャルコースをはじめたというじゃないですか。迷わず一択でこのコースを予約。

結果「めっちゃ良質の近江牛を、こんな食べ方していいんだ」「しかも安っ!!」というツイン悦楽なランチタイムに。

彦根雪月花2019-19




東京から行きます!と伝えていたせいか、用意されていたのは特選近江牛の月齢45ヶ月。

「え、45ヶ月??」と聞き間違いかと思って確認しちゃいましたよ。通常、肉食用の牛って28ヶ月前後に出荷されるのね。それ以降はエサ代、スペース代、飼育にかかる手間がそのままコストになり、病気などのリスクも高まるわけです。

45ヶ月っていったら通常の約2倍なわけで、生きたままエイジングされた いわば芸術品。

近江牛で特選として出荷されるのは、わずか20-30頭なんだとか。3大和牛の中でも2週間に1頭しか出荷されない超レア牛。そんなものが1万円のコースで食べられちゃっていいんすか?
彦根雪月花2019-11




冒頭から、その特撰近江牛のうちひらを使ったブレザオラが。見た目は刺しがToo Muchに見えるけど、赤身らしい食感もあり脂はスッと消えて全く残らない
彦根雪月花2019-3




ほかにも特撰近江牛は、ヒレ、サーロイン、ウチヒラに加え、なんとホソまでいただけたのが驚き。


ホルモンはトレーサビリティされないので、他のエリアでは近江牛かどうかすらわからない。ここは地元だけに近江牛のホルモンが食べられるんだけど、近江牛の「ほそ(コプチャン)」の特長は焼いても小さく縮まず、脂が上品。これを透明な天つゆのタレみたいのでいただくんだけど、めっちゃ旨かったわ。
彦根雪月花2019-51




オレ、後半に出てくるホルモンって正直あんまし好きじゃないんだけど、コレは別格というか別物。ブランド牛の中でも近江牛のホルモンは特に食用に向いてて美味しいとのことなので、あったのなら間違いなく食べたほうがいい。
彦根雪月花2019-50





ヒレはレア気味の焼き加減で。ブランド牛らしい品格と奥ゆかしさを味わう。
彦根雪月花2019-23



彦根雪月花2019-26


このあたりの肉からワインが離せなくなる。
彦根雪月花2019-21




自分的にはサーロインが至極。脂の融点が低い近江牛は、口溶けがよくベタッと感がほんとに無い。ゆえにサーロインのような部位こそ、ポテンシャルが発揮される。
彦根雪月花2019-31



彦根雪月花2019-38



ねぎを巻いて、卵につけてとスキヤキ風の仕上げ。ベッピン過ぎる1枚でした。
彦根雪月花2019-42





その後に続く、タタキもウチヒラでした。ブレザオラとは違った和っぽい魅力。
彦根雪月花2019-45



フィナーレを飾る焼もウチヒラで、大判の薄カットを敢えてのタレで。このクラスのい肉になると、オーセンティックなタレ焼肉スタイルってあんまし見ないんだけど、ここでは敢えて焼肉の原点に立ち返る。「焼肉って日本の誇る文化だわ」と改めて認識できる展開は、特撰近江牛のもつクオリティの高さ所以。
彦根雪月花2019-55

雪月花 彦根
0749-26-2929
滋賀県彦根市戸賀町93-1
http://tanakayafoodservice.jp/shop/setugekkahikone.html



食後は近江城へ。お店からだとお土産屋さんらが並ぶ賑やかなキャッスルロードに近いので、運動も兼ねての城攻めがオススメ
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:08|この記事のURLComments(0)

2019年06月17日

りくう(恵比寿)ペアリングが魅せる割烹の翻訳

りくう2019-14

最近、カントリーサイドに足を伸ばすことが多いのは、東京では得られないエクスペリエンスを味わうため。

たとえば自然の絶景×ワインというのは、都内のレストランでは望んでも手に入らないもの。絶景の美味しいレストランを地方で探すのは大変だけど、お気に入りのワインを持っていって、気に入った景色のとこで呑んだくれるだけなら、気楽だし選択肢も無限。


最高レベルに美味しいものが集まる東京。別に満足してないというかいうわけじゃなく、違う価値があるのなら、それを体感したいというだけ。

レストランも、いかにも高級な佇まいのガストロノミーっていうより、バンコクみたいな勢い感じるとことか、肩の力を抜いた北欧的なスタイルとか、カルフォルニアやメルボルンのオーガニックな空気感を纏った感じを好むようになった。嗜好が変わったというよりは、単に好みの範囲が広がって、今はそっち寄りという「状態」なんだと思う。

今までの自分のスタイルから、ちょっと足を踏み出すのが好き。


こないだ、ありそうでなかったなーと感じたのが恵比寿の割烹『りくう』。
りくう2019-6




白木のカウンターでもなく、丸坊主のご主人が立ってるわけでもなく、カトラリーもモダンにふってるんだけど、料理はビジュアルほどフュージョン狙ってる感じがなくて、しっかりと和がベース。
りくう2019-4



印象的だったのがお酒とのペアリング。日本酒とワインを料理ごとにしっかり向きあいながら合わせてくるので、違う魅力引き出したり、心地よい余韻を伸ばしてくれたり、スッと切ってくれたりと、お酒を合わせる意味が、より舌と体に響いてきたのよ。

料理人の視点でなく、ソムリエの視点でお酒を合わせてくるから、余計ピタッとはまるのかな。

これって、ありそうで中々なくない?

鮨であれ割烹でれ、日本酒は数種類の料理に合わせてもそれなりに機能する。だから、そこまで細かく料理ごとに合わせてこないのが一般的。

でも、昨今のように日本酒がどんどん造り手によって個性を発揮するようになると、ピタッとマリアージュする料理というのが、よりピンポイントになってくる。

ある料理に焦点を合わせてると、当然次の料理は合わないリスクも高まるわけで、理想はお皿ごとのペアリングというのが、ボクは嬉しい。
りくう2019-3




最近だと、「鮨 由う」でもそんなペアリングを経験していて、握りごとにちょっとづつ合わせてもらうお酒というのは、かなりの衝撃度でボクを悦ばせてくれたんです。


この日は、イカに合わせた山廃の純米大吟醸は、ワイン並みのマリアージュで大満足。

たまにワインも挟んできて、空豆とホタテのフランは、ナパのソーヴィニヨンブランとヤバいぐらい合ってました。
りくう2019-10




料理としては、スッポンの煮こごりを揚げて湯葉で包んだものを、トマトのコンソメと合わせたお皿にグッときた。
りくう2019-17



あ、あと気づいたら音がやけに心地良い。R&BとかChill系好きなもんで、音を愉しみながら食事できるって、なにげに大事なのよ。美味しいものを食べてる時は、できるだけ五感を大事にしてあげたいので。

りくう
03-6451-0844
東京都渋谷区恵比寿南2-1-4 ジョワレ恵比寿 2F
http://www.rikuu.jp/



ペアリングがキマる割烹の新翻訳が”東京和食”なのではないかと。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 21:54|この記事のURLComments(0)

2019年05月29日

浅草 じゅうろく (浅草)充実の蕎麦前に君臨する蕎麦の凄み

じゅうろく2019-8

浅草の蕎麦屋『じゅうろく』へ。

母の日の祝いということで、蕎麦前も美味なこちらを選んだんだけど、たまたま三社祭の日だったので、お店までのアプローチもしっかり愉しめたようでよかった。たまには親孝行しておかないとね。
じゅうろく2019-3



稚鮎の山椒煮、ヒレカツ、三重の鮎の塩焼きに穴子。八寸の枝豆、めんたいこ。蛤のお椀に、お造りのマコガレイとキンメ。どれもしみじみ美味しく舌の肥え過ぎた常連さんが通うのも納得。
じゅうろく2019-11


そして、最後の蕎麦のために料理があるんだなと改めて腹落ち、締めに相応しい風格すら漂う。
じゅうろく2019-19





三重の鮎は1時間以上かけて火入れした力作。
じゅうろく2019-7



八寸は、さりげに枝豆うまし、明太子の炙りも酒に合うわ。丹波の黒豆も丁寧な作りで好印象。お造りの銚子のキンメと宮城のマコガレイも、自然とため息が漏れる。割烹料理屋としてみても、相当レベルが高い。はまぐりの腕もしみじみと、体に染みた。
じゅうろく2019-5






浜名湖の稚鮎の山椒煮も、一尾づつ炭火で焼いているとのこと。手間ひまかけて真剣に作られたものは、さすがに美味。
じゅうろく2019-13




ヒレ肉のとんかつ、大将が言うだけあって下手なとんかつ屋より遥かに上質!

基本そのままか塩で食べて、味変でソースもつけてみたけど、常連さん曰く「天つゆもおススメだよ」と。
じゅうろく2019-15


そーだったのか!!!


そして「やー、満足じゃ」と帰っても良さそうな至福のタイミングで、るいさんのうった蕎麦が運ばれてくる。冒頭で書いたとおり、これまでの満足度を更に上塗りするインパクト。
じゅうろく2019-22




鮎がもう少し大きくなった頃に、また参りましょうか。
じゅうろく2019-4


浅草じゅうろく
03-6240-6328
東京都台東区浅草4-37-8 小田井ビル 1F



それにしても、浅草はオープンエアのお店が多く、路面に席を出しまくりで、さすがインバウンドの最先端エリア。外国人からしたら、サンジェルマンデプレみたいな”らしい”場所に感じるんでしょうね
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


Instagramはボチボチと。



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年05月24日

親方 前田康衛 (築地)握りを潔く

前田2019-14


かつては、江戸のファーストフードだった寿司が、今や高単価料理の代表格となり、予約の取りにくい状況と相まってバブルの体をみせています。

時代とともに評価が高まる食文化というのは、それはそれでいいことなんですが、若い世代の鮨好きからは悲鳴しか聞こえてこないというのも現実。連れの分まで払ったら7万円って....、そこそこいい靴買えまっせ(笑)。

もはや鮨という食べ物は、富裕層向けの嗜好品になってしまったということでしょうか。
前田2019-33




そんな鮨バブルの爆心地といえば銀座。でも、わずか1kmくらいしか離れていない築地では、江戸前のいい仕事の握りが1万円くらいでいただけるお店も残っているんです。
前田2019-3



先日「焼うお いし川」に行った際に、同店舗内の奥の院『親方 前田康衛』を発見して、試しで1貫握ってもらったんです。オーセンティックさと、洗練のバランスが想定より良く好印象。

その時に、夜でも軽くつまんで握り中心だと1万円くらいと聞いたので「こりゃ改めて訪れてみないと」と思っていたんです。
前田2019-13



そして訪れた、春の夜。平日の夜なのでヒトは少ないけど、移転前もこんな感じだった気がします。

予定通り、お願いしたのは握り中心のお任せ。もともと、毎回 つまみから食べたい人種でもないので、3種類くらいつまみがでて、早速握りというスタイルはWelcome。
前田2019-26




つまみは、京都の若竹煮と四万十から直送された鰻。皮のゼラチン質が気持ちいい。
前田2019-5



乾杯のドリンクを呑み終わったら、さっと握りがはじまります。

ほしガレイ、桜のかほりが広がる!
前田2019-6



車海老はめずらしく生で。というか、まだ動いてるし。鮮度至上主義じゃないけど、これは強めの食感と海老の甘さで、ほんと旨い!
前田2019-12



とり貝は少し炙りで。甘さと優しさがたち、生臭さが抑えられる。いつもの知ってる感じの”とり貝”じゃなくて、また違う魅力発見です。
前田2019-17



アナゴも甘くてエアリー、ふかふか。
前田2019-20



芝海老のオボロをしっかり乗せたコハダ。酸味と甘みのセッション
前田2019-25




カワハギは、肝がデカすぎる!これは...、おかわり欲しいくらいタイプ。
前田2019-27




塩釜の本鮪、かほりがイイね。
前田2019-30




ブランド産地を狙わずとも、築地で3代続いた目利きのプロが選ぶネタは美味しく、満足度は高い。毎回3万円以上の鮨を食べているヒトは別にして、フツーの鮨好きなら、しっかり
前田2019-10


握りの質も満足だし、ポーションも程よく、財布にやさしい。時間も1時間ちょいなので、なんか新鮮。毎晩 満腹生活なので、腹八分目という具合が実にちょうどいい。
前田2019-22

親方 前田康衛
03-3541-3804
東京都中央区築地4-13-5 築地青空三代目別邸 2F
http://aozora3.jp/



さっとお腹を満たして場所を変えて呑み直すのも悪くない。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 12:47|この記事のURLComments(0)

2019年04月17日

最後のビストロマルクス(銀座)

ビストロマルクス2019-9



お世話になった倉富さんが卒業されるというので、滑り込みで銀座の『ビストロマルクス』へ。

ビストロマルクス2019-17



まだ、残念ながらテラスは寒くて使えなかったけど、シグネチャー料理は相変わらず美味。

ビストロマルクス2019-7






ペアリングもしっかりと期待値に応えてくれていて、こういうタルン♪としたシャルドネとかシャブリのヴィンテージ好きなのよね。

ビストロマルクス2019-8




ステークアッシェは”らしい”エレガントな仕上げ。和牛を使うことで適度なジューシーさを出しながら、トリュフソースを嫌味なく纏っていた。

ビストロマルクス2019-11



倉富さんに次のステージはどこなのかと聞いたら、海外顧客に目を向けていて、最近ボクが良く行くエリアと丸かぶりなことが判明し「むしろ銀座より会える機会が増えるかもね」と(笑)。



『ビストロマルクス』はランチも満席だったけど、ティータイムになった瞬間、アフタヌーンティー目当ての女子客がガーーーっと入店してきて、男性はわずか3人の絶滅危惧種状態に。

ビストロマルクス2019-16





ま、あのロケーションだからね。フロアは有効活用できればいいでしょうとは思うけど、だいぶ当初とコンセプトは変わったなと(料理は進化し続けてるけど)

ビストロマルクス2019-4





ビストロマルクス2019-15



BISTRO MARX
050-5592-6560
東京都中央区銀座5-8-1 GINZA PLACE 7F
http://www.bistromarx.jp/


いい方向のチェンジだといいんだけどね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。

続きを読む

kyah2004 at 19:00|この記事のURLComments(0)

2019年04月14日

ゴロシタ.(恵比寿)バレンタインデーの選択肢

golosita2019-23


昔はドキドキしたバレンタインデー。


もうだいぶ距離は遠いけど、こういう日には会食もいれないし、まりえとお気に入りのレストランに行くにはちょうどいい。




こないだ行ってツボだった恵比寿の「ゴロシタ.」に連れてったらやはり気に入ってくれた模様。料理の個性やワインのセレクトも好みだろうと感じていたので。

golosita2019-7



日本のバレンタインデーはビジネスのかほりの方が強いけど、ホワイトデーに至ってはマジで意味がわからないので、当家ではバレンタインにオレからもプレゼントをしている。


プレゼントっていっても、別に大層なものじゃなく、ちょっとした花束。こういうのをプレゼントする口実と考えれば、バレンタインデーっていうのもいいかもね。

IMG_8855





そして、料理は期待通り。

スペイン産のアンチョビをカルピスバターの上に乗せて、下には自家製のパンを。このパンの焦げ具合もいいじゃない、さすがトールの金網つじ。京都の若旦那の仕事は、やはりわかる人には伝わっている。

golosita2019-2




この海老芋のフリットもさりげなくヤバい。ゴルゴンゾーラを纏った海老芋は、身のふかふかとは強めのコントラストの薄皮カリッと具合がいい。

golosita2019-13





さんざんからすみをすりかけたポーチドエッグ。テーブルに置かれた段階でかほりが違う。パンもいい仕事してるよ。
golosita2019-18





セコンドは伊賀牛のハンバーグとカイノミの2トップ。クリスティアーノ ロナウドとメッシの波状攻撃みたいなインパクト。ワインの合わせ方も、お任せにしておけば間違いない。
golosita2019-27




こういうイタリアン、もっと増えるの歓迎ですよ。
golosita2019-28

ゴロシタ. (golosita.)
03-5794-8568
東京都渋谷区恵比寿南1-18-9 TimeZoneヒルトップビル 4F-A
https://www.facebook.com/golosita.ebisu



過日のときめきはなくなったけど、夫婦で温かくなれるなら祭りにのっかるのも悪くない。

 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 22:00|この記事のURLComments(0)

2019年04月03日

鮨 よしかわ(恵比寿)普段使い鮨の選択肢

鮨よしかわ2019-24

「もうちょい気軽に美味しいお鮨を食べたいよね」という声が
あちこちから聞こえてくる昨今。

鮨バブルの様相を呈している東京では、回転寿司と高額鮨の間の
緩衝地帯が異常に少なくて、極端な2極化が進んでいる。
鮨よしかわ2019-22




そんな中、クラウドファンディングで「会員は呑んで食べて1.5万円」
というわかりやすいシステムを打ち出し、人気を集めているのが
恵比寿の『鮨よしかわ』。

鮨よしかわ2019-10





ちなみに、会員でなくても”おまかせ”で1万円なので、客単価が
2万円以上というのが当たり前の江戸前鮨業態にあっては、だいぶ
肩の力を抜いてカウンターに座れるプライシングだ。
鮨よしかわ2019-28




つまみも握りも、ストイックな江戸前鮨というよりは、
わかりやすい解釈を加えたオリジナリティの高いもの。
鮨よしかわ2019-3







ブランドの産地にこだわらず予算の中で、できるだけ高い
パフォーマンスができるようにタネを選んでいる。
鮨よしかわ2019-9






シグネチャーメニューのひとつだというのが、うなぎの巻物。
ジューシーに焼かれたサクフワのうなぎの間に、
シャリとわさびのタレを挟んだ逆転発想の海苔巻き。
鮨よしかわ2019-18






ほかにも鮪と卵黄の太巻きあたりは、鮨≒敷居が高いという
イメージから脱却させてくれる大胆なアプローチ。
鮨よしかわ2019-16



自分的には米麹醤油を併せたイワシの炙り握りがヒット。
自家製で6週間発酵させたという米麹が、ヒカリモノの炙りと
独特のアッビナメントをキメてくれたのよ。
鮨よしかわ2019-14




鮨の2極化は、食べ手の育成にもつながらないから、
中間層が厚くなって欲しいよね。こういう選択肢が
増えるのはありがたい
鮨よしかわ2019-12



鮨 よしかわ
03-6450-4667
東京都渋谷区恵比寿1-6-3 ゼネラル恵比寿イスト1F
http://sushi-yoshikawa.jp/



扁桃腺が腫れると食ラバーはツラいっす。
でも、おかげで2kg痩せられた。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年03月30日

ラトリエ泉(名古屋)鉄板フレンチとビオワインの夕べ

ラトリエ泉2019-10

鉄板フレンチと好みのビオワインのマリアージュを愉しめた名古屋の『L'atelier泉 (ラトリエイズミ)

最近は、名古屋に行っても名駅近辺ばかりで食事してたけど、久々に泉まで足を伸ばした価値がありましたわ。
ラトリエ泉2019-5



鉄板焼きのカウンターフレンチって、そんなに店舗数あるジャンルじゃないからね。最近だと、大阪で粉物のスタイリッシュなBARに行ったことはあったけど、ここもお気に入りに。両者の共通点はワインのセレクトの良さ。
ラトリエ泉2019-17




自然派ワインとひとくちに言っても好みによって選び方は色々変わるわけで、自分の好みにドンピシャだと放っておいても昂ぶってくるのがヒトという生き物。
ラトリエ泉2019-14




オムレツとか、たまに食べたくなるじゃない? カニたっぷり。
ラトリエ泉2019-13





平井牛のイチボ肉のロティ、お腹いっぱいになる前に前半で出てくるとことかお客さんをよく見てるよね。そういう自由度の高さも、鉄板フレンチたる所以か。
ラトリエ泉2019-7




皮目の焼き加減が心地いいポワレ。ソースの味付けも適度であれば、合わせるワインも自然なマリアージュ。体に負担の少ない流れが嬉しい。
ラトリエ泉2019-19





そのくせ、〆には男心をくすぐるプチ肉丼が出てきて、再びの昂ぶりを抑えられぬ始末。
ラトリエ泉2019-23

L'atelier泉 (ラトリエイズミ)
052-211-7323
愛知県名古屋市東区泉1-17-3 オレンジタウン 2F
https://latelier.jp/latelierizumi.html


旅中毒の自覚症状はありますが、中々これが抜けられないのよ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 21:50|この記事のURLComments(0)

2019年03月26日

テアトロアッカ(豪徳寺)イタリアンの進化は止まらない

AsadorEtxebarri2019-21

豪徳寺駅 至近のイタリアン『テアトロアッカ』。

うちからはアクセスがしにくいエリアなんだけど、行けばいっただけのリターンがあるね。

最近イタリアンは、リストランテ&自然派ワイン好みなので、『テアトロアッカ』のコース展開やワインのアッビナメントがいちいち刺さる。
AsadorEtxebarri2019-25






カウンター主体のこじんまりしたお店で、客層もローカル指数高め。子供がいても全くナチュラルな空間というのも、ある意味このエリア”らしい”景色で和む。
AsadorEtxebarri2019-4




前菜のホタルイカのソルベは、キャビアの適度な塩味とバルサミコのアクセントがキマっている。こういうソルベの使い方、日本のイタリアンでも、もっとやっていけばいいと思うんだけどね。
AsadorEtxebarri2019-8




頑なに郷土料理の再現というのもいいんだけど、全員がそっちを向く必要はない。むしろ、世界のトレンドから離れていくリスクだと思う。
AsadorEtxebarri2019-11






フレンチは、ビストロからクラシックフレンチ、モダンガストロまで幅広い価格帯で進化をしてきた。特にガストロノミーの存在は、日本におけるフレンチの地位向上に貢献している。

日本でも突き抜けたイタリアンたちが業界を牽引していけば、まだまだ面白くなれると思う。
AsadorEtxebarri2019-18




そして、そんなポテンシャルをもったシェフというのは、日本に数多くいると思う。こんなにも高い技術を持っているシェフがいるんだからね。
AsadorEtxebarri2019-24





この日のセコンドは土佐の赤牛の内腿でした。紫芋のペーストとマッシュルームの合わせ方が綺麗。本場のリストランテめぐりをして、日本のイタリアンシーンの可能性を探りたいね。
AsadorEtxebarri2019-32





にしても自然派ワインの合わせ方がかなりヒットだったので、相当ペースよく呑んだっっぽい(笑)
AsadorEtxebarri2019-19





お店ではそこそこ頭がクリアだと思ったのに、お店の外に出たらあっという間に睡魔にもってかれましたとさ。
AsadorEtxebarri2019-2

テアトロアッカ
03-6413-1092
東京都世田谷区豪徳寺1丁目49-2-101
https://teatroacca.wixsite.com/teatroacca


三茶まで行けば、あと一息という豪徳寺。思ったよりは近いんだね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 21:21|この記事のURLComments(0)

2019年03月06日

リストランテ コルテージア(表参道)プーリアの味

コルテージア2018-12



年末のウオッチマニアの忘年会で骨董通りの『コルテージア』へ。

郷土料理を標榜するイタリアンは多いけど、プーリアにフィーチャーしたお店ははじめてかも、しかもリストランテ。
コルテージア2018-34


契約農家から直送されるイタリア野菜や直輸入食材も使って、シンプルかつオーセンティックなプーリアの味の再現にこだわっている。
コルテージア2018-16




ワインもプーリア産のものを豊富に揃えている。都内随一と謳っているくらいなので、国内でもトップクラスのラインアップでしょうね。ちなみにプーリアはロゼが多いんだとか。
コルテージア2018-14




店内はアイボリーとブラウンを基調にしていて、イエローオレンジのテーブルクロスで南イタリアらしさを演出。パイセンのオレンジのジャケットは、サイズが微妙に合わなくてこの日プレゼントしたもの。色々直してみたんだけどね、なんか納得いかなくて。

結構ええヤツですが(笑)、着れないのもってても仕方ないしね。
コルテージア2018-23



実はプーリアって、名前は知ってるものの未訪問なのでイメージがわかないのよね。なので、ちょっと地図で場所を確認してみた。ブーツのかかと部分で、地図を見たら思ってるよりも縦長。ナポリから100km以内と案外近くて、こないだ訪れたタウラージのワイナリーからは20kmくらいでプーリア州。


そんなプーリアといえばオレキエッテのイメージ、この日も勿論出てきました。一時期、生パスタ作りに凝ってた頃はよく作ってたのよね。見た目は似たような感じでも、リストランテの口当たりや味わいはさすがにエレガント。
コルテージア2018-17



前菜がかなりたくさん出てきて、誰かの家に招かれたような雰囲気に
コルテージア2018-11



カジキマグロのポルペッテ

小麦とひよこ豆は、オリーブオイルと塩でシンプルに。
コルテージア2018-9



今治のみかんには、生のアーモンドを合わせて。
コルテージア2018-7


マスカットとざくろ。へー、こういう食べ方するんだ。
コルテージア2018-10


人参は2種類を。
コルテージア2018-5




パプリカ、ピーマン、ブラックオリーブ タイムと合わせて
コルテージア2018-8






コルテージア2018-13





かぼちゃのフリッタータ ローズマリーピュレ
コルテージア2018-6



肉の卵とじ的なセコンド。なんだか日本人にも親近感ある調理法っすね。
コルテージア2018-22



確か羊さんだったような記憶が。
コルテージア2018-25



オレの時計は、結構まりえと共用で使えるのよ。多分10本くらいはお互い自然につけられる。
コルテージア2018-2



こういうのもプーリアならではのドルチェなのかな? とても丁寧に作られていました。
コルテージア2018-30



この日いただいたワインたち。
コルテージア2018-33



パイセン、ジャケット似合って良かったっす。
コルテージア2018-35



シェフ、ご馳走さまでした。プーリアに行ったら、現地との比較ができてもっと楽しめるんだろうな。
コルテージア2018-32

リストランテ コルテジーア (Ristorante CORTESIA)
03-5468-6481
東京都港区南青山5-4-24 B1F
https://r-cortesia.com/



今月末くらいから、またランニング再開しないとな。G.Wに向けてそろそろ絞らんと。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2019年02月25日

マガーリ(札幌)道産素材と白トリュフの饗宴

MAGARI2019-25

札幌の食人(しょくにん) 晃くんがお気に入りの札幌イタリアン『マガーリ』。

多分ボクよりも年間の外食件数が多く(一晩ですんげーハシゴするしw)、センスもいい晃クンのレコメンドには、絶大なる信頼を寄せている。実際、ニセコの「SOMOZA」や札幌のワインバーなど、最近ズキュンと刺さったお店は、ことごとくが晃クンのレコメンドだしね。
MAGARI2019-36



ここ札幌の『マガーリ』も期待通り、いや期待をK点超えするクオリティとホスピタリティでした。
MAGARI2019-7





アロマクラシコ出身の宮下シェフは、目黒のイタリアン「ベッリターリア」井上シェフとも働いていた時期がかぶってたらしく、なんだか距離を感じない(笑)
MAGARI2019-22


宮下シェフのオモロイとこは、イタリアンという枠にはまらず、世界中の美味しいものを探しに行っては、それを取り入れて、どれも高いクオリティで展開しているところ。バールやシャルキュトリーはまだわかるとして、天ぷらとか居酒屋とかまで納得のクオリティっていうのがすげーなーと。

そんな宮下さんの料理だけに、『マガーリ』も軸足はイタリアンだけど、”ならでは”のエクスペリエンスにこだわって、愉しい時間を創り出してくれた。
MAGARI2019-14




この日は、ボクと弟が東京からのゲストだということで、敢えて道産食材にこだわったコース展開に。こういうのメッチャ嬉しい。札幌の友人が東京のレストランで”北海道産の○○です”と言われると「うーん...」となる光景は良く見てますが、そこまでいかずとも東京から訪れたゲストとしては、できるだけ道産食材を食べてみたいものなんです。



料理はどれも絶品だったけど、敢えて言うならカルネクルーダの白トリュフ添えあたり、のっけから いとうましで掴まれました。
MAGARI2019-12




からの極上な熟成ゆり根にリコッタサラータ×タルトゥーフォ ビアンコっていうのも遊びがすぎていましたね(笑)。
MAGARI2019-18




締めにまた、白トリュフたまごサンドというクレイジーなサプライズまで用意されていて、そりゃ素直に満足度は高いです。
MAGARI2019-32





白トリュフのやんちゃ使い以外でも、熊のローストなどは地元ならではのルートと、それを活かした仕事がさすがでした。変な癖もなく、滋味ある肉は美味だったし。
MAGARI2019-29



魚料理はキンキのブイヤベースもしみじみ美味く。火入れ、味付け、味のバランスは単調になりがちなイタリアンレストランの魚料理とは思えない、別次元のクリエイション。
MAGARI2019-20



そりゃこんな料理が続いたら、ベロベロにもなりますわ。酒が進んで仕方ない(笑)
MAGARI2019-23




ちなみに、この『マガーリ』って入口が外にないんです。道路沿いの姉妹店「CHIOSCO」っていうバールの中に入口のドアがあるのよ! この遊び心たまらんね。
MAGARI2019-1



更に言うと『マガーリ』の奥に、週一(だったっけな)でオープンする天ぷら屋の個室があったりと、全力で遊び過ぎ(笑)
MAGARI2019-5



こういのって好奇心とセンスと実行力の賜物で、ボクはこの3要素を持ったヒトが大好きなんす。


マガーリ (CUCINA ITALIANA MAGARI)
070-5288-8172
北海道札幌市 中央区大通西14丁目1-14 NEOビル1F
https://www.facebook.com/magari.sapporo/






アカデミー賞、主演男優賞をボヘミアン・ラプソディのラミ・マレックがとったのはシビれました!! 公開初期の頃は酷評されてたにも関わらず、ファンの盛り上がりで批評家たちの評価をひっくり返したとこもカッコいい。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年02月15日

のどぐろの中俣(築地)最高ブランドの紅瞳を原始焼きで

のどぐろ中俣2019-10


高級魚として知られている「のどぐろ」だけど、よく知られてるのって北陸で見かける小さな干物だったりしません?

もちろん、干物も悪くはないけど、ボクは炭火焼が一番好き。そして炭火焼きにするなら、デカい個体が旨いんです。食べ比べてみたことあるんだけど、圧倒的でした。


更に言うと、炭のまわりに串刺しを立てて焼いた原始焼が頭一つ抜けて美味しいのよ。皮はパリッとしつつ、遠赤外線で身がふわっふわになるし、脂のジューシーさも心地よく、”これぞ、のどぐろ”という仕上がりに。
のどぐろ中俣2019-13


ここは、のどぐろの専門店『のどぐろ 中俣』。銀座に何店舗かあるけど、築地店は店のつくりもいいし、原始焼きで食べられるから、焼きを食べたいときには迷わずここに。
他の店舗では、刺身やしゃぶしゃぶ、炊き込みご飯といった「のどぐろづくし」コースなんかもあるんで、気分やシチュエーションによって使い分けている。



築地店は質のいい大人の居酒屋的な使い方が似合う。この刺身の盛り合わせは、のどぐろの炙り、白魚、大間のまぐろなど入って1人1000円くらい。価値のわかる大人にはわかるパフォーマンスの高さ。ゆえに、店内はいついってもだいたい満席。
のどぐろ中俣2019-4



この日は下仁田ネギなんかも入ってたのでオーダーしてみた。これも炭火で焼かれて出てくるんだけど、シンプルでめちゃ旨い。トロントロンで甘いのさ。
のどぐろ中俣2019-8



ちなみに、中俣で使ってるのは、のどぐろの最高級ブランド対馬の紅瞳。そもそもブランド化されているのは紅瞳のほかに島根の「どんちっちのどぐろ」くらいらしく、高級魚の割にブランドが確立されていない印象。
のどぐろ中俣2019-1


ま、のどぐろ自体が充分ブランド化してるから、そこまでブランディングに力入れなくてもいいのかな。



のどぐろの中俣 築地
03-6264-7187
東京都中央区築地2-15-15 セントラル東銀座 106



換気扇の調子が悪かったのか、かなり煙が目に染みた夜でした。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年02月13日

肉屋 雪月花(名古屋)進化の入口

雪月花2016-3


1年くらい前に行ったのがラストだったので、そろそろ再訪したい名古屋の肉割烹『肉屋 雪月花』。写真を整理してたら、まだアップしてなかった2年くらい前のものを見つけてね。

ブログに書こうと一応行ったお店の名前くらいはリスト化してるんだけど、もう2000件くらいストックがたまってしまい、どこから書いていいか自分でもわかんないのよ(笑)
雪月花2016-13




BOSSの田中シェフが肉屋さんの息子だったということで、子供の頃からお出汁も牛肉ベース。ありとあらゆる料理に牛が使われていたので、自然と体に身についているみたい。
雪月花2016-9







ステーキにトリュフを使うお店は多いけど、単に飾りと化しているレストランも、正直多い。
雪月花2016-14




こうして、納得感のあるトリュフ使いをできるという時点で、通いたいなと心に誓ったお店でした。
雪月花2016-18


肉屋 雪月花
052-433-1029
愛知県名古屋市中村区名駅4-6-23 第三堀内ビル B1
http://nikuyasetugekka.jp/



とうことで、春頃にはおジャマしたいもんですな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年02月12日

黒毛和牛 HACHI(表参道)肉ビストロからのハシゴルート

HACHI2018-9

たかチャンが「うまい肉が食いたいっす」、「ちなみに深めの時間で表参道で待ち合わせっす」というので骨董通りの『黒毛和牛 HACHI』へ。

ヤツに食わせたかったのは牛ヒレカツ。ここの牛ヒレカツ、オレ好きなのよ。
HACHI2018-7



カウンターでデート使いにもいいし、テーブルで賑やかに食べるもよし。
HACHI2018-13





規制が厳しくなって、日本では食べられるところが限られてしまった牛タルタル。オンリストされてたら、たいてい頼んじゃうメニュー。
HACHI2018-2




寒いときにはポトフのような牛タンもいい。
HACHI2018-5




牛カツレツ自身も美味だけど、出汁のスープにつけて食べると、これまでにない新体験が。
HACHI2018-6




牛ソテー。ニラ醤油は万能
HACHI2018-8




メンズ同士だから食べられるっしょとオーダーしたステーキサンド。以前のいわゆるサンドイッチから進化して、ホットドッグのようなスタイルに。
HACHI2018-10




ふかもちっとしたパンが、強烈にサーロインと合うんです。
HACHI2018-11





トリュフソースに合わせたポテトというから、どんなものが来るのかと思ったら…。コレぞ、大人のフライドポテト。
HACHI2018-12




軽くつまんでのつもりがしっかり食べたわ。
HACHI2018-14

黒毛WAGYU RESTAURANT HACHI
03-6427-9429
東京都港区南青山5-4-27 バルビゾンビル 1F


たかチャンの友達が合流するまで時間あるというので、歩いて50mくらいの2軒目に移動です。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 22:30|この記事のURLComments(0)

2018年12月27日

焼肉喰心(大宮)自然派ワインと肉のアッビナメント

1122焼肉喰心2018-44

病み上がりに大宮の『焼肉喰心』へ。



サーロインで定番のすき焼きをハラミでやってきたり、サーロインにはエスプーマとトリュフが抜群だったり、なによりビオのワインペアリングにセンスを感じた夜。
1122焼肉喰心2018-31



いやー、このサーロイン。ちゃんと歯ごたえを感じるカットのトリュフがいい仕事してますわ。
1122焼肉喰心2018-35



常々焼肉にリーズナブルで程よいペアリングを求めてたので、自分的にはかなりのヒット。
1122焼肉喰心2018-4


大宮まではそこそこ距離あるけど、ラディコン合わせる焼肉屋は足を延ばす価値がある。湘南新宿ラインでグリーン車使ったり、帰りは新幹線だとストレスフリー🚄
1122焼肉喰心2018-41



ホルモンも焼くより刺しが好きなことを再認識したし、
1122焼肉喰心2018-7



肩三角のタタキも美味。
1122焼肉喰心2018-15




わがまま言って作ってもらったアドリブの牛丼も期待以上。
1122焼肉喰心2018-43


タンはタン元と、タン先から元までの短冊カット両方を愉しめた。
1122焼肉喰心2018-17




クライマックスに向けた五種盛り合わせ
ヒレ、ロース、イチボ、ランプ、うわミスジとスター揃い。女性陣多いと食べきるのが困難なのでもったいない。
1122焼肉喰心2018-38




大宮まで遠征した価値がありましたわ。こういう風にワイン合わせられる焼肉屋ないので、是非とも東京進出をお願いしたいところ。
1122焼肉喰心2018-48



日本の焼肉は東京以外の進化も面白い!
1122焼肉喰心2018-1


焼肉 喰心
048-657-9901
埼玉県さいたま市大宮区宮町2-17 パインズビル1F



帰り新幹線ならめちゃ楽でした
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 11:00|この記事のURLComments(0)

2018年11月11日

ベッリターリア(目黒)ブラチェリアのヒレ肉は悶絶

ABB2018-16



思い立って『ベッリターリア』。気づいたらご無沙汰してたんだけど、井上シェフのレコメンド乗っかってただけでメチャいい夜に。
ABB2018-3



店名が”ブラチェリア”と謳ってるだけあって、炭火の焼き仕事はさすが。この日はヒレが推し!というのでいただいたんだけど、いやいやホントしびれまくり。
ABB2018-17




そのまんまで食べるのが一番美味しかったけど、アーティチョークのフリットと合わせたり、ディルと玉ねぎのソースと合わせると味変で違う表情覗けた。
ABB2018-7




このおすすめのワインもドンズバで
ABB2018-9


秋刀魚とジロール茸のパスタも脳髄に響いたし、ナスとカワハギの肝の前菜もワインとバシッとアッビナメント。
ABB2018-14





食後酒もエロティークでいい〆に。
ABB2018-18



テーブルが空くまで、外で呑み待ちしてるのも気持ちよい秋の夜。
ABB2018-1


アンティカ ブラチェリア ベッリターリア
(Antica Braceria Bellitalia)
03-6412-8251
東京都目黒区下目黒3-4-3 1F
http://braceria-bellitalia.com/



平成最後の京都詣、今年も皆さんお世話になりました。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはあやしうこそものぐるほしけれ



続きを読む

kyah2004 at 23:56|この記事のURLComments(0)

2018年10月31日

ボガマリ(北参道)魚介トラットリアの潔さ

ボガマリ2018-17


美味しい魚が食べたくて北参道の『ボガマリ』へ。魚が食べたい時って和食にハシリがちなんだけど、バスクの余韻もあって、洋のテイストを体が欲しがっていたんです。

魚にこだわりがあって、大人が愉しめるお店...って頭の中を検索してたら「あ、ボガマリだ!」と。ここんとこ、何度かお店の前を通ってて、まりえと行きたいねって話てたんで。


ボガマリというのは、サルデーニャ島の方言で「うに」の意味、お店自体はイタリアの港町にあるような活気ある魚市場のトラットリアというのがコンセプト。
ボガマリ2018-40



一時ほどではないけど、肉に勢いがあるイタリアンで、魚介専門って割り切るって潔いっすよね。しかもお店で魚(時価)を選びながら料理を決めていくってスタイルも小粋。大人として試されてるようで、うまくオーダーが組み立てられると、なんか一人前になった気分(笑)
ボガマリ2018-4



魚を見ながらその場で料理を決めるっていうと、ハードル高そうと感じるかもしれないけど、オーナーの布上さんのレコメンドはいちいち的確なので、安心してエスコートにのっかっていればいい。
ボガマリ2018-11



この日は特にウチワエビのロースト(TOP写真)、ハタの煮込みに刮目。日本の食シーン、アドバンテージはやっぱ魚だよねと改めて認識。
ボガマリ2018-31



ハタはジビエと見紛うような濃厚なソース。ゆえに魚でも赤ワインが合うんです。
ボガマリ2018-32




秋刀魚とネギのパスタ、マグロのカラスミパスタと、プリモも胃のキャパさえ許せばお代わりしたいおいしさ。秋刀魚とかヒカリモノ使ったパスタって、実はオレめっちゃ好きなんス。魚の青臭さをネギが包み込み、かつナチュラルな甘さで余韻を和らげる。
ボガマリ2018-22




マグロのからすみは、クリーミーさとレモンのアクセントがGOOD!!
ボガマリ2018-25



4人だったので(ヘタレ1名含む)、ワインは4本あけました。それぞれ料理にバシッとアッビナメントしてくれたけど、最後の赤ワインが自分的にはめちゃヒット。
ボガマリ2018-27




食後酒ももちろんいただいてます(ヘタレだけどw)
ボガマリ2018-38



酒が弱いのは体質でしょうもないけど、好きなんだから仕方ない。ヘタレだろうとやめられません。
ボガマリ2018-9

ボガマリ・クチーナ・マリナーラ (Bogamari Cucina Marinara)
03-6721-1858
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-7-5 ガーデンビュー北参道 1F



Instagram では、そこそこリアルタイムの投稿も。


そういや、やっと体調が完全に戻った気がします。なんかやけに引きずったなぁ。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年10月28日

サルデスカ(鶯谷)上野のバスク

サルデスカ2018-23


アンティークウオッチの会のために貸切にさせてもらったので、ゲタリアで買ったチャコリを1本おみやげに。

貸切の場合、ディナーコースは8000円(くらいだったと思う)のコースから。料理は10種類も並ぶし、日本では中々他にない味の組み合わせの意外性あるから、体感値としてはかなりオトク。ファーストインパクトで意外性は感じても、日本人には特に馴染みやすい着地点。海と山の幸、両方に恵まれた土地の料理ということで、DNAレベルで共感しやすいのかも。
サルデスカ2018-18




カウンター主体のお店ゆえ、ゲスト同士のコミュニケーションはとりづらいけど、たまにディナーで集まれるんだったら、普段パイセンたちが行かないジャンルの良店をと思いここをセレクト。
サルデスカ2018-10



初参加の友人のアテンドもあって、カウンターでシェフとお喋りできなかったのが心残りだけど、皆が満足してくれたならそれがなによりも嬉しい。食通のパイセンたちですら、知識としてバスクを知ってはいても、実際に体感する機会はなかったようで、味の着地点とか組み合わせに驚いていました。

スペイン料理って日本じゃパエリアとかアヒージョとか偏ったものしか認知なく、ガストロノミーのイメージもエルブリくらい。本場バスクの美味しさは、実際に体感しないとわかりにくいよね。


アミューズのフォアグラチーズケーキからして好奇心そそられる展開。イワシのマリネ、チーズのクレマ、マンゴーは、イワシの塩味強いけど、マンゴが中和し、チーズのクレマが幅を出す。
サルデスカ2018-7





キノコとたまごとほろほろ鳥、こういうのはならでは!! 卵使いの上手さは、バスク料理が日本人に受け入れられやすいポイントで、この組み立ては、まさにそのいい例。マイタケとマッシュルームのポタージュは、サマートリュフと卵に合うね。
サルデスカ2018-13



TOP写真のアナゴと和牛すじという海と陸の合わせ方や、クエのピルピルといった”らしい”メニューも美味。

ロゼール産仔羊のローストは火入れ・味付けともに品があり、デザートはアボカドをブランマンジェにして梨のスープと合わせるなど、この辺はバスクうんぬんよりシェフのクリエイティビティにリスペクト。
サルデスカ2018-33




定期的に通いたい上野のバスクです。
サルデスカ2018-38


スペイン料理サルデスカ
03-6231-6328
東京都台東区下谷1-6-7 竹内マンション 1F



この日のバッグはビアリッツで買ってきたGOYARDの限定モデル。フレンチバスクのエッセンスを投入。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:59|この記事のURLComments(0)

2018年10月15日

うかい鳥山(高尾山口)お月見ショートトリップ

1015うかい鳥山9月-30


バカンスは大好物ですが、帰国したら和食に駆け込むTHE日本人です。バスク旅からの帰国後も、当然和食モードになるだろうと、『うかい 鳥山』で開催されるお月見イベントを予約していたんです。
1015うかい鳥山9月-8


当初予定してなかったシンガポール行きが挟まったので、お月見イベントの当日の朝に帰国。片付けをして、ちょっと昼寝してから高尾山まで。
1015うかい鳥山9月-2



『うかい 鳥山』では毎年お月見イベントをやっていて、今年は和楽器ライブと餅つき大会。正直、そこそこの期待値だったんだけど、尺八、津軽三味線、和太鼓の演奏は勢いあって新鮮!つきたてのお餅もめっちゃ旨かった。
1015うかい鳥山9月-7



イベント後は山の空気が流れる庭を感じながら個室で鶏と牛の焼物コースを。
1015うかい鳥山9月-11



少し窓をあけると涼しい風と虫の音が。
1015うかい鳥山9月-17



繊細な会席料理とはベクトルが異なるけど、シンプルでわかりやすい”うかい”の味。きのこ汁、天竜川の鮎から続く鶏と牛の串焼きが帰国直後の舌に悦びを。
1015うかい鳥山9月-19



特に鶏のこういう仕事はしみじみします。
1015うかい鳥山9月-21


尺八奏者が部屋で演奏してくれたりと、品のある大人エンタメ空間は、バカンスが続いてるような非日常感。
1015うかい鳥山9月-15


ちなみにボクも着物でした。
1015うかい鳥山9月-26

うかい鳥山
042-661-0739
東京都八王子市南浅川町3426
https://www.ukai.co.jp/toriyama/

理想を言えば、このままこの部屋に泊まりたい。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年09月25日

肉料理 それがし(五反田)肉酒祭り

0919肉料理それがし10月-17

肉割烹を気軽に、ハズすことなく食べられる『肉料理 それがし』。オープン以来、何度か来てるけど、連れてくる友人はだいたい悦んでくれている。

味のクオリティ、ポーション、お酒のラインアップ、程よい賑やかさ、そして支払い。地味だけどここに至るまでのバランスがちょうどいいのよ。
0919肉料理それがし10月-4




イタリアンだと、とあるラインは料理は安そうに設定して、あんまし値段言わないワイン合わせてきて、結局想定の1.5倍以上とかになってると、なんだかもう二度と行く気が起きないからね。
0919肉料理それがし10月-5



肉料理 それがしは、それとは真逆でこんなに攻めてこの価格でいいんだという話におちつく。だから接待じゃなく、友人を捕れて行きたくなるお店なんすよ。TOPの写真のカイノミやローストビーフに加え、こうした赤身肉も焼肉屋とは異なる印象を残してくれる。
0919肉料理それがし10月-14



もちろん、お酒もペースに合わせて好みを伝えながらのペアリング。今、胃腸炎で食えないけど、完調したら、こういうの食べようっと。
0919肉料理それがし10月-19

肉料理 それがし
03-6420-3092
東京都品川区西五反田1-4-8 秀和五反田駅前レジデンス 202
http://www.soregashi.jp/niku/


今度は「LOVAT」が五反田に!!
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ








 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2018年08月28日

ジョコンド (白金)ローマの平日

0826ジョコンド8月-6


できることなら翌日休みの日に訪れたかった...、あまりに満たされて労働意欲がゼロになった夜。そう、木曜日の『ジョコンド』は罪な存在。

白金のローマトラットリア『ジョコンド』へ、8名で訪問。ちょっと行ってなかったくらいの気分だったけど、ピノさんが馬車道の「テンダロッサ」から移籍してからは初訪問。
0826ジョコンド8月-1



自分の時間感覚のダメさ加減を再認識しつつも、古川シェフとピノさんのワインセレクトに心と舌を踊らせていました。


糸島の塩水ウニのブルスケッタ、穴子のフリットのサルサベルデと古川さんの故郷の素材は抜群でした。ファットリアビオのブラータに、シチリアのアンチョビをあわせたブルスケッタもワインをすすめてくれますね。
0826ジョコンド8月-7



つか、ほんとピノさん、挨拶が遅れてすんませんでしたw
0826ジョコンド8月-19


パッパルデッレのような太薄パスタは、シンプルにトマトのソースで。乳化具合が素晴らしくパスタとの絡み方が絶妙。
0826ジョコンド8月-9




茹でたチコリを絡めたブカティーニは、ペコリーノロマーノの塩味がいいアクセント。
0826ジョコンド8月-12



セコンドは馬のハラミにピリ辛のトマトソースがバシッとキマってたし、チンタセネーゼ豚は脂の強烈な旨味と洗練された余韻のきれいさに惚れ惚れ。
0826ジョコンド8月-15



ドルチェも説明聞いてたら全部食べたくなって、並べてもらって皆でシェア。ピスタチオのティラミス、ザバイオーネ、マスカットのタルトなどなど、8人いるとこういう荒業できるからいいね。食後酒で柔らかい泡をいただきつつ、カフェコレットで締め。
0826ジョコンド8月-20




シェフやカメリエーレのキャラも立ってて、改めていいトラットリアっすね。ワインのアッビナメントも抜群に楽しめました。
0826ジョコンド8月-21



平日で大箱だけどやはり満席。次回こそはテラスでいただきたい。

0826ジョコンド8月-22

トラットリア ダル・ビルバンテ・ジョコンド
03-6721-9500
東京都港区白金台3-18-1 1F
http://www.dal-birbante.jp/


ファスティング2日目に走ったら、さすがに全然ダメダメでしたわ。シラフなうえにディナーがコースじゃないと、夜って結構 長いもんなんすね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 22:30|この記事のURLComments(0)

2018年07月23日

中俣 はなれ(銀座)夏にのどぐろ尽くし

0711中俣はなれ4月-8

銀座にあるのどぐろ専門店の中俣。金沢エリアのマーケティングの上手さで、のどぐろは冬の北陸の特産物ってイメージが浸透していますが、実は通年で食べられるんですよね。そして、身が大きく質のいい「紅瞳」は、対馬沖で穫れるものだったりするんです。

そんな「紅瞳」を扱う銀座『中俣 はなれ』。全室個室の和空間でお造り、焼物、しゃぶしゃぶ、炊き込みごはんと、のどぐろ尽くしのコースが食べられる。
0711中俣はなれ4月-9




お作りは品のある甘さでジューシー。
0711中俣はなれ4月-12


焼物は言うに及ばず。身のふわとろ具合。脂のジューシーさは官能的ですらある。ただ、敢えて言うなら、原始焼(炭を周囲に並べて立てて焼く)のほうが、一回り美味かな。
0711中俣はなれ4月-14



しゃぶしゃぶは、レア気味、しっかり火を通したバージョンと2タイプを味わえる。
0711中俣はなれ4月-22



締めの炊き込みご飯も、もちろんのどぐろ。同じ素材でコース展開だけど全然飽きないんすよね。
0711中俣はなれ4月-24



焼物もしゃぶしゃぶも好きだけど、この締めがないと終われない。
0711中俣はなれ4月-28



1Fは厨房で、2Fに個室という贅沢な作り。夏にのどぐろ尽くしもアリでっせ。
0711中俣はなれ4月-35


銀座中俣 はなれ
03-6264-1034
東京都中央区銀座3-12-17 小森ビル 1F
https://nakamata-nodoguro.com/hanare/


今年の日本の夏は、もはや亜熱帯。バンコクやシンガポール行っても「あれ、涼しい」と感じそう。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年07月08日

ボッテガ (広尾)職人らしい仕事がいいね

0708ボッテガ6月-14


広尾商店街といっても明治通り近く。フレンチの「a nu」の先の細道を進み、地下へと階段を降りたその先は、カウンター主体で大人が似合う艶っぽさが漂う空間が広がっていました。
0708ボッテガ6月-1



カーザヴィニタリアでシェフをつとめていた笹川氏が、あのD.N.Aを引き継ぎつつも更に進化した料理を出すイタリアン『BOTTEGA(ボッテガ)』

昨年オープンしたという話とヴィニタリアでシェフをやってたという経歴で、アレ?どっかで聞いたことあったなと。

そういや、ヴィニタリアに通ってたいつきマンやゆっきーが「シェフが独立していい店出したんだと」といって、何度か誘われていたんですよね。ボクの中で散らばっていた点が線になる。偶然だけど、念願のお店にやっと来ることができましたわ。
0708ボッテガ6月-4




料理はコースもあったけど、オススメのメニューをアラカルトで。

”燻したメカジキと香草のカルパッチョ仕立て”は、メニュー名からだとさほどテンションはあがりづらいものだったんですが、カウンターに並んだ瞬間「なんだ、コレは!」と。

ゼリー状のラッピングが美しく、ビジュアルもさることながら、香草の使い方がとてもタイプで、特に夏にはたまらない一皿。ボッテガ(工房)らしく、いい仕事しますね。
0708ボッテガ6月-7





そして、これまた期待値あげられずにオススメにのっかった”トリッパ、ギアラ、小腸の煮込み”。ビジュアルも地味めですが、スペシャリテと謳っているだけあって、口の中に入れた時に美味しさは、ひとくちでガツン!と響くタイプ。職人らしい丁寧な仕事や、味のレイヤーの素晴らしさで、完食するまで愉しめるお皿ですが、なにより最初の”ガツン!”がいいね。こうしたイタリア料理らしいパンチ力って好きでっせ。
0708ボッテガ6月-10




生しらすとからすみのタリオリーニは、アロマフレスカ、カーザヴィニタリアらしいDNAを感じます。想定していたベクトルと同じ向きではあるけれど、笹川シェフのクリエイティビティが加えられていて、広尾のカウンターイタリアンに相応しい大人の艶っぽさが効いています。
0708ボッテガ6月-12




セコンドは、ミラノ以来となる”オッソブーコ”。人生でたいしてオッソブーコ経験がないので、正解がなんだか知りませんが、このボリューム感、この味わい、この肉の仕上がりは、ティピカルなオッソブーコとは全くのベツモノ。ワイルドだけどエレガント。これも最初のひとくち目で”旨い”と思わず声が漏れるタイプ。
0708ボッテガ6月-17


ワインはビオ中心で料理とのアッビナメントも好み。コースをゆるりと食べるのもいいけど、1回転目が終わった後に、さっと食事とワインで寄るというのも魅力的。そういう使い方も似合うカウンター。
0708ボッテガ6月-18

ボッテガ
03-6450-3933
東京都渋谷区広尾5-17-8 アプリシエ広尾 B1F
https://www.bottega-cucina.com/


ここは色んな意味で好みです。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年07月03日

カステリーナ (茅場町)安定の裏切りっぷり

0703Casterina6月-25

昔、ちょくちょく茅場町には訪れていたことがあったけど、今回訪れたのは案外久しぶり。駅を降りて「あんま変わってないねー」と永代通りを歩いていたら、煌々と光を放つ近代的なビルがいきなり運河沿いに現れて、思わず足を止めちゃいました。

三井物産の「GEMS」が、あきらかに茅場町の周囲を漂うアナログな空気と異なっていて、ビンビンと夜のオーラを放っている。
0703Casterina6月-1

東京駅や銀座が近いけど、そういやこの辺には無かった類の商業施設。IBMも近くにあるし、若い人が遊べる分かりやすいスポットは、ニーズがあったんでしょうね。1Fのイタリアンからは賑わいが外まで漏れていて、いい感じ。

2011年に神楽坂の「カステリーナ」へ訪れて以来、中目黒の「オステリア カステリーナ」も何度が訪問したりと、定期的に接点を持っているお店

0703Casterina6月-3




久々に会ったフォアグラのフランは、過去の記憶の期待値を超えてきました。
0703Casterina6月-18



稚鮎のポテトフリットは、スイカのガスパチョとともに。
0703Casterina6月-15




カダイフではなく、じゃがいもが使われているのは食感や鮎の美味しさを逃さないための工夫なんだとか。
0703Casterina6月-16




シチリアの真イワシを使ったキタッラは、フィノキエットの濃厚さと相まって限りなく好みの仕上がりに。こういう洗練さが散りばめられたアプローチは、日本人の得意とするところでしょう。
0703Casterina6月-20




セコンドはアンガス牛のコトレッタ。5000円のコースにも関わらず、最後にこんな男気溢れるポーションでくるとは....。正直ここまでは期待してなかったので、やりおるなカステリーナと。

そういえば、いつもこうだったな...というのは、パンチくらってから思い出すわけでw。
0703Casterina6月-10


カステリーナ 茅場町
03-6262-8133
東京都中央区新川1-1-7 GEMS茅場町 9F
http://castellina.co.jp/castellina_kayaba/


安定の裏切りっぷりが、さすがです。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:57|この記事のURLComments(0)

2018年07月01日

セラフェ(目黒)肉神降臨

セラフェ6月-21


目黒にオープンエア席あって立ち飲みカウンターもある肉ビストロ『セラフェ (Cellar Fete)』が誕生!前にフレンチの「キャス・クルート」があったところね。

ここ『セラフェ』は、西麻布の熟成肉ビストロ「ル・セヴェロ」の姉妹店。とはいえコースは肉重視ではあるけど、魚や野菜もうまく差し込んだバランスいい展開。
セラフェ6月-35



TOPの写真、メインのシャモロックは胸肉がやけに美味で驚きましたね、逆に腿肉が平凡に感じたくらい。
セラフェ6月-26


スズキの皮のパリッパリの焼き加減や、とうもろこしのスープのポーションもいい。
セラフェ6月-17





フランス料理のスープは大好きなんだけど、最近は出ない傾向が強いじゃない? しっかりとしたお皿で出して食れる。
セラフェ6月-7




トビウオとえんどうの前菜は、赤紫蘇のエッセンスが夏してる。
セラフェ6月-8


ワインはナチュール主体で、泡も白もかなり好み。
セラフェ6月-10




シェフの齊田さんは「ユーゴ・デノワイエ」のパリ本店や、「ル・セヴェロ」のパリ本店などでキャリアを磨いた後、恵比寿の「ユーゴ・デノワイエ」立ち上げの際の料理長も努めている。ここ『セラフェ』は「ル・セヴェロ」よりも、もっと間口を広げていて、目黒住人にはかなり嬉しい新店。
セラフェ6月-34



とっても嬉しいのは、オープンエアなうえに、カウンターの立ち呑みもできること。さっと食べたい時には、このカウンターでカルトとワインやれたらめちゃ嬉しい。毎晩2,3時間ディナーに使ってると、たまには30分くらいな夜も欲しくなるんです。ただ、その時にも美味しいモノは外せないので、ここ『セラフェ』ならそんな間違いもないからね
セラフェ6月-32


セラフェ (Cellar Fete)
03-6420-0270
東京都目黒区下目黒1-3-4 ベルグリーン目黒 B1F


とか原稿書いてるうちに、金夜に浴衣で行っちゃいました。カルトで前菜、メイン1時間でサラッと。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ





続きを読む

kyah2004 at 23:59|この記事のURLComments(0)